車大好き少年

人と同じくクルマにも1台1台個性がある。86大好きオーナーが考えたことを綴っていきます。
Since 2009

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近乗っている車のプチレビュー前編

2018年03月21日 23時39分22秒 | 
こんにちは。

今回は最近乗っているクルマのプチレビューをしてみようと思います。
僕は仕事で外回りの営業をしています。
そんな営業マンの必須仕事道具と言えば・・・
スマホ、名刺、営業資料など思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
もちろんそれらも大事なのですが、毎日ちょっとワクワクする、クルマ、営業車のお話をしようと思います。

営業車といえば、シルバーやホワイトのプロボックス、ハイエース、プリウス、アクアなどを
がオーソドックスですが、うちの会社はちょっと違います。

若手社員には営業車はありません。
5年以上になるとプロボックス乗らせてもらえるかなぁー、といったところです。

では普段何で移動しているかといえば、カーシェアリング車両です。
カーシェアリングも各社、法人契約の囲い込みが成長のカギとなっているようです。
個人で使ってもらえる量は高が知れています。
特に平日の稼働を高めるためにはビジネスでいかに使ってもらえるかといったところなのでしょう。

私もとても便利に使わせてもらっています。
スマホで予約→使う→返却 というシンプルな工程です。

決まった車両がないということは、様々な車種に乗れるということ。
学生時代、アルバイトでトヨタレンタカーのスタッフをしておりましたが、
トヨタレンタカーではトヨタ車しか乗れませんでしたが、
今回は国産メーカーが端から端まで乗り放題です(笑)

とはいえ、いつも使う車というのは会社の近くの配備車両なので数車種に限られてきます。
今日はよく使う車種をピックアップして、営業車としての使いやすさをレビューしていきます。
(思いつきでやっているので画像少なくて、すみません。)


1台目はトヨタ・アクア



根強い人気がある車なだけあって、とても乗りやすいです。
モーターのトルクは発進停止を繰り返す街乗りにはとてもマッチしています。
中高速域でもあパワーがあって追い越し加速も問題ナシです。
ですが、長い期間乗っていると(学生時代のバイトでも頻繁に乗る車種でした。)ネガも見えてきてしまいます。
それはズバリ、足回りとボディーの不満です。
パワートレインがよくできているだけに車の基本骨格となる足とボディーがネガというのはもったいないです。
具体的には、細かい振動をよく拾うこと、大きい振動の吸収が遅いことです。大きい振動の揺れ残りが長いし大きい。
舗装路でも目地段差は多くあり、その度に足が残念だなと。
また、中速以上でのコーナリング時にボディー剛性の悪さを感じてしまいます。
ハンドリングもすごくチープでステアリングを通して歓びを感じられない。
カタログ上での魅力はありますが、(燃費、メーター周りの充実など)買ってみたら残念というところでしょう。
足として便利なヤツ、という印象しかなく、クルマとして見たときに満足はない。
とはいえ、ステアリングは軽くよく動くし、トヨタセーフティーセンスCもあるし、
パワートレインはよくできているから普段頻繁に使ってしまう1台です。

アクアの営業車としての評価 ★★★☆☆


次は日産・ノート(1.3ガソリンモデル)



eパワーがとても気になるところですが、カーシェアで配備されているのはガソリン車のみ。
まず乗り込んでみて走り出す前にシートポジションを・・・と合わせてみるが、
いくら調整してもシックリこない。僕はそんな規格外の体型をしているわけではなく
ごくごく普通の体型です。残念ポイント1。
次に、エンジンをかけるが、安っぽいエンジン音が響きます。
ステーションを出発して交差点を一つ曲がってみると、ハンドリング云々の前に
リアがうまくついてこないという表現が正しいのでしょうか。
バタバタっとする感じ。
ミッションはCVTですが、こちらも悪いCVTの代名詞、「音だけで全然走らない」
というものにあてはまるでしょう。
シフトレバーは渋く、ギアをセレクトするだけで無駄に力を必要とするし、Dに入れるつもりが他に入ってしまうこともあるほど。
シフトレバーによくあるオーバードライブ的なボタンを押すとSPORTSモードとメーターに表示される。
これでSPORTSはひどい、このボタンを押してもスポーツ的な走りにを感じる人はいないでしょう。
エンブレのSギアという位置づけ。
とはいえ、エマージェンシーブレーキがついていたり、ルームミラーに後方画像が表示されたりと装備は充実している。
個人的には、Vモーショングリルの精悍な顔つきも嫌いではない。
テールレンズの色の赤も程よい締りがある。
他に空きがないときに仕方なく選ぶことが多い、1台です。

ノートの営業車としての評価 ★★☆☆☆



次はスズキ・スイフト



新型がとても気になるところですが、まだ新型には乗れていない。
少しずつ配備され始めたから、機会があれば乗ってみたい。
でも今回は先代モデルです。
一言でいうと、よくできている。
ガソリンモデルのこの価格帯の足車としては文句ないかと思います。
先日、久しぶりにこの車を選んで走り出した。
この車のステーションが少し出ずらい場所にあって、
少し急ぎ気味にアクセルを踏んで走り出す。
すぐに交差点、信号が青だったためそのままの勢いで左折。
感動しました。前日にアクアに1日乗っていたこともあってか、思い通りにコーナーで走れて気持ちよかったのです。
そういえば、ジャーナリスト界でも評判よかったような。
エンジンこそ普通で特別褒める点はないですが、ハンドリングと足とボディーにこそ価値のあるクルマ。
走行中に何げなく修正する操舵も少なくすむし、思った通りに走れる。
交差点でこのラインで走ろうと意識して操作するとピッタリそのラインを走ることができる。
走りを考えてしっかりと作りこまれている真面目なクルマ創りがなんかうれしくて、ほっこりした。
ただ、リアハッチの間口が狭かったりと犠牲にしている点も見受けられる。
ボディー剛性を高めている分シワ寄せが少なからずあるのも事実である。
いい車に触れたくなった時、普段の道を楽しいハンドリングで走りたくなるアポのない日に乗りたくなる1台です。

スイフトの営業車としての評価★★★★☆


次はスズキ・ソリオ(1.3ガソリンモデル)



室内広々、とTOKIOがアピールしているCMでお馴染みで、とにかく広い。
トヨタのタンクシリーズのクラスの先駆けなだけあって、あのタイプはファミリーでとても使いやすいと思う。
ハイトールワゴンの軽じゃなくて普通車が欲しい、でもワンボックスやミニバンはいらない。そんな人に選ばれるのがソリオ。
背が高いからコーナーはロールはするが、コーナー以外ではコンパクトカーのような走りの印象だ。
小回りもきくし、きびきび走る。全長もそんなに変わらない。
実はこのクルマこそ、営業中とても便利なクルマなのです。
書類が置けるメーター前のスペースと、カバンが置ける運転席助手席の間にある通路スペース。
助手席にカバンを置くと中から取り出す際に一度寄せて高い位置で中身を探さなくてはならなので、
フロアーにこのようなスペースがあると助かる。
さらに、リアシートはリクライニングができ、お昼寝の時に絶好の角度に調整できる。
毎日忙しく働くサラリーマンにとって、お昼寝のひと時が至福の時なのである。
最初は背が高いし、走らないと思って毛嫌いしていましたが、この使い勝手の良さと思いの外普通に走れる
クルマとしての価値は高いもので、思わず選んでしまう1台です。

ソリオの営業車としての評価★★★★☆


次はスバル・インプレッサ



こちらは先代インプレッサ、新型のカーシェア配備はまだ先のようです。
このクルマ、良くも悪くもスバルらしいクルマです。
使い勝手よりも、走りを。人に合わせるクルマ創りではなく人がクルマに合わせるクルマ創り。
そんな中に愛着が生まれ、根強いファンに支えられている。
乗り込み、エンジンをかけると現代の水平対向サウンドで始動。
僕からすると86の音ってやつです。仕事中にちょっとうれしくなるやつです。
走り出し、Dレンジに入れクリープで動き出しますが、クリープ現象時の速度が速い。
なんと、エンジン暖気中は回転が高まっていてそのまま駆動に伝わり、クリープ速度が速くなる。
現代のクルマではなかなか無い現象。暖気が終わるとやっと落ち着いたクリープでした。
いざ、走り出してみて思うことはハンドルが重い。
どのインプレッサに乗っても重いので個体差ではありません、はっきり言って86より重い。
営業中は細い路地や裏の狭い道を走ることや、Uターンをすることが多くあります。
軽く片手でハンドルを回そうとしたら、手が滑って突き指をしそうになったほど。
ファミリーカーでこの重さはマイナスポイントに感じてしまう人も多いでしょう。
その分、速度が出た時のハンドルのしっかり感は群を抜いている。
走り優先、乗り手はそれに慣れろという勢い。
エンジンの方は過剰に吹ける設定になっていて、軽やか、ちょっと必要以上に軽やかかもしれない。
慣れていないからか、ラフにアクセルを踏み込むと急発進になってしまうほど。
以前、車に詳しくない友人からスバル車は軽いのか重いのかわからないという試乗の感想を聞いたことがある。
ハンドルは重く、走りは軽い、双方のギャップから軽いような重いようなと感じたようなのです。
ボディーはBセグメントで大きく、小回りが利かない。裏路地を走り回る営業中の僕には乗りにくい。
乗りづらいけどしっかりしている、個性の強い1台です。

インプレッサの営業車としての評価★★☆☆☆


こう毎日様々なクルマと接していて思うことは、やはり自動車は面白いということ。
それぞれに個性があるのだ。
仕事中の僕にとっては使いにくいクルマでも休日のお出かけ用だったらまた評価が変わってくるものもある。
使い方、使うとき、行先、乗る時の気分によって選べばいい。
だって、カーシェアリングなんだから。

次回後編、お楽しみに。
コメント

本庄サーキット ドリフト

2018年01月13日 16時19分02秒 | 86 ZN6
気が付けば年が明けていました。
今年もよろしくお願い致します。

当ブログでは車の話題を中心に思うがままに書いていきます。
現代ではSNSに活動拠点を移す方も多いですが、僕はあえてブログを残しています。
自分を知らない方が多く見てくださっている、このブログはなんだか居心地がいいのです。
今年も頻度は少ないとは思いますが、細々と続けていきます。
よろしくお願い致します。

とはいえ、インスタやってます。
知らず知らずのうちに86中心の投稿になり、海外の86好きの方々とも繋がれるようになりました。
SNSはおもしろい!ということで、私のインスタも定期的にチェックしてくださいね~!
近況なんかもこちらでアップしてます。

ご挨拶が長くなりましたが、今回は年末に行ってきた本庄サーキットのドリフト編をお伝えします。

僕はグリップ走行でサーキットを速く走るのが目標です。
そのために数カ月に1回、鬼教官の元サーキット練習をしています。
今回は、グリップ走行中の限界挙動の先にあるアンダーステア、オーバーステアと
それを対処し、安全に速く走るための力を養うためにドリフト走行をしてきました。

フロントには17インチの太いハイブリップタイヤ、リアには今回のためにヤフオクで安く手に入れた
16インチ86純正タイヤ溝なしを内圧を高めてあえてオーバーステアになりやすいセッティングにして走っています。



ドノーマルの86でもオーバーステアはすぐに出ます。
これがFRの醍醐味です。
横滑り防止装置、トラクションコントロール制御をOFFにして
コーナーの出口でハンドルを切った状態でアクセルを踏み込みます。
するとリアが出て、オーバーステア状態になるのでカウンター(逆ハンドル)をあててうまくコントロールし、
ドリフト状態を維持します。



頭ではわかっていても、そんな簡単にできるものではありません。笑
カウンターのタイミング、量の微調節が難しく、挙動の制御ができずにスピーンしてしまいます↓



今回は、カウンターを学ぶことができました。
前回、グリップで走っているときにオーバーステアでヒヤッとしたことがありましたが、
今ならばもう少し余裕をもって対処できると思います。
つまり、グリップ走行をうまくするためにはドリフトの練習も大切です!!




先輩方のようにいい走りができるようになりたいので、今年もサーキットに通って練習を続けていきます。



サーキットに行く前にタイヤを履き替えるので、タイヤ交換もサクッとできるようになりました!



またサーキットに行ったらご報告させていただきます。

なんか、久しぶりに書いたら楽しかったので企画記事でもやろうか・・・笑

コメント

本庄サーキットデビュー

2017年09月19日 08時19分36秒 | 86 ZN6
またまたお久しぶりです。
毎度お久しぶりになってしまいます(^_^;)
こんにちは。

今回は、初のサーキット走行となった
本庄サーキットでの走行についてお伝えします。

車を買って、サーキットを走る。
この目標を掲げ、ここ数年生きて来ました。
雨の日も風の日も、つらい目にあいながら
働いて来ました。(かなり大げさ)(^_^;)

そして、街中での練習、山道での練習、
ジムカーナ場での練習を経て、ようやく
本庄サーキットデビュー致しました!!



本庄サーキットは、初心者でも比較的簡単に
走れる入門コースとして知られています。
ミニサーキットなので、ストレートでも速度は
100キロ程度しか出ませんので、安心安全です。

ないじぇるの走行会に参加して、走りました。
1日のスケジュールは10分×5本の練習をして
最後にレースという流れです。

サーキットを初めて走ってみた感想としては、
楽しいけど、難しい。というところでしょうか。

アクセルワーク、ブレーキング、シフト操作、ハンドル操作がワインディング以上にシビアになってきます。

公道では出ない挙動を経験したり、安全がある程度確保されたコースでクルマと対話しながら今の技量の限界域を試す。

クルマのレベルは高いですけど、ドライバーの技量が低すぎて練習がまだまだ必要だと感じました。

ポケモンのゲームで言うと、最初から100レベのポケモンが言うこと聞かないみたいな(わかりにくい)(^_^;)

サーキットを経験すると、公道では飛ばしても楽しくない、って感じです。

公道でうまく走らせることができるのは当たり前です。
誰もが安全に走れるように設計された道路だから。

その中で旨味を探しながら走るのは楽しいですが、闇雲に攻めてもたかが知れているので、ほどほどにするようになりました。

これからも、サーキットに通ってスポーツ走行がうまくなるように練習します。

最後に8週に及ぶ模擬レースの様子を。

ポールポジションでスタート!
練習のタイムから、二軍レースのポールポジションでした。

カプチーノオフが行われていたこともあって、二軍は軽オープンしかいないと言ってもいいくらいのパワー差です。

スタート!


ゼロヨン加速のようにスタートしようとしたのですが、経験不足でホイールスピンして出遅れました(^_^;)

1コーナーまでに順位を落としてしまいます。



そのまま次のコーナーくらいでカプチーノと軽じゃない唯一のVWルポに抜かれ、4番手まで順位を落としてしまいます。



そしてまた緑のカプチーノに抜かれ



5番手、そして6周目くらいに最終コーナーでアンダーをだして戸惑っていると、コペンに抜かれ、6番手まで順位を落としてしまいます。

でも86は2リッターパワーなので、パワーにモノを言わせてバックストレートでオーバーテイク!
腕がないのでこういうやり方しかできません。笑



最終周の1コーナーで緑のカプチーノがスピン!してなんとか4位でチェッカーを受けました。



まぁ初回だし、事故なく楽しめたので、良しとしましょう(^_^;)

楽しかったけど、悔しい。
絶対に上手くなってやる!!


コメント

愛車86いじり、はじめました。

2017年06月30日 21時39分16秒 | 86 ZN6
お久しぶりです。
社会人になると、心も身体も時間も余裕が
なくなかなか更新ネタを仕入れられないん
ですね。(言い訳です>_<)

前回の記事から時間とともに落ち着き、
心に余裕が出てきたので、
車いじりをしてみることに。

オイル交換を4,000キロペースで交換しています。(お店で)

今回は5w40をチョイス、夏にサーキットデビュー
する予定なので熱に強いオイルをチョイス!



ブログに載せる予定じゃなかったんで、適当な写真です!笑


カストロールエッジです。
全合成油一回入れちゃうと、なかなか部分合成には戻れないです。
僕レベルだとあまり効果は実感できないんですが、
エンジンのこと考えるとやっぱりオイルは全合成油です!

ちなみにAmazonで買って持ち込むととても安いです(^^;;

さらに、エアコンが臭かったのでフィルター交換も行いました。

初のDIYってほどでもないですが、グローブボックスを外して交換しました!


なかなかクリーンな空気になりました。
古いフィルターはホコリやら砂やら
落ち葉やらすごいことになっていました。

いじるのが楽しくなった僕はさらに…

室内灯とナンバー灯交換!







LEDにしたので、白い光でとても明るいです!!

さらに調子に乗って、タワーバー装着!
1番チューニング感強いです。笑







クスコのBCS付き86専用ストラットバーです!

走りの師匠に習いながら、自分でつけました!
締め付けトルクは勘なので難しいですが、なんとかついたはず!です!

まだ激しい走りはしてないので効果はわかりませんが、
エンジンルームの見た目チューニングと
走りに寄与するチューニングができたことで、
満足しています。

自己満ですけど、趣味なんてそんなものです。笑

これからも安全に楽しく走って行きます!



コメント

仕事の悩み、仕事のギャップ。

2017年03月04日 12時56分19秒 | その他
最近仕事がうまくいかなくて悩んでいます。
こんなこと、記事にすべきことじゃないかもしれないけど、
自分を直接的に知らない誰かに聞いて欲しくて記事にしました。
高校生の時からやってるこのブログに記録しておきたいというのもあります。

僕は就職してもうすぐ1年の社会人1年目です。
(就活の記事はこちら)
入社直後から入社前とのギャップを薄々感じてはいたものの、ギャップなんてあって当たり前だとは思うのであまり考えないようにしていました。
でも辛くなるとなぜこんな選択をしたんだ、思ってたのと違うってなってしまい考えてしまいます。

ギャップ1
仕事は毎日飛込み訪問の連続。(こんなに飛込み訪問の毎日だなんて知らなかった…)
飛び込んでもほぼお断りされます。
相手も断るために嫌な態度をとり、時にはひどい言葉を浴びせられることもあります。
こっちは何もしてないのに。
どんどん自信がなくなって、弱腰になって、話も聞いてもらえず、毎日が過ぎていき、上司に詰められて、仕事が辛い。負のスパイラルです。
入社前はまだ商品を売りつけるタイプの営業ではなく、土地を貸してもらって賃料を払うタイプの営業なのでマシだと思っていました。
でも、そんなの関係なかったです。
毎日の飛込み訪問で心をすり減らし、時間に追われ、気がつけば余裕のない人になっていました。
程よくマイペースなことで精神状態を保っていた僕にとってはかなりのダメージです。

ギャップ2
ほぼ毎日9時10時まで残業して(月に90〜100時間くらいの残業)、残業代は見込み残業で30時間分しか出ません。これが実態です。
就職活動の時には、残業は月に30時間くらいでそれを超えても残業代はしっかりと支払われると聞いていました。
大きい会社に入れば幸せになれるなんてちょっとでも思っていた大学時代の自分に一喝してやりたいです。
僕の能力が高くないのは事実ですが、1年目としてはごくごく普通レベルのはず。
先輩に相談して、自分なりに悩んで、考えて、努力して行動しているのに、仕事が遅い、効率が悪い、会社は君の成長を待てない。と言われ続けます。


そりゃお金を稼ぐのは甘くない、どんな仕事でも辛いものだというのはわかっていますが、辛くて逃げたい。というのが最近特に強くあります。


やっぱり、車売ってた方が幸せだったのかな、なんて思ってしまいます。
車売るのだってそれは大変で辛いことの連続だと思います。
でも僕は車がとにかく好きだから、好きなことならなんとか乗り越えられる気がします。

はっきり言って、駐車場は好きじゃないです。
車を駐める土地屋であってあくまで不動産業です。
就活生の時は車の匂いがする不動産業なんて思ってましたけど、生粋の不動産業です。

好きじゃないことを今後40年やっていける気がしない。

今となって考えれば、この会社を選んだのも給料がいいから(いい生活ができる?)、名が通っているから(変なプライドか?)ってところだけだったかもしれません。

『楽しい』っていう一番大切なことを忘れていました。

・いい生活ができても、圧倒的に長い時間を費やす仕事が楽しくないと、人生楽しくありません。
最近知ったのですが、初任給はいいですが10年働いている人と手取りそんなに変わらなかったです。

・名が通っている会社で働いても、仕事は楽しくありません。楽しくなければ誇らしくもありません。

記事にして、心の整理して、思いました。
僕、この会社辞めた方がいいです。笑
笑い事じゃないけど、そう思います。

ただの愚痴みたいになってしまったけれど、すごく悩んでいることなので。
もっと楽しく社会人したいです。
コメント (3)