お気楽クロスステッチ生活

趣味のクロスステッチのことを中心とした日々のとりとめのない雑記帳です

Something's Brewing ~WIP9 &ハハとプチトマと

2018-09-22 14:56:57 | trip

中央のタワー、一番下のカップができそうなところまできました。
まだソーサーが完成していませんが・・・。

今月中に完成できるか?!
がんばれ!ワタシ!

          

あちこちで災害が発生している時に気が引けたのですが・・・



休暇を取得して新幹線でビュイ、ビュビュビュイ~っっと
北陸新幹線で金沢へ。
初めて乗る”かがやき”の快適さにビックリ。
座席が広~~い。
足を伸ばしてもまだまだ十分余裕。
いいわ~。



10月で81歳になる母に、ちょっと早いお誕生日プレゼントでした。
ずっと以前から「兼六園に行きたい」と言っていたのですが、なんとなく私の腰が重くて誘えていなかったのです。
先日母が転んでケガをした時、足腰がだいぶ弱っていると思い、自分の足で歩けるうちに連れて行ってあげようと思いました。
なーんていうとすごい親孝行のように聞こえますが、自分も行ってみたかったのが半分、
そして母が動けなくなってから、連れて行ってあげられなかったと自分が後悔しないようにというのが半分です。

今回はオマケにプチトマも同行しましたよ~。
プチトマと旅行するのは10年以上前に沖縄旅行をして以来です。
6月に就職活動も無事終え、今月頭に運転免許証を取得。
大学生活最後の夏休みを謳歌しておりましたので、荷物持ちに。



駅を出て最初のシンボル、おなじみ鼓門。
もっと朱の赤と思っていましたが、写真のような渋い色でした。

出かける1週間前から天気が気になり・・・
なにせ雨男、プチトマが一緒ですから。
そして母も私もプチトマほどでは無いにしても、やはり雨女。
当日まで、ハラハラドキドキしていましたが。

旅行の前日までの雨が嘘のように上がり、青空が広がった2日間でした。
写真では空が白く写ってしまうのですが、実際には真っ青、これ以上の晴天は見たことがないくらいの良い天気でした。
もう、奇跡としか言いようがありませんわ!!



駅からひがし茶屋街を経て一番の目的地、兼六園へ。




入口からすぐの一番有名な「ことじ灯篭」。
まだ青い葉が盛りでしたが、かすかに紅葉している木もありました。



立派な松の木が枝を伸ばしていました。
枝を支える柱も凛とそそり立ち、美しかったです。



兼六園に隣接する金沢城公園にも足を延ばしました。
広くて、広くて、母の足は大丈夫か冷や冷やしましたが、頑張って歩いてくれました。

夕食は宿泊先のホテル内の和食レストランで。



加賀料理のコースをいただきました。
飲めない私ですが、せっかくですので地酒「手取川」を。
甘口のりんごのような香りのする大吟醸でした。

翌日は長町武家屋敷跡を散策し、その後21世紀美術館へ移動。
プールの展示が有名です。



美術館で1時間程度の滞在を予定していましたが、
現代アートを理解できない3人故、早々に退散。

母がもう一度兼六園に行きたいというので、再度兼六園へ。
前日に見なかった裏まで足を運びました。

道中、どうなることかと思っていましたが、プチトマも地図の読めない女衆の為にGoogleMapを駆使して道案内をしてくれたり、荷物も持ってくれたし、なかなかの活躍でした。
終わってみればあっという間の旅でしたが、母も喜んでくれたし、私も思い出が一つ増え満足しています。



自分のお土産に買った九谷焼の小皿。
量産品ですが、実はこのいかにもな九谷、



ドラえもんとのコラボ品で、一目で気に入ってしまったのです。

現在、物を減らす作業中ですので、形が残るお土産はこれ一つ。
あとは きんつば、地酒、羽二重餅・・・。
いわゆる消えものにしました。



そうそう、出発前にYahooのgirlip というのを利用して旅のしおりを作りましたのよ。
意外にも役立ちました。

Comment

Something's Brewing ~WIP8

2018-09-09 21:04:34 | Stitchrovia(Emma Congdon)

1週間の間に大きな災害が立て続けに発生し、不安になります。
どうか皆様が無事でありますように。

Comment

初・ロシア製キット

2018-08-26 17:55:51 | shopping

なまじ涼しい日を過ごしてしまったせいで、酷暑の戻りにへこたれてます。
秋の虫の鳴き声は何処へいったのか、朝な夕な、蝉の声に煩わされておりますですよ。

今週はまた図書館の予約本がガッツリ来てしまい、ステッチは手つかずでした。
予約は今回流してしまうと、次は1年以上待たなくてはならないものが多いので、
少しずつ受け取りをずらしてでも、全部読むつもりでおります。

『生きるとか 死ぬとか 父親とか』
『じっと手を見る』
『火のないところに煙は』
『しゃべれども しゃべれども』
『定年オヤジ改造計画』 ←オススメ
『下町ロケット ゴースト』
『物語の終わり』
『おまじない』
『通い猫アルフィーと海辺の町』
『我が家のヒミツ』

現在、『おまじない』まで読了。
なんとかいけそうです。



初めてロシア製のキットを購入しました。
ロシアからの郵便も初めて。
もちろん、綺麗な建築物のスタンプも初めて見ます。



折れ曲がり防止に、何かのパッケージの段ボール箱があててありました。
なんともコミカルな絵と、見事にまったく読めないロシア語。



中身はこちらのキットでした。

厳密にいうと、2回に分けて購入しています。
最初に右から2番目のキットを購入し、
美しさに身悶え。
四季のシリーズと知って後の3つを揃えました。

ebayで購入したのですが、出品者はロシアの方。
ロシアからの郵便事情はどんなものか不安もありましたが、
注文後1週間で届くというスピード。素晴らしい!!

しばらくebayを使っていなかったもので、アカウントが削除されてました。
アメリカから日本に発送してくれる出品者が激減したので、
もう使わないかなと思っていたのですが、
ロシア製のキットで、他にも良いものがあるので今回復活させました。
危険、危険。

Comment

Something's Brewing ~WIP7

2018-08-19 15:40:56 | Stitchrovia(Emma Congdon)

先週のお盆の終わり頃から、秋のような爽やかな空気になり、
思いの外、快適に過ごしています。

まだまだ蝉はうるさいけど。
「うるさい」は漢字で綴ると「五月蝿い」ですが、
私としては「八月蝉い」と書いたほうが正解の気がします。



お隣さんとの境界塀にある花壇は、松葉牡丹が一面に咲きました。
この松葉牡丹は植えているのではなく、毎年、勝手に出てくる根性のあるヤツ。
それでも例年はまばらに生え、こんなにたくさん出てきたのは初めて。
写真には赤と黄しか見えませんが、白もあります。
ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)と思っていましたが、細い針状の葉っぱはその名の通り松葉牡丹。
ハナスベリヒユの葉は小さな丸い葉なので区別できます。

家にあるモミジは猛暑で葉が枯れ落ち、このまま木も枯れてしまうのかと案じていましたが、
先週、新しい葉が出てきていました。
この気候、植物も狂ってしまっているようです。

Comment

Something's Brewing ~WIP6

2018-08-12 13:58:46 | Stitchrovia(Emma Congdon)

お暑うございます。
毎朝、夜明け前から蝉の鳴き声で起こされています。
暑ければ暑いほど元気に鳴いている気がするのですが。
本当にウルサインダヨ!
 
そういえば、これまで苦労しながら読んできた英文や英会話の中に、
「蝉」が出てきたことが無いなと思い、 辞書をひいてみました。
いえ、正確にはググりました。
“cicada(シケイダ)”だそうです。
初めて耳にしますわ。
「蝉しぐれ」は“ continuous chorus of cicadas”。
絶え間ない蝉のコーラスか。
まあそうだけどね。
身も蓋もないっちゅうか。
こんな時、日本語って本当に美しいなぁと思いますことよ。
そもそも蝉が欧米に生息しているのかも疑問ですが・・・。



さて、カップのタワーも、もうすぐ半分です。
ピンクカップ1、小花カップ1できました。

ベラちゃんは涼しくなるまでお休み。
ですが、お蔵入りしないように気をつけます。

Comment

本当に夏にやるの?

2018-08-05 17:23:46 | Lanarte

リルフィーの体全体が見えてきました。
なかなかのイケメンですが、エプロンがなんともかわいいひよこ柄。
幼鳥なのかな?



草の緑が出てきてちょっと嬉しい。
これから細かいアイテムが色々出てきて、ステッチも楽しくなってきそう。



お暑うございます。
例年、電気代をケチってエアコンを入れるのを渋る母が、真っ先にスイッチオンにしています。
鬼をも動かすこの暑さ。
一体、日本の夏、いや地球上の気候はどうなってしまうのでしょう?

そして2020年の東京オリンピック。
現に住んでいる私たちでさえ耐え難いこの暑さ。
本当にこんな時期になぜ開催するのでしょう。
聞くところによると、欧米のTV放送の閑散期に合わせてとのこと。
結局、利権第一か。それ、おかしいよね。
選手の健康、生命が第一じゃないの?
棄権する選手だって出てくるのではないか?
オリンピックで死者が出たのではシャレにならない。
それこそ国際問題になってしまうよ。
今ならまだ間に合うはず。
検討してほしい。

Comment

プチトマとランチ

2018-07-29 15:53:53 | Lanarte

リルフィー(勝手に命名・小鳥の名前)の体が半分くらい。
ひよこ柄のエプロンと、洒落た上着を羽織っておりますが、
それはLanarte、色替えが激しくなかなか進みません。



昨日は台風がやってくるという中、午前中にプチトマと出かけてました。
行先は自動車教習所です。
入校手続きの為ですが、支払いが私のクレジットカードなので
やむを得ず一緒にくっついて行きました。
自宅から歩いて20分弱の所なのですが、帰りに以前から行ってみたかったお好み焼き屋さんに行こうということになり、足を延ばしたのですが・・・。
土・日休業でした。

ここまで来たら、駅前まで頑張って歩いて、おいしいものを食べて帰ろう!!
というわけで、西荻窪の「仙ノ孫」さんでチャイニーズランチを。

西荻窪は探索すると色々と面白い街らしいのですが、
家からのアクセスがあまり良くないので、ほとんど出かけたことがありません。
仙ノ孫さんも初めて入りました。

2人とも昼の限定セットで、
前菜はピータン豆腐と季節の野菜盛り合わせ、
メインにプチトマは麻婆豆腐、私は肉団子黒酢あんかけ(名前は忘れてしまった)、
そしてアラカルトで”よだれ鶏”というのを頂きました。
どのお料理も見た目よりサッパリした味付けで、とっても美味しかったです。

ふだん、あまり写真は撮らないけど、プチトマが撮っていたので真似して私も。
食事をしながら子供の頃の思い出話や、就活の話、彼女にふられた(!)話などなど、
久しぶりに2人でたくさん話しました。

帰りは小さなローカル路線バスで帰宅。
その後は雨も降りだしたので家でゆっくり(ダラダラ)してました。
プチトマも随分大人になったなぁと、逞しくもあり、淋しくも思った1日でありました・・・。

Comment

ステッチ反省会と第二次ベラちゃん救済

2018-07-21 15:00:29 | Lanarte

今年の初めにたてたステッチ計画。
完成点数10点。
そのうち、
    ①成就しない恋愛のようにダラダラ続けていたやりかけを1点
②はじめましての新規デザイナーさんステッチを1点
③花糸系を1点
④Prairie Schoolerを1点
⑤小物に仕立てるものを3点
と掲げていました。

半年が過ぎ、現時点で達成しているのは、
②のはじめましてデザイナーさんは、Stitchroviaさんのステッチ1点完成
⑤Lizzie Kateさんの小物1点
これだけです。

しばらく花糸系に触れていないので、急にステッチしたくなり、
③を達成させよう!と思ってやりかけを探したのに・・・見つからない。
代わりにVeraちゃんがでてきました。
これはズバリ、①の成就しない恋愛ステッチ!
こうなったら、やろうじゃありませんか!!



Veraちゃんのスタートは2008年の7月。
ちょうど10年、経過してました。
その間、2014年8月に一度取り出して、Veraちゃんの顔だけができていましたが、
そこからまた4年も眠らせてしまった。

暑い夏には向かない色変えモリモリステッチを1週間頑張り、
Veraちゃんの上半身と、小鳥の頭部ができました。
この小鳥、たぶんヒタキ科の鳥だと思うのですが、
勝手に「リルフィー」と名付けました。
少女時代愛読していた『りぼん』に連載していた、
『銀曜日のおとぎ話』というマンガに登場する小鳥の名前です。



28カウントなので、とにかく大きい。
Veraちゃんの頭は、私の握りこぶしぐらいあります。
リネンではなく、Quaker Clothという綿麻混の布ですが、柔らかくて張りがないので、
糸の引き加減が難しいです。

茶色と青ばっかりで、いやになってくる。
この2人が終わると、小物が色々と出てくるので楽しそうなんですけれどね。
そこまで、とにかく今度は眠らせずに頑張りたいです。

Comment

RED WHITE & BEACH

2018-07-17 21:28:14 | Lizzie☆Kate

Lizzie☆Kateさんの、Red White&Beachのデザインの中から選んだ一つができました。
所々、持っていない段染め糸は他の似たような色や、DMCで代用。
メインのクジラも指定のWDWは在庫になかったので、GAの中からMorning Gloryという色を選んでみました。



今日は仕事をさぼって休暇を頂いて、錦織健さんのリサイタルに行って参りました。
一緒に行くのは母ですが、何せ先日のお岩事件がありましたので、
この日までに外に出られる顔に戻るかが最大の懸案事項でしたが・・・。
見事に治癒しました。すごい回復力だ!

平日の昼間というのは、私は初めてかもしれません。
さらに、3連休の翌日なので、休むとなると4連休になってしまい、休みにくい。
なんですが、休みました。ちょっとぐらい嫌味みたいなことも言われたけど、
気にしませんわ。

今回はトークが面白かった!
伴奏はいつも河原さんのピアノですが、2人のかけあいが抜群で。
美しい歌と楽しいトークで暑さを一時、忘れられました。
次は来年の1月。
それを楽しみにまた頑張りますわ~。



さて、今年も半年が終わりましたので、自分だけの密やかな楽しみとしている読書のまとめ。

上半期に読んだ本は31冊でした。
1か月に約5冊、1週間に1冊ペースは変わりません。

藤岡洋子さん、唯川恵さん、成田名璃子さんなど、私にとって初めましての女流作家さん、けっこうおもしろかったです。

上半期勝手にベスト5は、

1位:『幸せなひとりぼっち』フレドリック・バックマン
2位:『AX』伊坂幸太郎
3位:『長いお別れ』中島京子
4位:『風神の手』道尾秀介
5位:『ナオミとカナコ』奥田英朗

こんな感じです。
後半も色々な本をたくさん読みたい!

Comment

大変でした・・・。

2018-07-08 14:17:00 | Lizzie☆Kate

息抜きにLizzie☆Kateさんの小さなステッチを始めました。
1年の半分があっという間に過ぎてしまい、夏の日差しが照りつけます。
若いころは夏が大好きだったのに、今はもう・・・。
まだ始まったばかりですが、早く秋になってほしい!


この前の日記を更新し、BSで大河ドラマを観終えた頃、
19時はまだ明るく、自室で扇風機にあたりながらゴロゴロしておりました。
怠惰な女です。

休日はすぐに終わってしまうなぁ、次の日はもう仕事か。いやだなぁ。
などと思っていたところ、開け放った襖から母が
「どうしよう、こんなになっちゃった・・・」
と、私の背中に声をかけてきました。

何か置物でも壊してしまったのかな?などと想像しながら振り向くと、
母が自分の顔を手で覆い、その手を退けるとそこに、

リアルお岩な顔面が。

一瞬、息が止まりました。心臓も止まったかも。
右眼の上を中心に、青黒く盛り上がり、したたかに内出血。

「ど、ど、ど、どうしたの、それ?」
と尋ねると、庭先を歩いていて何もない所で転んだと。
下が駐車場のコンクリートだったので、こんなになっちゃった・・・。

面積も盛り上がりも尋常ではなく、すぐに救急車を呼びました。

病院に着いてCTを取ったのが20時過ぎ。
最初の診断では微かに脳内出血が疑われ、3時間後にもう1度CTを取り直すことになりました。
3時間後とは23時です。

長い。

楽しい会話が進むはずもなく、ほぼ無言で時間が経つのを待ちました。
そうしている間にも、意識がなくなったらどうしようとか、顔が戻らなかったらどうしようとか、不安になるばかり。
ようやく2度目のCTを取りに行き、やっと診断してもらえると思ったのに、
その間に2組ぐらいの急患が入り、待たされること1時間半。
気が気でないし、疲労も。

ようやく先生が現れ、恐らくは問題が無いということで、帰れることになりました。
帰宅したのは深夜の2時前です。
疲れました。

就寝中に異変が無いか確かめるために何度か様子を見に起きましたが、
特に変わったところはなく、大丈夫そう。
ほとんど眠れませんでしたが、何もなくて本当に良かった。

翌日は、紹介された大きな病院に再精密検査を受けに行く為、付き添いましたが、
ここでも待ち時間が長い。
受付前の8時半ごろに着いて、終わったのは昼過ぎ。
結果は今のところは大丈夫だけれど、2、3か月は気を付けて、
何か異変があったらすぐ来るようにと。
まずは一安心ですが、これから一人で出歩かせるのが怖くなってしまいました。
足の骨を折らなかったのが不幸中の幸いで、母ぐらいの年齢になると、
転倒から寝たきりになり命取りにもなるので、それだけはホッとしているところです。

それにしても人間の顔って、あんなになっちゃうもんなのですね。
今日で2週間ほど経ちましたが、当初右眼を中心に青黒くなっていた内出血が、
だんだん降下して、2、3日前まではパンダちゃんのように両目の下が青くなっていました。
今はだいぶ良くなり、たぶんあと1週間もすれば、ほとんどわからなくなるのでは?
と、慰めているところです。

Comment