オタク29

オタク女のオタク日記です。同人活動もちょこっと。
一部腐女子向けネタ有。御注意を。

素質がありそうだったので

2006-12-19 01:57:52 | BL
友人と渋谷で食事中。
某若手俳優AさんとBさんが、ロミオとジュリエットのロミオ役をダブルキャストでやるという噂を聞き、じゃあジュリエット役は誰かしらという話をしていたら友人が突然、
「いっそのことAさんがロミオでBさんがジュリエットをやればいいのにね。そこらの女優さんよりよっぽど綺麗になると思うの!」
などと言い出したので驚きました。なにその腐女子的発想。


そんな彼女が最近オノ・ナツメの漫画が好きだと言うので、別名義で描いているBL漫画「クマとインテリ」を買わせました。きっと気に入ってくれるはず…。
コメント

小冊子&全プレラッシュ

2006-10-29 00:19:34 | BL
全員サービスに申し込んでいた藤生さんの小冊子、「Honey's Diary」が届いて大喜びしてます。わーいわーい。読み応えがあって嬉しい。


そのほか申し込み中のものは以下の4点。全部BL系です。

・リブレ図書カード(もちろん山田ユギさんの)
・「生徒会長に忠告」カラーペーパー(応募要項に「一番好きなキャラとその理由」を書けとあった。なんかこッ恥ずかしかった)
・花音小冊子(西田東目当て。やっぱり好きだ)
・シャレード小冊子(一番楽しみにしてるものだが、フェア対象コミックス発売延期に伴い小冊子発送も延期。あああ…!)


あとはBL小説「エス」の小冊子を応募しようかどうしようか迷ってるんですが、多分しちゃうんだろうな…。前に某小冊子を迷った末申し込まなくて、あとでまんだらけで買っちゃったことがあるからな…。


…小為替買ってきます。
コメント

ダ・ヴィンチとBL

2006-08-05 23:50:01 | BL
ダ・ヴィンチ最新号小特集。
「このBL作品に芥川賞を獲らせたい!」

…何だかなーと思いながらつい購入。
読んでみましたが、イロモノ扱いせずきちんと作品を評価してくれているので一安心。ずいぶん範囲を絞って紹介してますが、限られた中では仕方ない。でもあの狭い中で「BL芥川賞」を決めて欲しくなかったかも。
エッチの部分にはあまり言及していないのね。




ダ・ヴィンチといえば思い出すことがひとつ。
ダ・ヴィンチにはコミックヒットチャートという、1ヶ月の売り上げ部数ランキング上位20位を紹介するコーナーがあります。
そのランキングのデータなんですが、数年前までは渋谷のコミックステーションという漫画専門店調べのデータでして(今はもう閉店しています)。
その店はBL作品が豊富で、買いに来るお客もそれを目当てに来る人が多く、となるとコミックヒットチャートの結果は必然的にBL作品が多くを占めるわけです。2004年4月号では、20位中18作品がBL作品という快挙を成し遂げたこともありました。

当時そのコーナーを見るたびに、わざとなのか分かってやってるのか、そしてBLを読まない人にとっては訳の分からないランキングなんだろうなあなどと考えておりました。





今回の特集を見て、これ以外にもたくさんいい作品はあるのに!と物足りなさを感じましたが、すべてを紹介するなんて土台無理な話。
どのジャンルを紹介するときも、それを前から好きだった人は物申したくなるものですよね。それで言うならば、今回の特集は好意的で(本の雑誌なんだから当たり前か)まあ、よかったのでは。
コメント

ルームナンバー×××

2006-07-02 01:09:26 | BL
知人が引っ越しました。

マンションの


801号室に。


…ちょっぴりうらやましいです。
コメント

そろそろ隠さなきゃヤバイ

2006-05-04 01:48:25 | BL
GWです。
ここはグリーンウッドでもなくガンダムウイングでもなく、ゴールデンウィークです。
甥姪3名が遊びに来ています。


私の部屋で遊んでいると、5歳の姪がベッドの枕元に積んであるBL本をじっと見つめ、裏表紙に書いてある読める字(ひらがな)だけを読み始めました。



「そんなに…じらうな。……めが…かなくなるだろうが」



わーわーわーわーわー。
(…のところに恥、歯、止、利を入れて読んでみよう!)

この本はエッチな本だからダメ!と取り上げるが興味津々。
なんとか宥めると、今度は9歳の姪に「おばちゃんの描いたマンガを読みたい」とねだられる。ダメー!



無防備すぎたのは私が悪かった。悪かったから…!

…もうアンタ達早く帰れ。
コメント

ビブロス倒産

2006-04-08 03:59:12 | BL
女性向けのBLコミックスやノベルスの出版社のビブロスが倒産しました。
BL本が売れなくて倒産したわけではないそうですが、今後もしまた、素敵な萌え本を発行してくれる出版社がなくなってしまったら、腐女子にとってかなりの痛手です。

とりあえず、今私に出来ることは何かと考えてみたところ、出来るだけ本を買って出版社にお金を落とすことではないかしらと思いまして。
試しに今欲しいBL本をアマゾンのカートに入れてみましたら。
合計29点19,542円。
…これが多いのか少ないのかは分かりませんが、(私的には思ったより少なかった)一ヶ月の本代としては高すぎる…。ちまちま分けてお買い物することにします。


ビブロス、いつか復活してくれるといいな。そんで蓮川愛さんの恋愛操作と、草間さかえさんの短編を単行本化してくれないかな…。ユギさんの未収録作品も…。今月10日発売予定だった猫田リコさんの新刊も…。

ひとまずはお別れです。
コメント (3)

やっぱりBLが好き

2006-02-18 03:34:07 | BL
BLのBWが今私に来ています。
略さず言うとボーイズラブのビッグウエーブが今私に来ています。
分かりやすく言えば女性向けホモ漫画・小説の大きな波が今私に(もういい)


普段からせっせと新鮮なBL作品を摂取しているので量的には大した変わりはないのですが、前から気になっていたBL小説「ダブルベッド」(吉田ナツ著)を読んだらこれがまたよく出来た話でして。
この心の充足感は、青山さんが望に結婚記念日の記念品を披露した場面を読んだ時に匹敵するくらいです。(尤書堂シリーズ知らない方には分かりませんよね。つーかここ読んでるほとんどの方が分からないと…。)


そんなわけで第二のダブルベッドを探しに日夜本屋に通っているわけでありますが。
今日も仕事帰りに本屋に立ち寄りBLコーナーを食い入るように見つめていると、スッと隣に立つ人が。
何気に顔を見ると、職場のパートさん…!
幸いこちらには気づいていないようだったので、一歩後ろに下がり、二歩目で背を向け、三歩目で棚の陰に隠れ、後は一気に外まで駆け抜けました。真夜中を駆け抜けました。


…別に逃げる必要もなかったとは思いますが、多少の恥じらいと後ろめたさを忘れずにBLを愛していきたいという複雑なこの感情、分かって頂けますか。

(この場合の恥じらいは「電車でBLを読む時は挿絵を隠す」、後ろめたさは「こんなにBLが好きでゴメンね。でもやめられないの。」程度のものです。なんか偉そうな書き方してるなあと思ったので追記。BLを読む事を恥ずかしがれと言っているのではないですよもちろん。)


このBW、財布の中身が尽きるまで続きそうです。
コメント (3)

コミケ参加歴=人生の半分の私になんてことを

2006-02-02 02:41:46 | BL
いつもコメントを下さる京一さんからいろんな占いを教えてもらったのでやってみました!


やおい度チェック(一番最初にこの占いをやるあたり…)


結果。
「あなたのやおい度はこんな感じ! 」

あなたのやおい度は【15%】です。

ほとんど、やおい傾向のないあなたは、ノーマル気質といえるでしょう。
あなた自身が個人的な妄想に陥ることはほとんどないようです。
しかし、世の中には異常な妄想を楽しみ、それを生きがいとしている人も大勢います。
そういう人を差別しないであげてくださいね。
電車で隣に座った女性が、男同士がエッチするマンガを読んでいたとしても、見なかったフリをして、やり過ごすのが大人というものです。

あなたにぴったりの夢:いつかコミケに行ってみる


再起不能度  26%

腐れ女度  48%

二次元倒錯度  45%

冷静沈着度  100%




……ありえな……!
私は見なかったフリをされて、やり過ごされるタイプ人間なんですけど…!(出先で買ったBLコミックスはほぼ電車の中で読んでしまいます。我慢が出来ないので。)
確かに身近にいる人や、そこらで見かけた好みのタイプの人で妄想することはないけど、二次元でなら仕事中でもふと浮かんだネタで妄々となることも少なくないというのに!この結果は私にとって屈辱ですよ!


で、あまりに納得がいかないので、自分のどこがいけなかったんだろうと一つだけ質問の答えを変えてみたら見事、やおい度120%になりました。満足。


ちょっとだけ自分に足りないところが分かったような気がします。
コメント (2)

攻めしおり

2005-11-17 00:34:16 | BL
マガジンBE×BOY12月号。(BL雑誌です。御注意)
綴じ込みふろくに「攻めしおり」なるものが付いておりました。
BE×BOYの連載、連作の中から4人の攻めを選りすぐり(平均身長188センチ!)、花束を持たせキメポーズを作っています。そして裏面には読者への口説き文句が。

…何も分っかちゃいません。
攻めからの口説き文句なんていらない!攻めはただただ受けを口説いていればいいの!「攻め」が好きなんじゃないの、「受け」が好きなんじゃないの。「攻め×受け」が好きなのー!

心の中で乙女チックに、鼻息荒く叫んでいたら、下のほうによく見るとちゃーんとそれぞれの受け紹介と、受けへの愛の一言がありました。


…さすがBLの老舗BE×BOYさん、よく分かってらっしゃる。(早とちり)(しかも反省の色無し)
コメント (2)

BLゲームは未経験

2005-11-10 01:56:05 | BL
BLゲームを略して「ボブゲ」って言うことを初めて知りました。 
ゲームって言うよりボブって感じ。(誰しも思う事でしょうが)


「ヘイ、ジャック。ベッドに長い毛が落ちてたぜ。君の髪はこんなに長くないだろう?」
「おいマイケル、勝手に寝室に入るなよ。……それはボブの毛だ。昨日泊まっていったからな」
「と、泊まっただって?…フ、フンそうか、これはボブの毛か…」
「ああ、ボブの毛だ」
「ボブの毛……」
「ボブ毛……」
「ボブ(以下ry)」


ボブ×ジャック←マイケルでお願いします。

つーか、どこからこんな話になったんでしょうね。





コメント (4)