西荻窪の道路拡張を考える会

西荻に広い道路は似合わない! 都市計画道路132号線の道路拡張に反対して意見を発信しています。

デモクラシータイムス(YouTube動画)の取材を受けました

2020-09-28 15:33:40 | 道路拡張

(132号線沿道・善福寺川の橋のたもとで山岡淳一郎さんの質問に答えました。 2020.9.23)

<山岡淳一郎のニッポンの崖っぷち>
亡国のゾンビ道路 73年前の計画が生活破壊?!

すごいタイトルが付けられています。
「73年前に作られたまま眠っていた都市計画道路の拡幅計画がゾンビのようによみがえり、沿道で暮らす人たちの生活を脅かしている・・・・実は似たようなゾンビ道路は東京、全国のあちこちにある。なぜこのような時代錯誤のゴリ押し公共事業が行われているのか。身近なテーマから日本の民主主義の現状をリポートします」
という企画意図から始まった西荻窪の132号線道路問題の取材。
インタビュアーの山岡さんの、本質を見抜く早さと深さに敬服しました。
当日の天候は台風の影響で雨模様でしたが、運よくちょうど雨上がりの撮影となりました。
まず、地図を見ながらの概要説明を「西荻窪の道路拡張を考える会」の世話人・中野千枝さんから。
次に、
暴挙①旧法下での決定を新法下で事業認可は適正手続き欠如→憲法31条違反
について、熊本一規明治学院大学名誉教授が。
暴挙②あやふやな道路拡張理由
暴挙③1期工事85億円、血税無駄遣い、費用対効果は?
について、「杉並の問題を考える会」の漆原淳俊さんが語りました。
<費用対効果>は初めて明らかになった問題です。
その他、
沿道住民の声として、エイコークリーニング店とギャラリーブリキ星が取材を受けました。

<費用対効果B/Cが0.5とは?>
9月の区議会定例会で、山田耕平区議(共産党)が情報開示請求を基に質問して,
わかったことですが、補助132号線の費用便益分析・B/Cの算出結果がわずか0.5だったということです。
B/C=0.5これは何を意味するのでしょうか?
B/Cとは、道路整備等の費用と、得られる効果の比率だそうです。
値が1以下は、コストに対して得られる効果が低いことを意味します。
132号線はB/Cが1を下回っているので、道路拡張をしても交通渋滞や事故は無くならない、整備効果は低いということです。
(現状でも特段の交通渋滞、事故は無い。青梅街道の出入附近、女子大通りと合流する辺りが混み合うという附近の住民からの訴えがある)
普通、値が1以下の事業は見直しされるそうですが、杉並区はこれを全く無視していることになります。まさに税金の無駄遣いと言わざるをえません。

今回取材を受けて、改めて、この132号線道路拡張事業の「計画ありき」「理由の後付け」「税金の無駄遣い」が明らかになり、行政のあり方に納得ができない思いを強くしました。

「ニッポンの崖っぷち」の検索でご視聴いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=H8VVq6-RCOA


コメント

「132号線拡張に反対する沿道住民の会」を結成、区へ文書提出しました

2020-09-09 19:14:42 | 道路拡張
 9/9 区役所前宣伝行動に参加して、132号線道路拡張反対を訴えました。

「『132号線拡張に反対する沿道住民の会』結成のお知らせ」文書を区長秘書へ手渡しました。

132号線沿道住民は連携してがんばります!
2020年第3回杉並区議会定例会の初日、「132号線拡張に反対する沿道住民の会」を結成したお知らせの文書をもって、杉並区役所を訪問しました。
12時からの区役所前宣伝行動に参加して、訴えとニュースの配布を行い、「沿道住民の会」結成を報告するため、区長室と議会各会派の控室を訪ね、文書を届けました。
以下は文書の内容です。

杉並区長田中良 様                       2020年9月9日

      「132号線拡張に反対する沿道住民の会」結成のお知らせ
2018年9月に「都市計画道路補助132号線拡張計画」を知らされて以来、私たちは一貫して、この事業の見直しを求めてきました。
理由は
① この計画の手続きは、大日本帝国憲法時代の「旧都市計画法」に基づく手続きしか採られておらず、公聴会や住民の意見書提出などは行なわれていない。したがって、適正手続きを 定めた日本国憲法31条に違反している。
② 沿道住民の仕事や生活を脅かし、財産を不当に奪う。
③ 西荻の魅力ある個性的な街並み、商店街を壊す。
④ 理由が後付けで緊急性、必要性に納得できない。
⑤ コロナ禍の中、1区85億、2区はその倍のコストがかかるといわれている、不要不急の道路計画を中止して、深刻な経済危機を救うべきである。
などが、挙げられます。
この間、私たちの主張に賛同した方たちからの5900筆を超える署名も集まっています。
しかし、区は最初から「決まっていること」として一方的に事業認可を取得し、用地折衝へと計画を推し進めています。
そこで、私たちはこの度、反対する沿道住民同士が結束して、
『132号線拡張に反対する沿道住民の会』を結成いたしました。目的を
「132号線道路拡張に反対して沿道住民が連携し、個別交渉ではなく、団体交渉で対応する」
と定めていますので、今後、会員は一切の個別交渉はせず、会が交渉の窓口となりますことを、
ご報告致します。
現在、コロナ終息の見通しがたたない中、私達沿道住民は対策を講じながら営業を続け、   言いようのない将来への不安を感じながら毎日を送っています。この道路拡張計画をがむしゃらに推し進めることは、地方自治法の本旨である「住民の福祉の増進を図ることを」に背くばかりでなく、住民の生活と営業不安を増大させることに他なりません。コロナ対策に多くの財源をを確保すべき歴史的経済危機の今、杉並区は、132号線事業の凍結・中止の決断をし、国と東京都からの補助金、そして区費で賄われているこの事業費、つまりは私たちの税金を、多くの苦しんでいる区民、都民の営業支援などに費やして下さるよう、心よりお願い申し上げます。
                  「132号線拡張に反対する沿道住民の会」
                   杉並区西荻北 5-9
                   世話人   
                   加川弘士・照子 中野千枝 原口良子 丸茂年昭 
                   三田ふさ子・真弓 渡邊廉・恵美子 (五十音順)




コメント

東京ガス跡地にスーパー建設

2020-08-09 17:08:28 | 道路拡張

(132号線沿道沿いのたばこ屋さんの植え込みで見つけた小さな自然)

東京ガス(区が防災の拠点と言っていた!)跡地には、スーパーのライフが
8月8日(土)午後6時30分~西荻南集会場でライフ建設の説明会が開催されました。
参加者は50名余りで、会場はいっぱい。近隣住民の関心の高さがうかがえました。




東京ガスの跡地は、建物と駐車場を含めて5715,9㎡(1729坪)あります。
そのうちの4474㎡がライフの敷地面積(借地)になり、建物は地下1階の3階建て。
地下と1階が食品売り場、2階、3階が駐車場になるそうです。
敷地の残り部分1240㎡がどうなるかは知らないとのことでしたが気になるところです。
住民からは主に、出入庫や車での来客による交通渋滞への心配(青梅街道側からは迂回しなければ入れない)や、工事中を含めた騒音、粉塵、振動などへの懸念と対策への要望がだされました。
面積の割合から緑地の少なさも指摘されました。
132号線道路との関連では、道路拡張予定部分に自転車置き場が設置してあり(南側にもあるが少ない)、質問への答えからも、道路計画が差し迫っていると考えていないような印象を受けました。
一日の予想来客数は4000人とのこと。 ホント~ ?

スーパーの進出には賛否ありますが、商店街が守られ西荻らしい街並みが失われないこと、交通渋滞を招かないことを望みます。





コメント

132号線沿道住民の会.7/28結成集会はコロナ禍で中止に。

2020-07-25 09:52:56 | 道路拡張


7月28日(火)の132号線沿道住民の会結成集会は中止です

「132号線拡張に反対する沿道住民の会」を7月に結成し、結成集会を開催する準備を進めていましたが、昨今のコロナ感染拡大状況の下で開催することは無理と判断し、7/28開催の集会を中止することにいたしました。
杉並区は、事業認可後の「用地説明会」を<新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から一旦延期>することを沿道関係者に通知しています。
今後区が行う予定の用地説明会→個別交渉に向けて、あくまでも私たち住民は連携して132号線道路拡張に反対していきます。
ニュース「ニシオギ132 №9」を配布・郵送・メール配信で、沿道住民の結成集会をお知らせしたばかりで、残念ですが、この度は中止にして改めて開催を計画したいと思っています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
コメント

道路拡張の理由「東京ガス緊急車両出動のため」は、嘘だった?

2020-05-27 17:06:39 | 道路拡張
東京ガスは移転してしまった!
都市計画道路132号線の沿道、西荻北5丁目にある東京ガスの建物

 <建物裏の広い駐車場に今は一台の車両もない

 <6月8日から解体工事が始まるとの通知

「都市計画道路補助132号線」(神明通り入り口→西荻窪駅→青梅街道までの南北1070m)の道路拡張計画。第1期事業区間は、北側の青梅街道から関根橋を越えたところまでの約半分606mとされている。その真ん中あたりの沿道にあるのが「東京ガス西部支店」だ。

今までずっと、「東京ガスは防災の拠点」と説明されていた
●平成30年7月(約2年前)、北側地域の測量説明会で初めて道路拡張計画を知らされる。
そのときの出席者の話を聞くと、「道路を広げなければならない理由の一番具体的な説明が、東京ガスの存在だった」。
●同年9月13日、上記測量説明会開催の通知が近隣6軒中4軒に届いていないことを知って、改めて住民の集まりを持って、区の担当者から説明を聞く。
そのときも、災害時に東京ガスの車両が緊急出動しなければならないことの重要性が説明された。
●同年10月28日杉並区長宛ての手紙を提出。11月2日付で都市整備部からの回答には、道路拡幅理由として、防災力の向上のため「災害発生時に幹線道路(青梅街道)と防災拠点(東京ガス)を相互に連絡する道路として、さらに避難道路として活用することを考えています」と記されていた。
●同年11月29日、平成31年1月30日住民集会。「東京ガス緊急車両出動」の問題が議論に。
「そんなに東京ガスが重要なら、いっそ安全にスムーズに出動できる青梅街道沿いに移転してもらって、跡地を防災のための施設や公園にしたほうがいい」などなど住民からの意見。
●令和元年7月9日区長へ要望書を提出。
住民は、東京ガスの統廃合による移転計画を知っている、早急に真偽を確認し、もし移転が確定なら区が積極的に関わって跡地に防災公園を作ってほしいことを要望。
●同年9月18日都市整備部長からの回答(今から8か月前だ!
当該路線の東京ガスについてですが、現時点で東京ガスから、組織の見直しを検討している旨はうかがっておりますが、移転等の具体的な計画は確認できておりません。今後も、公園など跡地の公共利用の視点も含めて、東京ガス西部支店の動向については注視してまいります。」と。
以上が「東京ガス」をめぐる経過だ。
道路拡張の理由はいい加減! 対応もいい加減!
あんなに防災上の拠点と位置づけていたのに、8か月前でもまだ、「東京ガス」の移転を把握していないと言うのにはおどろきだった。実は、東京ガスのことなどどうでもいいことだったのだろう。
今年、令和2年5月東京ガスは移転し、解体工事が始まろうとしている。

なぜ、11mの道路を16mに広げなければならないのか。
70軒以上の店舗・住宅をつぶしてまで。
街の開発とは何なのか。
税金の使い方が間違っているのではないか。
新型コロナ感染症で混沌としている人々の生活、経済への不安・・・こんな時に道路拡張事業を本当にやってもいいのか?
不要不急の道路拡張事業は中止してほしい。
そして、改めて、東京ガスの跡地を防災公園にすることを区に求めたい。


 








コメント