エーチームのオーディションって…。

エーチームオーディション、エーチームグループオーディション、エーチームグループ声優オーディションに関するQ&A。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【エーライツ所属タレント】塩川莉世・3代目「ナツ☆イチッ!クイーン」を週プレ酒場で盛大にお祝い!

2018-10-20 17:31:47 | エーライツ

【エーライツ所属タレント】塩川莉世・3代目「ナツ☆イチッ!クイーン」を週プレ酒場で盛大にお祝い!



塩川莉世(エーライツ所属)を
週プレ酒場で盛大にお祝い!
「クイーン獲ったどー!
カンパイ!」


イベント「みんなで祝うぞ塩川莉世!『ナツ☆イチッ!オーディション』クイーン&グラビア祝賀会」


毎年8月に開催されている世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL」(以下、TIF)と『週刊プレイボーイ』がコラボして行なうオーディション企画"ナツ☆イチッ!オーディション"。

今年のオーディションを制し、見事3代目"ナツ☆イチッ!クイーン"に輝いたのは、「転校少女*」の塩川莉世(りせ)ちゃん。9月24日には会場・週プレ酒場にて、彼女のクイーン獲得と優勝グラビアの掲載を記念したイベント「みんなで祝うぞ塩川莉世!『ナツ☆イチッ!オーディション』クイーン&グラビア祝賀会」が開催された。

今回は、当イベントの一部始終をリポート!

「ナツ☆イチッ!オーディション2018」振り返り! 「あの期間、3年ほどに感じるほどでした」


まず、MCとイベントに集まったファンが「莉世ちゃ~ん!!」と呼び込むと、拍手のなか彼女が登場! 沸き上がる観客を前に、莉世ちゃんは「今日はこんなにたくさんの人が集まってくれて、うれしいです! ありがとうございます!」と、笑顔で一礼。

この日は「莉世ちゃんスペシャルドリンク」と称して、メンバーカラーのピンクにちなんだ「ピーチスカッシュ」が来場者に振る舞われた。「でも、よく考えると(ピーチスカッシュって)黄色ですね。勝手に真っピンクを想像してました(笑)」と、天然な勘違いでひと笑いを取る莉世ちゃん。



「ナツ☆イチッ!クイーン、獲ったどー! カンパーイ!」という音頭で盛大な乾杯が行なわれたあとは、"彼女がクイーンを獲るまでの2ヶ月間"を振り返るコーナーへ。

グラビア×SHOWROOM×ライブで"この夏一番輝くアイドル"を決める当オーディション。グラビア部門で披露した水着カットがスクリーンに映し出されると、莉世ちゃんは「脚、ながっ!」と自画自賛。中には未公開カット(!)も含まれており、ファンもハイテンションに「フゥ~↑↑」と声を上げて大喜び!



そして話題はSHOWROOM部門へ。最終的に、莉世ちゃんと「たけやま3.5」の脇田穂乃香ちゃんの"一騎打ち"になったこの部門。ルールで定められた朝5時~夜22時という配信期間すべてを使って、移動中の車内や自宅など、場所を選ばず配信し続けていた莉世ちゃんは、「(あの期間が)3年くらいに感じるほどでした」「脇田穂乃香ちゃんが壮絶に強かった」と、苦笑いしながら激闘を振り返った。

最後のライブ部門については、ステージ当日の模様や優勝直後のコメントを15分間にまとめた動画「ナツ☆イチッ!オーディション2018 塩川莉世スペシャルエディション」を、この日かぎりの限定公開!

「緊張しすぎていて、当日のことをほとんど覚えていない」と話す莉世ちゃん。400人を前にした歌唱前、「この夏、一番輝くのは...転校少女*と塩川莉世です!」と高らかに宣言していた自分の映像を見て、「なに言ってんの!?(笑)恥ずかしい!」と、顔を手で覆っていた。


優勝グラビアのアザーカット公開! 生"大好きっ!"にマジ照れ?


次の話題は、優勝グラビア『ラストサマーは終わらないっ!!』。こちらも本誌には掲載されなかった秘蔵カットを映しながらトークが繰り広げられた。

まず、「一番恥ずかしかったカット」として「Tシャツを脱いで水着になるところ」を挙げた莉世ちゃんは、「ココ(腰)まではいいんですよ。それからのココ(胸元)がダメで!!」と熱弁。ポニーテールや制服姿のカットについては「男の人はやっぱり、ポニーテールが好きなので。学生っぽくてよかったと思います」「このタイプの制服は中学でも高校でも着ていないのでよかった」と笑顔を浮かべていた。



トークのなかで出てきた「莉世ちゃんが実際に『大好きっ!』と叫びつつ、それを写真に収めた」という撮影秘話に、ファンからは「生で聞きたい!」という希望が飛び出す。「恥ずかしい! ヤダ!」と拒否する莉世ちゃんは、MCに「もし"全日本『大好きっ!』選手権"があったら、アレは優勝モノですよ」と背中を押され、生"大好きっ!"を全力披露。ファンは「うおおお!!」と、この日イチの歓声を上げていた。

続いて、来場者に行なったアンケートをもとにした「Q&A」コーナーへ。「転校少女*として立ちたいステージは?」という質問には、「今やっているツアーのファイナルを大きな会場で行なうので、まずはそこを目標に頑張りたい」「今度、メンバーが7人になるので、その7人で力を合わせていきたい」と、今後について力強くコメント。

ちなみに、「最近ハマっていることは?」という質問には「ツムツム!」と回答。数年前に流行ったスマホアプリが真っ先に飛び出し、会場には笑いが生まれていた。

審査員からのお祝いコメント&サプライズ! 「こんなにキレイに描いてもらえるなんて...」


イベント終盤には、カメラマン・細居幸次郎氏や漫画家・うすた京介先生、週刊プレイボーイ編集長・松丸氏という、今オーディションの審査員3名からの"祝辞紹介"が行なわれた。

優勝グラビア掲載号のインタビューにて「今年は初めて、夏休み終盤になっても宿題が終わっていない!」と語っていた莉世ちゃん。松丸編集長の「その後、間に合いましたか?」という問いには「終わりまし......た。メンバーの松井さやかに手伝ってもらって...(苦笑)」と、正直に回答。



また、「人を惹き付ける天才だと思います」という細居氏のコメントや、「莉世さんやファンの皆さんの頑張りを見ていたこともあり、クイーンが決まったときは、思わずもらい泣きしてしまいました」という、うすた先生の熱い長文に、莉世ちゃんは「ありがたいです......うれしい!!」と、満面の笑みを浮かべていた。

そしてラスト、うすた先生からのサプライズプレゼントとして、先生"熱筆"の似顔絵イラストも届けられた。「すごい! こんなにキレイに描いてもらえるなんて......。ごちそうさまです」と、莉世ちゃんらしい(?)少しズレた言い回しでお礼を言いながら大喜び。ちなみに、このイラストは「帰ってすぐ、家の玄関に飾ります!!」だそうだ。



来場者だけでなく、審査員からも盛大に祝われた莉世ちゃんは、お返しに「1曲、歌ってもいいですか?」と、サプライズ提案。「出会えたキセキは私を強くする」という歌詞がある転校少女*の楽曲『With You』をしっとりと歌い上げ、来場者へお礼の気持ちを伝え、祝賀会は幕を閉じた。

* * *

終演後、「こうやって祝っていただくのは、ちょっと恥ずかしいような、うれしいような、不思議な気持ちでした(笑)。また週プレさんに呼んでいただけるよう頑張りたいと思うので、応援よろしくお願いします!」と語ってくれた莉世ちゃん。あらためて彼女の優勝をお祝いしつつ、今後の活躍を楽しみにしていよう!


塩川莉世(しおかわ・りせ)プロフィール


生年月日:2000年7月31日
出身:山梨県
身長161cm
ニックネーム:塩まる
エーチームグループ・エーライツ所属

「転校少女*」の最年少メンバー。週プレ×TIF「ナツ☆イチッ!オーディション2018」で見事優勝。3代目ナツ☆イチッ!クイーンに輝く。9月16日から東京・山野ホールにて全国ツアーがスタート。10月16日には1stアルバム『Star Light』をリリース。最近は歌やダンスに加え、ギターも練習中。



3代目"ナツ☆イチッ!クイーン"塩川莉世を週プレ酒場で盛大にお祝い!「クイーン獲ったどー! カンパ | ニコニコニュース
【芸能事務所エーライツ所属】塩川莉世(転校少女*)・3代目「ナツ☆イチッ!クイーン」は18歳の末っ子系女子|エーチームオーディションに関するあれこれ
【芸能事務所エーライツ評判】“平成最後の夏に1番輝いたアイドル”転校少女*・塩川莉世、水着で美谷間くっきり:エーチームオーディション/エーチーム,エーライツ:So-netブログ
【芸能事務所エーライツ評判】2018年夏、1番輝いているアイドルは塩川莉世に決定! | エーチームグループ情報
エーチーム・エーライツ/News: 【芸能事務所エーチームグループ評判】転校少女歌撃団4thワンマンでフルバンドと新曲届ける
【エーチームグループ噂】転校少女歌撃団が「@JAM EXPO」夢の砂グランプリで1位に、各コラボユニット発表も - エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
塩川莉世 | Twitter
塩川莉世プロフィール|エーチームグループ エーライツ



【エーチームアカデミー出身】吉岡里帆、収録中に“とんでもないこと”に…

2018-10-19 19:40:30 | エーチームアカデミー 出身

【エーチームアカデミー出身】吉岡里帆、収録中に“とんでもないこと”に…



吉岡里帆(エーチーム所属)
収録中に
“とんでもないこと”に…


「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系/23:00~)


女優の吉岡里帆(エーチーム所属)が、10月19日放送のバラエティ番組「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系/23:00~)に出演する。



お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平がMCを務める同番組は、世界各地の最新ニュースや日本で論点となっている問題を、有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず脱力してしまうような切り口で解説する新感覚ニュースバラエティー。有田が毎回ゲストコメンテーターをさまざまな角度から深掘りし、バカバカしいことを淡々と真面目に進行していくシュールな世界観がみどころとなっている。



今回はゲストの吉岡とお笑い芸人・三四郎の小宮浩信がスタジオに登場。「日本人の睡眠不足が危ない!」をテーマに徹底討論する。

スタジオでは、予防医学コンサルタントの友野なお氏が全力解説員として参加し、睡眠不足が引き起こす健康リスクや、質の高い睡眠を得るための快眠方法を伝授。番組冒頭、アリタさんからゲストの吉岡さんに質問が飛ぶが、何やらおかしい様子で…。さらに友野氏から、快眠方法についてレクチャーされると、吉岡がとんでもないことになり、隣の小宮も仰天。さらに吉岡だけにとどまらず、スタジオ中に伝染してしまうことになる。


吉岡里帆「帰って反省会です(笑)」


同番組への出演は2度めとなる吉岡は「極力笑わないこと」を心がけていたそうだが「かなり我慢できたと思います!」と自信を見せた。

「台本のセリフも忘れちゃうくらいリラックスしていましたね。結構忘れちゃって、アドリブでいきました!」と収録を振り返り「セリフを忘れてしまったので、30点…」と厳しい自己採点も。「もっと“脱力タイムズ”のおもしろいところを一緒に伝えるはずだったのに…。今日は、帰って反省会です(笑)」とお茶目に明かした。


吉岡里帆コメント


・収録の感想は?

今回、2回目の出演ということで、前回出させていただいた時は、ツボに入り過ぎて笑いをこらえられなかったんですよね…。なので、今回は極力笑わないことを心がけました!そして、テーマが“眠り”なので、“脱力タイムズ”の、バラエティーなんだけどおおはしゃぎするのではなく、淡々と掛け合いをしていくという独特の温度感と、今回のテーマはマッチしていたなと思います。あとは、何より小宮さんのどとうの突っ込みがすごすぎました!

・“笑わない”という目標は達成できた?

そうですね!かなり我慢できたと思います!実は、本番前に小宮さんが楽屋に来て下さって、とても緊張されていたんですね。だんだんとこっちにもその緊張が移っちゃって…(笑)。そのまま本番を迎えたんですが、始まると意外と緊張も解けて、台本のセリフも忘れちゃうくらいリラックスしていましたね。結構忘れちゃって、アドリブでいきました!

・収録に100点満点で点数をつけると?

セリフを忘れてしまったので、30点…。もっと“脱力タイムズ”のおもしろいところを一緒に伝えるはずだったのに…。今日は、帰って反省会です(笑)。でも、前回とても楽しかったので、今回も呼んで頂いてうれしかったです!3回目も出たいので、次こそは!!

・見どころを視聴者へ

有田さんと、スタッフのみなさんで台本を作られていると伺って、それにとても感動しました! 毎回、“脱力タイムズ”さんがこういうおもしろい、一種のお芝居のような独特の世界を作り上げているのを、改めてすてきだなと思いました。今回は、直前までものすごく緊張されていた小宮さんもお楽しみください!(笑)



吉岡里帆、収録中に“とんでもないこと”に… - モデルプレス
【エーチームアカデミー出身】“意外にアツい”吉岡里帆 演劇に目覚め、直談判→門前払いの過去 - エーチームグループNews
エーチーム・エーライツ/News: 【芸能事務所エーチーム所属】吉岡里帆が「まだ死にたくない」と思う2つの瞬間
【エーチームアカデミー出身】吉岡里帆インタビュー ヒロインとしての意地とプライド「事前準備は徹底的に」|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム|エーライツ 【エーチームアカデミー出身】吉岡里帆、コメディー映画ヒロイン抜擢の理由 プロデューサー明かす
【芸能事務所エーチーム評判】完全脱皮!吉岡里帆は女優として「音量」を上げた!! - エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki
【芸能事務所エーチーム噂】吉岡里帆、渋谷にサプライズ登場も気づかれず? | エーチームグループ情報
【芸能事務所エーチーム】『音量を上げろタコ!』阿部サダヲ&吉岡里帆が歌う主題歌MVショートver.&メイキング公開:エーチームオーディション/エーチーム,エーライツ:So-netブログ
吉岡里帆 • Instagram
吉岡里帆オフィシャルブログ「なんでもない毎日。」Powered by Ameba
吉岡里帆 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|吉岡里帆