Msk-Mtnのブログ

プリキュアと「キラッとプリ☆チャン」について熱く語る、千葉大学バドミントン部の一OBのブログ

劇場版プリパラ「み~んなでかがやけ! キラリン☆スターライブ!」 ひびきのコース感想

2017年03月18日 | プリパラ3期
 劇場版プリパラ「み~んなでかがやけ! キラリン☆スターライブ!」 は、ストーリーがある程度進むと、ストーリーが3つに分岐します。
 こちらは、そのうちの1つ、ひびきのコースの感想となります。全コース共通部分、および、他の2つのストーリーについては、別の記事をご覧下さい。


 では、ひびきのコースの感想に入ります。ネタバレが嫌な人は、くれぐれも注意を
 準備がよろしければ、下にスクロールして下さい。

































 プリパラレルワールドに迷い込んだ一行。このコースでは、ひびきを主体としたプリパラレルワールドが展開されます。


 豪華客船のように煌びやかな海賊船「プリパイレーツ号」が、広大なぷちゅうを航海していました。
 その船の船長は、ひびき。その見目麗しさが、絶大な人気を呼んでいます。まあ、操船補佐役のふわりには尻を敷かれているというウワサがありますが。(笑)
   
 また、ファルルも、この船の姫として添乗しております。ひびきがこの船の船長である事から、ファルルは、ひびきを「せんちゃん」と呼びます。
 何だろう、このファルルのネーミングセンス。もし、ひびきが世界的なテニスプレイヤーだったら「テニちゃん」、フィギュアスケーターだったら「フィギュちゃん」とでも呼んじゃったりするんでしょうか。(笑)

 少しして、ひびき達は、海に浮かぶ謎の物体を見かけます。
 その正体は、クラゲコスをしたそふぃ。一行は、そふぃを船に引き上げました。もう、そふぃは人間ではなく、ぷちゅう人と決め付けていいですかね?(笑)

 ひびき達は、そふぃを助けたついでに、自分達のライブを見ていくよう言いました。
 という事で、ここからは、トリコロールのライブシーンです。曲は、新曲「NEO DIMENSION GO!!」。
    
   

 ひびき達のライブは、そふぃや多くの乗組員に大絶賛。
 しかし、ちょうどその時、ひびき達の足元に穴が。ひびき達は穴に乗り込まれ、ひびき達のプリパラレルワールドは、これで終わりとなりました。


【まとめ】
 「パラレル要素は一体どこに?」とは思ったものの、トリコロールのミュージカルチックな質の高いライブで魅せてくれたと感じています。トリコロールが好きな方にとっては、大必見のコースだったでしょう。

 新曲「NEO DIMENSION GO!!」については、「Mon chouchou」のミュージカルチックなダンスに、「純・アモーレ・愛」のような壮大さが追加されたように思え、かなり見応えを感じました。
 TV本編での神アイドルグランプリ・ファイナルでは、新曲禁止という制約がありましたが、もし、それがなければ、トリコロールはこれを歌っていた可能性が高いでしょう。勝負できる曲が「Mon chouchou」しかない中で、それも、アウエーであの大人気を誇っていたのですから、もし、「NEO DIMENSION GO!!」が歌われていれば、その歓声の大きさは、推して知るべしですね。
 まあ、そうだとしても、ここ最近のTV本編のトレンドである「懐かしさ」の前に敗れていたかもしれませんが、何にせよ、壮大なライブで多くの鑑賞者を感動させてくれたのは事実でしょう。特に、ひびきのファンにとっては、3期に入ってから出番の少ない物足りなさを、それなりに補えたのではないでしょうか?

 昨年の劇場版の分岐コースではギャグで魅せた一方で(笑)、今回は質の高いライブで魅せ、多彩性で面白さを提供したあたり、ある意味、ひびきは、プリパラの「顔」なんだろうな、と改めて感じました。



 ひびきのコースの感想は、これで以上です。

 このコースが終わっても、まだ、全コース共通部分が少しあります。
 全コース共通部分感想記事のリンクから、別ウィンドウまたは別タブで来られた方は、リンク元の記事にそのまま戻りましょう。同一タブで来た方は、ブラウザの戻るボタンで戻って下さい。


 また、他の分岐ストーリーはどんな内容だったのか? 気になる方は、下のリンクからどうぞ。もちろん、ネタバレには注意して下さい。

   らぁらのコース
   みれぃのコース
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« プリパラ 第138話感想 | トップ | キラキラ☆プリキュアアラモー... »
最近の画像もっと見る

プリパラ3期」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事