JA7LDLのブログ

趣味の山行やアマチュア無線のスローライフ

第61回磐梯山山開きに参加

2018-05-29 14:47:04 | 登山
5月27日に第61回磐梯山山開きに行って来ました。昨年は雨でしたが今年は早朝より快晴であり数日前より雨も降っておらず登り易い登山道でした。今年も直登出来る翁島登山口を選択。未だ足の筋力回復していないので、ゴンドラ利用にて午前7時30分出発。8時登山スタートし眼下の猪苗代湖や会津若松市街地などを眺めながらで疲れを感じずに登れました。ミヤマキンバイ、イワカガミが咲き乱れておりました。雪に覆われた飯豊連峰もクッキリと望めて良かったです。山頂には9時半に到着。天気も良かったので八方台登山口より登られた団体客等で山頂が混雑しておりました。山頂からは景色が360度のパノラマで楽しめるので初めて登られた方々も口々に「天気が良くて最高な眺め」と話されておりました。1時間半ゆっくり休んで(ビールで乾杯等あり)下山。自宅に15時30分着。いつもの様に17時より庭のテーブルで反省会となりました。




早朝国道からの磐梯山



ゴンドラ乗り場より磐梯山



ゴンドラ降り場からの猪苗代湖



8合目付近からの飯豊連峰



ガレ場に咲くミヤマキンバイとイワカガミ



山頂到着混雑中



山頂での山開きの旗を持っての写真撮影サービス



下山開始






間もなく登山口到着前のワンショット 新緑が綺麗でした
コメント

真夏の暑さの登山~山頂には既にトンボが・・・・・

2017-07-11 11:42:37 | 登山
日曜日、予定していた登山に出掛けてきました。予定では安達太良登山予定でありましたが、早朝より快晴であったのでXの懇願により飯豊連峰の山並みを見たいとの事で再度磐梯山となり前回と同様にロープウェイ利用の直登コースとなりました。夜勤明けの為、登山口に9時前に到着し9時登山開始。既に気温は27度と暑い一日になりそうな気配でありました。快晴ではありますが登るにつれて水蒸気のせいか下界も含め霞んできました。7合目で薄っすらと残雪を残した飯豊連峰が見えましたが、ガレ場を通過時には見えなくなっておりました。11時半に山頂到着。途中にはウスユキソウが満開であり、山頂には未だバンダイクワガタが咲いておりました。ガレ場であった女性に山頂はガスで展望が無理と聞いておりましたが山頂到着時頃にはガスが無くなり360度のパノラマを楽しめました。尚、山頂では相当数のトンボが飛んでおり、もう秋の気配が!! 山頂でゆっくりして14時下山。



山頂が見えてますが雲が・・・



猪苗代湖が霞んでます



ガレ場付近にはウスユキソウが満開



山頂にはトンボが・・・



こちらにもトンボが・・・



山頂の三角点



山頂から檜原湖方面



自宅庭のキキョウの花を見ながら反省会
コメント

今年も第60回磐梯山山開きに参加

2017-05-29 10:21:53 | 登山
28日磐梯山の第60回山開きに参加してきました。天気予報では曇りのち晴れとの事でありましたが、小雨がパラパラというあいにくの天気でありました。今回も翁島登山口からの直登コースを選択、小雨のためゴンドラ利用でトライ。登山口駐車場で隣の車に昨年5月29日に翁島登山口から直登コースチャレンジの時にお会いした年配のご夫婦と再開し偶然の出会いに感激致しました。5合目を過ぎた頃より小雨と西寄りの強風でありガスで眺望もない登りで約2時間弱で登頂。山頂はガスと強風でありましたが、八方台登山口より登られた小学生連れの家族も多数見られました。下山時も小雨で撮影出来る状態でなくミヤマキンバイも咲いておりましたが今回は断念。唯一、山頂で2mFMにて数局とQSO出来ました。茶臼岳山頂移動局JM1JAN/1とも59にてQSO。13時前に下山したところ、ゴンドラ駅前に救急車等の緊急車両が止まっており、隊員の話では下山時にけが人が発生しヘリコプターの救助が難しい為、今から登山で救助に向かうとの事でありました。家路に出発直後に最寄駅まで歩いて行くという下山時お会いした方と遭遇、JR翁島駅まで送迎し16時過ぎに帰宅。17時よりXと本日の反省会(勿論飲み会)と相成りました。






ゴンドラからの猪苗代湖方面



山頂はガスと強風









今年の山開きのペナント



JRの翁島駅
コメント

西吾妻山偵察

2016-10-21 09:39:20 | 登山
久しぶりにXが休みとなりドライブ兼ねて西吾妻山の偵察に出掛けてきました。当初は白布温泉日帰り入浴でありましたが行ってみたらすぐ登山口近くであり、来年初夏に予定していたので偵察兼ねて登山となりました。到着時間もお昼となっておりましたので、ロープウェイとリフトを利用してのらくちん登山となりました。紅葉はまだではありましたが、天気も良く登山日和でありました。本日は時間的に西吾妻山までは無理なので人形石(1,964m)までの周遊コースとしました。人形石から西吾妻山までは約1時間半程度でありますが夕暮れも早くなっておりますので断念。磐梯山や飯豊連峰、朝日連峰、月山、蔵王山などが見渡せるので格別の絶景であります。眼下には米沢市街地も望めます。下山はかもしか展望台経由にて下山。



七ヶ宿ダムのオオクワガタのオブジェ






七ヶ宿ダム



本日のコースは中央の人形石まで



ロープウェイにて出発



第一リフトからの風景 この辺が紅葉が綺麗



眼下に米沢市街地



最後のリフト降り場北望台脇の安全の鐘



ここから左に登ると人形石、右はかもしか展望台コース






山頂にある人形石



人形石からかもしか展望台への途中の池塘は草紅葉



西吾妻山方面との分岐



磐梯山も望める



かもしか展望台への途中の景色



かもしか展望台にて暫し休憩
コメント

尾瀬散策 予定が 燧ケ岳登山に

2016-07-25 13:15:49 | 登山
今回は時期的に花々を散策メインにと昨年より計画していた尾瀬ヶ原へ山行を予定しておりました。7月23日~24日コマーシャルの関係から早朝出発出来ないためコマーシャル開けの午前7時出発となり初日は尾瀬沼までがやっとのことであり宿泊は尾瀬沼湖畔の長蔵小屋となりました。ハイシーズンで何処も満室でありましたが運良く個室の空きがあり3日前で予約出来ました。予定では初日尾瀬沼一周を散策し翌日早朝出発の尾瀬ヶ原の散策予定でおりましたが、夕食時に宿泊者等の情報から今年は例年より花が早く咲き尾瀬ヶ原まで4時間かけて行っても殆ど無いとの事でありました。小屋の方にも確認するも同様の話でありましたので尾瀬ヶ原の散策は取りやめし燧ケ岳登山に変更。尾瀬沼側からの登山ルートは最初なだらかで8合目まで樹林帯の長英新道と尾瀬沼の北西側の木道を約50分尾瀬ヶ原方面に進んだ沼尻と言うところよりほぼ1,300m直登のナデッ窪コースがあり直登コースが約1時間短縮でき健脚者で約3時間のコースであり途中から尾瀬沼の景色も望めるとの事でナデッ窪コースを選択。景色や花々を見ながらでも4時間で登頂可能と判断して早朝6時出発。流石に直登コースは大きな岩が多く両手を使っての登りとなりました。9時20分8合目に到着し10時丁度に一つ目のピーク俎板嵓(まないたぐら)2,346m(俎嵓には二等三角点がある)に到着。休日で団体客もおり混雑しておりました。10時前に登られた方の話ではガスで下界が見えなかったとの情報でしたが10時頃より山頂からは尾瀬沼等がくっきりと見えて良かったです。30分の休憩と昼食を取り、二つ目のピーク柴安嵓(しばやすぐら)2,356mを目指して少し下山して再度登り返して約20分で到着。ピークに燧ケ岳山頂の標識あり。こちらのピークからは尾瀬ヶ原と至仏山が望め360度のパノラマが大変綺麗でした。昨年同時期に登った会津駒ケ岳も望めて満足な達成感を得ることが出来ました。直登コースでお会いした方や長蔵小屋で一緒だった愛知県からの年配の女性二人組の方々で途中まで一緒で長英新道から登られた方とも山頂で再度再会し山の話で大変盛り上がりました。山頂でゆっくりして12時下山開始。長英新道を下山したが8合目過ぎて間もなく樹林帯のダラダラとしたロングコースで視界もなくつまらないコースでありました。14時30分長蔵小屋着。一休みして沼山峠に16時到着。沼山峠よりバスで御池の駐車場に戻り17時家路に。会津経由で21時30分に帰宅。(片道約290km)隣の県なのに遠かった!!
今年は雪解けが早かったせいか1ヶ月近く花の咲く時期が早まったようであり山小屋でご一緒だった方々も至仏山に登らなかったら綺麗な花々に会えなかったとの事でニッコウキスゲも尾瀬ヶ原には殆どなく尾瀬沼周辺もまばらにちょっと残っている程度でありました。唯一長蔵小屋の水飲み場の脇に2週間早めに咲いた固有種の尾瀬トリカブトの花がとても綺麗でした。尚、今回の2日間の合計歩数は59,400歩でした。




沼山峠の登山口



尾瀬沼までの木道。小学生の課外学習だったのか大勢とすれ違いました



なんという花かな ツリガネニンジン?



まばらにニッコウキスゲ



これも綺麗 ヤナギランかな



可憐な花です。キンコウカ



尾瀬沼一周時の三平峠等の分岐



尾瀬沼湖畔からの燧ケ岳



本日宿泊の長蔵小屋。別館も含め満室



夕方、沢から転落者発生。ヘリコプターにて搬送



夕食です



長蔵小屋前に咲いていた尾瀬トリカブトの花



沼尻コースの入口



沼尻からの登山道。間もなく急登が始まる



大きな岩場の連続



やっと8合目に到着



間もなく俎板嵓に到着



俎板嵓より8合目の脇にあるミノブチ岳と尾瀬沼(ミノブチ岳の山頂が見晴らし台みたい)下山時立寄ったが眺めが最高でした



俎板嵓のピークは狭く大混雑



俎板嵓から眼下に尾瀬沼を望む



俎板嵓より次に登る柴安嵓を望む。途中でお会いしたお孫さんを連れた家族。見晴らし新道を下山して明日は至仏山へ登るそうです。お孫さんがすこぶる健脚でした



柴安嵓(燧ケ岳)山頂到着



柴安嵓より眼下に尾瀬ヶ原を一望、その先に至仏山が望める



柴安嵓より先ほど登った俎板嵓を望む



沼山峠に到着



御池駐車場に到着
コメント

再々磐梯山山行 ロングコースチャレンジ・・・富士山剣が峰より59

2016-06-20 11:05:44 | 登山
前回直登コースを登った際にお会いした方より猪苗代スキー場からの林道コースも面白いと教えて頂いたコースにチャレンジ。本日は4組の登山者が準備してました。林道コースで片道が赤埴山経由約6.3kmのロングコースで渋谷登山口との合流地点からのガレ場からの登りがきつかったです。林道にはドウダンツツジが満開であり、途中の沼ノ平からハクサンチドリやアカモノ・レンゲツツジ・ガクウラジロヨウラクなどの花々が満開でありました。まだ沼ノ平からの磐梯山はガスで山頂が臨めませんでしたが弘法清水手前あたりより山頂が見えてきました。弘法清水手前でミヤマオダマキの花が満開でとても綺麗な花です。弘法清水小屋で小休止中に小屋のポッカさんが荷揚げをしておりました。山頂は風が吹いておりましたが土曜日ながら混雑しておりました。山頂では磐梯山の固有種のバンダイクワガタソウも咲いており、直登コースより登られた方によれば途中には既にウスユキソウが咲き始めたとの情報があり、急遽下山コースを変更して直登コースへ下山。既にミヤマキンバイは終わりかけであるがウスユキソウやハクサンチドリが咲き始めておりました。下山途中に前回写真撮り損ねたロープ場の写真を1枚。翁島登山口に16時下山しホテルに迎え依頼中に下山途中にお会いしたご夫婦にホテルまでわざわざ送って頂き早めにホテルに到着。ご夫婦の親切に感謝感謝でした。ご夫婦は本日の登山はリハビリで明日は七ケ岳の山開きに参加予定との事でした。翌日、昨日ガスで登山口より磐梯山が見えなかったので早朝猪苗代登山口より写真を撮影。帰りは喜多方を散策し定番の喜多方ラーメンを食し裏磐梯経由で15時帰宅。本日もシャワーを浴びてビールを飲みたいところでありますが残念ながら夕方よりコマーシャルでありました。尚、山頂にて144MhzでJG1FUI/2局が富士山剣が峰より出ており磐梯山山頂にて59にて入感。パイルの中5回程コールするも関東の局に拾われQSO出来ませんでした。残念!!



登山翌日早朝猪苗代登山口より







大分登ってきました



赤埴山への分岐



沼ノ平の標識



これも綺麗・・・山頂で教えて頂いたバンダイクワガタでした(沼ノ平を過ぎたところで撮影)



ハクサンチドリが満開



渋谷登山口分岐



ガクウラジロヨウラクも満開



銅沼(アカヌマ)と檜原湖が見える



絶壁近くの登山道より裏磐梯側の景観



磐梯山山頂が微かに見えてきました



天狗岩 角度でまた違った姿を見せてくれます



弘法清水手前に咲いていたミヤマオダマキの花



ポッカさんが荷揚げ中



山頂に咲いていたバンダイクワガタ(見れてラッキー)



山頂は賑やかでした



直登コース側に咲いていたウスユキソウ



直登コースにあるロープ場



喜多方への移動時にあった絶景ポイントからの磐梯山



道の駅からの磐梯山



喜多方の趣きのある飲食店



喜多方ラーメン神社
コメント

近くの里山散歩

2016-06-03 12:50:24 | 登山
今週は山行予定してない為、筋トレがてら近くの里山へ散歩に行って来ました。一周4.8kmでアップダウンあり標高287m程度で約1.5時間の散策。震災後登っても海側は見ないよう心掛けておりましたが、今回は常磐線のルート変更した高架も出来ていたので久しぶりに海側を眺めました。やはり海岸沿いにあった松林は全くありませんでした。山頂西側には蔵王の山々が臨め、アザミなどの花が咲いておりました。山頂で束の間ローカルOM局とQSOして早々下山。本日も天気も良く風もなく良かったです。




深山山麓少年の森入口からの深山



登山口の深山神社鳥居



深山神社






山頂に出来た鎮魂の鐘



山頂からの蔵王の山々



山頂からの海岸線(常磐線の高架が見える)



山頂に咲いていたアザミ







コメント

今回もコースを変えて磐梯山

2016-05-30 09:53:04 | 登山
先週も八方台登山口より山開きに参加したが、360度のパノラマの景色が忘れられず、天気が良ければ表磐梯より直登に再挑戦しようかと計画。運良くか悪いか今回も快晴・無風の絶好山行日和となりました。直登コースは表磐梯の翁島登山口より登山開始。6月からは途中までリフト運行されるが今月はまだ運行前につき登山口より標高差約1,000メートルの直登となります。途中は休み休み眼下の猪苗代湖などの景色を楽しみながらの山行でありました。途中、岩場のロープの登り場があり若干のスリルも味わえます。(夏場は谷側が木々が生い茂っており崖が見えないが秋は崖が見え怖そう)途中のガレ場にはミヤマキンバイ、イワカガミなどが満開でウスユキソウは花芽がまだ出ておりませんでした。表磐梯の中腹からの飯豊連峰が間近に望めて登った甲斐があります。山頂直下のお花畑はミヤマキンバイがとても綺麗でした。山頂でパノラマを眺めながらの昼食も格別でした。ゆっくりして15時に下山し押立温泉住吉館で日帰り入浴して18時30分帰宅。達成感がいつもに増してあり満足でありました。先週も登っていたので今回は足の痛みが殆んどなくて安心。年齢から数日後かも?



翁島登山口



新緑が綺麗



リフトの降り口からの猪苗代湖方面



中腹からの飯豊連峰



ミヤマキンバイとイワカガミ



接写で1枚



飯豊連峰が間近に見える



間もなく山頂か?



山頂三等三角点



山頂直下のお花畑



いざ下山開始



押立温泉住吉館で日帰入浴、バックに磐梯山の雄姿
コメント

久しぶりの山開きに参加

2016-05-23 11:20:56 | 登山
先週に引き続き新緑の季節であり今週は磐梯山の山開きに参加してきました。本日も現地は快晴、無風の絶好の山開き日和でした。駐車場の関係から早朝4時出発し6時到着したが既に第1駐車場は満車で少し離れた第2駐車場に滑り込みセーフ。6時30分登山開始。山開きの式典後だと登山道が混雑するため30分早く出発。登山道の新緑を楽しみながらの山行となりました。途中で毎年参加している方に尋ねたところ毎年5~6千人が参加しているとのことでした。弘法清水小屋の近くのお花畑には多分「ミヤマキンバイ」?だと思うが満開の状況でお花畑の北西には雪に覆われた飯豊連峰の姿が望めました。14時下山し17時前に帰宅。ビールを飲みたいが残念ながら本日はこれからコマーシャルでありました。



途中の登山道新緑真っ最中




お花畑のミヤマキンバイ?が満開




お花畑と雪に覆われた飯豊連峰




弘法清水の小屋




山頂で配布された山開きのペナント




山頂も混雑




山頂からの檜原湖方面




山頂のケルン
コメント

新緑見つけに歩け

2016-05-16 15:19:00 | 登山
昨日、早朝帰宅後にXが休みで新緑見たいとの事でドライブに出掛けた。当初、ドライブと温泉程度でと思っていたが、七ヶ宿の道の駅で天気も良く熱くもなく不忘山の見える景色を見に散策となりました。長老湖経由の散策でしたが丁度新緑の時期で天気も良く日差しを浴びて新緑が綺麗でありました。道の駅にて山菜ゲット後、長距離歩いた後は遠刈田温泉にて入浴して、三治郎の坂の下の行列が出来るというそば店にてそばを食べ早々に帰宅(そばが値段の割にマヅカッタ!!)。本日もコマーシャルの為残念。







長老湖畔



長老湖よりやまびこ吊橋への林道



やまびこ吊橋より不忘山を望む



帰りに立ち寄った遠刈田温泉の旅館三治郎
コメント