ばくだん皮膚科医のばくだん発言

大阪市鶴見区の皮膚科形成外科
三輪皮フ科形成外科 
院長三輪恒のブログ

乳頭縮小(男性)モニター。(その22) 

2018年06月17日 | 乳頭縮小(男性)

こんにちは。

 

 

 

 

座敷わらしです。

 

 

 

 

 

ひらかたパークへスーパー戦隊ショーを観に行ったときのことです。

まだちびわらしがベビーカーのお世話になっていた頃のお話です。

 

 

 

 

 

当時、ちびわらしは、このニンニンジャーが大好きで、

 

 

 

 

 

テーマソングが流れてくるとノリノリでしたが…

 

 

 

 

 

完全平和主義者のわらしには、叩いたり蹴ったりする男子向けの番組はどうも馴染みが悪いのです。

 

 

 

 

 

いや、こっち来はったわ…。

 

 

 

 

 

…どうしよ?

 

 

 

 

 

気付かんフリしとこ。

 

 

 

 

 

はっ、見つかった

 

 

 

 

 

…結局、舞台に上がって握手してもらいました。

少し勇気を分けてもらえたかな?

 

 

 

 

(…続く。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乳頭縮小。

アトピー性皮膚炎がしばしば乳頭肥大の原因となります。

病気が原因で、見た目のコンプレックスを生じることもあるということです。

他人から見たら大したことではないのかも知れませんが、ご本人にとっては切実な悩みで、心境としては病気の治療を受ける時と違いはありません。

 

 

 

 

当手術を「変な手術」と感じたり、偏見をお持ちの方は、以下の記事を閲覧することをどうかご遠慮頂きますようお願い致します。

 

 

 

 

------------------------------------------------------

 

30代男性

( ↑ 術前。 正面。 )

できるだけ平坦化に近づくようにとご希望されました。

 

( ↑ 術後。 正面。 )

かなり小さく縮小しています。

 

 

 

 

( ↑ 術前。 右斜面。 )

( ↑ 術後。 右斜面。 )

 

 

男性の場合、女性の乳頭縮小とは異なり、乳管の処理の仕方が重要です。

 

乳管処理の成否が、仕上がりに大きく影響します。

 

 

 

( ↑ 術前。 右胸部。 )

( ↑ 術後。 右胸部。 )

 

 

 

2から3週間後には、見た目に傷はほとんど分からなくなりますが、

3から6か月間は、大きく乳輪をつまむと硬い感じが続きます。

 

 

 

( ↑ 術前。 右側面。 )

( ↑ 術後。 右側面。 )

 

 

 

 

( ↑ 術前。 左斜面。 )

( ↑ 術後。 左斜面。 )

 

 

 

 

( ↑ 術前。 左胸部。 )

( ↑ 術後。 左胸部。 )

 

 

 

 

( ↑ 術前。 左側面。 )

( ↑ 術後。 左側面。 )

 

 

 

 

 [【乳頭縮小術】乳頭の皮膚を切除し、乳頭の大きさを縮小する。起こりうる合併症(リスク)と時期:術後1から2週間は腫れ、内出血、血腫、二次感染。術後1から3か月は浮腫。術後3から6か月は傷の硬さ赤み、元々ある左右差や望ましくない状態の残存。

価格:両側で¥205,200(税込)]

 

 

 

 

 

興味のある方はご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 他の乳頭縮小の症例については、画面左側枠内、カテゴリーの「乳頭縮小(男性)」を参照してください。→→→

 

 

 

 

 

 

←乳頭縮小の施術費用に関しては、左側の枠の上方、ヤシの木ロゴをクリック。

 料金表を参照してください。

(携帯でご覧の方はホームページの料金表を参照してください。)

記事や治療についての質問は、ホームページのお問い合わせ からメールでお願いいたします。

 

 

 

 

  

モニターさんも随時募集しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加