カエサルの世界

スマホで見る場合も「PC版」をオススメします。

■漫画三昧(2018年11月)センゴク

2018年12月02日 | ☆読書とか    

 キンドルの無料漫画ばかりを読んでいるという「漫画三昧」シリーズです。
 今回は11月に読んだ本なんですが、40冊だけです。先月の半分。この記事を書こうと思って、そのことに気がついて、ちょっとびっくりです。


 10月31日~11月10日に読んだ20冊です。10日間で20冊というのは、カエサルとしてかなり低いペースと言っていいと思います。
 11月3日に「青葉区民まつり」に行き、その後はその記事づくりをしていたので、漫画を読む時間がなかったということになるかもしれません。
 この20冊の中で印象的だったものとして、『闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説』をチェックしてみました。主人公は、体が大きくて、ケンカが強くて、ひたすらワガママという人物。相手がヤクザだろうが警察だろうがおかまいなしに暴れまくる・・・というのはよくある話だけど、一般市民にも平然と暴力を振るうというあたりが凄いです。


 11月10日~29日に読んだ20冊です。20日間で20冊というのは、カエサルとしては極めて低いペースだと言っていいと思います。
 11日と18日にラグビーの試合があったりしたわけですけど、それよりも「漫画を描く練習をしていた」というのが大きな原因だと思います。漫画を描いていたので漫画を読む時間がなかった・・・ということになります。同時に、漫画を読むときも、コマ割りとか、絵とフキダシとのバランスとか、そういうことを考えながら読んでいました。
 この20冊では、『センゴク権兵衛』をチェックしてみました。秀吉配下の武将・仙石秀久を主人公とした物語の第4シリーズです。史実に基づいた話のようであり、合戦などはかなりシリアスに描かれるのだけど、登場人物たちの会話がフランクなのがよいと思いました。特に、主人公たちと敵対する湯川直春っていうのがいいですね。こういう人がトップにいる組織は強いだろうなと思いました。


--------------------
 「にほんブログ村」というブログランキングに参加しています。「いいね」「ナイス」の代わりとして、これ→ ←をクリックしてもらえるとうれしいです。
ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
« ■Cの食卓(181125-30)たこ焼き | トップ | ■向日葵猫(12)ウルとラマン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

☆読書とか    」カテゴリの最新記事