ありがとうのブログ

毎日、家族や仕事関係の人たちとのふれあいで感謝していることをつづります。

いろいろ考えるなあ

2019年08月10日 14時56分35秒 | Weblog
恩師の告別式に朝、参列してきた。
恩師の家族がいい。
30代でいい挨拶をする息子、優しさいっぱいの娘、愛情いっぱいの奥様に最後、自宅で看取られて亡くなられたという。
がんで苦しまれたと思うが、最後、家族、孫に囲まれて笑顔で写真を取られた映像も流れて、幸せな人生でしたね、と声をかけた。

恩師は、24時間内ゴール100kmウォーク大会の運営者で、気遣いや励ましが、すばらしい方だった。
すすきので33年間、スナックのマスターをされていた。
常連のお客様との交流が良かったのだろう。
お店を閉めるまで、数年間、年に2,3度、行くような、ふらりとした客だったが、優しく接客してくださった。

温かい家族の見送りに学ぶ。

自室に戻って、PCでここの過去ブログを読みふける。
11年前に、当時小学生の息子と喧嘩したという内容があり、まったく記憶がない。
でも、自分が大人けなかったから、謝ったら、息子も照れていた、という記述があり、ほっとした。

今、離れて暮らし、それぞれお互いが多忙のなかで、思いやっている。
私のほうは、息子を授かって育てることができて、幸せだった。
いつかお別れするときがくるまで、親子としていい思い出をもっていたい。

すべてに感謝。

コメント   この記事についてブログを書く
« 日々反省やなあ | トップ | ハンガリー人の友人と再会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事