STRAWBERRY, CLOVER & UK

どんなときも輝く自分でいよう

Self-nail No.7

2017-02-26 23:55:29 | STRAWBERRY

珍しく シンプル    

コメント

猿かふぇ 🍵

2017-02-25 00:31:00 | CLOVER

天一だけじゃ物足りず 帰り道にサルカフェで がっつりデザート

 

幸せ

 

 

コメント

Stress relief 🍜

2017-02-24 19:11:17 | UK

I held a lot of stress this week

So partied with friends to relieve stress ha

    

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今週は 仕事のストレスパンパない

だから 天一パーティー再び

心の寄り処 こってりラーメン




コメント

Self-nail No.6

2017-02-22 23:55:51 | STRAWBERRY

気に入らなくて我慢できずに ネイルチェンジ 💅

眠い・・・


コメント

【天赦日 + 寅の日】

2017-02-20 07:42:07 | UK
一年に数回しかない お財布を使い始めるのに良い日 💴

お財布は生き物なので、家に帰ったら きちんと綺麗にして お布団に寝かせると良いらしいので

初詣の時に伊勢神宮で買った お布団に寝かせて 
「お金が貯まりますように✨」と神頼み  


コメント

Self-nail No.5

2017-02-19 23:56:51 | STRAWBERRY

全回のネイルが予想以上に長持ち

やっと剥がれた  ので 新しnail 💅

   

最高に 汚いのと やっぱり白似合わない   

今すぐにでも取りたい

でも もう寝なきゃなので 無理・・・・ 

 

 

コメント

UK's Cinema

2017-02-18 22:55:25 | CLOVER

    

    UKの素敵な洋画に出逢う旅 

2005年 アメリカ 作品  原題 「ELIZABETHTOWN

    「あの頃ペニー・レインと」「バニラ・スカイ」のキャメロン・クロウ監督が、すべてを失った一人の青年の再生の道のりを描いたセンチメンタル・スト-リー。 主演は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのオーランド・ブルーム、 共演に「スパイダーマン」シリーズのキルステン・ダンスト。 人生に絶望した主人公が父の故郷である小さな街で経験する親戚たちとの触れ合いや、新しいロマンスに心癒されていく姿をエモーショナルに綴ってゆく。
 シューズ会社に勤務するデザイナー、ドリューは、長年開発に打ち込んできた画期的なシューズが10億ドルもの大損害を招き、会社をクビになってしまう。 恋人にも捨てられ生きる望みを失ったドリュー。 そんな彼に追い討ちを掛けるように、故郷を訪れていた父親が心臓発作で亡くなったという報せが届く。 父の葬儀のためにケンタッキー州の小さな街、エリザベスタウンへと向かうドリュー。 失意の彼は飛行機の中で、陽気でお節介焼きのフライト・アテンダント、クレアと出会うのだが…。

 

オーランドがかっこいい   キルステンが可愛い   ただ それだけ

 

 

     UKの素敵な洋画に出会う旅    第182弾 50

 

 

 

 

 

コメント

ゆったり まったり

2017-02-15 13:36:36 | CLOVER

今週は電話当番だから ピークを外して食べれるので 嬉しい

 

     

コメント

UK's Cinema

2017-02-12 22:51:48 | CLOVER

        UKの素敵な洋画に出逢う旅 

2003年 アメリカ 作品  原題 「Down with Love

 

   「ブリジットジョーンズの日記」のレニー・ゼルウィガーと 「ムーラン・ルージュ」のユアン・マクレガー 共演による本格ロマンティック・コメディ。 女性解放を唱える作家の鼻をあかそうと彼女に近づくプレイボーイだったが…。 ドリス・デイとロック・ハドソンの名コンビによる往年のお色気コメディのテイストを鮮やかに再現。 監督は「チアーズ!」のペイトン・リード。
 1962年のニューヨーク。 新進の女流作家バーバラ・ノヴァクは女性解放を謳った自著『恋は邪魔者』を出版するためこの街へとやって来た。 出版社の重役はあまり興味を示さなかったが、ひょんなことからこの本は爆発的にヒット、世の女性たちはすっかりバーバラの主張に感化されてしまう。 そのあおりを受けたのが男性誌で原稿を書いている名うてのプレイボーイ、キャッチャー・ブロック。 彼はいまや女性の敵として冷たい仕打ちにあってしまう。 怒ったキャッチャーは、バーバラの主張が間違っていることを証明するため、身分を偽り彼女に近づくのだが…。 

 

内容はたいしたことないのですが   レニーもユアンも大好きなので 私には見ていて楽しい作品です

 

 

  UKの素敵な洋画に出会う旅   第181弾 70

 

 

 

 

コメント

UK's Cinema

2017-02-10 23:11:23 | CLOVER

 

    UKの素敵な洋画に出逢う旅 

2003年 アメリカ 作品  原題 「DADDY DAY CARE 

   大の男がやんちゃな子供たちに振り回されるエディ・マーフィ主演のファミリー・コメディ。 会社をクビになった元エリート・サラリーマンが仲間と共に自宅に保育園を開園、元気いっぱいの14人の園児とライバル保育園の妨害に悪戦苦闘する姿をコミカルに描く。 監督は「ドクター・ドリトル2」のスティーヴ・カー。
 広告会社に務めるやり手社員チャーリー・ヒントン。 彼は、同僚で親友のフィルと共に子供向けの野菜シリアルの販売促進キャンペーンを展開する。 ところが結果は大失敗。 2人は揃って会社をクビになってしまう。 仕事はすぐ見つかるとタカを括っていたチャーリーだったが不況の世の中、コトはそう簡単には行かない。 家計も逼迫し、仕方なく高額のエリート保育園から息子を退園させることに。 しかし代わりの保育園はどれも怪しげなところばかり。 そんなある日、チャーリーは近所の主婦のなにげないひと言から自宅で保育園を開くことを思いつくが…。
 

 エディーがパパ役はなんだか かっこよく見える   子供は父親と過ごす時間が多かった子供ほど 我慢強いという説がある・・・。

              

  UKの素敵な洋画に出会う旅   第180弾 90

 

 

 

コメント