教室生き物日記ブログ
教室生き物日記のブログです。いろいろな小動物の話題を載せていきますが、現在はハムスターネタが主です。
 



赤ちゃんザリガニがお母さんのおなかからどんどんはなれています。自分でえさをとれるようになっています。

赤ちゃんザリガニがたくさんいて困ることは、

  1. えさが足りずにともぐいをはじめる。
  2. どんどん育っていくと、酸素が足りなくなっていっせいに死んでしまう。

この2つです。まず、ともぐいをできるだけ防ぐために、かくれがを用意することにしました。

その一つがこれです。

人工水草ですが、すき間に入れるのでかくれることができます。本物の水草でももちろんOKですが、多く入れるとむしろ夜の間に酸欠になるので今回は人工物で。

もう一つは、これ。

これは、フィルターの中にいれるろか材なのです。

チューブ型になっているので、中に隠れるのもいいかなと。

水の中に入れて使うのだから、ザリガニのかくれがとして使っても大丈夫でしょう。


入れてみました。


お母さんがろか材の上に上ったりして。


人工水草の中にも入っています。


ろか材のすき間にも入っています。

元気に育ってくれればいいなと思います。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





夏休みに入ってすぐの月曜日(7月23日)、メスザリガニのおなかに卵がついているのを発見しました。

真っ黒でまん丸で、キャビアみたいな卵です。

3日後、卵が白黒の2色に見えるようになりました。順調にそだっています。

7月30日、白の部分が多くなってきました。もう、ふ化していますね。

8月2日。ちびザリガニちゃんが動いているのが分かります。
母ザリガニは、子ザリガニが酸欠にならないようにちびザリ達をわさわさとふります。

これを1日に何度も何度もやっています。

母ザリガニは、子どもを守るために必死です。

頭のところが黒いけど、形はザリガニに近いです。

8月3日。中には、好奇心旺盛で(?)もうお散歩に出ているちびザリも。

お散歩しているの、見えるかな?

ともぐいをしてしまうかもしれないので、これから環境を整えなければ。

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 

ゴマダラカミキリムシです。

私に向かって飛んできました。

成虫は,クワ,ミカン類の生木に集まるそうです。

寿命は1ヶ月くらいとか。(個体差が大きいそうです)



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





ウチの学校にヘビが出ました。

たぶん、これはシマヘビです。


午前中は子どもたちに見てもらいました。

シマヘビはずっととぐろを巻いてじっとしていました。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




秋の全校遠足へ行ってきました。



よいお天気で遠足日和でした。

横の側溝の中に、たくさんイモリがいました。



アカハライモリは日本を代表する両生類です。

ヤモリと名前と姿が似ていますが、ヤモリはは虫類です。

アカハライモリはその名の通り、お腹に赤い模様があります。



わりと飼育も簡単で、長生きします。
私の知っている人は15年飼育をしていましたし、
25年生きるという人もいます。
長く育てることを覚悟で飼わなくてはなりません。




人気ブログランキングへ

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





3年生と理科の先生が学校園にキャベツを植えています。


モンシロチョウの幼虫

左に幼虫、右に卵


たくさん食べて、元気に育つんだよ!


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




実家のカメコ(♂)
春になったので外でひなたぼっこしていました。


なんと脱皮…というか、甲羅の皮がはがれています。

また、大きくなるんですねえ…

ところで、アカミミガメは甲羅の皮がきれいにはがれるそうです。
ああ、ぺりぺりはがしたいっ。

でも、カメコは父のペットなのでわたしが勝手にぺりぺりするわけにはいかないのです。

15歳になるカメコ。
どこまで大きくなるんでしょうか。

ちなみに、カメコの目つきが悪いのは、普段世話をしていないわたしが側にいるから。

真のご主人である父が寄ってくると、とってもうれしそうにするんです。

かめは、なつきます。


コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )





アカミミガメのカメ子(♂)、よく数えてみたら、もう15歳。

おうちのお掃除をしてもらう間、カメ子(♂)は、
つかの間のお散歩を楽しみます。




でも、上空を飛ぶカラスが怖いカメ子(♂)。

びびって隠れる場所を探します。



お掃除が終わっておうちに戻されたカメ子(♂)。

スノコはカラス対策に父が乗せてあげたもの。

これがあれば安心のカメ子。



でも、時には脱走するという誘惑にも駆られるカメ子(♂)。

もう大きくなってこんな隙間は通れないけれど

ちょっと試してみちゃったり。

人気ブログランキング参加中

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




教室に幼虫ちゃんがきました。

アゲハの幼虫です。

キアゲハかな。



幼虫…と思ったら、すでに水槽の壁によじ登って
さなぎになろうとしています。



幼虫は全部で3匹。えさ(山椒の葉かな)をもしゃもしゃ食べています。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




蜂が飛んでいます。





今にも刺してきそう。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ