kuratakepara

paragliding in Amakusa

「知識」の蓄積

2013-10-29 00:13:55 | Tuesday Tip
Tuestips61
翻訳者:Masami Yatsugi
翻訳版:今週のアドバイスは、近日発売のCross Countryマガジンの次号に掲載の「XC Files」からのちょい見です。
(round airspace って何かわかりませんでした。制限空域がシリンダー型?
(空域と言えば、熊本空港に降りる飛行機は午前中のほうが午後よ<wbr></wbr>り高度を下げると最近聞きました。(でも詳しくは私も聞いてませ<wbr></wbr>ん)

::: 「知識」の蓄積 :::...

サーマルを捕まえることやコアに留まることは、すべてのパイロッ<wbr></wbr>トに集中力を要求します。これにタービュランスが加わると、機体<wbr></wbr>のコントロールにさらに努力が必要になります。

丸い(?)空域を意識しながらの飛行には、さらなるレベルの集中<wbr></wbr>力が要求されます。この負荷を軽減するには、空域図を頭に叩き込<wbr></wbr>むことです。

家の目立つ場所に空域図を張り出して、XCの計画ルートにも書き<wbr></wbr>込みましょう。何度も何度もそれを見てください。Google Earthに空域オーバーレイを重ねてみることもよいでしょう。

「知識」を蓄積するのです。ロンドンでは、タクシー運転手はスク<wbr></wbr>ーターで街を走り回り、何年もかけて様々な道路を記憶しなければ<wbr></wbr>なりません。そのプロセスの中で彼らの脳が実際に成長することが<wbr></wbr>、脳神経科学の研究で示されています。

私たちも同じことをする必要があります。地図を覚え、各ルートを<wbr></wbr>視覚化するのです。これにより、空中での負荷を劇的に緩和するこ<wbr></wbr>とができます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2013年10月20日伐株山パラ風景 | トップ | Asano君flies from Mont Blanc »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Tuesday Tip」カテゴリの最新記事