国見町社会福祉協議会

国見町社会福祉協議会のお知らせなどをお送りします

国見町災害ボランティアセンター閉所

2022-05-11 11:17:16 | 社協活動
 5月9日(月)をもって、国見町災害ボランティアセンターを閉所しました。
 5月11日に粗大ごみの回収がある為、10日の夕方に職員4名で2件の作業を行い残ニーズは0になりました。

 3月17日の開設から5月9日の閉所まで83件のニーズがあり、のべ208人のボランティアさんに協力いただきました。
 ボランティアの活動件数は43件、職員のみによる対応件数が27件、取下げが24件ありました。
 ※活動件数が1件のニーズに対して1日や1回では終わらないものやなどもある為、合計数が一致しません。
 取り下げは、屋根のブルーシートをお願いされていましたが業者が早急に対応してくださったことによるものが8件、準備をしている間に家族や親せきが対応してくれたケースもありました。また、倒壊などの危険性があるものや生活とは直接関係しない物置や作業場などについてはお断りするケースもありました。

 町内ボランティアさんのほかに、屋根のブルーシート掛けや特別な技術が必要な活動については、昨年に続いてNPO愛知人さんに活躍していただきました。愛知人さんには屋根のブルーシート関係が13件(17回)石壁の撤去など4件の協力を頂きました。

 災害ボランティアセンター開設にあたり、ご協力やご助言頂いた皆様、活動してくださったボランティアの皆様に心より感謝申し上げます。

 なお、今後のニーズについては国見社協のボランティアセンターにおいて通常の困りごと相談として対応していきますので、国見町内の方で困りごとなどある方は、お気軽にボランティアセンターにご連絡を頂ければと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国見町災害ボランティアセンターゴールデンウイークの活動

2022-05-06 11:00:56 | 社協活動
 5月5日は屋根案件が2件ありましたが、活動状況を見て「自分の家も雨漏りしていて困っている」という相談があり、急ではありましたがNPO愛知人さんに快諾していただきました。
 愛知人さん、NPO法人チームユニ・コンさんと12名のボランティアさんが午前、午後と3件の活動をされました。



 本日をもって、屋根案件は終了。

 6日は避難所に避難されていた方の片付け作業を職員3名で行いました。
 
 新規ニーズも減少してきたことから5月9日(月)をもって、災害ボランティアセンターを閉所致します。
 震災に伴う粗大ごみの搬出が2件残っていますが、職員により対応する予定です。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国見町災害ボランティアセンター活動

2022-04-30 15:31:28 | 社協活動
 4月30日(土)国見町災害ボランティアセンターでは、NPO愛・地・人さんに屋根の作業をお願いしました。屋根の高さ、こう配も急なため、高所作業車も使用しながらの作業となりました。本当にお疲れさまでした。

4月28日にお願いした活動です


4月30日にお願いした活動

 新規ニーズも減少し、ボランティアセンターでは対応できない相談も増えてきました。(倒壊しかかっている倉庫の修繕や倉庫内の片付けなど)
 本日の作業をもって、持ち越ししているニーズも相談者都合で対応待ちをしている1件を残すのみとなりました。連休中に活動を申し出ていただいたボランティアの方々や団体の皆様には、マッチングはしませんでしたが心より感謝申し上げます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国見町こどもクラブへ本などの贈呈式

2022-04-30 14:53:32 | 社協事業
令和4年4月25日(月)国見町こどもクラブにおいて、本と遊具の贈呈式が行われました。
共同募金会によって集まった募金のうち、令和3年度事業費として還元された分を活用して、子どもクラブを利用する児童の健やかなる成長を願って、国見町社会福祉協議会より国見町に20万円相当の児童書、文具、遊具などを寄贈しました。
児童の代表者4人に寺島長司会長より贈呈を行い、菊地教育長よりご挨拶を頂きました。


※写真撮影時のみ、マスクを外しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

福島県沖地震発災から1か月

2022-04-16 16:41:38 | 社協活動
 ※4月16日に作成しましたが、アップされていなかったようです。確認不足・・・

 発災から1か月が経過しました。
 4月16日時点
・新規相談72件
・対応件数116件
・完了件数68件
・ボランティア活動件数 35件
・ボランティア活動延べ数 152人
・職員活動件数 53件
・職員活動延べ人数 268人

4月11日には役場の防災放送にて、再度ニーズ募集。また、12日の民生児童委員協議会でもニーズを募集しました。放送をかけてから5日間で8件の相談がありました。
4月16日夕方時点で、対応継続(残数)4件となっています。

屋根のブルーシートは愛・地・人さんに中心となって協力をいただいてます。




本日は、佑武館剣道場の高校生2人(福島西高、福島工業)中学生(県北中)1名の3名に3軒で活動してもらいました。








1件目のお宅から、若い力の活躍にお団子を頂きました。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする