児玉時計店 ブログ

時計・メガネ・宝飾・補聴器 取り扱っております。
古い時計の修理もご相談ください。

天真交換 シチズン 10J     2/2

2019-04-20 | 修理
天真交換のつづき。

素材から切削し新規に天真を製作、

天真、天輪、振り座、ヒゲゼンマイと

テンプを構成する部品を組み立てて行きます。

ポンス台に製作した天真をセットし、

天輪を載せて、

タガネを使いカシメます。

天真と天輪がシッカリとかしまりました。

裏返してハブ側に

振り座を載せて、

タガネを使い取り付けます。

振り石も正しい方向になり、

振り座が適切な圧力で隙間なく収まりました。

振れ取り確認後、片重り見器にテンプを載せ

片重りの調整を行い重量バランスを整えます。

最後にヒゲゼンマイを取り付けて、

ヒゲゼンマイの変形を調整し

天真交換完了です。

この記事についてブログを書く
« 天真交換 シチズン 10J   ... | トップ | 天真新規作成 シチズン 10J »
最新の画像もっと見る

修理」カテゴリの最新記事