児玉時計店 ブログ

時計・メガネ・宝飾・補聴器 取り扱っております。
古い時計の修理もご相談ください。

オイスター デイト     2/2

2021-03-25 | 修理
オイスターデイトのつづき。

各部品を注油しながら組み立てて行きます。

受け部分に磨れるようになっていたローターは

センターのローター真が摩耗していましたので、

摩耗したローター真を外し、

新品のローター真を用意して、

ローターに取り付けかしめます。

ローター真の新しくなった自動巻き部分を
組み付けたムーブメントに

文字板と針を取り付けます。

硬化していたリューズパッキンは

取り外し、新しいパッキンに交換します。

同様にチューブパッキンも、

硬化していましたので

新しいものと交換します。

洗浄・ポリッシュしきれいになったケースに

機械を組み込み、劣化・変形したパッキンを交換し

裏ブタを閉めます。

洗浄しスッキリしたバンドを取り付けて、

完成!!

オイスター デイト     1/2

2021-03-24 | 修理
オーバーホールのご依頼をいただきました
ロレックス オイスター デイト。

シンプルなポリッシュドベゼルのモデルです。

成人のお祝いに頂いて、毎日ご愛用とのこと。

バンドを取り外すと内側には、汚れがたくさん詰まっており、

長期間メンテナンスされて無かった模様です。

裏ブタを取り外し、

機械を取り出します。

各針と文字板を外し

ムーブメントの状態をチェックします。

外周には、ローターの擦れた痕が確認できます。

三番の穴石では

サビが噴出していました。

受けを取り外すと、

ホゾがサビて固着し、折れ込んでいました。

穴石から折れたホゾを抜き取ります。

ホゾの無くなった三番車を

取り出し、

新しい三番車を用意して、交換します。

左側、ホゾの折れた三番車。右側、新品の三番車。

ゼンマイの入った香箱は、

蓋を開けて

ゼンマイを取り出し、劣化したグリスを洗浄、

専用巻き込み器にて

ゼンマイを巻き込み、

注油し組み立てます。

つづく。

デイトジャスト ゼンマイ切れ

2021-02-15 | 修理
ゼンマイ切れの症状があり、
オーバーホールのご依頼をいただきました

ロレックス デイトジャスト。

バンドを取り外し、

裏ブタを開け、

ケースから機械を取り出します。

針と文字板を外し

自動巻き部分を取り外して、

分解していきます。

ゼンマイの入った香箱は

フタを開けると、

中心近くでゼンマイが切れていました。

切れたゼンマイを取り出し

新しいゼンマイと交換します。

洗浄仕上げた各部品を適切に注油し、

組み立てていきます。

汚れが固着して劣化していた

チューブパッキンは取り出して新品に交換、

裏ブタのシールも劣化していて、

サビの温床になるので剥がします。

ポリッシュ仕上げを行ったケースに機械を入れて、

裏ブタを閉めます。

バンドを取り付けて、

完成!!

エンジンターンド エアキング     2/2

2021-02-12 | 修理
エアキングのつづき。

取り外した巻真。

矢印の個所にバリが確認できます。

リューズ操作時に地板を傷めてしまうので

時計旋盤にてバリを取り去り

表面を整えます。

各部品を組み立てて、

テンプを取り付け調整を行い、

自動巻き部分を取り付けます。

文字板側はカレンダーが無いので

シンプルな構造です。

文字板と

各針を取り付けた機械を

洗浄・ポリッシュを行ったケースに組み込み、

バンドを取り付けて、

完成!!

エンジンターンド エアキング     1/2

2021-02-11 | 修理
エンジンターンド ベゼルがお気に入りの
エアキングをお持ちになられたお得意様より、

オーバーホールのご依頼をいただきました。

バンドを取り外し、

裏ブタを開けて、

機械を取り出します。

針と文字板を外し

ムーブメントの分解に掛かります。

自動巻き部分を外し、

各部品をチェックしながら分解して行きます。

ゼンマイの入った香箱は

フタを開けて

ゼンマイを取り出して古いグリスを洗浄します。

専用工具にて巻き込んだゼンマイを、

再び香箱に組み込んで

注油しフタを閉めます。

つづく。