精密切削 株式会社ミヤギのブログ

神奈川県二宮町の電磁弁部品・車載部品・ステンレス部品切削加工及び組立を行うミヤギのスタッフブログ

電磁弁部品で未来を拓く 株式会社ミヤギ

電磁弁部品加工 株式会社ミヤギ
―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―


<電磁弁部品加工・NC複合旋盤加工の株式会社ミヤギ>
〒259-0132
神奈川県中郡二宮町緑が丘1-9-3
TEL 0463-73-5811 FAX 0463-73-5871
電磁弁部品加工で未来を拓く株式会社ミヤギ公式サイト : http://www.k-miyagi.jp

工作機械受注が5ヶ月連続増!

2010年05月31日 | 景気動向
電磁弁部品加工 株式会社ミヤギ
―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。
日本工作機械工業会が発表した4月の工作機械受注実績は前年同月比3.2倍の807億700万円で、5ヶ月連続のプラスになったそうです。

内需は前年同月比87.3%増の228億3300万円で、外需は4.5倍の578億7400万円、前月比は内需が18.4%増、外需が2.3%増だったそうです。

今日、工作機械メーカーが主催する内覧会の招待状が届きました。新機種や最新設備の実演展示が行われます!最近の傾向としては高機能・コンパクト・低価格と、どの工作機械メーカーも必死になってニーズを模索しています。今後、工作機械メーカー間の受注競争が更に激化していくことが想定されます。

工作機械業界は景気の影響を1番早く受けるにもかかわらず、景気回復に至るまではどの業界よりも遅いと言われています。外需を中心に持ち直してきてはいますが、国内は回復に向かっているものの、まだまだ伸び悩んでいるといった状況で、今後の動向が気になるところです。

自分自身の勉強や様々な業界の情報交換を含め、こういった内覧会にも積極的に出席していきたいと思います!
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・NC複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131/FAX:0465-47-5751
電磁弁部品加工で未来を拓く株式会社ミヤギ公式サイト : http://www.k-miyagi.jp
E-mail

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ←クリックして頂くと株式会社ミヤギの応援票になります!
コメント

工作機械受注実績が前年同月比3.6倍!

2010年04月14日 | 景気動向
電磁弁部品加工 株式会社ミヤギ
―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。
日本工作機械工業会が8日に発表した3月の工作機械受注実績が、前年同月比3.6倍の758億1100万円で4ヶ月連続の前年プラス、前月比で17.0%増と回復が続いているそうです。

前月比の内需が3.5%増、外需が22.8%増で外需比率は73.3%と過去最高水準だそうです。先日、工作機械メーカーに勤務する友人から聞いたのですが、海外からの受注が多いのは確かだが国内からの受注も伸びてきたという話を聞きました。

工作機械業界は景気の影響を1番早く受けるにもかかわらず、景気回復に至るまではどの業界よりも遅いと言われています。外需の伸びが顕著であるに加え、国内の受注も回復してきているということで、良い傾向だと捉えています。

今後の動向が気になるところですが、景気回復を待つのではなくて景気を呼び込む勢いで営業活動に力を注いでいきます!
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・NC複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131/FAX:0465-47-5751
電磁弁部品加工で未来を拓く株式会社ミヤギ公式サイト : http://www.k-miyagi.jp
E-mail

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ←クリックして頂くと株式会社ミヤギの応援票になります!
コメント

工作機械メーカーが工場操業通常体制へ

2010年03月30日 | 景気動向
電磁弁部品加工 株式会社ミヤギ
―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。
ある工作機械メーカーが工場の一時帰休を取りやめて生産稼動日を週5日の通常操業に戻したそうです。中国向けを中心に受注が緩やかに回復しつつあることが理由とのことです。一時期は週3日操業にされたこともあったそうです。

徐々に回復の傾向が見えるものの、国内ではなく、中国やアジアといった海外の需要が目立ちます。工作機械業界は景気の影響を1番早く受けるにもかかわらず、景気回復に至るまではどの業界よりも遅いと言われています。今後の動向が気になるところですが、景気回復を待つのではなくて景気を呼び込む勢いで営業活動に力を注いでいきます!
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・NC複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131/FAX:0465-47-5751
電磁弁部品加工で未来を拓く株式会社ミヤギ公式サイト : http://www.k-miyagi.jp
E-mail

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ←クリックして頂くと株式会社ミヤギの応援票になります!
コメント

今春に卒業する高校生を対象とした就職支援策について

2010年03月24日 | 景気動向
電磁弁部品加工 株式会社ミヤギ
―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。
愛知県の取り組みで、就職先が決まらないまま3月に高校を卒業する若者をを対象に、4月から職業訓練事業を始めるそうです。

今までニートやフリーターなどの若者向けは存在していたが、対象を高校卒業者に絞ったのは取り組みは初めてです。参加者は授業料・教材費が無料で訓練を受けることができ、不況で厳しい就職状況にある高校卒業者の就職を支援します。職業訓練は専門学校などに委託して行い、科目は3次元CADや介護など14科目が用意されており、定員は1科25人で計350人です。受講科目に関連した企業での実習実施し、期間は6ヶ月間で訓練終了後はハローワークや委託先の学校と連携して就職先を探します。

取り組みとしてはとても良いと思うのですが、まだまだ厳しい景気が続くという裏付けであると思っています。来月から若い新入社員が入社します。指導方法や教育方法の見直しに余念がありません。

景気回復を待つのではなく、景気を呼び込む勢いで立ち向かっていきます!
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・NC複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131/FAX:0465-47-5751
電磁弁部品加工で未来を拓く株式会社ミヤギ公式サイト : http://www.k-miyagi.jp
E-mail

blogram投票ボタン←クリックして頂くと株式会社ミヤギの応援票になります!
コメント

4-6月期工作機械受注見通し「持ち直し」が9割以上!

2010年03月18日 | 景気動向
電磁弁部品加工 株式会社ミヤギ
―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。
日本工作機械工業会が今月3月上旬に行った会員アンケートによると、4-6月期の受注金額が「減少」との見通しが1割弱にとどまり、持ち直しと見る傾向が9割以上になったそうです。

受注額は年始以来改善傾向が続いており、先行きも明るい兆しが見えてきたとのことです。相次いで、大手企業の増産や新分野への参入等の話題も増えてきました。良い傾向だと捉えています。まだまだ売上回復にまでは至っておりませんが、これから徐々に動き始めると思っています。

特に工作機械業界は景気の影響を1番早く受けるにもかかわらず、景気回復に至るまではどの業界よりも遅いと言われています。中小企業にとって、設備投資や既存の加工機の入れ替え、自動化等は大変重要な取り組みの1つです。もう少し様子をうかがった上で、徐々に設備投資にも取り組んでいきます。
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・NC複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131/FAX:0465-47-5751
電磁弁部品加工で未来を拓く株式会社ミヤギ公式サイト : http://www.k-miyagi.jp
E-mail

blogram投票ボタン←クリックして頂くと株式会社ミヤギの応援票になります!
コメント

先月2月の工作機械受注実績が前年同月比で3.2倍!

2010年03月10日 | 景気動向
電磁弁部品加工 株式会社ミヤギ
―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。
日本工作機械工業会が9日に発表した2月の工作機械受注実績は、前年同月比3.2倍の647億8700万円で3ヶ月連続で前年プラスになったそうです。

前月比は17.6%増で内需に加え、中国などアジア向けが引き続き好調だったことが要因です。

内需は前年同月比2.4倍の203億4300万円、外需は同3.7倍の444億4400万円、前月比内需が29.0%増、外需が13.0%増とともに2ケタの増加になったそうです!

昨日、工作機械メーカーの営業マンが来社し、色々と情報交換させて頂きました。国内は自動車関係が好調で、海外は中国の需要がかなり増えているとのことでした。この工作機械メーカーは去年の12月に新機種を発表し、3ヶ月で約50~60台受注されたそうです。良い傾向だと捉えています。

工作機械業界は景気の影響を1番早く受けるにもかかわらず、景気回復に至るまではどの業界よりも遅いと言われています。今後の動向が気になるところですが、景気回復を待つのではなくて景気を呼び込む勢いで営業活動に力を注いでいきます!
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・NC複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131/FAX:0465-47-5751
電磁弁部品加工で未来を拓く株式会社ミヤギ公式サイト : http://www.k-miyagi.jp
E-mail

blogram投票ボタン←クリックして頂くと株式会社ミヤギの応援票になります!
コメント

工作機械生産額が中国とドイツに抜かれ日本が3位に

2010年03月03日 | 景気動向
電磁弁部品加工 株式会社ミヤギ
―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。
日本の工作機械の生産額が2009年実績で世界3位に転落しました。1982年に米国を抜いて以降、首位を27年守り続けてきたのですが、中国にその座を明け渡す形になりました。

中国は3位からの躍進で、世界一は初。日本は2008年2位のドイツにも抜かれました。今後、日本勢は技術・製品力に一層磨きをかける考えだそうです。

日本の後退は2008年のリーマン・ショックに伴う景気後退が要因で、キャンセルが相次いだ影響が大きかったそうです。一方、中国は巨額の景気刺激策が寄与し、いち早く低迷から脱出し、ドイツも日本と同様に環境は悪かったがキャンセルが少なかった為、減少が小幅で日本を上回る形になりました。

ここ最近、日本の工作機械メーカーは高精度・高機能・低価格機の開発や新機種が相次いで発表されています。これから更に受注競争が激化しそうです。工作機械メーカーに勤務する友人と連絡をとったのですが、4~5割程度の回復でまだまだ厳しいとのことでした。ですが、自動車業界と中国・アジアからの受注が増えてきているとの情報を入手しました。

景気回復は緩やかではあるものの、良い傾向だと前向きに捉えています。今後、工作機械生産額1位の中国、2位のドイツに対して、どのように巻き返しを図っていくのか気になるところです。

大手メーカーが相次いで海外に生産をシフトしていく中で、日本のモノづくりがどうあるべきか、又どのような形で対応していくか模索していきます!
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・NC複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131/FAX:0465-47-5751
電磁弁部品加工で未来を拓く株式会社ミヤギ公式サイト : http://www.k-miyagi.jp
E-mail

blogram投票ボタン←クリックして頂くと株式会社ミヤギの応援票になります!
コメント

工作機械の価格2極化

2010年02月12日 | 景気動向
電磁弁部品加工 株式会社ミヤギ
―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。
工作機械の価格が2極化が急速に進んでいるそうです。多軸や複合加工の高機能機は数千万円からと価格は大きく変わっていないものの、旋盤やマシニングセンターは国内メーカーからも1000万円を切る機種が増えてきました。

安価な生産に使う低価格機の需要が一段と伸びていることが要因としてあげられます。高い精度や品質を保ちながら、機能を大幅に簡素化した低価格機種が目立ちます。

ここ最近、中国・韓国・台湾では日本などの先進メーカーから技術を吸収し、さほど高精度でない加工は十分にこなせるようになってきており、数年前の日本は省人・効率を強みとする多軸機や複合加工機にシフトしている傾向があり、人件費が高いということから考えると優位なのかもしれません。

ですが、複雑な操作プログラムや形状等によって一台あたりの利益は大きいが、量産出来ず思うように伸びていないのが現状だそうです。

アジアの有力メーカーは航空機や医療、エネルギー、環境といった業種向けの高機能機械も導入し、日本勢のシェア奪取に挑み始めたそうです。どのように立ち向かっていくのか、ニーズの変化に合わせた企業体質改善が求められています。

日本国内の動きだけでなく、海外の現状や今後の動きにも注目し、求められているニーズに対して柔軟に対応していきたいと思います。
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・NC複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131/FAX:0465-47-5751
電磁弁部品加工で未来を拓く株式会社ミヤギ公式サイト : http://www.k-miyagi.jp
E-mail

blogram投票ボタン←クリックして頂くと株式会社ミヤギの応援票になります!
コメント

FA機器・制御機器の需要回復!

2010年01月21日 | 景気動向
電磁弁部品加工 株式会社ミヤギ
―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。
ある新聞にFA(自動化)機器の需要回復が顕著になってきたとの記事を見つけました。FAシステムや産業機械の動力源として使用されるサーボモーターや各種制御機器類の受注が軒並み急回復しているそうです。

いずれも中国市場の需要が回復してきたことが要因だそうです。中国国家統計局が2009年第4四半期(10月~12月)の実質国内総生産(GDP)の伸びが前年同期比で10.7%だったことが発表されました。2008年秋以降の世界的な金融危機にも関わらず、その成長ぶりには目を見張るものがあります。今後の中国市場から目が離せません。

様々なことにアンテナを張り巡らせ、情報収集・情報交換をさせて頂き、より一層受注活動に力を注いでいきます。
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・NC複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131/FAX:0465-47-5751
電磁弁部品加工で未来を拓く株式会社ミヤギ公式サイト : http://www.k-miyagi.jp
E-mail

blogram投票ボタン←クリックして頂くと株式会社ミヤギの応援票になります!
コメント

工業高校の今年度卒業生徒の就職内定状況

2010年01月19日 | 景気動向
電磁弁部品加工 株式会社ミヤギ
―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。
ある新聞に、全国工業高等学校長協会の調査で2010年3月に卒業する全国の工業高校生徒の就職内定状況をまとめたところ、昨年11月15日時点で内定率が81.6%になったそうです。年度末にはほぼ100%の内定が見込めるとの見方もあるそうです。

一方で高校生全体の昨年11月末時点の内定状況は、内定者数が前年同期比で23.1%減、求人数は43.7%減だそうです。まだまだ厳しい状況が続くと思われます。

ここ最近、試作の製作依頼やお見積りの依頼を頂く機会が増えてきました。新機種立ち上げや形状変更・材質変更等のご相談を頂きます。感謝・感激です。様々なご要望にもお応え出来る様、万全な体制を整えていきます。
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・NC複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131/FAX:0465-47-5751
電磁弁部品加工で未来を拓く株式会社ミヤギ公式サイト : http://www.k-miyagi.jp
E-mail

blogram投票ボタン←クリックして頂くと株式会社ミヤギの応援票になります!
コメント

自動旋盤メーカーの大台記録達成

2010年01月06日 | 景気動向
電磁弁部品製造 株式会社ミヤギ
―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。

ある自動旋盤メーカーの1シリーズが今月1月出荷分で累計販売台数5万台を突破することが確定したそうです。発売から40年での大台記録達成とのことで単一ブランドでの5万台突破は世界の自動旋盤メーカーも例がないそうです。

長年にわたって指示され続けるには必ず理由が存在します。製品構成や技術開発、求められニーズやアフターサービス、価格や納期といった様々な要素がある中で、決して1つに偏ることなく、どんなご要望にも対応し、その1つ1つを乗り越えて積み上げてきた結果なんだと思い、深く考えさせられました。

お客様から様々な課題を頂くことによって、その1つ1つがミヤギの改善点・技術につながり、結果としてお客様からご指示頂ける事を再認識しました。

何かお困りなことはございませんか。お気軽に何でもご相談ください!
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131/FAX:0465-47-5751
電磁弁部品加工で未来を拓く株式会社ミヤギ公式サイト : http://www.k-miyagi.jp
E-mail

blogram投票ボタン←クリックして頂くと株式会社ミヤギの応援票になります!
コメント

2010年の工作機械受注額の見通しが発表されました

2009年12月17日 | 景気動向
電磁弁部品製造 株式会社ミヤギ
―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。

ある新聞に2010年の工作機械受注額の見通しが6,000億円程度になるという記事がありました。2009年は4,000億円前後に落ち着くことが確実視されているそうで、前年見通し比では1.5倍ですがピーク時の2007年実績(1兆5,899億円)の4割程度で回復は緩やかになる見通しとのことです。

この不景気の中、工作機械業界は低価格機へのシフトが見受けられ、低価格に需要があるという見方や安い領域で戦うことは本来、日本メーカーのやることではないという見方があり、工作機械メーカーで考え方は様々です。

工作機械業界は一番初めに景気の影響を受け、景気回復は一番最後という非常に敏感な業界と言われています。今後、工作機械メーカー間の競争が更に激化していきそうです。

現状維持で景気回復を待つのではなく、品質・コスト・納期対応・管理・改善等を見直し、自らの手で景気を作る企業体質作りに努めます。
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131/FAX:0465-47-5751
公式HP :電磁弁部品で未来を拓く株式会社ミヤギ公式サイト http://www.k-miyagi.jp
E-mail

blogram投票ボタン←クリックして頂くと株式会社ミヤギの応援票になります!
コメント

変化に適応したものだけが生き残る

2009年10月13日 | 景気動向

―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。

新聞の記事の企業信用情報を見て、ある大手メーカーが記載されてることに気付きました。
国内のみならず、海外からも高い評価を受けていた会社だったので大変驚きました。まだまだ厳しい景気に油断せず、果敢に攻めの営業に取り組みます。


『強いものが生き残れる訳ではなく、賢いものが生き残れる訳でもない、最も変化に対して敏感に適応したものだけが生き残れる。』(ダーウィン 種の起源より)


今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131
FAX:0465-47-5751
公式HP :http://www.k-miyagi.jp
E-mail
コメント

工作機械業界の受注状況

2009年10月02日 | 景気動向

―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―

こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。

新聞を読んでいたら、ある工作機械メーカーが生産倍増との記事を発見しました。ですが、8月度の工作機械受注が業界平均で前年同月比で70%減だそうです。

その生産状況からの倍増とのことで、まだまだ厳しい景気が続くと同時に工作機械メーカー間の競争が激化していきそうです。

まだ景気回復には時間が必要のようです。このような事態を逆にチャンスと捉え、今しか出来ないことに取り組み、基盤を固めていきます。
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131
FAX:0465-47-5751
公式HP :http://www.k-miyagi.jp
E-mail
コメント

生産概況説明会への出席

2009年09月16日 | 景気動向


―電磁弁部品・ステンレス精密切削加工を得意とする株式会社ミヤギ―


こんばんは。
神奈川県小田原市の電磁弁部品加工を得意とする株式会社ミヤギ 営業の武田です。
今日はお客様が主催の生産概況説明会へ出席しました。初めて出席して大変刺激になりました。
現状と今後の業界予測から始まり、生産計画、品質管理、各種連絡事項等の発表がありました。お客様の今期予測で前年比約8割回復とのことでした。
昨日でリーマンショックから1年が経過しましたが、まだまだ厳しい景気が続くのかなと思っております。
ある会社の社長が『この時代に生き残れるところは全て1流企業だ』と仰ってました。正直そうなのかもしれないと思いました。
ただ景気回復を待つのでなく、ニーズや時代背景に合わせた展開を心掛けて更なる受注拡大に努めます。
今後とも電磁弁部品加工のミヤギを宜しくお願い致します。


電磁弁部品加工・複合旋盤加工の株式会社ミヤギ
TEL:0465-47-7131
FAX:0465-47-5751
公式HP :http://www.k-miyagi.jp
E-mail
コメント