へぇ~ばな

明るく元気な欲張り者きりまる参上!
へえ~!と思ったよもやま話をつづります。
旧「インコのクーと懸賞大好き」ブログ☆

【イヤミス】フジコ完成披露試写会に当選♪ 後味が悪くて嫌~な気分になるのに面白いミステリーって?!

2015年11月11日 22時04分17秒 | 映画

Huluオリジナル連続ドラマ企画「フジコ」の完成披露試写会に当選したので、
今晩六本木のTOHOシネマズに行ってまいります~ 






「フジコ」は、明日11/13(金)から全6話が一挙配信される【Hulu×J:COM共同プレミア】の話題作です。


原作は、真梨幸子さんの 50万部の大ベストセラー小説「殺人鬼フジコの衝動」で、
過激すぎて映像化は不可能といわれていた作品なのだそうです。 


ご存知でした?イヤミス・・・という、新ジャンルのミステリー作品があるということを。。。


後味が悪い・イヤ~な気分になる・・・読後や鑑賞後に、そんな不快な気分になるらしいのに、
面白いミステリーって??? 



例えば、湊かなえさんの「告白」もイヤミスジャンルの代表作品であるそうですが。



Huluさんのブログに掲載されていました作品概要によりますと。。。

「殺人鬼フジコの衝動」は、「イヤミス」の代表作として名高い小説である。
あまりの衝撃性と猟奇性から「最低に嫌な読後感だが、先を読まずにはいられない面白さ」がある。
タブーだらけのモンスター小説で、口コミで瞬く間に話題となり50万部を超えるベストセラーとなった。
地上波のみならず映画化すら「絶対不可能」と言われ続けた傑出の問題作であった。
主人公の殺人鬼フジコを演じる尾野真千子さんの新境地を開く作品である。


。。。というような紹介がされておりました。


原作を読んだという友人も「すごくおもしろかった」と言ってましたので、
『タブーだらけで、最低に嫌な読後感なのに面白い?」と、どんなドラマなのか
興味津々です~


しかも、本日はナント、主演・尾野真千子さんの舞台挨拶に来ていただけるそうなので、
こちらもめっちゃ楽しみにしています♪


今日の上映は第1話だけ・・・ということなので、明日以降、絶対に
続きが観たくなってしまいそうだなぁ~と思いますので。
そう考えると試写会当選は、ある意味、Huluさんの罠にハマった気がしないでもないですね(笑)


「フジコ」の感想は、別途掲載させていただきますが。


尾野さんのファンの方はもちろんのこと、
イヤミスの話題作に興味のある方。
原作をお読みになって、どう映像化されたのか?観てみたい方も♪


ぜひ、Huluさんでの「全6話一挙独占配信」にて、ご鑑賞くださいませ!



 ⇒Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中






◆ストーリー(公式ブログより)

稀代の殺人鬼フジコ。なぜ彼女は殺すのか?

一家惨殺事件の生き残りの少女フジコ。お母さんみたいにはならない―
いつしか幸せだけを追い求め殺人鬼となっていく。
一家惨殺事件の生き残りとしてトラウマを負った11歳の少女フジコ。
だが彼女の人生はいつしか狂い始めた。
「あたしは人生をリセットできる女」――、呟きながら殺害を繰り返していく。
なぜ彼女は殺すのか?誰が彼女の家族を殺したのか?
愛への渇望か、幸せへの執着か、真実が明かされるとき、最高の後味の悪さと驚愕のラストが、
観る者を戦慄と慟哭へと突き落とす。

主演:尾野真千子
出演:谷村美月、丸山智己、リリー・フランキー、浅田美代子、真野響子
原作:真梨幸子「殺人鬼フジコの衝動」(徳間文庫)
主題歌:「シンデレラ」斉藤和義(スピードスターレコーズ)
演出:村上正典(共同テレビジョン)「1リットルの涙」『電車男』
脚本:橋泉『凶悪』(日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞)
プロデューサー:戸石紀子、川西琢
配信:11/13(金)~Hulu/J:COMにて全6話一挙独占配信!



■Hulu公式ブログ:http://blog.hulu.jp/2015/10/08/fujiko/
■Hulu公式Hp: http://drama-fujiko.com/



※掲載画像は、ご提供いただきましたものを使用しております。
 

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【音波洗顔クラリソニック】6... | トップ | 羽生結弦選手のファンは必見... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事