へぇ~ばな

明るく元気な欲張り者きりまる参上!
へえ~!と思ったよもやま話をつづります。
旧「インコのクーと懸賞大好き」ブログ☆

北京宮廷料理『涵梅舫』美食会2015 レポ♪その4 ~火鍋・炒飯・宮廷点心 ラストは圧巻のスイーツで~

2015年02月08日 12時57分53秒 | 行楽・お店の紹介・旅行
~本当の中華を食べに行こう!~
北京宮廷料理『涵梅舫(かんめいほう)』さんの美食会2015レポ、その4です!! 



中国料理の頂点に立つともいわれる北京宮廷料理。

炒める・揚げる・煮る・・・など、中国料理には「料理ごと専門の調理師」さんが
いらっしゃるのだそうでして。

『涵梅舫(かんめいほう)』さんでは、本場中国で最高峰の資格を有した
超一流の5人の調理師さん
が腕を振るってくださいます。


本記事では、そんな「中国料理の味と技、美と健康の盛宴」メニューの終盤3品、
火鍋・炒飯・宮廷点心をご紹介させていただきます。 


ラストのスイーツの写真は、必見ですよーーー!!




--------------------------------------------------------


炉肉火鍋(豚腹肉焼き、白菜の鍋物)







菊花豆腐や黄燜魚趐と同様に、「 乳湯(ナイタン)」スープを使ったお鍋です。






スライスした生姜と白菜、焼いた豚バラ肉が乳湯(ナイタン)スープの中で、いいお味に煮込まれています。


ワタシはその1記事の中で「しゃぶしゃぶ鍋みたい」と書いていますが、実は本家は
北京の火鍋の方だそうです。


「シュワンヤンロウ(中国語:涮羊肉 ピンイン:shuàn yángròu)」という羊肉のしゃぶしゃぶが京都に伝来し、
日本の「しゃぶしゃぶ」のルーツになったともいわれる・・・と、ウィキに書いてありました。


取り分けていただいた炉肉火鍋は、専用のタレをつけていただきます。


スープ自体がウマウマなので、そのまま食べても美味しいのですが、
唐辛子・花椒(ホァジョー)・ネギの入ったピリ辛ダレで食べると、喉にクゥ~と刺激が走って、
ああぁ~オイシイ!!



そのまま食べても、タレで食べても、ウマすぎる・・・
ヤバイ、こんな小皿じゃ、足りないです~


てな訳で、おかわりよそっていただきました♪



てか、マジで「鍋ごとクダサイ!!」的な美味しさでして。
ほかほかと体が温まって、いつまでも食べていたいお鍋でした。




炉肉火鍋を頂いている際に、『涵梅舫』さん特製の【醤(ジャン)】を2種、お味見させてくださいました。



なんとなく、錦松梅みたいな見た目でございますが、両方共結構辛い!!
特に、向かって右は辛かった~

口に入れてしばらくは「あ~、しょっぱくて、香ばしくて、オイシイですねー♪」と余裕なのですが、
しばらくすると、ヒーーーーーーーッっときます。 


食べれば食べるほど、口から火を吹きそうになりますが、なぜかこれが止まらなくって。
「すみませーん! 2種とも瓶に詰めていただけますぅ?!」・・・と言いたくなった醤(ジャン)でした(笑)


これさえあれば、チャチャっと炒めた豚コマや、ただソテーしただけの鶏肉なんかも
美味しくできそうな気がします。 
『涵梅舫』さん、醤(ジャン)のネット販売開始を、お待ちしています~♪




--------------------------------------------------------


揚州炒飯(えびこ、ハム、ナマコ、エビなど入り炒飯)


揚州炒飯と書いて、ヤンジョウチャオファンと読むようです。
日本でいうところの「五目チャーハン」であり、いろいろな具材が入っているチャーハンとのこと。





この日、『涵梅舫』さんの揚州炒飯には、えびこ、ハム、ナマコ、エビ、玉子などが入っていました。


油っこくなく、しつこくなく、しょっぱくもなく、かと言ってそっけない味のチャーハンでもなく。
ぱらりとしたご飯に、細かな蝦子がからんで、時折ナマコやエビのプリっとした歯ざわりがあり、
口の中で見事に共演している感じ♪
やさしい味のチャーハンですが、味わいは奥深く、その食感は複雑です。


まだ炉肉火鍋を食べきっていなかった皆さんは、旨味ばっちりのスープに揚州炒飯をさっとつけて、
一緒に召し上がって舌鼓を打っていました。


あぁーーー!!失敗したぁ~
ワタシ、おかわりしたくせに、すで炉肉火鍋を全部食べてしまっていましたーーーー!!


もしも『涵梅舫』さんで、揚州炒飯と炉肉火鍋を食べるようなことがあれば、
ぜひチャーハンをスープに浸して食べてみてくださいね。
どうやら、メチャメチャウマイ・・・らしいです~ 



--------------------------------------------------------


宮廷点心(宮廷風点心の盛り合わせ)



さあ、中国料理の味と技を駆使した「美と健康の盛宴」も、とうとうラストを迎えました。
豪華スイーツ「宮廷点心」の登場でーす!!






気分アゲアゲのファンタジー感は、どうぞ個々にご覧ください~

黄色いトリ


ハリネズミ



モモ(寿桃)



白鳥・カニ



金魚



一つ一つのリアル感や可愛らしさも素晴らしいですが、よく見ると
「あ!こんなところもスイーツなのね♪」的な驚きもあって、楽しめました~



ワタシがいただいた点心は↓こちらですよ~



「パッカン♪」とモモちゃんが出てきそうな「寿桃」は、長寿を願って食べるという
モモの形の蒸しパンまんじゅうです。


白鳥さんの半透明のボディは、もっちりとした「すあま」とか「ウイロウ」みたいな感じです。
中には甘い餡が入って、美味しかった~


手籠に並んだ四角いケーキや、橋桁?になっていたスコッチケーキみたいなものは、
欧風のケーキやカステラとは全然違っていて、どちらかと言えば砂糖菓子です。

ジャリっとした砂糖をまぶした「ピール」みたいな食感でした。


見た目が可愛いスイーツって、味はイマイチだったりするものですが、
こちらの点心は、割りとあっさりとした甘さで、いくらでも食べれる感じ。

ガブっ・・・と噛み切ってしまうことにためらいましたが、美味しかったです~



一緒に温かい新茶のウーロン茶(青茶)を淹れていただいたのですが、
これがまた、点心の甘さに合って♪



ウマイ、ウマイ・・・と、日頃のダイエットはこの際忘れて、大喜びでいただきました!!


--------------------------------------------------------



・・・ということで。
以上、北京宮廷料理『涵梅舫』さんの美食会2015・レポでございました~


19:30から開始された会でございましたが、途中、龍須面の実演を拝見したり、
それぞれのメニューの撮影に、かなりの時間を割いてくただきましたので、
最後の点心を食べ終えたのが、なんと23:00!!


ヒャーーー、ヤバイ、帰れなくなるぅ~・・・と、御礼のご挨拶もそこそこに
帰途に就かせていただきました。(無事、ハマセン終電間に合いました~)



最後の最後で恐縮ですが、『涵梅舫』の皆様、真心のこもった素晴らしいお料理の数々を、
どうもありがとうございました。大変美味しくいただきました!!

そして、わかりやすく解説をしてくださいました中西さま、心より御礼申し上げます。
今度はぜひ、玉ねぎ・ピーマン嫌いの主人や食通の友人たちと、再訪させていただきたいと思います。




■2月28日18時 「美食会2015」第二弾、3月28日18時 「満漢全席」の受付開始だそうです!

満漢全席は、清朝の時代に満(族)点と漢(族)菜で完成した高級宮廷料理とその宴席のこと。
女帝・西太后のために、熊の手、駱駝のこぶなどのあらゆる美味・珍味を揃え、絢爛豪華を誇り、
その宴は、実に七日間を費したと伝えられます。
現代では創ることさえ困難といわれる 「満漢全席」は、『涵梅舫』さんのHP(旧赤坂版)でどうぞ。(BGMアリです)




美食会・満漢全席については、食べログさん↓のページでも紹介されています♪



関連ランキング:中華料理 | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅








コメント   この記事についてブログを書く
« 北京宮廷料理『涵梅舫』銀座... | トップ | 回る回る・・・いえ、マール... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

行楽・お店の紹介・旅行」カテゴリの最新記事