棋院海外室Go日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

世界アマ2018

2018-06-08 12:27:13 | 日記
GW真っ只中に東京(日本棋院)で10年ぶりにぐるなび杯第39回世界アマチュア囲碁選手権戦が開催され、大成功のうちに幕を閉じました

まさに囲碁のオリンピックと言っていい本大会には、なんと世界61カ国・地域から代表選手が参加。アマ世界一の座を競いました!






■上位8名入賞者(※優勝は中華台北、日本は5位に終わった)


■大会審判長のレドモンド九段による局後の検討


6月3日(日)にNHKのEテレの囲碁番組「囲碁フォーカス」の特集コーナーで世界アマが紹介されました。
お見逃しの方は本日再放送があります!
※NHK Eテレ「囲碁フォーカス」再放送6月8日(金)午後3時~3時半

また、囲碁将棋チャンネルでも「世界アマ特番」が7月下旬に放映予定だそうです

世界一を競う4日間の熱気と興奮を是非ご覧ください


尚、2019年の世界アマも日本で開催されることが決まりました! 
※開催地は島根県松江市です

************************************************
ぐるなび杯第39回世界アマチュア囲碁選手権戦のオフィシャルサイトはこちら
※オフィシャルサイトでは、世界アマ選手のプロフィール、対局棋譜、写真等がご覧いただけます!

************************************************
コメント

日本棋院で10年ぶりに世界アマ開催!!

2018-03-28 17:28:25 | 日記
囲碁のオリンピックといえる世界アマチュア囲碁選手権戦が今年の5月、GW真っ只中に日本棋院(東京・市ヶ谷)で開催されます

日本での開催となると2013年の仙台大会以来の開催となり、
さらに東京(日本棋院)での開催となると、2008年以来、実に「10年」ぶり

第30回大会の2009年までは毎年日本で開催されてきましたが、
2010年からは囲碁のグローバル化に伴い、日中韓の三カ国持ち回りで開催されることになりました。
(因みに、2015年はタイで盛大に開催されました)


■2013年仙台大会の様子

今年は既に60を超える国・地域からの代表選手がエントリーしています。
久しぶりの日本開催ということもあって、近年では最も多いエントリー数となっています。(※因みに去年は49でした)
世界アマ初出場国もいて、アイスランドとジョージアです。

2000年以来の優勝を目指す日本選手は、国内の代表戦を勝ち抜いた村上深さん。今回が初出場となります。

大会期間中は現地観戦出来ますので、世界の熱い戦いを是非ご覧ください

************************************************************

<第39回世界アマチュア囲碁選手権戦>

■開催日程:2018年5月4日(金)~5月7日(月)※午前:9時半開始、午後:13時半
■開催場所:日本棋院2階大ホール(東京・市ヶ谷)


 
コメント

ASEAN囲碁研修

2017-11-21 16:42:59 | 日記
11月14日から20日までの1週間、ASEAN(※東南アジア諸国)を対象にした指導者向けの囲碁研修を日本棋院で実施しました

2015年以来今回で二回目の開催になり、タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、ブルネイから22名が研修に参加。

前回好評だったためか、今回は倍以上の人数が参加しました。(シンガポールのナショナルチームで20年以上指導している中国の元棋士や囲碁協会の副会長など各国から中心メンバーが多数参加)


それではいつものようにダイジェストで写真をご紹介したいと思います

 
青山学院大学の囲碁の正課授業を見学!(講師は桑原陽子六段

 初級者囲碁指導法について水間俊文七段が伝授!

 レドモンド九段によるAI碁(アルファ碁)についてレクチャー

 王唯任五段が囲碁普及について熱弁する 

 
日本の囲碁文化と歴史についてレクチャー!

 
囲碁普及事情について各国のプレゼンテーション(写真はシンガポールとブルネイ)

 

*******************************************************************************************************************
尚、今回のASEAN指導者囲碁研修は、国際交流基金アジアセンターの助成によって実施することができました。
 

コメント

欧州&米国GOコングレス2017!

2017-08-04 10:33:38 | 日記
このブログでも以前ご紹介しました世界2大コングレスといえば、
ヨーロッパ碁コングレス」と「アメリカ碁コングレス」です。

歴史も古く、ヨーロッパ碁コングレスは、なんと!今年で60回目の開催を向かえます。

ヨーロッパ碁コングレスは1000人規模、アメリカは500人以上が参加する大規模な囲碁のお祭りイベント!

ヨーロッパのコングレスでは、7月22日~8月6日までドイツオーベルホーフで、
またアメリカでは8月5日から12日まで西海岸サンディエゴで開催されます。



毎年、日本棋院には毎年コングレスの主催者から棋士派遣の招聘状が届き、それぞれに棋士を派遣しています。

今年は日本棋院から以下の通り棋士派遣を行います。

・オーベルホーフ(ドイツ): 大橋拓文六段タラヌ・カタリン五段
               

・サンディエゴ(アメリカ): 山城宏九段鶴田和志四段
               

※後日、コングレスの様子は週刊碁等で紹介されます!

******************************************
「コングレス公式サイト」(英語)のご案内

・ヨーロッパ碁コングレス公式サイトはこちら→ http://www.egc2017.eu/ 
・アメリカ碁コングレス公式サイトはこちら → http://www.gocongress.org/

コメント

ナショナル碁センター in ワシントンDC!

2017-07-24 14:54:24 | 日記
今年4月より米国「ナショナルGOセンター」が米国首都ワシントンDCにグランドオープンしました
※週刊碁では以前ご紹介しておりましたが、このブログではお伝えしていませんでした・・・





團宏明日本棋院理事長は4月末のオープニングセレモニーに招待を受け出席。写真はテープカットのシーン


写真:ナショナルGOセンター責任者(Grujeet氏)と團理事長

ワシントンDCにお訪ねの際は、センターにお立ち寄り、地元の方と囲碁を通じた交流をお楽しください

尚、ナショナルGOセンターは、米国東海岸の囲碁普及の為、INAF基金(岩本北米囲碁基金)によって設立されました。

*******************************************************************

ナショナルGOセンター公式ホームページ(英語): http://nationalgocenter.org/ 

※INAF公式ホームページ(英語):http://www.inaf-go.org/
コメント