旅する骨董屋 喜八

チベット圏を中心にアンティークや古民芸・装飾品を旅をしながら売買する喜八の、世界の様々な物や人その文化を巡る旅のブログ。

成都のパンダ

2018年01月24日 | 旅行
蘭州からアムドへの道が開かず、
急遽、予定を変更して成都へ飛んできた。

地理的な事をいうと、蘭州からチベット圏アムド地方へは南下するかたちで、
アムドを通り越して、その更に更に南へ行くと、成都がある。
蘭州と成都の間にある、というか南東にあるチベット圏は、陸路でしか行けない。
なので、アムド行きを変更し、アムドの南東に位置するカム地域に行く事にしたのだ。

で、成都。

もう何度も来ているが、パンダは見た事がなかった。

ふと思い立って、パンダを見に、成都パンダ繁殖研究基地なる、パンダ専門の動物園に行く事にした。



園内は結構広い。
カートも走っているが、長蛇の列なので、ゆっくり歩いてまわっても楽しい。




日本では、上野でパンダフィーバーが起きているようだが、
パンダを見るなら、成都に限る。




間近でゆっくり見られ、頭数もかなり多くいます。


入場料(地下鉄駅からの行きのバス料金含め)58元(約1000円)

バックパッカーの間で、パンダ〜?と低評判だが、
バカにするなかれ。
意外とかわゆくて癒されます。


行き方は、地下鉄3号線、熊猫大道駅(中心部から15分程度)を出たら、専用バス(すぐ分かります)が出ているので、
それに乗り5分ほど。
簡単に行けます。
コメント   この記事についてブログを書く
« 蘭州 外国人が泊まれる宿が... | トップ | 成都からカンゼへ直行する行... »

コメントを投稿