つながる・つたえる・ささえあう

2015年3月、敬行寺大法要テーマ「つながる・つたえる・ささえあう」。浄土真宗 敬行寺住職(ごいんげ)のブログです。

初参式(しょさんしき)中止のお知らせ

2020-07-29 18:43:35 | 日記
9月22日(火)に予定をしておりました、赤ちゃんの初参りである初参式(しょさんしき)ですが、
新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、今年は皆さん一緒の式は中止とします。

ご希望があれば、一組(ひと家族)ずつの初参式は個別に行いますので、日時をご相談ください。

内容ー お勤め・礼拝・法話・記念撮影 など
対象ー 3才くらいまでのお子さん

以前の初参式の様子をこのブログで紹介しています。
「敬行寺 初参式」で、検索を。
コメント

法座が勤まりました

2020-07-16 21:29:37 | 日記
4月以降、敬行寺でも行事が中止となっておりましたが、7月1日の「ついたちの会」を久しぶりに行うことができました。
14日には「敬行寺だより」の発送作業、仏教婦人会の例会・清掃奉仕が無事に行われました。
いずれも手指の消毒、「密」、換気に気をつけながらでしたが、皆さまがお寺に集う有り難いご縁でした。

そして親鸞様のご命日である本日、16日に常例法座を行うことができました。

久しぶりに立てられた「仏旗」。
久しぶりに鳴らされた「喚鐘」。
お正信偈さまの「難中の難これに過ぎたるは無し」の味わいをお取り次ぎさせていただきました。
人として生まれたこと、仏法を聞いていることが、いかに有り難いことかを実感したごいんげでした。

南無阿弥陀仏。
コメント

納骨堂維持費ありがとうございます

2020-07-11 09:08:15 | 日記
大雨が続きますね。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
敬行寺には「真如堂」という納骨堂があります。昭和42年に最初の納骨堂が建立されました。
その際、第二世住職が、誰にとっても避けられない、大切な方との死別の悲しみをご縁として、
お釈迦様の求められた永遠の真理「真如」に目覚めて欲しいとの願いから「真如堂」と名付けたそうです。
その後、建物の老朽化、納骨壇の不足、段差などの問題があり、今から7年前の2013(平成25)年3月に
現在の「真如堂」に建て替えられました。

納骨堂加入の門信徒には毎年5000円の納骨堂の維持費をお願いしております。
例年、お盆に参詣の際に本堂入口に受付を設置して頂戴しておりますが、
近年、遠隔地のご門徒が増えてきたこと、特に今年は新型コロナウイルスの流行もあり、
お盆の受付の混雑を避けたいとの思いから、今年は郵便振替での納入をお願いしております。

該当のお宅に、7月頭に水色の封筒でご案内させていただいたところ、
早速多くの方からお納めいただきました。まことにありがとうございます。
お盆前には納骨堂の清掃を行い、皆さまのお参りをお待ちしております。

南無阿弥陀仏
コメント

「ついたちの会」を行いました

2020-07-01 16:21:06 | 日記
3月から各種行事の変更・縮小・中止が続いていましたが、本日久しぶりに行事を行いました。
本年4月に一度だけ開催し、5・6月は中止していた「ついたちの会」。

久しぶりにご門徒の皆さまとお正信偈をお勤めしました。
5月に降誕会が法座中止となっておりましたので、「降誕」をテーマに住職の法話。
続いて紙芝居の朗読、最後に仏教讃歌「いまささぐ」の紹介。

およそ1時間の行事で、席の間隔も広くとって換気も良くして。
ありがたいご縁でした。

南無阿弥陀仏
コメント

会費ご納入ありがとうございます

2020-06-24 18:53:42 | 日記
毎年、敬行寺の門信徒の皆さまには、「門信徒会費」をお願いしております。
今年も5月の総会後、6月頭に予決算書とともに会費のご依頼を郵送したところ、
すでに多くの方から振込み・直納により、お納めいただいております。
ご協力まことにありがとうございます。

今後も「つながる・つたえる・ささえあう」敬行寺であるよう、
頂戴したご懇念を大切につかわせていただきます。

7月1日(水)午前10時から「ついたちの会」を予定しております。
あなた様のお参りをお待ちしております。

南無阿弥陀仏
コメント