福姫ジェニーの山旅・湯日記

中高年の仲間に!
山大好き、旅大好き、温泉大好きな福姫ジェニーの旅日記。
国内のみならず、世界各地を目指して出発!!

北海道 千走川温泉(ちはせかわ)

2018-03-03 17:06:06 | 温泉


温泉リポート 第62弾の巻

島牧町に3つある温泉の1つ。
泉質は、ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉。
泉度は、40度弱。
湯の色は茶色で、源泉掛け流し。



国道229号から10分の走れば、宿がぽこっと見えて来る。
明治18年から営業されている山の中の一軒宿である。

本当に一軒宿で、周りにはな~んにも無い。
クーラーも無いので、都会人にとっては、かなりつらいね



到着早々お風呂だぁ~と思ったんだけど、混みこみ

 早く入りたいのに…、あかんやん
 焦らない、焦らない

とは、言ってみたものの、なかなか入ることができず、ちょっと切れてきた
待つ甲斐あって、日帰り客はみ~んな帰り、お風呂は独占となり、貸切やぁ~




 お客さん、露天風呂は今、アブが多いから、気ぃつけて入ってね。

 はぁ? アブやってぇ~

露天風呂だけやないで
内湯にもアブが…。

 動きが鈍くなっているから大丈夫や。
 ほんまかいな。

内湯のアブは、襲ってくることはなかったので、ゆっくり入ることができ、大満足

湯量は多いとは思わなかったけれど、湯船からどんどん出て行く。
その湯が洗い場を見事に変えてしまっている。
床は一面、堆積物でざらざら。
滑ることはないようだが、気を抜くと足の裏を切ってしまいそうや。

温泉マニアとしては、何とも嬉しい浴場だね



楽しみの露天風呂は、アブの活動が鈍くなる夜に入ることにしよう。

 夜、アブはいなかったけれど、目の前がうっそうとした木々の山なので…。
    何だか、こ・わ・いぃ~

 ヒグマ出そうやんかぁ~

 楽しみの夕食
島牧町は、アワビとウニの産地。
豪華な夕食が提供されるというから楽しみ
サイズは小さいけれど、アワビが3個。
・1つは、そのまま貝焼き
・1つは、天ぷら
・1つは、こぶ締め(刺身)







ウニは殻をそのまま半分に割って、スプーンで。
甘くて甘くて、最高のウニやった。



海の食材がいっぱいで、本当に美味しい料理やった

朝食も素材を生かしたシンプルな料理。
これが美味しい。



ご馳走様でした。

もう一度、食べたいなぁと思う千走川温泉さんでした。

本日おしまい
コメント   この記事についてブログを書く
« 岐阜 福地温泉(いろりの宿... | トップ | 岡山 日生の牡蠣と出初式 »
最近の画像もっと見る

温泉」カテゴリの最新記事