福姫ジェニーの山旅・湯日記

中高年の仲間に!
山大好き、旅大好き、温泉大好きな福姫ジェニーの旅日記。
国内のみならず、世界各地を目指して出発!!

奈良 法起寺周辺(コスモス)

2021-12-02 18:36:59 | 花旅


今回紹介の花旅は、奈良の斑鳩。
法起寺・法輪寺周辺のコスモスだよ




法起寺
638年創建
聖徳太子ゆかりの岡本宮を太子の子である山背大兄王が寺にしたと言われている。
706年完成の高さ24mの三重塔が現存。
最古の三重塔。
これは、国宝となっているんだよ




法輪寺
622年創建
聖徳太子の病気平癒を願って山背大兄王が建てた寺と言われている。
1944年の落雷により、三重塔は残念ながら焼失。
現在の三重塔は1975年に再建されたんだって

法起寺・法輪寺・法隆寺とともに、『斑鳩三塔』として美しさを称讃





毎年、秋になれば、見たくなるコスモス。
群生しているコスモスを見るだけで、嬉しくなっちゃうね

今年は、何処に行こうかな?
うん?
なになに?
奈良のお寺にあるぅ?

 飛ばして、夕方到着。



最盛期は、過ぎているようで、花が想像より少ないみたい。

 まっ、しゃ~ないわ。
  連日降る雨も影響あるわな。
 今日は、素直やね。



古都の寺院とコスモス。
絶妙な組み合わせで、最盛期の時は、訪れる人も多かったんやろうなぁと思いながら、コスモス咲く道をブラブラ。
そうこうして内に、雨がポツポツと・・・
ザーザー降る前に退散やね。

本日おしまい

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

兵庫 養父神社(紅葉)&城崎温泉

2021-11-22 10:55:27 | 小さな旅と温泉


今回紹介の小さな旅と温泉は、昨年に引き続き紅葉の名所『養父神社』と城崎温泉『山よし』さん
山よしさんで蟹を食べるのは、もう何回目かなぁ?
ここの🦀はとにかく美味しいです




今年は昨年に比べて訪れた時が少し遅かったようけど、素晴らしい紅葉に恵まれた
ホンマに養父神社の紅葉は、凄かったよ

養父神社

「養父の明神(みょうじん)さん」と呼ばれ、農業の神として地元の人に親しまれてきた神社。
農耕に必要な牛の売買が養父神社の管理下にあったことから、牛の神様もお祀りしている神社。
土地の人からの信仰があつい神社。(養父市の観光協会HPより抜粋)



社務所から続く赤い橋から境内にかけて、見事な紅葉。
下の道も赤く染まるくらいに葉が落ちている。
一昨年の方が断然素晴らしかったけど、今年も充分過ぎる位、紅葉狩りを楽しむことができた





この赤い橋の両側には、紅葉で埋め尽くされた紅葉(もみじ)
赤・オレンジ・黄・黄緑・緑・茶といったグラデーションの葉・葉・葉
渡り終えると養父神社の境内。
ここも紅葉(もみじ)の紅葉が凄いんです。
社殿にかかる紅葉の枝が光に照らされて…。

 おお~、素晴らしい ワンダフル



表参道の鳥居をくぐると、紅葉祭りの提灯が点々と…。
それが風に揺れて凄く可愛い。
時間が合えば、すぐ目の前を走る山陰線の電車とパチリ
素晴らしい紅葉(もみじ)の神社です







城崎温泉の『山よし』さん

いつもの宿へ。



とにかく🦀料理が最高に美味しい。
どれもこれもホンマに美味しいで



🦀の値上がりで、いつまで通う事が出来るかなぁとちょっと不安だけど…
御馳走様でした

本日おしまい
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

兵庫 淡路島花さじき(コスモス&赤蕎麦の花)

2021-11-11 21:54:20 | 花旅


今回紹介の花旅は、淡路島の花さじき。

花さじき(HPから抜粋)
兵庫県が平成10年4月から設置した場所
淡路島北部丘陵地域の頂上部
標高298~235mの海に向かってなだらかに広がる高原
眼下に広がる花のジュウタンを楽しめる、極上の見物席として、『あわじ花さじき』と命名



駐車料金として200円ほど必要だけど、入園料は必要ない💛というのがいいねぇ。
四季折々の可愛い花が植えられているので、いつ訪れても綺麗な場所となっている。
よく晴れた日に行くと、空の青さに海の青さ。
そして、色とりどりの花が一枚の写真に収まるのが、何とも素敵



今年もコスモスねらいで訪れたが、コスモスとは違う、可愛いピンクの赤蕎麦の花が…
何とも言えない淡い色の赤蕎麦の花。
白蕎麦の花も綺麗だけど、赤蕎麦の色は、本当に可愛い色だ。





入り口周辺の花畑には、一面コスモス。
よく見ると、コスモスの中に丈の短いヒマワリが点々と…。
粋な演出となっている
期間限定で、コスモスを積む体験もあるみたいで…



昨年は、赤いサルビアが強烈に咲いていたんだけど、今年は、ちょっと時期が遅かったのか?
サルビアは色が褪せていたのが残念
それでも、赤、青、白のサルビアに目を奪われたな。



コスモスは、畑によって少しずつ開花時期をずらしているようで、花の密度に差があった。
一番、密度があった畑は、赤サルビアが咲いている所。
ここは、肥料の影響もあるのか?
めっちゃ、花が大きくて群生していた。
見応え抜群や



持ち込みもO.Kらしいので、のんびりと花を見るには、良い場所だと思う。

本日おしまい

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

奈良 般若寺(コスモス)

2021-10-27 12:15:51 | 花旅


今回紹介の花旅は、奈良市内にある般若寺(はんにゃじ)の秋桜。

10日ほど前にコスモスが咲いているという情報を見て、早々に行ったんだけどね…。



 がび~ん

2分咲きくらいかな?

それから、10日後。
お寺のHPで、花が大きくて満開。
こりゃ、行かないとね。

飛ばして到着。




ありゃりゃ、大型の観光バスが1台入っているわ。
入る時が一緒になっちゃって…、ちょっとガッカリ

But, 先に説法を聞くとかで、本堂に…。

 おっ、観光客が出て来るまでに花を写しちゃおう
 花は、枯れませんけど…。



この般若寺は、
629年、高句麗の僧、慧潅法師がこの地に瑞祥を見て「般若台」と号する精舎を開創したことが起源だそうです。
本尊は、鎌倉時代に造られた文殊菩薩騎獅像(重要文化財)

このお寺のシンボルとなっている高さ14.2mの十三重石塔(重要文化財)や国宝の楼門
楼門は、国宝というだけあって見事です





さて、お目当てのコスモスは?

 すご~~い
  前と全然違うやん



般若寺の敷地内は、コスモスで埋め尽くされている
驚くことに、コスモスをよく見ると色や形が違う。
10種類のコスモスが何と10万本も。
びっくりや





初めて見た黄色のコスモスや花びらが輪になっているコスモス。
普通の花の2倍くらいあるコスモス。
これは、見ていて楽しいし時間を忘れてしまう





コスモスの寺と言われる意味がよくわかりました
何回でも訪れたいお寺の一つとなったなぁ。

本日おしまい
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北海道 屈斜路で乗馬体験&温泉

2021-10-19 20:01:26 | 小さな旅と温泉


今回紹介の小さな旅と温泉は、屈斜路湖にあるニジェール牧場さんで乗馬体験をし、温泉宿『きらの里すばる』さんで宿泊という贅沢な旅だ。

2008年オープン
屈斜路湖畔にある馬と遊べる牧場なんだって
メジェールとはフランス語で『じゃじゃ馬』というらしい。

ここで1時間のホーストレッキングを予約しました
乗馬は、関西でも一度体験しているし、中国でも山からの下山に乗ったことがあるよ
But, ここの乗馬はちょっと面白い。
 ①放牧地に馬を迎えに行く(リードをつけて馬を連れてくる)
 ②馬に道具をつける(鞍、頭絡の装着)
自分の乗る馬を、自分でお世話するところから始めるんだって。
馬との絆が深まるここだけのホースプログラムというのが、ここのキャッチフレーズ



さぁ、ジェニーの馬はどの子かな?
『くさなぎ』という雄のお馬ちゃんでした
かなりのお年寄りのお馬ちゃんのくさなぎ君。
おっとりした馬で、前を行く馬がいたら、その子にずっとついて行くというから、おとなしいお馬ちゃんなんでしょうね

放牧地でとにかく草をぐちゃぐちゃと食べているくさなぎ君。
そこをちょっと可哀そうだったけど、ロープを付けて引っ張りました。
食べるのをすぐやめてポコポコと歩いてくれたくさなぎ君。
お目目がとっても可愛いかった



一旦、馬屋みたいな所で、鞍を装填。
これが、結構大変。
But, インストラクターのお姉さんが一つ一つ丁寧に教えてくれるので大丈夫。

さぁ、鞍もついたので、いよいよ乗馬。
左から「よっこらしょ!」



わっ、やっぱり高い所から見るのは、目線が高くなって景色が変わるなぁ
くさなぎ君もおとなしいし…。

ポコポコスタート。
牧場を出て、屈斜路湖の方へ。
湖岸を少しだけ歩いて、くさなぎ君は、また牧場の方へと進む。

牧場に戻ったら、そこで記念撮影。
あ~、楽しかったな




少し汗をかいた後は、温泉のある『きらの里すばる』さんへ。
牧場から20分くらいかな?
ちょっとわかりにくい場所だったけど、とっても素敵な宿なんだよ





何と言っても温泉と食事と居心地のいいお部屋。
オーナーご夫婦には申し訳なかったけれど、私達1組だけの宿泊でした
本当に有難い宿に感謝です

本日おしまい



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする