福姫ジェニーの山旅・湯日記

中高年の仲間に!
山大好き、旅大好き、温泉大好きな福姫ジェニーの旅日記。
国内のみならず、世界各地を目指して出発!!

長野 鹿教湯温泉『かつら旅館』

2022-09-23 16:36:13 | 温泉


温泉リポート 第94弾の巻

今回紹介の温泉宿は、長野県上田市にある鹿教湯温泉『かつら旅館』



鹿教湯温泉
開湯はいつからか?
江戸時代には、すでに栄えていたと言われる鹿教湯温泉。
漁師が鹿に矢を放ち、傷づいた鹿が温泉の湯に浸かっていると、鹿が菩薩様に代わったという有難い温泉らしい。
それなりに大きな旅館もあるが、全体的にこじんまりとした温泉地だ

山間部で、長沢川と内村川という2つの川の間に広がっていった温泉地。
蛍の名所にもなっているが、残念ながら、先年の大雨により幼虫やカワニナが流れてしまったようだ



温泉地には、見る物が多く、散策しても楽しい。
特にここで有名なのは、五台橋
温泉街から文殊堂、薬師堂へと向かう渓谷にかかる橋で、国内では珍しい屋根付きの木橋。
 現世と神の世界を結ぶと言われている(温泉組合のHPから)
五台橋以外にも後4つの橋がある。

今回お世話になった『かつら旅館』さんは、温泉街からは離れ、家族経営のこじんまりとした宿だ
チェックイン後、お風呂へ



泉度 46度
泉質 単純温泉 (弱アルカリ性低張性高温泉)
無色無臭で、体に優しい柔らかいお湯だ

湯船は小さく、洗い場のガランも2つ。
困ったことに湯の調節が難しく、何故かガランから湯が出ない時がある。
???
嬉しいのは、かけ流しの湯というところ。
湯船に入って来る湯量は多い。

 洗い場は使いにくいけれど、湯はいいなぁ。
 露天風呂があれば最高なんやけどね



 晩ご飯
どれもこれも手作りの温かい料理で美味しかった
ジェニーは、鯉が苦手なので、前以て外してもらったけど、ここは上田市。
佐久の鯉は有名だから、鯉料理を得意とされている。
御馳走様でした



チェックアウト時に『かつら旅館』さんのお土産を買った。
ここの大将が作られたハチミツだ
アカシアのハチミツで、とっても美味しかった

また、ハチミツを食べたいな

本日おしまい



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

長野 6月の花あれこれ Part2

2022-08-17 16:16:18 | 花旅


今回紹介の花旅は、6月に咲く長野県の花
レンゲツツジ・ベニバナイチヤクソウ・ニホンスズラン・ベニサラサドウダンツツジなどを紹介

松原湖高原
南佐久郡小海町の松原湖高原
県の天然記念物に指定された樹齢200年のサラサドウダンツツジ



サラサドウダンツツジの花は、釣鐘状の形で小さくて、白い花びらに赤い筋がいっぱい入った花
その花がたくさん集まって下向きに咲いている。
何とも可愛い花で、お気に入りの一つとなっている



樹齢200年とあるから、どんなに大きな木なんだろうと興味深々だ
山の神という場所に到着。
駐車場は無いので、ちょっと広い所に駐車。

ところが、サラサドウダンツツジの木は、確かに群生しているんだけど…❓
樹齢200年という木はどこだぁ



ちょっとした山登り開始。
道に沿ってサラサドウダンツツジの木は生えていて、可愛らしい花をつけている。
中には、1本の太い幹から枝分かれしたサラサドウダンツツジの木もあり、これが樹齢200年かなぁ?と思ったりもしたけど…
樹齢200年とあるんだから、きっと看板の一つでもあるだろうと思っていた

 結局、看板ないやん

思わず、小海町の観光課に電話しちゃいました
看板立てて無いとか…。

 看板立てて欲しいです



サラサドウダンツツジの花は、やっぱり可愛いです。
素敵です



八千穂高原花木園
この時期、信州の高原なら、何処でも見ることができるレンゲツツジ
色がオレンジなので、緑の中でとても鮮やかだ



町中で見る白やピンクのツツジと同じなのに、高原で見るレンゲツツジは、何とも言えず可愛い。
不思議だねぇ~



白樺は白樺だけで素敵だけど…。
白樺林の中に咲くオレンジ色のレンゲツツジは、白樺と相性がバッチリ
何処を見ても絵になりますねぇ



6月の長野
あちこちで、綺麗な花が見れる長野
来年も行きたくなりますね

本日おしまい
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

長野 6月の花あれこれ Part1

2022-08-01 17:03:36 | 花旅


今回紹介の花旅は、6月に咲く長野県の花
レンゲツツジ・ベニバナイチヤクソウ・ニホンスズラン・ベニサラサドウダンツツジなどを紹介

6月中旬に訪れた信州。
まず、富士見町の入笠山湿原
ここは、富士見パノラマスキー場で、スキー以外にもマウンテンバイクやハイキングに力を入れているリゾート地。
夏でもゴンドラが動いているので、楽して入笠山まで行けるよ



ゴンドラを降りたら、山野草公園
ここに20万本のドイツスズランが植えられている。
残念ながら、開花時期が5月末からなので、枯れちゃっていたわ



スズラン以外にも色々な花が咲いているんだけど、一番目を引いたのは、『ホテイアツモリソウ』
これも一株しか咲いていなかったけれど、迫力満点の花でした
ただ、盗掘避けのネットが邪魔で、写真を撮るのも一苦労だったけどね。



公園から歩く事10分。
入笠山湿原へ到着。
植物を守るために防護柵と木道がきちんと整備されている湿原だ
この湿原にニホンスズランが100万本。
結構急な木道なんだけど、両側にスズランがいっぱい。
そこに近づくと、何ともスズランの良い匂い
いつまでもその場所にとどまっていたい気持ちになります。





 ここから離れたくなぁ~い
 歩く人の邪魔や…。



次は、八千穂町の八千穂高原自然園
ここは、ベニバナイチヤクソウ。



しかし、何か変だよ?
ベニバナイチヤクソウの群生地と看板まであるのに・・・?
花が一輪も無い

 なんでやぁ~

全部動物に食べられちゃったんだって…
それは仕方ないなぁ。
でも、それやったら、公園入口に書いといてくれたらいいのに…ねっ
300円損しちゃったわ



気を取り直して、公園と道路隔てて向かいの花木園へ。
追加で、150円払いました。



入口からすぐ白樺とレンゲツツジ。
この八千穂高原は、日本一綺麗な白樺林があるという。
白い幹の白樺にオレンジ色のレンゲツツジが何とも鮮やかで…。



あった 
あった
ベニバナイチヤクソウの群生。

 おお、ワンダフル



濃いピンクの花びらが何とも可愛い。
ここも離れたくない場所やなぁと思った。

Part2に続く
本日おしまい

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

藤森神社(紫陽花)

2022-07-13 14:41:02 | 花旅


今回の花旅は、京都市伏見区にある藤森神社。
紫陽花苑が2カ所ある藤森神社。

ちょうど紫陽花が見頃。
飛ばして京都へGo



京都に行けば、毎回思うことは、幹線道路から一歩入ると…
どうしてこうも道が狭いんだろう

藤森神社の駐車場もビックリ。
めちゃくちゃテクニカルコースや



紫陽花の季節以外は、空いている神社なのかなぁ?
参道を駐車場にしているので、停めるのもかなり苦労する



300円の入苑料を払い、紫陽花を見に…。
先週行った京都の梅宮大社は、600円も払ったのに、紫陽花が…
藤森神社、楽しみ



写している人がたくさん。
期待通りの紫陽花に、皆さん大満足な様子。
紫陽花の中を上手く歩けるように、小路がついていて、一方通行。



色とりどりの紫陽花
種類も多い。



ここで、藤森神社の説明(HPより)
今から約1800年前に、神功皇后によって創建された皇室ともゆかりの深い古社
菖蒲の節句発祥の神社
勝運と馬の神様として、競馬関係者(馬主・騎手等)、また、競馬ファンの参拝者でにぎわう。
御祭神
 素盞鳴命 (すさのおのみこと)
 別雷命 (わけいかずちのみこと)
 日本武尊 (やまとたけるのみこと)



神様に拝礼した後、第2の紫陽花苑へGo
こちらは、赤い橋があるが、こじんまりとした苑となっている。
神社の建物が近くにあるので、を向けると、何処かに建物の一部が入る。
どれもそれなりに良い一枚になるなぁ



紫陽花に満喫した藤森神社だった

本日おしまい 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三重 かざはやの里(紫陽花)

2022-06-16 13:29:09 | 花旅


今回紹介の花旅は、津市にあるかざはやの里の紫陽花

かざはやの里(HPより)
2004年
社会福祉法人「正寿会」障がい者施設の利用者と職員が協働して「梅、藤、あじさい」の剪定・追肥・除草・土壌改良、整備、運営管理をしている。
日本で初めて園芸福祉を取り入れた花園として環境と福祉の融合に取組む。
障がい者の方と施設職員が園芸福祉に取り組み、梅650本・藤1,800本・あじさい75,000株を育てている。
全国で初めての『福祉と環境を融合した花園』



何とも素晴らしい取り組みをしておられるかざはやの里ですね
どんな所でどんな紫陽花が咲いているのかなぁと心ウキウキしながら飛ばす。

着いてちょっとびっくり
ゴルフ場の中?にあるみたい…



入園料を払って早速入園

 ちょっと早かったのかぁ?
 いや、まだもっと先へ進まないと…。



わあぉ~お
これはこれは素晴らしい
紫陽花の色によって、植えられる。
ピンク・紫・青・白



見渡す限りの紫陽花。
23品種75000株は見事

公園の中には、15カ所のビューポイントがあるそうだ。
入り口でマップを貰えるので、それを見ながらブラブラ回るのがいいでしょう



入って右手の斜面は、白・紫・ピンクの紫陽花が波のように植えられている。
それが何とも言えずお見事な咲き方で…。

公園の真ん中あたりに小さい池があり、そこにかかる赤い橋から見る正面右手の青一色の紫陽花も見事。
その中を歩く事もできるんだけど、スプリンクラーが回っているので、ちょっと濡れるのを覚悟。



神社やお寺と違って、規模がでかい
ただただビックリするが、ちょっと広過ぎて歩くのがなぁ~。
売店も一か所あったけど、休憩スペースが狭いのが難点



での、どこで写真を撮っても絵になります。
本当に素晴らしいかざはやの里。

ここも一見の価値ありです

本日おしまい



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする