上総のRobin

Robinの写真日記

晩秋・北の大地の鉄道風景 2018

2018年11月09日 | 鉄道写真


石勝線・夕張支線 清水沢-鹿ノ谷  Nikon D850 AF-S Nikkor 70-200㎜ f4G ED VR 1/500 f11 ISO250 WB 自然光Auto Raw
我が国の繁栄を支えた”夕張の鉄路”  遂に最後の秋を迎えた

去る10月の終わり、久し振りに晩秋の北の鉄路を訪れました。
北海道らしい美しい黄葉(紅葉)の景色を訪ねた旅は、
図らずも存続の危ぶまれる路線、そして最後の秋を迎える路線でした。
心に染みる愁いの眺め、景色を味わう歳になったと感じました。
旅の終りは雪を纏った山々を望む丘に立ち、過ぎゆく季節を噛みしめました。

アルバムにしました   晩秋・北の大地の鉄道風景 2018  ⇒ <NIKON IMAGE SPACE へ>

          バックナンバー  晩秋・根室本線 2012 ⇒ <NIKON IMAGE SPACEへ>


根室本線・幾寅駅 「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台…もうここへ本当の列車が来ることはないかも知れない


暮れなずむ美瑛の丘 白嶺とひまわり

コメント

一畑電車乗り歩き

2018年09月23日 | 鉄道

電化されたローカル私鉄が好きです。
歴史のある会社が多いですが、ご多分に漏れず経営は苦しいところが殆どで、それ故に古く由緒のある車両や都内で活躍していた懐かしい電車に合えますし、また、昭和どころか、大正時代の駅の施設など、郷愁を存分に味わえるからです。
何よりも、施設にコストの掛かる電車を走らせる心意気が良いです。


一畑電車・松江しんじ湖温泉駅で 地方鉄道の電車では珍しい自社製7000系と旧京王5000系の2100系が並ぶ
NikonD850 AF-S Zoom Nikkor ED18-70mm f3.5-4.5 G
(今回の街歩きにはいつものマイクロフォーサーズではなく、D850に軽いDXレンズを持っていきました。メリットあるのかと思われるかもしれませんが、軽快で良かったです。APC-Sでも2000万画素ありますから(笑))

今年も恒例の夫婦一泊街歩きに行ってきました。
今年は細君の希望で、出雲地方に。出雲大社、私はなんと43年振りです。あの頃はまだ山陰本線にSLが走っていたころです。
まずは出雲大社へお参りし、「この人と縁を結びました」とご報告してまいりました。(笑)


出雲大社のお参りを終えて、松江へ向かって移動です。
松江へは一畑電車の乗り鉄です。(ここが大事!)




アルバムにしました ⇒ 一畑電車乗り歩き <NIKON IMAGE SPACEへ>

一畑電車に乗っての感想は、アルバムの各写真にコメントしました。改札口で切符に入鋏してくれるなんてなんか懐かしいですね。
何か時間がゆっくりと流れていく感じ、松江市内を歩いていてもそうでしたが、ちょっといい感じです。

出雲大社と松江を結ぶ路線は観光客も多く利用しているようですが、見渡す限り女性が多い感じです。昨今の出雲大社人気なんですかね。
しかし、第三セクターにこそなっていませんが、多額の公費に頼っている一畑電車としてはもっと利用して欲しいでしょうね。
車両の改造、新製、自転車の持ち込みサービスなど工夫はしています。映画RAILWAYSの話題もそう長く続かず、やはりここはインバウンドに期待したいでしょうね。

今回はおかみさん同伴なので撮り鉄無しですが、改めて撮影する機会があるとすると、フォーゲルパークの展望台から宍道湖を入れての俯瞰、出雲市寄りの出雲地方独特の赤い石州瓦の民家と築地松の見える田園風景が良いかなと思います。




 

コメント

上総の花道-紅の花道2018

2018年09月19日 | 鉄道写真


小湊鐡道・上総大久保-養老渓谷 NikonD850 AF-S Nikkor 70-200mm f4G ED VR  1/500 f16 ISO 800 WB 自然光Auto 

朝晩漸く涼しくなり始めました

秋の訪れを感じるもの、金木犀の花の香りと彼岸花
今年も上総のローカル線沿線に紅い秋の印象を撮りに行ってきました

アルバムに追加しました ⇒ 上総の花道-紅の花道 <NIKON IMAGE SPACEへ>





コメント

夏の黄金週間2018

2018年08月26日 | 鉄道写真


いすみ鉄道  大多喜-小谷松  NikonD850 AF-S Nikkor 24-120mm f4 ED VR 1/800 f8 +0.3  ISO400 WB 自然光Auto Raw

早場米の産地、房総はお盆を過ぎると田んぼは黄金色に。

今年も稔りの季節がやってきました。”夏の黄金週間”です。

先週の土曜日、例年より一週間ほど早く稔りの風景を撮りに行きました。
毎年猛暑の中での撮影は辛いものがありましたが、今年は気まぐれ台風のおかげ?で、爽やかな天気の下で撮ることができました。
長年撮り続けていますが、初めてのことです。

稲穂を見るとぷっくり太って、作柄は悪くないようです。

アルバムにしました ⇒ ”夏の黄金週間2018” <NIKON IMAGE SPACEへ>


沿線は、晩夏のムードが漂って  いすみ鉄道・国吉駅


少しずつですが陽も短くなってきました   小湊鐡道 上総川間駅


コメント

底抜けに明るい空の下のやるせない思い出

2018年08月21日 | 鉄道写真
 
盛夏・北の鉄路(その4)札沼線の行方
終点、新十津川駅で  駅前は丹精された花で彩られている。朝一番列車が到着、そして15分後には終列車として折り返していく。午前9時40分 日本一終列車の早い駅を訪ねました。昨年のダイ......
 

 

コメント

(復刻)房総の600V 2006

2018年08月12日 | 鉄道写真

綺麗に整備された外川駅のデハ801を見て、現役の頃が懐かしくなり、アルバムを復刻しました。

アルバム復刻しました ⇒ ”房総の600V  2006” <NIKON IMAGE SPACEへ>



銚子電気鉄道 笠上黒生駅で この駅では今もタブレット交換が見られます。


銚子電気鉄道  仲ノ町駅で 


銚子電気鉄道 観音-本銚子


銚子電気鉄道  銚子駅

コメント

房総の600V 2018夏

2018年08月12日 | 鉄道写真

銚子電気鉄道 犬吠駅 犬吠埼灯台を入れて。駅前にはひわまりの花が満開でした。残念ながら花はみんな反対の方を向いて咲いている。

アルバムしました ⇒ ”房総の600V 2018”  <NIKON IMAGE SPACEへ>

先週、久しぶりに銚子電気鉄道に乗り鉄散歩してきました。

夏になるとちょっと行ってみようかという気になるのは、猛暑日が真夏日に一段下がる土地柄でしょうか、陽射しは強いですが、ちょっと涼しいです。

海に突き出た岬の町は風通しが良く、暖流、寒流潮目が近いせいなのでしょうか。

今回も1日乗車券「弧廻手形」700円也で乗り降りしました。

大正浪漫電車  竹久夢二の暖簾がちょっと涼し気、1日券は車掌さんから買えます。



本銚子駅で
TV番組でヒロミさんが駅舎を新しくしてくれた。
なんだよと言う鉄道ファンがいるようですが、壊れかかった危ない駅舎が可愛らしく、快適になったのは日々の利用者(学生)にはありがたいことでしょう。
今回は、海鹿島、君ヶ浜、観音の駅にも立ち寄りましたが、沿線には、味わい深い感じの駅があるんですよ。笠上黒生なんかも良いですね。



本銚子で

もう晩夏の花 芙蓉が咲いていました。旧京王2000系 、戦後流行った半流線形な顔立ちは好きです。
国鉄80系湘南電車、生まれ育った沿線の西武鉄道300系など郷愁を感じます。



銚子電気鉄道 外川駅で 綺麗に整備されたデハ801レトロなポスト

終点の外川駅に留置されたデハ801はとても綺麗に整備され、レトロな駅の雰囲気を引き立てていました。
車内も現役のころのように綺麗にされていました。いいね!
この電車の整備に情熱を以て当たって切れた企業、応援の皆さんの情熱に脱帽です。
デハ801は私が鉄道写真の撮影として初めて銚電を訪ねた2006年には現役でした。
この電車復活できると人気でるんでは!と思いますが、会社にお金も無いし、そもそも保安上の規制をパスできないようで、残念です。
今の銚電の電車は古くとも冷房が効いています。猛暑な時代にありがたいですが、窓を開けて風をいっぱい受けて涼んだあの頃が懐かしいです。



銚子駅で 絶対にあきらめない!銚子電鉄です。

「電車の点検費用が無いんです!」で有名になった銚子電鉄。
経営者の横領、東日本大震災の風評など次から次へと苦難の道でした。
国と県、銚子市の支援を受けて、当面の整備費のあてはついたようです。
銚子商業など地元の皆さんの応援も心強いですが、保安上の業務改善も求められ、事業継続の道はかなり険しいです。
片田舎に稀有な600Vの電気鉄道。その存在意義をみんなが認めているのですから、上手く活かした経営が望まれます。
もしかしたら、ここにも自助だけでなく、斬新な余所者の知恵が必要なのではないでしょうか。

私も時々ローカル鉄道を味わいに来て、地元にも僅かですがお金を落とすようにしたいですね。
でも、怪談電車はちょっと苦手かな(笑)




今日のお昼ご飯は、”鯖の漬け丼” 銚子では新鮮な鯖や鰯が美味いです!

コメント

(復刻)あの夏の日-ひたちなか海浜鉄道(旧茨城交通)・湊線 夏景色

2018年07月29日 | 鉄道写真


阿字ヶ浦駅で  当時キハ205はピカピカでした(2005年8月)  Nikon D70 AF-S Zoom Nkkor ED 18-70mm f3.5-5.6 G 

昔のことですが、先輩がカラオケでよく肩を組んでグループサウンズを唄っていたことを想い出します。
”もう帰らない  あの夏の日 ~ ♪”  なんとも昭和な(笑)

今日は台風一過、もくもくと雲が湧き、流れていきます。そしてまた強い日差しが戻ってきました。やれやれ。
子供の頃は元気に飛び回れる夏でした。過ぎ去ったあの頃が何かと懐かしくなるのは歳のせいだけではないのでしょうね。

すごく昔というわけではないですが、2005年のひたちなか海浜鉄道の夏景色、アルバムを復刻しました。
 ”あの夏の日-ひたちなか海浜鉄道(旧茨城交通)・湊線” ⇒ <NIKON IMAGE SPACEへ>

当時は昭和な車両がいるということで、鹿島鉄道、関東鉄道、そして茨城交通と茨城はちょっとブームでした。
経営の厳しさからの事業継続の問題が背景にあったので、不安を抱えてのことでしたが。
湊線では、日曜たんびに旧型気動車が走るということで人気でした。(サンデーイバコーと呼んでました(笑))
同好の方が撮った中根の夕景色も魅力的、ということでお友達にくっついて昭和な風景を撮りにでかけました。

上野から特急に乗って勝田へ、この日は水島臨海からきた国鉄キハ20系列のキハ205が運用についてました。
今も時々元気に走っているのは嬉しい限りです。褪せた塗装をなんとかしてあげたいですね。当時はこのとおり、ピカピカの国鉄色でした。

まずは乗り鉄。若者がたくさん海水浴へいくために乗っていました。強い紫外線が問題になり、体を焼く若者は少なくなったこの頃、ちょっと懐かしかったです。


阿字ヶ浦駅で  若者はぞろぞろと海岸へ向かう

午後は、撮り鉄、今と変わらずものすごい暑さと湿度。午後の中根谷は景色がゆらゆらと・・・。
待ちに待った夕景色は、夕立ちの襲来にちょっと残念な記憶が・・・。

金上-中根 西日を浴びてキハ205がやって来た。
ここの田園風景は変わらず魅力的です。さすがにここでも休耕田が増えてきたのはちょっと気掛かりですが。
Nikon D70 AF-S Zoom Nikkor ED VR 70-200mm f2.8G


ひたちなか海浜鉄道・湊線は、会社の努力と地元の皆さんの理解が実り、どんどん元気になってきてます。
この先まだいろいろあると思われますが、一人の鉄道ファンとして応援していきたいです。
このところ春しかお邪魔していません。稲穂が黄色く色づく頃、再訪したいと思います。




コメント

ひまわり咲く夏の午後

2018年07月22日 | 鉄道写真

JR外房線 土気-大網 iPhone7 4mm f1.8  1/2037  f1.8 HDR

所用ついでに大網白里市の金谷郷にひまわりを見に寄りました。
午後の日差しは凄まじく強烈で、頭が真っ白になりそう。
咲き始めのひまわりの花は、背中から日差しを浴びて明るく輝いているかのようです。
頭上をステンレスボディをギラりと輝かせて電車が走り抜けて行きました。

 

コメント

上総の花道-夏空・夏花2018

2018年07月16日 | 鉄道写真

このたびの西日本豪雨で被災されました皆様には一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

7月に入る前に梅雨明けした関東地方。早々と猛暑が続き、今年は夏がひと月分多いという感じです。
夏の幕開けの花と言えば、百合(ゆり)。
鉄道との合わせは正直難しいですが、小湊沿線を探してみました。



小湊鐡道 上総鶴舞にて ローカル線にカンナの花は良く似合う
NikonD850 AF-S Nikkor 24-120mm f4 G ED VR 1/200 f11 ISO800 +1.7  WB 自然光Auto  Raw

おかみさんの見送りで、ちょっと遅い出発となり、車の外気温計は既に35℃を指しています。

まずは、上総鶴舞で、咲き始めのカンナの花を入れて一枚。もう暑さにクラっときそうです。
そんなとき、駅の南の旧発電所前に休日Cafeが開いているのを見つけ、水出しコーヒーを注文。生き還りました!
ネットで開店したことを知っていましたが、鶴舞辺りは朝早く通るのでいままで立ち寄るチャンスがなかったんです。
ここのお店は、浜金谷で焙煎のやっている店とのこと。コーヒーは一杯ずつドリップしてくれる。かなりイケます。
珈琲好きにはちょっと嬉しいです。


鶴舞駅Cafe 


小湊鐡道 高滝-里見 AiAF FisheyeNikkor 16mmf2.8D  1/200 f11 ISO100  WB 自然光Auto Raw

夏雲湧く景色を撮った後、早々に昼飯に。というか、昼飯を食べるために店の傍で撮ったというのが、本音です(笑)


里見の功徳庵更科 冷やし蕎麦セット 暑い時こそしっかり食わねば。
たっぷりの夏野菜に揚げ玉替りにクラッシュしたかき揚ををトッピング。夏野菜の小天丼付き。

いつものことですが、満腹になるとどうも戦闘意欲が・・・。里見駅でぶらぶら一休みです。
猛暑に抗ってはいけない!



小湊鐡道 里見駅 食後は梨サイダーで一涼み。 里山トロッコがやって来た。喜動房倶楽部さんのお店は大賑わい。

去年は開花を見逃してしまった山百合の花。
山百合は林間の線路端に良く咲いていますが、ローカル線とはいえ線路内に立ち入るのは憚られるご時世ですので、自粛です。
あ~咲いてる♪ 上総大久保の旧白鳥小学校で撮りました。しかし、合わせが難しい・・・今回はこう撮りました。



小湊鐡道 上総大久保にて AiAF FisheyeNikkor 16mm f2.8D  1/800 f16 ISO1250  WB 自然光Auto Raw
木陰に咲く山百合と日差し眩しい線路端のコントラスト。
花の傍に寄ると濃厚な香り、やっぱり山百合は百合の女王です。

百日草咲く真夏の昼下がり、陽炎の向こうを里山トロッコが走っていった。暑い!!!!!


小湊鐡道 上総鶴舞にて AF-S Nikkor 24-120mm f4G ED VR  1/640 f9 ISO400 WB 自然光Auto  Raw

件のCafeで、ドリップアイスコーヒーを注文、淹れてもらっている間に、鬼百合が咲いているのを発見。
風通しの良い木陰で、アイスコーヒーを飲みながら列車を待つ。美味い!極楽である。

時刻は午後2時半、炎暑真っ最中、健康重視、深追いは止めて帰路につきました。
次回は晩夏の景色でしょうか。8月は意外と天気が悪いかも、そんな予感がします。


小湊鐡道 上総鶴舞にて 鬼百合の咲く田園を列車が通り過ぎていく
AF-S 24-120mm f4G ED VR  1/500 f16  ISO640 WB 自然光Auto  Raw


コメント