「わくわくする住まい作り研究会」

人間の生活の原点である「衣・食・住」の中で、特に、住まいに関し、さまざまな観点から問題点を解決していくブログです。

【カトリホーム】 ~ ローンを返済しながら1000万円貯める方法とは ・・・ !? ~

2007-11-11 09:10:58 | 将来設計
 本日は、タイトルどおり
      「ローンを返済しながら1000万円ためる方法」
について、チョットだけアドバイスさせて頂きます。
 まず、最初に、
      「なぜ、貯金のできる人、・・・できない人がいるのか。」
と言う、素朴な疑問を検証するため、私のもとに、相談に見えているお客様の中からご協力いただき、ヒアリングした結果、
    お金が貯まらない家計の体質は
      「収入(給 料)」-「支出(生活費)」 = 「貯 蓄」
と言う図式のとおり、いわば、「あまったら貯金」なわけです。でも、
    お金をしっかり貯めるためには
      「収入(給 料)」- 「貯 蓄」= 「支出(生活費)」
と言う図式のように、1ヶ月の「収入」「支出」のバランスを家計簿によって、判定し、最低必要経費
     ~ 「お金が貯まる家計の目安 ~
      「家賃・住宅ローン」 → 「〇〇万円」
      「主食費・副食費」  → 「〇〇万円」
      「水道・光熱費」   → 「〇〇万円」
      「衣服費」      → 「〇〇万円」
      「車両関係費」    → 「〇〇万円」
      「夫小遣い」     → 「〇〇万円」
      「妻小遣い」     → 「〇〇万円」
      「貯  蓄」     → 「〇〇万円」
を決定し、給料をもらったら、即刻・小封筒に予算を振り分け、その日のうちに貯蓄する。一旦貯蓄したものは、なかなか下ろさない。
 例えば、手取り30万円のAさん、奥さんに家計の最低経費を分析させると、
      1ヶ月/25万円(貯蓄は別途、最低必要経費)
      余った予算は、「貯蓄(3万円)」+「予備費(2万円)」
に振り分け、その日のうちに、貯蓄分3万円は、貯金します。
 予備費の2万円は、1ヶ月の生活の中で、予想外の出費に対応し、もし、なければ、奥さんの小遣いにするというわけです。
 ですから、奥さんは、最低必要経費は、余らせる必要はなく、使い切ってよいわけですから、奥さんとしても、気持ちが楽になるわけです。
 詳細については、このブログ内のカテゴリー「税金問題」
      ~ ローンを返済しながら1000万円・・・
        住宅ローン減税勉強会」その4
を参考にしてください。きっと、お役立ちになると思います。
参考HP*カトリホーム










 
コメント

【カトリホーム】 ~ 賢くお金を貯めるには ・・・ !? ~

2007-11-10 13:10:58 | 将来設計
 本日は、私が主催している「お客様個別勉強会」の中で、奥様から最近よく質問される中に
      「マイホームは、持ちたいけど、私たちで、ローンを返して
       いけるのかしら・・・
と言う話を耳にしますが、・・・誰しも不安な部分ですよね。
 では、マイホームを手に入れ、住宅ローンを返済しながら・・・
      「賢くお金を貯めるには、どうしたらよいのでしょうか。」
結論から言いますと、私の勉強会に参加し、
      「ローンを返済しながら30年で、1000万円ためる方法
を勉強していただければ、日々実践するだけで、自然とお金が貯まるようになるわけですが・・・信じるか信じないかは、あなた次第・・・
 今日は、勉強会に出席していない人のために、チョットだけアドバイスさせて頂きます。参考HP*カトリホーム

 
コメント

【カトリホーム】 「運気をつかむ」とは・・・!? Part Ⅱ~チャンスを手にした・・・~

2007-02-02 08:13:46 | 将来設計
 先日、お話した富士吉田地区のお客様で、
    「将来の不安感からか・・・10年に1度のチャンスを見逃しそうになった
     のですが・・・」
再度、弊社からの堅実な提案を聞いていただき、見事「夢のマイホーム」を実現した・・・秘話とは・・・
 本日は、失いかけた「幸運」を、再度、手に入れたお客様についてお話します。
 先日、来社されたお客様の中で、
    私どもと、「子供たちのために、頑張りたい」と・・・
ご夫婦で堅く誓い合ったはずでしたが・・・今まで、マイホームを実現できなかったご夫婦が現実問題として、
私たちカトリホームの手によって、一瞬のうちに、問題解決を図り、出来るようになった
ものですから・・・そのスピード感についてこれなくて、失速してしまった模様・・・
 確かに、2時間前までは、
     マイホームは、夢のまた夢の方たちだったのですから・・・
 でも、一旦は、あきらめかけたマイホームでしたが
    数日後、ご夫婦は、勇気を振り絞って、私どもを訪れ、私たちと
    共に、協力し合い、問題点を一個一個解決し、夢のマイホーム実現
    に向け、再出発することとなった・・・
のです。
参考HP:カトリホーム
コメント

【カトリホーム】 「運気をつかむ」とは・・・!?

2007-01-23 08:09:45 | 将来設計
 先日、富士吉田地区のお客様で、こんなお客様が・・・
    「マイホームを手に入れたい。しかし、将来が分からないので、
    手に出来ない。どうしたものですかねぇ。」
と言う、ご夫婦がおりましたが、運気こそ自分自身でつかむものなのです。
 つまり、私たちの人生の中で、幸運と呼ばれる運気は、運命学の先生いわく
    「誰にも分け隔てなく平等に訪れる。但し、多くの人がそれを見極め
    られる目を持っていないので、自分自身に訪れた10年越しの運気を逃
    してしまう。」
らしいです。
 そして人は、「彼は、いつも運がいいよね。俺は、いつも不運だ。・・・」等と愚痴っている人を見かけませんか。もしかしたら、貴方もその一人では・・・
 実際には、この先生の言っているように、自分自身に到来した千載一遇の運気を見逃しているに過ぎないのです。
 さて、人は、何で、その運気を見逃してしまうのでしょう。私なりに考えて見ました。
 それは、多分、初めてのもの、まだ見ぬものに対して、或いは、将来にわたっての不安等いろいろな要因が考えられますが、少しでも自分自身に対し、「幸運が訪れた」と自分なりの気配を感じたら、それは、貴方に対する幸運なのです。
 この機を逃さず、勇気を持って、新たなる物に挑戦しましょう
 その第一歩が貴方にとって、貴方の家族にとっての幸運の始まりです。たった今から皆さんも、自分自身の第六感を信じ、自分自身に訪れた幸運を見逃さないよう勇気を持って、新たなものに挑戦してみましょう。
 きっと、運命の女神は、貴方に微笑みかけるでしょう。


コメント

【カトリホーム】 ~ 「ゆりかご」から「ゆりかご」まで ~

2007-01-08 23:56:19 | 将来設計
 本日、お客様から「10年後も、この金額で、返済していけるでしょうか・・・」と、将来に対する不安について、相談を受けました。
 確かに、将来に対する不安感は、誰にでもあるものです。特に、住宅ローンは、返済している時の金利変動によって、返済額が異なるため、10年後に、返済額がどう変わっているかまた、お客様の収入がどうなっているかによって、だいぶ変わってきます。
 しかし、ひとつだけ断言できるのは、
    お客様は、一人でない
と言うことです。
 私たちカトリホームは、いかなる時でも、お客様目線で、一生涯、
    即ち「ゆりかご」から「ゆりかご」まで
バックアップしていきます。
 ですから、建物の引渡しは、お客様の夢のマイホームを実現したと言う通過点に過ぎません。やっと、「家」と言う赤ちゃんがお客様と、カトリホームの共同作業によって、この世に誕生した瞬間と言うわけです。
 これからも、カトリホームは、すべてのお客様の夢のマイホーム実現、OB客のアフターメンテナンスなど、長期安心サポートするため、ばく進続けます。今年も、皆様の温かい応援を心よりお待ち申し上げております。
参考HP:カトリホーム
コメント

【カトリホーム】 1年の径は、「マイホーム実現」にあり ?!

2007-01-01 23:19:34 | 将来設計
 新年明けましておめでとうございます。
 既に、初詣に出かけたお客様の中で、今年こそは、家族のためにも、「夢のマイホーム実現」を・・・と祈願した方も多いことと思いますが、本日は、そんな貴方に朗報です。
 本日は、「マイホーム実現」のプロセスについて話したいと思います。
  ① 家族全員で、「マイホーム実現」について、心をひとつにすること。
  ② 家族全員が、健康であること。特に、住宅ローンを組む予定の方、旦那様が健康であること。
  ③ 家族の中で、リーダーとなる夫又は、妻が「何が何でも、やり抜く」と言う強い信念を持つこと。
  ④ 資金計画に関し、良きアドバイザーを身近に持つこと。命がけのローンを組んで、マイホームを実現することとなるので、一生涯良き相談相手となってくれる方を身近に持つことが必要不可欠である。
  ⑤ 家族の収入バランスに合わせた住宅ローンの範囲内で、土地・建物プラン計画を立て、決して無理な計画を立てないことが大切です。
    住宅ローンは、4,5年で終わるものではありません。長期35年と言う長い歳月をかけて返済していくものです。
  ⑥ 建物に関しては、お客様の価値観もあるかと思いますが、「ブランド」・「義理人情」で、購入できるものではありません。建築中及び、引渡し後の保証、ことに、メンテナンスの充実した会社に委ねるべきです。
    私が過去に相談に乗ってきたお客様の中で、これらの選択を誤ったばかりに、ローン地獄に落ちた方がおります。
 以上の点を踏まえて、本日からあなた自身の「マイホーム実現」に向けて、取り組んでみてください。私も、これからも、日々皆様をバックアップしていくため、お得になる話題を提供していきたいと思います。参考*HP:カトリホーム    
コメント

【カトリホーム】 お年寄りになるのも大変 ・・・ !?

2006-07-06 15:26:59 | 将来設計
私たちは、カトリホームのお客様に、堅実な住まい提案をするために、
    「ゆりかご」から「ゆりかご」まで、長期に渡って安心サポート
しております。
 今日は、福岡県で開催されている国土交通省・厚生労働省の主催する
    高齢者専用住宅に関する研修会
に参加しております。
 その中で、お年寄りになるのも
    無一文では、人間として尊厳を維持しながら過ごせないと言うことを痛感しました。
 今後は、少ない年金でも安心して過ごせる高齢者向け賃貸住宅を建設し、社会貢献して行きます。
コメント

【カトリホーム】 マイホームは、自己資金!?→住宅ローンを活用して建てる時代へ!

2006-06-19 07:45:36 | 将来設計
 つい先日、私の下に、一組の若いカップル(O様)が「結婚予定が決まったので、アパート家賃程度で、マイホームを持ちたい。」と相談に来られました現状では、若干、住宅ローンの金利も上昇しましたが、まだまだ、バブル期に比べれば、低金利なので、堅実な資金計画を提案、「ローンを返済しながら貯蓄をする方法」→「ローン返済しながら30年で、1000万円貯める方法」をアドバイスしました
 これから、人生のスタートを切ろうとしている若い二人には、非常に大切なことなのです。私たちも、結婚したてのころは、無計画でしたので、日々の生活が一杯で、貯金なんて到底出来ませんでした。
 そんな反省から私どものお客様には、いち早く、新たな人生のスタートから堅実な計画を立ってもらいたいと考え、3年前に、ファインナンシャルプランナーの勉強を始め、資格も取得し、日々お客様のため、活用しております。当然、自分自身の住宅ローンも、先日見直しを図ったら、一寸した考え方を持つだけで、低金利なローンに置き換えることが出来たので、400万円も、将来にわたってお得になりました
 そんな中でも、バブル期に高金利な中で、家を建て苦い経験を持っている両親の方は、今一納得できず、「お前らなんか。家を建てるのは、早すぎる。」と言われ、「何とか、親を説得してもらいたい。」と、若夫婦に頼まれ、昨夜も、相談者の実家に出向き、現状の時代背景、「低金利・地価暴落・建設資金も安価など・・・」を説明した上で、今や、住宅ローン、言わば、他人の金を有効活用して、住宅ローン減税までも、受けて、マイホームを持つ時代であることをお話しました。すると、若夫婦のご両親も、本当に感心され、「今後の二人の将来は、川口さんに任せるよ。」と、行っていただき、現在、「堅実なマイホーム計画」が進行中、・・・ing!?HP:カトリホーム
 
コメント   トラックバック (2)

【カトリホーム】 「土地」+「建物」は、何のために持つ!?

2006-06-08 15:41:08 | 将来設計

 先日のお客様資料請求から・・・
   「お客様は、甲府地区に仮住まいされている30代の独身男性で、土地情報を検索していて、弊社HPにたどり着き、詳細な資料が欲しくなった様子
を受け、私は、返信メールにて・・・・・
   「土地」+「建物」は、人間にとって大切な資産です老後に備えるためにも、
今、元気に働けるうちに、手に入れておかなければなりません。
  仮住まいも気楽で良いかもしれませんが、自分自身の生活・ライフスタイルの中で、こだわりを持ってすごすことは、出来ません。
  しかしながら、安易に業者の口車に乗っかって、物件購入してしまいますと、一生、ローン地獄に陥ってしまいます
  私は、皆様にローン地獄に落ちないで、確実に、資産を手に入れてもらい、その後の生活、ライフスタイルがワクワクするような提案をしていかなければと思って、真剣に考えている方、ローン地獄に落ちたくない方を対象に個別に、勉強会を開いています。貴方も参加してみませんか。
  きっと、「昨日とは違う今日」、「今日とは違う明日」が見えてくると思います
是非、私どもと一緒に、堅実なマイホーム作りを取り組んでみませんか
  ちなみに、押し売りは、一切ありません皆様が望まなければ、プラン提案すらも、ありません。私どもは、考え方を知ってもらいたいだけなのです・・・
HPカトリホーム

コメント