静岡から なんだかんだと 発信します 

静岡市のおじさん税理士「かんべ」です
見たこと、聞いたこと、経験したことなど 
おじさん視線で書いています

中腹にある多宝塔・・いい眺めです・・ (京都 東山 永観堂)  

2016年09月12日 | 名所旧跡・スポット
☆ 我龍廊を登り外へ  ☆

今回も
永観堂こと禅林寺の話題

広いお寺でいくつもあるお堂などはほとんどが廊下でつながっている
だが
一か所離れている建物がある



山の中に二重の塔が見えますか
これが永観堂の多宝塔だ
多分20メートルくらいの高さだと思うのだが



観てください
いい眺めです
このような景色って落ち着きますね

さてこの多宝塔へ行くには
通常は
屋外から中へ入らずに建物の間をぬい石段を登っていくようになっているらしい
この日は
その途中で工事をしているということで
外からは通行止め



この臥龍廊という
山の斜面に沿って這うように造られた廊下を登って
一番上のお堂のところから
持参した靴を履いて外へ出て石段を登っていく

この臥龍廊がまたすごい
うねるように急斜面を登るのだが
なんと釘を一本も使っていないそうだ
ほんとに龍のお腹の中を歩いているような不思議な階段だ



この永観堂
全部見終わるまで2時間ちょっとかかりました
拝観しがいのあるお寺さんです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« じゅうじゅうカルビ | トップ | 同じオリンピックですよね ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

名所旧跡・スポット」カテゴリの最新記事