アラフィフ×1ライターの日記

できるだけ穏やかに、健康に、年を重ねていきたい。

暮れに買ったもの

2013-12-30 11:08:29 | 日記
暮れも押し迫ってきました。
最近買ったもの。



前々からあったらいいねと言ってた炬燵。
2ワンズの毛が付いても目立たないデザインの掛けカバーを選びました。
テーブルの上には、やっぱりミカンが似合う



長男はふわふわのカバーの上に。
チッコかけられたらたまりませんから、マナーベルトでおむつさせました。
が・・・不快なのか、器用に口で外しちゃうんで困ります。。



次男は、甘えてダーリンの足の上。
何かおいしいものもらえる?とでも聞いてるような上目づかい。かわいすぎます。



夕飯作る時間がなくなってしまい、宅配ガスト。
これだけ頼んでも3000円ちょっと。特別美味しい!という訳ではないけれど
たまに利用するのも悪くない。
自分でこれだけの品数作るのは結構大変です。



もうひとつ買ったのは、こちら。
2台目のカホン(スペイン製)。
シンプルな1台目と比べると、木目や塗り色などちょっとおしゃれなデザイン。
大きさは1台目より数センチ小さく、内部のスネアは8本で音色も若干異なります。
これで取り合いにならずに済みますね(笑)?


さてお仕事。
日中は自宅で通販原稿書きつつ、朝は今日から元旦まで3日連続出勤。
頑張ります
コメント (2)

バネ指手術を回避できるかも!?

2013-12-26 12:44:38 | 腱鞘炎


親指が曲がらないバネ指(腱鞘炎)になってしまった右手の平に注射を打ってから今日で8日。
親指の第一関節も硬直して伸びきったまま、自力では曲がらなく(曲げられなく)なっていました。

注射から1週間近く経った2~3日前、お風呂の中で恐る恐る試しに左手で第一関節を曲げてみたら、あら♪曲がった!!・・・・のですが、カックンとなって元に戻らず、そのままでは痛いし、まるで親指内でのバネ指状態。。。

やばば・・・!!と慌ててむりくり元に戻したのでした。
昨日もやっぱり曲げるとカッ・・・・クン。
これはいいことなのか、それとも悪化してることになるのかよくわからず。
整形外科は木曜は休みで、年内は28日までやっているそうなので、
もう少し様子見て一度足を運ぼうと思っていた今日、左手の補助を使わず試しに自力で曲げてみたら、カックン感はあるものの曲げることができ、自力で元に戻せましたーー♪♪
この前の注射が、ゆっくりじっくり効いてきたのかな♪

これは悪化ではないですよねぇ
もう1カ月近くかそれ以上右手の第一関節固まってて曲がらなかったものが、曲がるようになったんですから。

カックンがなくなれば、腱鞘炎になる前と変わらない状態になるわけで手術を回避できるかも!!そうなったらメチャハッピー
次回、整形外科で診てもらいましょう。
コメント (4)

ハマりそうなカホン

2013-12-24 18:18:53 | ウクレレ


こちらがわが家に迎えた初めてのカホン。



音が出てくる(?)裏側です。



穴の中はこんな風。
ギターの糸みたいなもの(スネアというらしい)が張ってあり、
これが音の秘密らしい。
まだ研究不足でよくわかっていない(笑)

しかし、弦楽器のようにコードを覚える必要がなく
誰でもたたけばすぐに楽しめるのがいいですね。
思いっきりたたくのは集合住宅ゆえ心配でできかねますが・・・。。

実はダーリン、ネットで2つめのカホン()を買ったらしい。
音の質がちょっと違うとか。。
最初は、ワタシ用に座っても足がちゃんと床につく、小さめのを買うと言ってたような気がするのですが、
聞いたら1台目と数センチしか違わないらしい

結構大きいから場所取りますよね
それに値段もいろいろ。2つのカホンで5万以上使ってる(ダーリンが)。
なので残業を引き受けて、昨日も今日も1日でほぼ2日分(2日で4日分)働いてます
ダーリンのカホン初レッスンは26日だそう。

久しぶり(?)に癒やしのワンズ写真をば。



赤いブランケットがクリスマス気分?
頭頂部にお日様が当たって後光が差してます(笑)



ひだまり大好き次男くん。
そうだよね、朝はここが一番あったかいんだよね。


今年もほんとにあとわずかとなってまいりました
二人とも大みそかも元旦も仕事です~~



コメント

ストンと2キロ減

2013-12-21 13:49:45 | カラダのはなし
実はここのところ体重増加気味

夜は炭水化物カットしていたのに、度々のダーリンの誘いで家系ラーメンを食べに行ったり
妹さんファミリーとの熱海・箱根旅行に忘年会など、大食いしている訳ではないものの
普段の食事よりどうしても豪華になってしまって、体重を計るたびにじわじわと増え続け、
退院以来1年以上キープしてきた体重があり得ない数値に乗りそうになって、
まずいな、まずいなと思っていました。

もういいや、と思ったらどどーーーっと行ってしまいそうな、なんかマズイなーっと
体重計から遠ざかりたい気持ち。。。

が・・・、整形外科で待っているときにぺらぺら見た雑誌に
「年末年始の太りやすいシーズンを食べる順番に気をつけることで乗り切る」みたいな記事が載っていて、
あれ?これどこかで見覚えが・・・と思ったら以前買っておいた本
『深夜に食べても太らない50の法則』(日本文芸社)に基づく記事で。

しまっておいた本をもう一度見直して、食事をするときはまず野菜サラダを食べるようにして、
パンやラーメン(この本では小麦製品はお勧めしてないのです)などを食べるときは
野菜ジュースを初めに飲んで、あまり好きではない豆乳を積極的に飲むようにしたら、あれれ??
ここ最近のもっともやばい体重からストンと2キロ落ちてるではありませんか

まぁ、体重だけでなく体脂肪とか筋肉、体の水分量などトータルで見なければいけないのですけど、
それでも生野菜、野菜ジュース、豆乳で効果があったようでうれしい&ホッとしました。

とはいえ、ホントの意味での年末年始はこれから。
甘いものやがっつりしたものなど、食べたいと思うものは心の栄養でもあるので
食べたいものは食べてストレスをためないようにしながら気をつけて過ごそうと思いますよ。




コメント (2)

効いてちょーだい!2度目の注射(バネ指)

2013-12-18 18:45:53 | 腱鞘炎
寒ーい中、近所の整形外科に行ってきました。
診察受け付け終了時刻間際に行きましたが、今日も激混み。

でも、ここの先生は患者の気持ちに寄り添う人間味&温かみのある先生で、
たくさん患者が訪れるのがわかる気がします。

まず血液検査の結果から―。

膠原病の疑いを調べる抗核抗体、リウマチの疑いを調べる抗CCP抗体、
その他血液、血清による生化学検査、すべてにおいて問題なし
(確か扁桃炎のときは白血球の量が増えていて即入院になったのでした)

あー、とりあえずよかった。
そーなんです、本来は私は健康なんです
・・・と過信しすぎもよろしくないですが

左手の腱鞘炎は、先週打ったステロイド注射が功を奏して、ほとんど痛みを感じないまでに回復

というか、リビングに座って立ち上がる時など普通手をつきますが
怖いのでソファに肘をついて立ちあがるなど、極力左手に大きな力が加わらないように留意する生活は続行してまして、今現在、手首を上に反らしても、寝ている最中に寝がえりを打つ時も、もう痛くありません。

ということを報告したら、
それじゃあ右手バネ指にも同じ注射をしてみましょう。
それが効かないようなら、来年手術をした方がいい。右手の親指は人間にとってとても大切。バネ指を長い間そのままにしておくと今既に動きにくくなっている指先の関節が完全に固まってしまい、いくら手術でバネ指を直しても、固まった関節はそのままで動かせなくなってしまう、それも心配です、と。

ここの先生は、理由をちゃんと説明し、患者の身になって考えてくれる。
安心感を与えてくれる。
最初からここに行っておけばよかった。
そもそも家から一番近いのに、ただいつも相当混んでいるという噂に尻込みしてしまってました。

話戻して、その注射、打ってすぐ効いた、楽になったーーーというよりは、
2~3日して、あれ?あまり左手の痛みを意識せずに過ごせてる、とふと気付いて感じたので、
右手バネ指への効き方も、即効というよりは数日経ってからわかるのかもしれません。

先生に注射がもし効いたとして、どのくらいもつものなんですか?と聞いたら、
1度でよくなってもう来院しなくなる患者さんもいるし、数か月ぶりにぶり返して来る人もいるし、それはいろいろかな、とのことでした。

効いてくれたらうれしいなー
コメント (4)

「カホン」に目覚めそうなダーリン

2013-12-17 18:17:07 | ウクレレ
年明けにデザインアップして納める通販原稿、
予定よりのろのろながら、ゆるゆると進めています。

そして明日は、とっても寒い日になりそうですが、先週行った整形外科に行く日です。
血液検査の結果+バネ指をどうするかの相談、というか結論を出す日??
そのうち、昨夏の扁桃炎のように、記事カテゴリに腱鞘炎も追加するかなー。。

さて、記事タイトルの話に戻して、「カホン」です。
これ、今まで知りませんでしたがペルー発祥とされる木箱のような打楽器で、
先週日曜日に行ったウクレレ発表会で当日急きょ加わってもらった楽器。

ウクレレ3本だけよりも、演奏にぐっと奥行きが増して、いいね~よかったね~
なんて話をあの後ダーリンとしていたのですが、
どうやらダーリン、カホンを買って基本を習おうとしているようです。
まわりでやってる人がいない、というのもダーリンのやる気に火を付けた要因(笑)

どんなカホンにしたらいいかなど、発表会でお世話になったドラム講師に相談しているところです。
ちなみに講師の方は、元リンドバーグのドラマーに師事しインディーズロックバンドでドラマーをしている女性の方で、身長は150センチ台であろうと思われる小柄な方。
そういう方がドラマーというのもなんだかカッコいいです

本当は、カホンの教室はないのですけど、私がウクレレを習っていることや、
旅行のお土産、自分の写真で作った来年のカレンダーを渡すなど、日ごろからちょっとしたことをしているからか(笑)、
基本ならお教えしますよと快く言ってくれたそう

カホンには私もちょっと興味アリですよ。
本箱みたいな見た目もちょっとかわいいし、股に挟んだり?上に腰かけたり?
ラフな感じなのはいかにも南米らしいような(?)、
気負わず触れてどこにでも持っていけるウクレレにも近しものがある。

けど普通に自宅で鳴らしても平気なものかしら??

コメント (2)

やっぱり手術するかも(バネ指とドケルバン病)

2013-12-13 14:00:29 | 腱鞘炎
ライブの楽しい話と打って変わって、とーてーもー痛い話。

10月に発症した右手親指のバネ指(弾発指)に続いて
今度は左手首がドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)になってしまいました

左手は、1週間くらい前、寝ているときに手首の外側が痛いな、って感じだったのが
徐々に痛みが酷くなり、水の入ったやかんやフライパンなど、重たいモノの持ち方によっては手首に負担が加わり大激痛

寝ているとき、寝がえりしようと体を支えるときに、突然びっくり大激痛

両方とも、40代以降の女性、指をよく使う仕事をする人によく起こるのだと。
自分はどっちもしっかりあてはまります。。

ただ、同じような年齢で同じような仕事についている人でも、この2つの病気にならない人がいる。

それについて私は、なんで?なんで?なんで?不公平だーーーーっと疑問に思い
憤って(?)いたけれど、結局、もう私はバネ指とドケルバン病になってしまっていて、
とてつもなく不自由極まりない毎日を強いられている、それが目前の事実―。

どうして?って考えても、なっちゃったものはなっちゃった。。
ただ、左手は、右のバネ指をカバーしようと、普段使わないのにペットボトルや調味料のふたを開けたり、何かと左手を頼りにしていたので、それが負担あるいは引き金になったのかもしれませんね。。繊細なのかか弱いのか、私の両手・・・。

とある漫画家の方で、腱鞘炎15年であっちこっち、バネ指とドケルバン病にかかって
注射・手術を何度も経験した人のブログに行きついて書いてあった内容には、
腱鞘炎の心・技・体」という総論があって、これを読んで私もそうだなぁと、ちょっと納得。。


同じ姿勢を長時間続け&手と指をよく使う仕事だし、
下肢静脈瘤も経験するくらい血行が悪いし、常に肩こりが酷く、背中もがちがち。
特に運動もしていないので、ガリじゃなくても筋肉はついてない。

今、時々カイロ、鍼灸もやってますが、やっぱり・・・・手術をするかもしれんです。
今日、やっぱり左手首がかなりヘンなので整形外科行ったところ、「バネ指はもう完全にロックされていてかなりの重症、紹介状書きます」と。
紹介状=外科手術のできる病院に行ってという意味ですが、手術受けるとは返事してないんですけど、「完全ロック(要は指が曲がらず固まってきている)、重症だわ」の言葉に結構背中を押された感じ。。。

水曜日、ドケルバンの左手も初めて診てもらったので、バネ指とドケルバン、両方に注射は打てないとこのとで、まだ一度も打ってない左手に注射。もう許してーーーーってくらいかなり痛いのですけど、手の平側、親指の付け根に打つバネ指注射の激烈な痛さに比べれば、ほんの少しだけマシ??な感じでした。もうちょっと痛くないかなと思ったけど

注射を打った左手は、2日後くらいから楽になった気がしますが、なんだかんだ料理や早朝の仕事で重たいものを持つので、一進一退な感じ。

この年末年始も、原稿バリバリ、来年の取材の日程打診も頂いていて、
手を休めるなんて、イコール休業せよってことだから、そんなに簡単にはいかないし、
手術をする場合、扁桃摘出した病院と同じところになりますが、金曜午後と決まっているらしいので、前後の仕事の兼ね合いなどうまく調整する必要があります。

腱鞘炎の原因を調べるための血液検査もしたので、その結果を聞ききに来週病院に行くので、近々にどうするか「決断」せねばなりまん。

ハワイ旅行の頃はなんでもなかったのになー。。
なかなか痛みからなかなか解放されないお年頃(?)ですよ・・・。
コメント (4)

楽しかったー♪の初ライブ

2013-12-10 14:03:45 | ウクレレ


一昨日の日曜日は、日差しがなく寒い日でしたが通っているミュージックスクールの発表会の日でした。
ギターの生徒さん5組、ウクレレは私のみ、計6組の参加です。

会場は地元のCafe Bar。ミニライブなどが可能な設備をもっているログハウス風のお店です。



店内前方はステージになってまして、クリスマスツリーが飾られ雰囲気たっぷり。
あそこで演奏するなんて、どーしよーとちょっぴりドキドキです。



コチラは今回の発表会の強力な助っ人になってくれたダーリンの同僚「師匠」。
サングラスしてるのでまぁいっか。
ちなみに和泉元彌にそっくりで、場合により要潤にも見えたりする、
つまり面長でシャープな面立ち、ダーリンは丸顔なので正反対です(笑)
家も近いので当日も午前中から我が家に来てもらい音合わせ。
本番身につける、モールでできたハワイアンなレイも持ってくれました。
師匠には、演奏した3曲のイントロとエンドの演奏の仕方や、初心者の演奏で単調になりがちな部分を
師匠の技で奥行きを持たせてもらい、実際のウクレレの先生以上に相当、相当お世話になりました。

ちなみにギターの講師は初めてお会いしましたが30代の若い方で、
参加者のサポート(伴奏、歌入れなど)をしていました。
私のウクレレの先生は用事があってこれないとのことでしたが、70代の方なので、
もしかすると世代が違い過ぎると遠慮したのではという気もします

私は演奏とボーカルも兼ねていて、練習時からどうしても徐々にテンポが早くなってしまうのがネックでしたが、
師匠の当日の機転で主催者の女性(打楽器の講師)にカホン(木箱のような打楽器)での飛び入り参加を依頼。
おかげで一定のリズムで最初から最後まで演奏&歌うことができました

緊張は・・・、全くしなかったと言えばそれは違いますが
思ったよりもあがらなかったです。
ダーリンの方が先に上がってしまいそうなので、自分も上がるわけにはいかないぞ!と気合を入れて、
「肝」に向かって「座れ~~~」とおまじない(笑)

演奏途中、一緒に歌ってくれている人の声が聞こえてきたり
乗りのイイ曲のときは会場が一体になって手拍子に包まれ、ちょっとしたカ・イ・カ・ン(笑)??

演奏が終わったら、主催者の女性から「●●さん!歌がお上手なのでびっくりしました」とおほめの言葉を頂けて、
うれしいやら恥ずかしいやら

横にいたダーリンは、私が演奏しながら歌っているのを聞いていたら
ぐっと来て泣きそうになったですと
一生懸命やりましたからねー

ダーリンは普段ほとんど私のことほめないですからねー(笑)、終わってすぐのコメントがこれでうれしかったですよ

持って行ったビデオカメラで撮影した動画も見ましたが、うーん、なかなかいけてる(自画自賛)
大きなミスもなく、皆で楽しめて本当によかったです~。



こちらの写真は会場に着いて一息ついた師匠とダーリン。
師匠、シックな長袖のアロハに黒い木の実とオレンジの花のレイをして、おっしゃれー

師匠の友人(といっても同僚なのでダーリンも知ってるには知ってる)と奥さま、小学生のお嬢さんも見に来てくれました。
ダーリン、師匠、その友人みな、カレンダーに無関係&時間も出勤時間も毎日違う、やや特殊な職業柄、
勤務時間が規則的な人たちと休日を含めた都合がどうしてもあいにくくなってしまうため
日ごろつるむ(笑)のはどうしても同僚になってしまうんですよね。


そのご友人に私は初めて会いましたが、とっても明るく気さくで面白い方。
発表会をノリノリで盛り上げてくれ、その後、パン教室で知り合った方がオーナーの沖縄居酒屋へ移動。
バカ話で楽しく盛り上がった後は、時間も遅いので奥さまと娘さんは帰路につき、
残りのメンツはカラオケへ―。
もうノリノリで、笑ってばかりの盛り上がりぶり

翌日、本来入ってなかった早朝バイトに急きょ入ることになり
睡眠時間4時間足らずと、少々?かなり?しんどかったですが
そう度々あることでもなく、師匠にはお世話になったし、ご友人はわざわざ時間を作って来てくれたし、
頑張ってお付き合いしてきました

ダーリンが爆睡する中、そーっと仕事に出かけて戻ったら
よく起きられたねーって仕事ですから仕方ない

それに、こうしてダーリンの友人(同僚)と知り合えるのはとってもうれしいし、
ウクレレで世界が広がった気がするし、来年夏ごろ、
そのお店を貸し切って内輪のライブをしようと師匠は考えてるみたいだし、
そういうことが私にとっては(前の結婚生活には考えられなかったことでもあり)うれしく楽しいです。

そのモトとなったダーリンに感謝ですかね

と・・・、万事いいことづくめみたいに書いてますが、実は右手のばね指に加えて
左手に手首の腱鞘炎を発症したらしく(医者に行ってませんが、調べたところまず間違いなく腱鞘炎です)、
もうなんで・・・と凹んでしまうのですが、こんなのに負けずに人生楽しみたいっ!

それでウクレレ弾けるの?と思われるかもですが、コードを抑えたり、弦をつま弾いたり、
手を内側に動かす動きは痛くはなく、逆に手をそらす(特に左手)と激痛が―。。

整形外科では痛ければ注射、それで治らなければ手術という対症療法はしてくれても、
なぜ腱鞘炎になってしまうのか、しかも違う部位に続けて、というところまでは考えてはくれないし、
本人が困っていても「死ぬようなものじゃあるまいし」と大して取り合ってはくれません。

手術についていろいろ調べてみたら、手術をしても、そこが治ったら別の部位に発症するケースも少なくないようで、
実際、私も、右手に続いて既に左手もそれらしい状態になってしまって、
実はものすごくーーー辛いし困ってるんですよね

カイロのほか、カラダ全体を診てくれる鍼灸にも先日行ってみました。
ちゃんと「原因」「根本」の治療・改善をしなければ、意味がないように思うので。。
失ってありがたさがわかるのが健康ってホントですね。

鍼灸治療院では、腱鞘炎の原因には、首や肩の凝り(ひいてはカチカチに固まった筋肉)、
血行不良(それによる冷え、内臓の機能低下など)も大きくかかわっているとのお話で、
時間も費用もかかりますが、また行ってみようかなどと考えておりますよ。。。


ダーリン経由で、発表会シーンの写真を頂いたので最後にちっさく(笑)
左から私、帽子がダーリン、サングラスしてる横顔が師匠です。



コメント (6)

ありがたや、ありがたや。

2013-12-04 17:52:05 | 日記


写真は我が家にやってきたウクレレの神と、ぴっとりくっついて甘えている我が家の長男。
この後、誰も近づくな!!的なドヤ顔までして今にも威嚇しそうになって、まったく困った長男ですよ・・・

仕事は早朝バイト以外は結構落ち着いてきて、このまま静かに年内終わりかな
けど、できればもう少し仕事して(稼いで)おいた方が後々懐的には助かるんだよなー、
などとと考えていたら、同業者さんからタイミングよくお仕事の依頼が

手間なし手離れよし、原稿料も悪くなく、「安心して任せられるのでできるだけたくさんお願いしたい」ということでありがたや、ありがたや。

来週から手をつけられそう、デザインアップは年明け2週目の予定。
別の案件もその頃動き出すのでできるだけ先行して進めておこう。

温泉観光地フリペも春号の打診を頂いているのですが、取材日時の決定がいつも遅くて
ギリギリ変更などどたばたが多く、終わった冬号は全件対応できなかったのよねぇ。。

早朝バイト入れてるから、バイトがある日は取材先にアサイチに着くのは難しくなってしまう。
なぜか1月は、いつもより多くシフトが入っていて、取材と重なる可能性はかなり大。
週1~2のつもりが、週2~3になってきていて、バイトで本業受けられなくなるのは本意でなく、本末転倒。

1人早朝の子が辞めちゃう代わりに新しい子が決まったので、日を変わってもらうなどして
うまく取材ができるといいのですが
コメント (2)

発表会がありまして(笑)

2013-12-02 13:55:20 | ウクレレ
4月からちょこちょこと触り始めたウクレレ。
来週、そこの主催者による発表会がありまして1人じゃ度胸がないので(?)
ダーリンとダーリンが「神」と呼ぶ(笑)近所の同僚にも出演願って3人で出ることに

何度かうちにきてもらって練習してきましたが、
ダーリンの提案でカラオケボックスでマイク通して練習することに

実際に発表会をするライブハウス(なんです、一応)で当日ではありますが
リハーサルの時間もあるし、そこのマイクでやんなきゃあんまり意味ないと思うんですが
その気になったら断然その気なダーリン、あんまり気持ちをそぐことを言うのもなんなので一応行くことに―。

家ではICレコーダーに吹き込んで後から聞いたりしていましたが
ビデオで撮ってみようとまたまたダーリン張り切って、いそいそと準備をしています

当日は緊張するか、しないか、その時になってみないとわからないですが、
冒頭ソロで弾く部分がちょっとだけあるので、そこだけはシッパイしないよう気をつけねば

ちなみに弾くのは

バリバリの浜辺
Ku'u Ipo I Ka He'e Pu'e One
ウクレレクリスマス

アップテンポでハワイアンらしい1曲目から入って、
ちょっとしっとりしたスローテンポのハワイアン、
最後はシーズンを意識した曲でシメ。
最後の曲はIWAOさんという日本のウクレレプレーヤーが随分前に作ったもの。
その曲を知らずにたまたま、この夏地元の駅ビルで行われたウクレレコンサートでIWAOさんを初めて知り、
これまたたまたま、この街に引っ越してきたということでした。


「神」の技に比べたら、よちよち歩きのような未熟な腕ですが
こうして3人で弾けるなんて、ドリカム(昔の)っぽくて楽しい
いつもお酒入りながらの練習でしたが、やっぱりしらふじゃないとということで
今度の練習はお酒抜き、終わってから飲むということで(笑)

忙しいときはまったくウクレレに触れず遠ざかった時期もありましたが
近くにはっぱをかけてくれる人がいると対抗意識も働いて効果的です。

一人では、なかなか続かないものも、なんだかんだ続いてる(笑)
「神」もダーリンのLINEにソロの動画を送ってきたりして、ウクレレ熱が再燃した模様(笑)
みんなでできるのは楽しいです
コメント (5)