こだわりおやじの独り言

陰陽と五行とを理解すれば、自然界での出来事の総てが理解できる
哲学的な東洋医学はすばらしい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東医宝鑑 外形扁(外科)13  3眼

2019年05月15日 | 日記

東医宝鑑 外形篇(外科)一 二、面(一三)

三、眼

五、瞖膜の場合の続き

地黄散    心肝雍の・熱とめが赤く腫れて痛く、また白膜が瞳にふさがって失明する恐れのある時に使う。

     処方 熟地黄・当帰各五銭、生乾地黄・木通・甘草各三銭、黄連・大黄・防風・羌活・犀角屑・蟬殻・

       木賊殻精草・玄参・白蒺藜各二銭を作末して毎二銭を羊肝湯で一日三回、食後服用する。小児の瘡疹余毒

       が目に入ったときなどにも良い。

菊花散    肝が風毒のためにはれ、涙が多く瞖膜が出る症を治す。

     処方 甘菊四両、蟬殻・木賊・羌活・白蒺藜各三両、荊芥・甘草・各二両を作末して毎二銭を茶漬で服用する。

撥雲退瞖散  撥膜を治す。

     処方 甘菊・川椒・大賊・白蒺藜・密蒙花・蛇道・蟬退・川芎・蔓荊子・荊芥穂・石燕子煆・黄連・黄荷・枳実・

       羌活・当帰・地骨皮・甘草を各等分に作末して密で弾子大に丸め、毎一丸を服茶漬で用する。

正伝羊肝元  瞖障と青盲を治す。

     処方 黄連一両、甘菊・防風・薄荷・荊芥・荊芥・羌活・当帰・川芎各三銭を作末して白羊肝を蒸して入れ、

       ついて丸服する。

五秀重明丸  瞖膜が瞳にかぶさる症を治す。

     処方 甘菊開頭五〇〇、荊芥五〇〇補、木賊の節を取ったもの五〇〇、楮実五〇〇枚、川椒開口五〇〇粒、を

       作末して弾子大に密で丸め、毎一丸を茶漬で服用する。

退雲散    外障の瞖膜が瞳をおおう症を治す。     処方 当帰・生乾地黄・殻精草・白菊・木賊・羌活・

       石決明煆・大黄避け炒・連荊子・白花・黄柏・連翹・草竜胆各一銭、翹退七個を水で煎じて服用         

       する。

磨光散    風眼と瞖障を治す。

    処方 白蒺藜炒・防風・羌活・石決明煆・甘菊・草決明・蟬殻・蛇道・川芎・甘草塩水炙各五銭を作末して

       毎二銭を麦門冬湯で食後服用する。

道人開障散  障瞖を治す。

     処方 蛇退の洗って焙ったもの・蟬退・黄連各五銭、甘草二銭、緑豆皮一両をあらく末にし、毎二銭を水で

       煎じて服用する。

補肝散    肝と腎が弱く黒眼に瞖が出る症を治す。

     処方 柴胡一銭八分、白芍薬一銭三分、熟地黄・白茯苓・甘菊・細辛各九分、柏子仁・防風・甘草各五分を水で

       煎じて服用する。

決明散    風熱の毒気で内障になろうとする症を治す。

     処方 石決明・草決明・黄苓・甘菊・木賊・石膏・赤芍薬・川芎・羌活・蔓荊子・甘草各七分に生薑五分を

       いれて水で煎じて服用する。

撥雲湯    目に黒・白瞖が出来たときに使う。

     処方 羌活・防風・黄柏各一銭、荊芥・藳本・升麻・当帰・知母・甘草各七分、柴胡五分、川芎・黄芪・葛根・

       細辛・生薑各三分を煎じて食後服用する。

コメント

東医宝鑑 外形扁(外科)二面 12

2019年02月03日 | 日記

東医宝鑑 外形篇(外科)一
二、面(一二)

三、眼

五、瞖膜の場合

風邪と熱が酷いとき、また班痘のあとがおきるのは、肝気が盛んで起きる症で、散らしても治さねば成らぬ症である。 瞖膜の軽重には益本滋腎丸・明目地黄丸を使う。
真瞖が出る症は散らすと良く、羌活退瞖湯を使い、血虚して熱のある症は神仙退雲丸を兼服する。
瞖膜の蘇生には決明元、蟬花散、菊花散、撥雲退瞖丸、正伝羊肝元、五秀重明丸、退雲散、磨光散、道人間障補肝散、決明散、撥雲湯などを通用する。

益本滋腎丸  黒晴に瞖膜が出、また陰虚して晴が散大する障を治す。
   処方 黄柏・知母の酒で洗ったものを等分に粉末にし、水で梧子大に丸め、空腹時に塩湯で五〇~七〇丸呑み下す

明目地黄丸  精が出、血と腎を補強し、瞖膜と眼熱などを治す。
    処方 生乾地黄の酒で洗ったもの・熟地黄各四両、牛膝の酒で洗ったもの・白蒺藜炒三両、知母塩水炒・黄柏酒

       炒・兎絲子酒製・独活・枸杞子各二両を作末して蜜で梧子大に丸め、空腹時に一〇〇丸呑み下す。

補陽湯    膀胱・腎経が滞鬱して目に通ぜず、青・白瞖が大皆に現れる障を治す。
    処方 柴胡一銭半、羌活・独活・人参・甘草・熟地黄・白朮・黄芪各五分、決寫・陳皮・防風・白芍薬・生黄・白

       茯苓・知母・当帰各三分、肉桂一分を水で煎じて空腹時に服用し、朝は補陽湯を、就寝時には連柏益隣丸を

        服する。

連柏益陰丸  膀胱・腎経が滞鬱して目に通ぜず、青・白瞖が大皆に現れる障を治す。
    処方 草決明・条苓・黄連酒炒・黄柏と知母の塩で炒ったもの各一両、羌活・独活・五味子・当帰・防風・甘草各

       五銭、石決明煆三銭を作末し蜜で緑豆大に丸め茶漬けで一〇〇丸呑み下す。補陽湯を多く服用しこれは少し

       飲む。

菊晴元    右腎と肝腎の不足で青・白瞖の障を治す。
    処方 甘菊四両、枸杞子三両、熟地黄・蓯蓉各二両、巴載一両を作末し梧子大に蜜で丸め、空腹時温酒または塩湯

       で五〇~七〇丸呑み下す。

羌活退瞖湯  太陽の寒水と瞖幕が陽をさえぎる症などを治す。
    処方 羌活一銭半、防風一銭、荊芥・薄荷・藁本各七分、酒知母五分、酒黄柏四分、川芎・当帰身各三分、麻黄・

       酒生地黄各二分、川椒・納辛各一分を水で煎じて食後服用する。

羚羊角散   氷瞖の治らないときに使う。
    処方 羚羊角屑・升麻・細辛各二両、甘草一両を作末して半分は蜜で梧子大に丸め、半分は散薬にして一銭を煎じ

        て五〇丸呑み下す。

決明元    眼熱病のあと、膜がかすむ症を治す。
    処方 麦門冬・当帰・車前子角二両、青箱子・防風・枳榖各一両、茺蔚子・細辛・枸杞子・決寫・生乾地黄・石決

       明・黄連各五両を作末して蜜で梧子大に丸め、空腹時麦門湯で五〇~七〇丸呑み下す。

蟬花散    風眼と熱眼の腫痛と瞖膜を治す。
    処方 蟬殻・甘菊・川芎・防風・羌活・梔子・白蒺藜炒・草決明炒・荊芥穂・連荊子・殻精草・蜜蒙花・木賊の節

       を取って童便に浸して晒し、蒼朮・甘草灸を各等分に作末して毎二銭を茶漬けで服用する。

コメント

東医宝鑑 外形扁(外科)二面12

2019年02月01日 | 日記

東医宝鑑 外形篇(外科)一
二、面(一一)

三、眼

四、外障の場合の続き(三)

軽効散    目のまわりがつれ、まつ毛が乾き目の上下がはれ、瞳が痛く、涙が流れ、目が開けられない症を治す。
    処方 柴胡二銭、大黄・当帰・赤芍薬・犀角各一銭、甘草五分を水で煎じて食後服用する。

通血丸     血が瞳に入って痛む症を治す。
    処方 川芎・当帰尾・防風・荊芥各一両、生乾地黄・赤芍薬・甘草各五銭を作末して、蜜で弾子大に丸め、毎一丸

       を毎食後に薄荷・荊芥湯でかんで呑み下す。

瞿麦散    砂が目に入って出てこないとき使う。
    処方 瞿麦を黄色く炒って末にし、鵝涎にまぜて、ときどき両方の目に少しづつぬると良い。 

救苦湯    目尻が赤く腫れて痛いときに使う。
    処方 蒼朮・草竜胆各一銭四分、当帰・甘草各一銭、川芎六分、生地黄・黄柏・黄苓・知母各五分、羌活・升麻・ 

       柴胡・防風・藁

       本・黄連各三分、桔梗・連翹・細辛・紅花各二分を煎じて服用する。

五黄膏    目赤、腫痛を治す。
    処方 黄柏・黄苓・黄丹・大黄各五銭を作末して毎一銭を蜜水で調合して膏薬をつくって絹の上に広げ、左右太陽

       穴にぬる。

観音夢授丸  内傷で目がはれ、また鹹物の食べ過ぎでおきた症を治す。
    処方 夜明砂・当帰・蟬退・木賊各三両を作末して白羯羊肝四両を煮て、膏になるまでついて、梧子大に丸め空腹

       時に五丸を一〇〇日間呑み下す。

白彊蚕散   肺が弱くて冷たい風にあたると涙が出、冬になると尚ひどい症を治す。
    処方 黄桑葉一両、木賊・施覆花・白彊蚕・荊芥穂・甘草各三銭、細辛五銭を作末して、七銭を水で煎じて食後服

       用し、または作末して2銭を荊芥湯で服用する。

帰葵湯    物をみると黒花がおき、涙が出、目の中に火気があって陽を嫌う症を治す。
    処方 升麻一銭、黄芪・酒苓・防風・羌活各七分、蔓荊子・連翹・生地黄・当帰・人参・紅葵花・生甘草各五分、

       柴胡三分を水で煎じて食後温めて服用する。

木賊散    目に冷涙の多い症を治す。
    処方 木賊・木耳を焼いて等分に粉末にして、毎二銭を熱い米汁で服用する。

蒼朮散    肝臓に風熱があって冷涙が止まらない症を治す。
    処方 蒼朮・木賊・白蒺藜・防風・羌活・川芎・肝臓を各等分に作末して毎二銭を温かい米泔で食後服用する。

駆風一字散  目がひどく痒い症を治す。
    処方 川芎・荊芥・川鳥炮各五銭、羌活・防風各二銭半を作末して毎二銭を薄荷湯で食後服用する。

犀角散    黄膜が上がって瞳が痛み閉渋の症を治す。
    処方 犀角鎊屑二銭、羌活・黄苓・車前子各一銭、白附子・麦門冬各五分を水で煎じて食後服用する。

牛黄丸    小児の通晴を治す。
    処方 犀角鎊屑二銭、牛黄一銭、金箔・銀箔各五片、甘草二銭半を作末し、蜜で緑豆大に丸め毎七丸を薄荷湯で服

       用する。

コメント

東医宝鑑 外形扁(外科)二、面 一10

2019年01月10日 | 日記

東医宝鑑 外形篇(外科)一
二、面(一〇)

三、眼

四、外障の場合の続き(二)

車前散    肝経の熱毒が逆上して瞖が出、涙が多く出る症を治す。
    処方 密豪花・甘菊・白蒺藜・羌活・草決明・黄苓・草竜胆・甘草を各等分に作末して毎二銭を米飲で服用する。

消毒散    まぶたに粟つぶのようなものが出来る症を治す。
    処方 大黄煨・荊芥穂各二銭、悪実・甘草各一銭を水で煎じて服用する。

白薇元    瞳から膿が出る証を治す。
    処方 白微五銭、防風・羌活・白蒺藜・石榴各二銭半を作末して米粉糊で梧子大に丸め、白湯で三〇丸呑み下す。

黄芪散    瞳から膿が出る証を治す。
  処方 黄芪・防風・子苓・大黄煨各一銭、地骨皮・遠志・人参・赤茯苓・漏蘆各五分を水で煎じて朝夕食後服用する。

竜胆散    肝熱で瞳が腫れる症を治す。
    処方 草竜胆・梔子仁各二銭、防風・川芎・玄参・荊芥・茵蔯・甘菊・楮実子・甘草各一銭を作末して毎二銭を食

       後茶漬けで服用する。

清背散    肺熱が上にのぼって白眼がはれ、日夜疼痛する症を治す。
    処方 桑白皮・片芩・甘菊・枳殻・防風・荊芥・柴胡・升麻・赤芍薬・当帰尾・玄参・苦参・白蒺藜・木賊・

       施覆花・甜葶・藶子・甘草各五分を水で煎じて食後服用する。

蟬花無比散  風眼・気眼ではっきりせず、かゆく目がしぶい症を治す。
    処方 蒼朮を童便に漬けて二日おいたあと、切って乾かしたもの・白芍薬各一両、白蒺藜炒八銭、白茯苓四銭、

       石決明製・当帰・防風・羌活各三銭、蟬殻・甘草各二銭、蛇蛻・皂角水で洗って焙ったもの・荊芥・

       細辛各一銭を作末して毎二銭を茶漬けで食後服用する。

槐子丸    風邪で瞳がかすむ症を治す。
    処方 槐実二両、覆盆子・酸棗仁・炒柏子仁・車前子・蔓荊子・茺蔚子・鼠粘子炒・白蒺藜炒各一両を作末して蜜  

       で丸め酒で三〇丸を呑み下す。

五退散    脾が風毒を受け、まつ毛が乾き、刺すように痛む症を治す。
    処方 穿山甲炒・川鳥炮・甘草灸各五銭、蟬退・蚕退・蛇退醋煮・猪蹄炒・荊芥穂各二銭半を作末して毎二銭を

       塩湯で食後服用する。

神効明日湯  目のまわりがつれ、まつ毛が乾き目の上下がはれ、瞳が痛く、涙が流れ、目が開けられない症を治す。
    処方 甘草二銭、葛根一銭半、防風一銭、蓮荊子五分、細辛二分、を水で煎じて食後服用する。 

明日細辛湯  目のまわりがつれ、まつ毛が乾き目の上下がはれ、瞳が痛く、涙が流れ、目が開けられない症を治す。
    処方 羌活・麻黄根各一銭半、防風一銭、荊芥七分、藁本・白茯苓・当帰梢各五分、生地黄・蔓荊子・川芎各

       三分、桃仁五箇、川椒四、細辛・紅花各二分を水で煎じて服用する。

天門冬飲子  ひとみがまっすぐでないとき使う。
    処方 天門冬・茺蔚子・知母各一銭、人参・赤茯苓・羌活各七分、五味子・防風各五分を水で煎じて服用する。

犀角散    失明症を治す。
    処方 車前子・枸杞子各一両、槐子・五味子・青箱子・牛蒡子炒・茺蔚子・胡黄連各七銭半、犀角屑・羚羊角屑各

       五銭、兎肝一典を作末して毎二銭を食後に槐子煎湯で服用する。

地黄膏    目に打撲傷を受けた症を治す。
 処方 生地黄一合取って汁をしぼり、黄連一両、黄柏・寒水石各五銭を三味で作末し地黄汁にまぜて餅をつくってぬる。

生地黄散   目に打撲傷を受けた症を治す。
    処方 生乾地黄・川芎・羚羊角・大黄・赤芍薬・枳殻・木香各一銭を水で煎じて食後服用する。

コメント

東医宝鑑 外形扁(外科) 面二 (9)

2018年12月12日 | 日記

東医宝鑑 外形篇(外科)一
二、面(九)

三、眼

四、外障の場合の続き

浩肝明目湯  一切の風熱と目が赤くはれ疼痛するものを治す。
    処方 当帰尾・川芎・赤芍薬・生地黄・黄連・黄苓・梔子・石膏・連翹・防風・荊芥・薄荷・羌活・蔓荊子・甘菊・白蒺

       藜・草決明・桔梗・甘草各五分を水で煎じて食後服用する。

散熱飲子   目が赤くはれ疼痛症を治す。
    処方 防風・羌活・黄苓・黄連を角等分に切って五銭づつ水で煎じて服用する。

柴胡湯    肝火がおきて赤く腫れて痛むときにに使う。
    処方 柴胡・赤芍薬・川芎・当帰・青皮・草竜胆・梔子・連翹各一銭、甘草五分を煎じて服用する。

四物竜胆湯  目が赤く腫れて痛み、雲瞖が出来る症を治す。
    処方 川芎・当帰・赤芍薬・生乾地黄各一銭三分、羌活・防風各八分、草竜胆・防己各六部を水で煎じて服用する。

羚羊角散   目に硬いはれものが出来て、目が開けられない症を治す。
    処方 羚羊角屑・防風・羌活・人参・赤茯苓・升麻・大黄・車前子・玄参・黄苓各七分、梔子・細辛各三分を水で煎じて服

       用する。

地黄散    混晴を治す。
    処方 生地黄一両、赤芍薬・当帰・甘草各五銭を切って五銭づつ水で煎じて服用する。

二黄散    固い肉が瞳をおおう症を治す。
    処方 大黄・黄苓・防風・薄荷各一銭二分に蜜を少し入れて煎じて服用する。

定心元    固い肉が瞳をおおう症を治す。
    処方 麦門冬一両、石菖蒲・枸杷子・甘菊各五銭、遠志二銭半を作末して蜜で梧子大に丸め、熟水で三〇丸呑み下す。

速攻散    努肉・紅絲・紅白瞖障と白珠眼に死血があって紅筋または目にあがって、はれ上がり昼夜痛みに耐え切れに証

       に使う。

    処方 黄連・黄苓・黄柏・梔子・連翹・薄荷・荊芥・柴胡・当帰・生地黄・地骨皮・天花粉・蔓荊子・甘菊・悪実・白蒺   

       藜・草決明・石決明・枯殻・甘草各五分を水で煎じて服用する。

炉甘石散   
    処方 炉甘石を多少にかかわらず、先に童便で七回こして、黄連を煎じた湯で煆淬すること七回、また雀舌を煮た水で煆淬

     すること七回、この三つの汁を合わせ再び煆淬させたあと、炉甘石を細末にして脳麝それぞれを少しずつ目の痛いところ 

     へたらすと治る。

聖草散    爛弦風と虫痒を治す。
    処方 覆盆子の葉の汁をしぼって、黒い絹で目隠しをし、筆で汁をしめして両瞳をしるりて、そこへ汁を落とすと虫が出

       る。

清涼散    水瑕と深瞖の青色を治す。
    処方 蔓荊子・荊芥穂・苦竹葉・甘草各一銭半、梔子七分半、薄荷七葉を水で煎じて服用する。

コメント