こだわりおやじの独り言

陰陽と五行とを理解すれば、自然界での出来事の総てが理解できる
哲学的な東洋医学はすばらしい

東医宝鑑 外形扁 面二(8)

2018年11月08日 | 日記

東医宝鑑 外形篇(外科)一
二、面(八)

三、眼

四、外障の場合

外障は肺の病である。晴が外からかげると暗い。
目痛で赤脈が上から下がる症は太陽の病であり、下から上る症は陽明病、外から内に入る症は小陽病、赤脈瞖がはじめ上から下る症は太陽に属するので、表を治し、必ず眉稜骨が痛み、または脳と首が痛み、または偏頭痛する。治法は温めて散らすことである。
温剤として臘茶飲、散剤は夏枯草散・選奇湯を使う。赤脈瞖がはじめ下から上へあがる症と、または内皆から外に出る症はみな陽明に属し、その症勢は熱があり、その治法は下して冷えさせる。下させるには明日流気飲・銭氏寫青丸・局方湿白元に黄連・黄柏を加えたものを使い、冷ますには一味黄連羊肝元を使う。赤脈瞖が外から内に入るのは小陽で、半裏半表で治し和解させねばならず神仙退雲丸を使う。
外障には肝臓積熱・混晴・努肉攀晴・両瞼粘晴・膜入水輪・釘り根深・黒瞖如珠・花瞖白陥・水瑖深瞖・王瞖浮満・順逆生瞖・鶏冠蜆肉・瞼生風栗・胞肉膠凝・漏晴膿出・蟹晴疼痛・突起晴高・風起喎扁・倒睫挙毛・風牽瞼出・神崇疼痛・施螺尖起・鶻眼凝晴・轆轤転関・被物撞打・撞刺生り・血灌瞳人・味目飛塵飛絲・天行赤目・赤目後生瞖・胎風赤痢・風赤瘡疾・衛風涙出・暴風客熱・瞼硬晴痛・痛如鍼刺・痒極難任・瞳人乾缺・黄膜上衝・赤膜下垂・赤膜下垂・小階赤脈・小児通晴・小児胎中生贅・小児青盲などの症がある。

臘茶飲    赤脈瞖が上から下る症は温めて散らす。
    処方 芽茶・附子・白芷各一銭、細辛・川芎・防風・羌活・荊芥各半銭、塩ひとにぎりを入れて服用する。

夏枯草散   肝虚で瞳が痛く冷たい涙があふれ、明るいのを嫌う症を治す。

明日流気散  肝経が不足し風熱が上がって見るものがかすむ症を治す。

神仙退雲丸  瞖膜・内外障が昏暗になる症を治す。
    処方 当帰酒洗一両半、川芎・木賊・童便浸して焙ったもの、蜜蒙花・荊芥穂・地骨皮・白蒺藜・甘菊・羌活各一

       両、川椒炒・七銭半、爪蔞根・枯実・蔓荊子・薄荷・草決明妙・甘草灸各五銭、蛇蛻・蟬蛻・黄連各三銭を

        作末して蜜で丸め毎一両を一〇丸つくって茶漬け又は白湯一丸づつ呑み下す。

石決明散(一名大決明散)  肝熱で目がはれて痛み、瞖膜が生じ、または脾が熱く、目のなかに鶏冠のようなものが出来る

        症に使う。
    処方 石決明・草決明各一両、羌活・梔子・木賊・青箱子・赤芍薬各五銭、大黄・荊芥各二銭半を作末して毎二銭

       を麦門冬湯で服用する。

揆雲散    風毒が上がり、眼目がくらく、かゆくて痛い症ヺ治す。
    処方 柴胡二両、羌活・防風・甘草各一両を粉末にして毎二銭を薄荷湯または茶漬けで服用する。 

局方蜜蒙花散 風眼で目がくらく、赤くはれる症を治す。
    処方 蜜蒙花・白蒺藜・羌活・木賊・石決明を各等分して毎一銭を茶漬けで服用する。

蟬花散    肝経に熱があって涙の多い症を治す。
    処方 草竜胆・甘菊・蜜蒙花・蔓荊穂・川芎・蟬殻・青箱子・草決明・梔子・防風・木賊・白蒺藜・甘草を各等分

       に粉末にして毎二銭を茶漬けまたは荊芥湯で服用する。

コメント

東医宝鑑 外形扁(外科) 2面 7 

2018年11月03日 | 日記

東医宝鑑 外形篇(外科)一
二、面(七)

三、眼

二、眼が肝の穴になる場合の続き

撥雲退瞖晴丸  内傷に常服すると良い。
     処方 黒脂麻五両、密豪花・木賊・白蒺藜・蟬退・青塩各一両、薄荷・白芷・防風・川芎・知母・荊芥穂・枸杞

        子・白芍薬・生甘草各五銭、甘菊六銭、当帰酒洗三銭を作末して蜜で丸め、一丸づつ食後かみ下す。
        内傷には円瞖・氷瞖・渋瞖・散瞖・滑瞖・横開瞖・浮瞖・沈瞖・偃月瞖・棗花瞖・黄心瞖・黒花瞖・胎  

        患・五風変・雷頭風・驚振・緑風・鳥風・黒風・青風・肝虚省目・高風雀目・肝虚目暗の二三種ある。

補肝散     円瞖(黒目に白点のあること)を治す。
     処方 柴胡一銭半、白芍薬一銭、熟地黄・白茯苓・甘菊・細辛・甘草各七分、柏子仁・防風・各五分を水で煎じ

        て服用する。

補腎元     円瞖(黒目に白点のあること)を治す。
     処方 肉蓯蓉・枸杞子各一両、巴載・山薬・破古紙炒・茴香・牡丹皮各五銭、青塩二銭半を作末して蜜で梧子大

        に丸め、空腹時に塩湯で三〇~五〇丸呑み下す。 

空青元     沈瞖(白点が黒水下にあること)を治す。
     処方 防風・生乾地黄と知母を各二両、車前子・石決明・細辛各一両、空青二銭を作末して蜜で梧子大に丸め、

        一〇丸を茶漬けで飲む。

通肝散     氷瞖(これは肝臓の病である)を治す。
     処方 山梔子・白蒺藜・枳殻・荊芥・甘草各五銭、車前子・鼠粘子炒各二銭半を若竹葉煎じて湯で調服する。

八味還晴散   内傷諸般の障瞖昏花を治す。
     処方 草決明一両、白蒺藜・防風・木賊・梔子仁・甘草各五銭、蟬殻・青箱子各二銭半を粉末にして毎二銭を麦

        門冬湯で服用する。

羚羊角散    緑風の内傷昏花を治す。
     処方 甘菊・防風・川芎・羌活・車前子・川鳥・細辛各五銭、半夏麴・羚羊角・薄荷各二銭半を作末して毎二銭

        を生薑・荊芥煎湯で服用する。

羚羊角丸    緑風の内傷昏花を治す。
     処方 羚羊角屑一両、、石決明・草決明・車前子・犀角屑各七銭半、独活・防風・蔓荊子・甘菊・梔子・甘草各

        五銭を作末して蜜で梧子大に丸め温水で三〇丸呑み下す。

寫肝散        鳥風の昏暗を治す。
    処方 大黄・甘草各五銭、都李仁・荊芥穂各二銭半を空腹時に水で煎じて服用する。

蛤粉丸    雀目を治す。
    処方 蛤粉・黄蠟を等分にして蠟をとかして粉をまぜて棗子大に丸め、猪肝二両を割って薬をその中に入れてゆわ

       き、水一杯で煎じて熱いうちに取り出して目をくぶし、さまして飲む。

風疳丸    小児の肝疳雀目を治す。
    処方 青黛・黄連・天麻・五霊脂・夜明砂・川芎・蘆薈各二銭、草竜胆・防風・蝉殻各一銭半、全蝎二枚、乾蟾頭

       三銭、を作末して猪肝汁で麻子大に丸め薄荷油一〇丸呑み下す。

雀盲散    雀目で夜目が効かない症を治す。
    処方 雄の猪肝を竹刀で割って、夜明砂を少し入れてゆわき、水に漬けて七分ぐらいして取り出して細かくかんで

       汁を飲む。

還晴丸    高風雀目で内障になりかける症を治す。
    処方 石決明煆・覆盆子・芨蔚子各二両、槐実炒・人参・細辛・防風・ソロ茯苓・甘菊・柏子仁・川芎各一両を作

       末し蜜で丸め。温水で三〇丸呑み下す。 

コメント

東医宝鑑 外形扁(外科)2面 6

2018年08月09日 | 日記

東医宝鑑 外形篇(外科)一
二、面(六)

三、眼

二、眼が肝の穴になる場合の続き

磁腎明目湯   血少・神労・腎虎の眼病を治す。
     処方 当帰・川芎・白芍薬・生地黄・熟地黄各一銭、人参・桔梗・梔子・黄連・白芷・蔓荊子・甘菊・甘草各五

       分を細茶ひとにぎりと燈心ひとにぎりを入れ、水で煎じて服用する。

補肝散          肝風内傷で痛がゆく、一物が二物に見えるなどの症に使う。
   処方 羚羊肉・防風各一両、人参・赤茯苓各七銭半、羌活・車前子・細辛・玄蔘・黄苓各三銭半を作末して毎二

      銭を米飲で食後調服する。

墜瞖丸     内傷有瞖を治す。
     処方 青羊胆・青魚胆・鯉魚胆各七個、熊胆二銭半、牛胆五銭、麝香三分、石決明一両を麵糊で梧子大に丸め、

        空腹時茶漬けで一〇丸呑み下す。

羊肝元     眼目の諸疾と障瞖と青盲を治す。
     処方 黄連細末、白羊子肝一具を梧子大に丸め、空腹時三〇丸呑み下す。

本事方羊肝元  内傷青盲を治す。
     処方 白羯羊肝の子肝をうすく切て瓦の上で焼いて熟地黄一両半、兎絲子・決明子・車前子・地虜子・五味子・

        枸杷子・茺蔚子・苦葶子・青箱子・氋仁・麦門冬・沢寫・防風・黄苓・白茯苓・桂心・杏仁・細辛各一

        両を蜜で梧子大に丸め、温水で三〇~五〇丸を一日三回呑み下す。

補腎丸     腎虚に依る目の弱さと内傷に使う。
     処方 磁石火煆醋淬回・兎絲子酒製各二両、熟地黄・肉蓯蓉酒浸焙・石斛・五味子・枸杷子・猪実子・覆盆子酒

        浸・車前子酒蒸各一両、沈香・青塩各五銭を作末して梧子大に丸め、空腹時に温水で五〇~七〇丸呑み

        下す。

杷苓丸     腎虚に依る目の昏暗と内傷に使う。
     処方 茯苓四両、枸杷子酒浸二両、兎絲子酒製・当帰各一両、青塩五銭を作末して蜜で梧子大に丸め、空腹時に

        温水で五〇~七〇丸呑み下す。

五退散     内傷を治す。
     処方 蟬退・蛇退・蚕退・鳥鷄卵殻・男子髪を各等分に焼いて粉末にし、猪肝を煎じた湯で一銭調服する。

密豪花散    一六種の内傷で多年昏暗な症に使う。
     処方 密豪花二両、羚羊角・蠐螬(即ち桑蚕)・人参・覆盆子・地虜子・枸杷子・甘草各一両、茺蔚子・菥冥子・

        槐花各五銭を作末して毎二銭を米飲で調服する。 

沖和養胃湯   脾胃の虚弱が心火と三焦がともにおき、上に上がって内傷のおきたのを治す。
     処方 黄芪・羌活各一銭、人参・白朮・升麻・乾葛・当帰・甘草灸各七分、柴胡・白芍薬各五分、防風・白茯苓

        各三分、五味子二分、乾薑一分水で煎じて半分くらいになったら、黄苓・黄連各五分を入れ、また煎じ 

        て滓を取って食後温めて服用する。

当帰湯     肝腎と瞳子の補強薬。
     処方 両胡二銭、生地黄一銭半、当帰・白芍薬各一銭、黄苓と黄連の酒に浸したものを、各七分半、甘草灸五分

        を水で煎じて服用する。

コメント

東医宝鑑 外形扁(外科)2面 5

2018年08月04日 | 日記

東医宝鑑 外形篇(外科)一
二、面(五)

三、眼

二、眼が肝の穴になる場合
肝の穴は眼である。
肝が血を守るので、熱があると赤腫が出来、治っても目がくらむ。これには地黄粥を食べると良く寝られ、すぐ治る。

地黄粥    寝て起きたとき、目が赤く腫れ、少したつと白くなり、また少したつとなくなる。これは肝病でなく血熱の

      症である。横になると血が肝に入るが、血熱もまた肝に入るので寝て起きると目が赤く、少し立つと血はまた

      四肢にちらばるもので、地黄粥食べて肝と血を涼しませる。
  処方 生地黄を多少にかかわらず、米半升につけて煮たあと、三回さらし、磁器に水一合入れて粥をつくって食べる。

三、内傷の場合
内傷は肝の病である。内傷という症は瞳のなかの混暗した症で、傍目には何とこないように見え、ただ瞳のなかが青白いものがあるものもあり、ないものもある。
内傷は、先に片目を病み、次に両眼とも病む症は白帯が黒晴内から瞳をかぶせるためにある。大体黒晴を通す脈は目系に足蕨陰・足太陽・手小陰三経に属する。三経が弱いと邪が目系から黒晴に入って瞖となる。
内傷は痛くもなく、涙も流れない、よく見ると、うすい霧のようなものが目にかかる。
色慾で腎精が弱まった症は益陰腎気丸を使い、肝血が弱い症には養肝丸・生熟地黄丸を使い、肝と腎がともに弱い症は駐景元・加減駐景元・明目壮水丸を使う。
血が少なく、神の労苦、腎の弱いところには滋陰地黄丸・滋腎明目湯を使い、内傷には補肝散・墜瞖丸・羊肝元・本事法羊肝元・補腎丸・杷苓丸・五退散・蜜豪花散・沖和養胃散・当帰湯・還晴湯・還晴丸・撜雲退瞖還晴丸などを使う。

益陰腎気丸   
    処方 熟地黄二両、生乾地黄酒焙・山茱萸各一両、五味子・山薬牡丹皮・柴胡・当帰・尾酒洗各五銭、茯神・沢瀉

       各二銭半を作末して蜜で梧子大に丸め、朱砂で衣をして、空腹時塩湯で五〇~七〇丸を呑み下す。

養肝丸    肝精の不足で眼がくらく、目やにや涙が出、婦人の血虚による眼疾を治す。
    処方 当帰・川芎・白芍薬・熟地黄各一両、防風・猪実子炒・車前子酒炒・氋腎湯侵去各五銭、を粉末にして蜜で

       梧子大に丸め、白湯で空腹時七〇丸呑み下す。

生熟地黄丸  血虚眼昏を治す。
    処方 生乾地黄・熟地黄・玄蔘・石膏各一両を五指大に丸め、空腹時茶漬けで五〇=七〇丸呑み下す。

駐景元    肝腎ともに弱く、黒花が出来、くらくまた瞖障が出来るとき使う。
    処方 兎絲子酒製五両、車前子炒・熟地黄各三両を蜜で梧子大に丸め、空腹時五〇~七〇丸呑み下す。

加減駐景元  肝腎ともに弱く、黒花が出来、くらくまた瞖障が出来るとき使う。
    処方 兎絲子八両、枸杷子・五味子・車前子・猪実子・川椒炒各一両、熟地黄・当帰身各五銭を蜜で梧子大に丸

       め、空腹時に温酒、または塩湯で五〇~七〇丸呑み下す。 

明目壮水丸  肝腎が不足し眼目が昏暗、つねに黒花が見え、冷涙が出るとき使う。
    処方 黄柏と知母の汁をしぼって乳とまぜ、さらし乾かしたもの各二両半、熟地黄・生乾地黄酒洗い・天門冬・

       麦門冬・山茱萸酒蒸・甘菊各二両、枸杷子酒洗一両六銭、牛膝酒洗一両三銭、人参・当帰酒洗・五味子・

       兎絲子・白茯神・山薬・柏子仁炒・沢寫・牡丹皮酒洗各一両、白豆蔲三銭を蜜で梧子大に丸め、空腹時に

       塩湯で一〇〇丸呑み下す。

滋陰地黄丸  貧血・神労・腎弱・昏目・瞳子散大などの症を治す。
    処方 熟地黄一両、柴胡八銭、生乾地黄酒焙七銭半、当帰身酒洗・黄苓各五銭、天門冬・地骨皮・五味子・

       黄連各三銭、人参・枳殻・甘草各二銭を蜜で緑豆大に丸目、毎一〇〇丸を茶漬けで呑み下す。

コメント

東医宝鑑 外形扁(外科)2面5

2018年08月01日 | 日記

 

 

東医宝鑑 外形篇(外科)一
二、面(五)

三、眼

    八廊

  <天廊>
  雪山で雪の反射光を受け、夜暗いところで細かい物を読んだ りすると、物をみても、かすみがかかったように見え、目が 痛くて開けてもいられない。

 <地廊>
  湿気が頭をつつみ、冷気が瞳子を襲うとときに発生する。
 この時は瘀血に依って瘡がでる。

 <火廊>
  心神が恐れ怖き、赤厥が目を浸し、血が瞳子に入ると発病   する。その症勢は瞼に紅腫ができ、晴子が疼痛して熱涙が   あふれ出る
 <水廊>
  力いっぱい闘い、棒をふるい、弓をひき、力をしぼって駆け たときなどに発病する。この症勢のときは、いつも混暗とし て晴子がくらみ涙が多い。
 <風廊>
 枕辺の窓のすきま風を防がず、いつも風気があると、脳中に 風邪が入って発病する。症状は黒晴がいつもかゆく、両瞼がいつもまどろく涙が多い。
<雷廊>
枕をせず、酒後に房事を行い、血脈がいっぱいつまってあふれ、風邪を内浸して発病する。症勢は目の周囲に赤腫が出来、瞼内に瘡が出来、まつげが乾き、晴子に努肉がかぶさる。

<山廊>
瞳子をついて傷つき、片目を防ぐと発病するが、これは目が暗く、瘀血が晴子を浸犯する。

<沢廊>
病は春になっても治らず、冬に陽毒が集まり、熱物を多く飲むと、脳脂がかたまり、血涙があふれ出、雲や霧がかかったように見え、黒花が見える。

コメント