Jimmynagahoriの音楽活動その他色々

jimmyの周りで起こっている色々な出来事を紹介して行こうと思っています。

2音チャッピーの歌

2018年02月28日 12時30分29秒 | Weblog
チャッピーさんの歌、レアーですよ。
コメント

2音

2018年02月28日 12時28分31秒 | Weblog
三原さんの立ち姿は、内田裕也さんそっくり!!
コメント

2音 凄かったなぁ・・・・。

2018年02月28日 11時59分37秒 | Weblog
三原さんが内田裕也さんとそっくりでびっくりしました。テレキャスターから出るぶっといザラッとした音は、美味しかったなぁ。
ギターの裏で薄く鳴るシンセの音がインスパイヤされたなぁ・・・。

『内田裕也&トルーマン・カポーティーロックンロールバンド』『白竜バンド』のギタリスト、俳優としても活動している三原康可さんと、
1977年以降の『カルメンマキ&OZ』に参加、骨太なドラミングのチャッピーさんに会ってきました。
コメント

E-5とGX8 フォーサーズカメラなので・・・・・

2018年02月28日 08時44分29秒 | Weblog
メーカーの違いかなぁ・・・写真のクウォリティーは、大差ないかも
















コメント

カメラ2台持ち

2018年02月28日 08時43分33秒 | Weblog









コメント

GX8は、手放せないカメラですね。

2018年02月27日 08時28分36秒 | Weblog









コメント

世界的なギターリストの発言ギターは、終わった?

2018年02月26日 07時43分57秒 | Weblog
個人的には、本人の時代が終わったと言って欲しかったですね。
新しいものを探している人世代若いギターリストとしては、残念な発言ですね。
ペイジ自身もビデオの中でフレーズが枯れてくるという発言をしていますね。
確かに凡人の私でもこれだけ長い間ギターを弾いていると落ち込む。
有名ギターメイカーが危機的な時にギターは、終わった発言は、「アレェ」ですよね。

確かにそう言われれば今の若い世代は、ギターを使わない音楽へ移行しつつあるのかもしれない。
すべてのものに終わりが有るということは、確かでね。

夢を与えていくヒーローである人が夢のない発言をしてしまうそんな時代がやってきたのかなぁ。
BBキング・レスポールは、どんな思いでこの世をさっていったのだろうか・・・・・。

BBキングと握手した手からは、終わったなどという感覚は、伝わってこなかった。
ぜひ終わった発言の方に頑張って来日LIVEをして欲しい。ホールライブでなく。
小さなLIVEハウスで若い人に音楽を聴かせてあげてほしい。

金儲けに走ったツケが今押し寄せているのかも・・・
20代に数万円のチケットは、高すぎる、国内アーチストにもそれが言えますね。

ギターを弾く楽しさをLIVEハウスの近いところで感じてほしい。
有名になってしまうと初心を忘れているよね。

有名になって捨てたものが大きすぎるのかもなぁ・・・・・

カーズのクロスロードの映画は、よくできているよなぁ・・・・・。
ギターは、終わったなどというメッセージは、ありえないと感じましたね。
感じていても違う表現があるだろうに・・・・・・・
コメント

今日も頑張った

2018年02月26日 07時43分57秒 | Weblog
マイペース








コメント

今日は、東京マラソン

2018年02月25日 07時31分11秒 | Weblog
新記録5秒で1億かぁ・・・・・








コメント

ギブソンが・・・・時代の移り変わり・・・・頑張って!!

2018年02月24日 12時39分17秒 | Weblog
ギブソン 倒産の危機・・・ネット検索すると出てきちゃいますね。確かに今の音楽シーンを考えるとギブソンのギターを使おうと言う状況にないですね。打ち込み、デジタルを使いこなす若者たちは、ギターの形していればパソコンの中でその音を作り出すことを得意とし、技を競っていますね。

真空管アンプにヴィンテージギターを繋いでLIVEハウスで鳴らした時の空気感を知らない世代達。フィルムカメラがデジタルカメラに変化して生き残っては、いるが・・・・それと同じ現象が起こり始めたのか?

エレキギターは、どんな形で残っていくのだろうか。ダイヤル電話は、携帯。レコード盤は、音楽ファイル・ダウンロード。

音楽の発表の場所もインターネットですからね。
エレキギター無くなりは、しないが出番が少ない。

今、演奏活動しているJimmyたち世代が入れ替わったら
と思うとこの先・・・・

今思い返せばjimmyだって最初は、モーツァルトからビートルズそしてZEP・パープルと移り変わってきたわけでクラッシック全盛の時代は、縮小していっているわけですよね。僕が知っているポップス・ロックジャンルも縮小していくわけですね。

最近の若者達も人それぞれに音楽の移り変わりを体験しているわけですよね。 

ギブソンと言うメーカーも移り変わりの時期が来たのかなぁ・・・
自分に残された時間がどれだけあるかわからないが、ギブソンと付き合っていこうと思うニュースでしたね。
コメント

春を告げる鳥

2018年02月24日 10時48分10秒 | Weblog
やっといつもの場所で発見




コメント

次は、ひな祭りLIVEだ

2018年02月23日 14時01分17秒 | Weblog
今日は、寒いです。






コメント

雨だぁ・・・・

2018年02月22日 07時46分43秒 | Weblog





コメント

撮る物が無かった

2018年02月21日 07時31分49秒 | Weblog







コメント

もしも勇気があったなら

2018年02月20日 15時37分49秒 | Weblog
もしも勇気があったなら
コメント