映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ベガスの恋に勝つルール

2008年08月16日 22時51分08秒 | 映画 は行
評価★★


近年、稀に見るラブコメの登場だ!?

登場人物のほとんどが
ノーテンキなキャラクターなので大いに疲れた。


ここまで徹底してのお気楽キャラのオンパレードだと
ある意味、違う惑星に来てしまった感じだ。

ウォール街で働くジョイ(キャメロン・ディアス)は
完璧主義の性格が災いして結婚間近の恋人に振られる。
対して、木材工場で働くジャック(アシュトン・カッチャー)は
根っからの遊び人であるがゆえ工場を解雇される。

そんな彼らは
それぞれ親友を連れてラスベガスへ気晴らし旅行にでかける。
そこで、
ホテルの部屋のダブルブッキングがきっかけで出会うことになる。
すぐに意気投合したふたりはその夜、
酒を飲んでバカ騒ぎした末、勢いで結婚してしまう。

この強引な展開には、さすがに置いてけぼりを食らう。
酔った勢いだか知らないが、予約もなしで
式が挙げられる場所があるというのが信じられない。

結局、我にかえってお互い後悔の念にかられるのだが
たまたま、ジョイが何気に行ったスロットルで
300万ドル(3億3000万円)が大当たりしたことにより
婚姻の無効手続きを破棄し、一転、賞金の所有権争いへと発展していく。
法廷へと持ち込んだ所有権争いにしても
裁判官がこれまたノーテンキ判事なので
法廷シーンも緊張感が全くなくアホな茶番を見せられるだけ。

それにしても、キャメロン・ディアスも随分と老けましたね。
さすがにもう、ラブコメは厳しい感じを受けましたし
ソフトバンクのCMだけで十分ではないでしょうか。

個人的にこの女優がハリウッドスターと言われること自体が不思議。
『メリーに首ったけ』のころまでですかね~。

三十路なかばといえば、最も色っぽい時期なのに
『バットマン リターンズ』のミシェル・ファイファー。
『氷の接吻』のアシュレイ・ジャッド。
『オースティン・パワーズ』のエリザベス・ハーレー。
『シカゴ』のキャサリン・ゼタ・ジョーンズ。
『イングリッシュ・ペイシェント』のクリスティン・スコット・トーマス。
『アンダーワールド』のケイト・ベッキンセール。
『バウンド』のジーナ・ガーション。
『ホワイトハウスの陰謀』のダイアン・レイン。
『Fカップの憂うつ』のマリサ・トメイ。
『ゆりかごを揺らす手』のレベッカ・デ・モーネイ。
『ジェヴォーダンの獣』のモニカ・ベルッチ。
『ディープ・インパクト』のティア・レオーニ。
『トータル・フィアーズ』のブリジット・モイナハン。
『ファム・ファタール』のレベッカ・ローミン。
『アザーズ』のニコール・キッドマン。

と、まあこんな具合に。

個人的には
『郵便配達夫は二度ベルを鳴らす』(1946)のラナ・ターナーと
『ブーベの恋人』(1963)のクラウディア・カルディナーレが
生涯のお気に入りキャラというところでしょうか。

話が脱線してますが
本作品は時間つぶし程度の仕上がりと感じた次第です。
チケット代に換算したら200円が妥当かと・・・。

ここ最近、長い題名のときは適当に端折って言ってますね。
チケットカウンターでは「ベガス!」と言うだけ。

因みに『インクレディブル・ハルク』のときも
「ハルク!」(笑)
『庭から昇ったロケット雲』は「ロケット雲!」と済ませてます。

---------------------------------------------------
監督:トム・ヴォーン
脚本:デイナ・フォックス
撮影:マシュー・レオネッティ
音楽:クリストフ・ベック


出演:キャメロン・ディアス/アシュトン・カッチャー/ロブ・コードリー/トリート・ウィリアムズ/デニス・ミラー



『ベガスの恋に勝つルール』





『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« スカイ・クロラ The Sky Cra... | トップ | 2008年度、映画ベスト1... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆ありゃ・・☆ (TiM3)
2008-08-17 02:14:26
ばんはです(←はよ寝ろよ、と)。

ノーテンキそうな粗筋に、興味はわいてるんですが、、

あとアシュトン・カッちゃんの起用による「バタフライ効果」が
何処まで劇中に現れるんか、とかね(=^_^=)

>『バットマン フォーエバー』のミシェル・ファイファー。

こここ、これは『リターンズ』ではござらぬか、殿!

>『イングリッシュ・ペイシェント』のクリスティン・スコット・トーマス。

これは良かったです。ついでに『ランダム・ハーツ』もちょっとドキドキしながら観てました(照)

>『ディープ・インパクト』のティア・レオーニ。

いちお、主演やったんでしょうかね。
イライジャ君とは対照的に「海」へ向かってましたが、、

>『アザーズ』のニコール・キッドマン。

itukaさんとしては、外せなさそやね(=^_^=)

うーん・・本作、どうしよう(⌒~⌒ι)
あ!やってしまった~ (ituka)
2008-08-17 05:19:16
おはようさんです!
スポニチ配達で~す。

>こここ、これは『リターンズ』ではござらぬか、殿!

完全なるミス!間違えてました~。
貴重なるご指摘に感謝です。
これ、マジでず~っと勘違いしてましたよ。
ペロンと舐められたのがキルマー兄さんになってしまいますもんね(汗)

ってことで早速修正します^^

>あとアシュトン・カッちゃんの起用による「バタフライ効果」が
>何処まで劇中に現れるんか、とかね(=^_^=)

カッちゃんのバタフライは未見ですね~^^
冒頭でコスプレの彼女に「次はレスキューに助けられた母親役」とかなんとか言われてました^^

>ついでに『ランダム・ハーツ』もちょっとドキドキしながら観てました(照)

ねぇ!また、ついでに『モンタナの風に抱かれて』でもヒロインに感情移入する離れ業も経験しました。

>itukaさんとしては、外せなさそやね(=^_^=)

いやはや、見抜かれてしまいましたね。
事あるごとに羅列してましたからね(笑)

時間が許す限り観ることをお薦めします。
★1個なら「だから、言ったのに~」て言うかも(うそです)^^

コメントを投稿

映画 は行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

16 トラックバック

☆「ベガスの恋に勝つルール」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ 昼間にシネコンで1本、夕方に「一ツ橋ホール」にて本作の試写会。
ベガスの恋に勝つルール (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ありえない恋のはじまり 恋も、お金も、人生も。幸運は、前向きな人の味方。』  コチラの「ベガスの恋に勝つルール」は、キャメロン・ディアスとアシュトン・カッチャー共演のパワフルでハイテンションな8/16公開(13~15夏休み先行上映)のラブコメなのですが、...
What Happens in Vegas/べガスの恋に勝つルール (我想一個人映画美的女人blog)
グアムで観て来た1本は、ずーっと楽しみにしていた、アシュトンとキャメロン共演のラブコメ{/ee_1/} ふたりともコメディお得意、でも意外にも初顔合わせ。 字幕なしなので会話が完全に理解出来たわけじゃないから細かい会話では笑う事できなかったけど、 だいたいは...
ベガスの恋に勝つルール What Happens in Vegas  (銅版画制作の日々)
 ド派手なラブ・コメです。 8月13日、休みということもあって、東宝シネマズ二条にてこの映画を鑑賞。レディスディーで1000円、お盆休みのせいか、夕方なのにたくさんのお客さんでした。 キャメロン・ディアスは特に好きな女優さんではありませんが・・・。モデ...
ベガスの恋に勝つルール (★YUKAの気ままな有閑日記★)
お盆休みでごった返す劇場で観てきました~♪先行上映です【story】キャリアウーマンのジョイ(キャメロン・ディアス)は親友とともにラスベガスへ。そこで意気投合したジャック(アシュトン・カッチャー)と、いつの間にか結婚してしまう。正気に戻った2人は結婚を無効に...
映画 『ベガスの恋に勝つルール』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ラスベガスで電撃婚をしてしまった男女が、カジノで稼いだ大金をめぐり、大バトルを繰り広げるロマンチック・コメディー。主演は『ホリデイ』のキャメロン・ディアスと『守護神』のアシュトン・カッチャー。フィアンセにフラれたキャリアウーマン、ジョ...
ベガスの恋に勝つルール (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:トム・ヴォーン 出演:キャメロン・ディアス、アシュトン・カッチャー、ロブ・コードリー、トリート・ウィリアムズ テンション高すぎ~っ[:!:]
映画「ベガスの恋に勝つルール」(2008年、米) (富久亭日乗)
    ★★★☆☆  ラブ・コメディの女王Cameron Diaz主演の喜劇。 原題は「What Happens in Vegas 」。       ◇  失恋したばかりのキャリアウーマンJoy McNally (Cameron Diaz)、 父親の経営する家具会社をクビになったJack Fuller (Ashton Kutcher)、 美...
『ベガスの恋に勝つルール』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ベガスの恋に勝つルール」□監督 トム・ヴォーン □脚本 デイナ・フォックス□キャスト キャメロン・ディアス、アシュトン・カッチャー、ロブ・コードリー、レイク・ベル、トリート・ウィリアムズ、クイーン・ラティファ■鑑賞日 8月1...
ベガスの恋に勝つルール (eclipse的な独り言)
 近頃は残暑も厳しく、映画の記事も書くのを怠っていました。さて安くなったので観て
『ベガスの恋に勝つルール』@新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
フィアンセにフラれたキャリアウーマンのジョイ。父親が経営する工場を解雇されたジャック。ウサ晴らしに親友とラスベガスにやってきた二人は、偶然知り合い意気投合!ゴキゲンでハメを外しまくるが、翌朝目が覚めると、なんとジョイの指には結婚指輪が…!!酔った勢いでの...
ベガスの恋に勝つルール<懸賞当選鑑賞券> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
タダ券で観てきました。 <渋谷シネフロント> 監督:トム・ヴォーン 脚本:デイナ・フォックス 恋人に振られたジョイ。父親の工場を解雇されたジャック。ニューヨークで働く二人は、憂さ晴らしにと出掛けたラスベガスで偶然の出会いを・・・。 テンポのいいラブコ...
ベガスの恋に勝つルール★★★☆劇場63本目:こんな恋の始め方... (kaoritalyたる所以)
主演の2人が来日して話題になったラブコメディーを観てきました。やっぱりキャメロン・ディアスはキュートですよね!アシュトン・カッチャーはカッコよく見えるときもあるけど、基本ダサ男っぽいし好みじゃありませんが‥母性本能をくすぐるタイプとでもいいましょうか‥...
「ベガスの恋に勝つルール」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ウォール街で働くジョイ(キャメロン・ディアス)は完璧主義な性格が災いし、フィアンセにフラれる。 一方、同じニューヨークで父親が経営する工場を解雇されたお気楽な男ジャック(アシュトン・ カッチャー)。彼らはそれぞれ親友を連れて気晴らしにラスベガスへ。そして...
ベガスの恋に勝つルール (Blossom)
ベガスの恋に勝つルール WHAT HAPPENS IN VEGAS 監督 トム・ヴォーン 出演 キャメロン・ディアス アシュトン・カッチャー     ロブ・コ...
ベガスの恋に勝つルール (前向きに進みたい!!うつな自分)
典型的なラブコメです。 ちょっとお気に入りのキャメロン・ディアスが出ているので評価は甘め… ひょんな事から結婚してしまい、おまけ...