映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ドライヴ

2012年03月31日 22時35分43秒 | 映画 た行
評価:★★★☆【3,5点】


これは雰囲気を楽しむ映画ですね。

往年の名監督ウォルター・ヒルが70年代に撮った
『ザ・ドライバー』(1978)ライアン・オニール主演の
名作クライム・アクションを彷彿させるのか!という
淡い期待は中盤以降の展開により打ち砕かれてしまった。

あの裏組織の間抜けっぷりが頂けませんよ(苦笑)



自動車修理工場で働く孤独で寡黙なその男は、
卓越したドライビング・テクニックを買われ、
映画のカースタントマンとして活躍する一方、
夜には強盗の逃走を手助けする闇の仕事も請け負っていた。
そんなある日、同じアパートに暮らす人妻アイリーンと
エレベーターで遭遇し、一目で恋に落ちる。
次第に距離を縮めていく2人。彼女の夫スタンダードは
服役中で、今は幼い息子との2人暮らし。
ほどなくスタンダードが出所してくるが、
彼は服役中に多額の借金を背負ってしまい、
強盗を強要されていた。
男は妻子のためにスタンダードの強盗計画の
アシストを引き受けることにするのだが…。
<allcinema>



冒頭からの強盗犯の逃走に関する計画立案は
100歩譲って許せる範囲でした。
逃走するにあたり、住宅地図に事細かく書かれた経路を
観客に見せるところは期待どうりの展開でしたが
強盗犯との携帯電話で打ち合わせした直後に
ソファーに携帯電話を放り投げる適当さに、おいおいでした。
また、逃走するまでの待機する5分間という設定も
割とアバウトな感じで、どこからカウントダウンするんだ?
っていう感じでした。
そして、ここは生活用の腕時計ではなく
専用のストップウォッチを用いてもらいたかったな~。

自動車修理工の従業員という設定からすれば
プロの逃がし屋稼業だった『ザ・ドライバー』と
比較するのは、そもそも間違いなのかもしれません。

それでも、こういう小さな突っ込みは許せる範囲としても
ワタシ的に、ダメだった(本作へ期待値上げ過ぎたために)のは
同じアパートに住む隣人の美人妻(キャリー・マリガン)の
夫が刑期を終え、出所してきた後の
なにやら怪しい雰囲気の男たちが突然現れるところから
雲行きがヤバくなっていきました。

トドメは結果的に意味不明であった質屋強盗依頼の件。
この辺りをもうちょっと分かり易くしてくれたら
全体の雰囲気はよかっただけに
少しばかり残念な結果になってしまいました。

ということで、もうひとつ消化不良気味だったので
別の劇場に向かい、ライアン・ゴズリングのハシゴを決行!(笑)


おまけ)
・孤独で寡黙な主人公の雰囲気がよく似合ってたライアンくん。
 プロの逃がし屋稼業だった別映画のライアン兄さんも
 よく似た雰囲気を、、、いや、そっくりかも^^
 逃走用車両には300馬力にチューンアップされたシボレー・インパラと
 フォード・マスタング使ってましたが、カーチェイスシーンが
 思ってたほど出てこなかったのが物足らない。

 ちなみに、『ザ・ドライバー』の方の見せ場のカーチェイスは
 ピックアップトラック使ってましたからね(笑)
 これがまた、ポンティアック・トランザムと互角の走りを披露。
 カーチェイスにも静と動、緩急をつけちゃって見事でした。
 
・劇中劇のカースタントシーンは映画作りのメイキング見てるようで
 ちょっと得した気分になりました。

・30万ドルも出資したのにまったく活躍できなかったNASCAR。
 あれはチョット勿体なかったね(苦笑)

・極端に台詞の少ない主人公カップルの表情だけの演技には
 さすが若手演技派と思ってしまった。

・17歳のときに現夫に声をかけられ、そのまま付き合いだしたということは
 ピーター・サースガードを振った直後の不安定な時期だったのか?(おい)
 ま、映画は違えどキャリー・マリガンといえば“17歳”という
 ひとつのキーワードが付きまとうようです。

・結果的にキャリー・マリガンとは不倫関係になるわけですが
 刑期を終えた夫に対し、まだ刑務所に居てほしかったと願う気持ちは
 誰もが思うことでしょう。いつの時代も女性目線なんだな~(苦笑)
 『モンタナの風に抱かれて』『「マディソン郡の橋』とか
 不倫してる人妻って、なんでこうもキュートに見えるのでしょうか。
------------------------------------------------------------
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
脚本:ホセイン・アミニ
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽:クリフ・マルティネス


出演:ライアン・ゴズリング/キャリー・マリガン/ロン・パールマン


『ドライヴ』

コメント (8)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« マリリン 7日間の恋 | トップ | スーパー・チューズデー~正... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
強い! (rose_chocolat)
2012-04-01 01:02:25
ドライバーの強さの秘密が明かされないところが、質屋強盗手伝いの部分なのかもしれないね。
過去に何かやらかしてたとかさ。 そうでも考えないといけないんだけど。 そこんとこの説明がないからね。

でも基本これは雰囲気系なんでしょうねー。
好きな人はとことん好きな感じ。
roseさんへ (ituka)
2012-04-01 21:49:26
こんばんは。

ドライバーの過去は気になりますよね。
トラウマを持った元海兵隊か警察特殊部隊辺りが手ごろ感ありますけどね。
元エージェントとは、ちょっと違うかな(笑)

質屋に強盗って言ったときには小銭を取ってどうするつもり?でしたが
意外にも大金があって違和感があったんですが
そういうことだったのね(笑)

ロン・パールマンはバカボンの父の実写版に出演してもらいたいな。
へえぇー。 (オリーブリー)
2012-04-05 18:11:08
>不倫してる人妻って、なんでこうもキュートに見えるのでしょうか。

そうなんですか。
まっ、年齢制限もあるんでしょうが、マディソン郡のメリルがギリ?(笑)

ストーリーの意外性はないものの、必要最小限な二人のラブ描写は良かったな♪
あーいう、物静かで優しい男って、もうね、胸キュンよっ^^♪
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-04-05 23:55:02
アレですよ!
何も知らない夫が出てきた後の
妻のなんとも言えない表情に萌えてしまうのです(笑)
その気持ち、すごく分かるからですね(苦笑)
あの作品のメリルはギリOKですよ~(爆)

主役二人は純愛でしたね。
まるでファンタジー映画でも観てるようでした。
物静かなライアンくん、『ラース~』のイメージが遠い昔のように思えます(笑)
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-05-07 00:10:15
気になっていたこの作品、上映終了ギリで鑑賞できました!
とにかくこの映画の雰囲気が大好きでした。
雰囲気で行ったら、今のところ1番好きかも(笑)

ドライバーには名前がないし、彼の過去も明かされていないので、めちゃミステリアス(笑)
そんな孤独で影のあるドライバーを演じる
ライアンが素敵でした(*^.^*)

itukaさんも気になるところはいろいろとあるでしょうが(笑)切ない純愛と思って観て下さい(^_-)-☆

この作品で、まさかバカボンのパパとピーター
サスガードが出て来るとは思わなかった(笑)

>不倫してる人妻って、なんでこうもキュートに見えるのでしょうか

えっ!そうなの?メモしておこうっ~と(笑)
ひろちゃんへ (ituka)
2012-05-07 23:31:44
こんばんは。

GWも終わってしまいましたね。悲しいです(笑)
お~!公開最終日だったのかな。
ギリで観てハートにジャストミート!よかったね~^^

うんうん、これは純愛でしたね。
ガラス細工のように壊れやすい女性を全身全霊を掛けて守ろうとしたドライバーの気持ち分かるな~。
クールでミステリアスなドライバーの過去気になりますよね^^

ロン・パールマンの顔面アップを初めて見ましたが、『猿の惑星』には特殊メイクなしで出演できそうですね。

>えっ!そうなの?メモしておこうっ~と(笑)

たぶんこれは男性目線として一致してる感想だと思いますよ(笑)
☆猿は泳げなかった!☆ (TiM3)
2012-06-15 23:34:34
観て来ました~

前半の、ウォルター・ヒルなクール感が、中盤以降はヤン・クーネンみたいな(やりすぎ)バイオレンス感に変わって行ってました(×_×)

エレベータであんなに踏まれるしとを初めてみました。
「ホンマに警戒心が強いだけの、アパート訪問客」だったら、どうすんだろ。。
TiM3さんへ (ituka)
2012-06-16 01:06:12
こんばんは。

エレベーターの静と動の使い方は、この映画のポイントだったのでしょうか。
概ね、女性陣はあのシーンがお気に入りのようです。
こうしてみると、クールな主人公は生まれてから初めての恋だったのかと思うくらいの純愛劇でしたね^^

>「ホンマに警戒心が強いだけの、アパート訪問客」だったら、どうすんだろ。。

ほんと!こういう主人公は一歩間違えると狂人そのものですよね。
家庭訪問に来た学校の先生とか言ったら笑いものですよね(って、それだけですみません)^^

コメントを投稿

映画 た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

33 トラックバック

ドライヴ/Drive (LOVE Cinemas 調布)
表の顔はスタントマン、裏の顔は逃がし屋という凄腕ドライバーが、偶然知り合った女性を愛してしまったが故に思わぬトラブルに巻き込まれてゆく姿を描いたクライムアクション。主演は『ブルーバレンタイン』のライアン・ゴズリング。共演は『SHAME』のキャリー・マ...
ドライヴ (Memoirs_of_dai)
緩急が効いたエレベーター 【Story】 天才的なドライブテクを武器に、昼は映画のカースタント、夜は強盗逃し専門の運転手をしているドライバー(ライアン・ゴズリング)。ドライバーはアイリーン(キ...
ドライヴ (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 解説 スタントマンと逃がし屋の二つの顔を持つドライバーの姿をクールに描き、 欧米の評論家の称賛を浴びたクライム・サスペンス。 昼と夜では別の世界に生きる孤独な男が、ある女性への愛のために危険な 抗争へと突き進んでいく。 メガホンを取...
映画「ドライヴ」@シネマート六本木 (新・辛口映画館)
 映画レビューサイトCOCOさんの独占試写会だ。客入りは若干空席があるものの、会場となったシアター3はほぼ満席である。映画レビュアーさんたちの出席率の高さに感心する。
ドライヴ (悠雅的生活)
5分だけ待つ。スコーピオン。もう帰らない。
『ドライヴ』 2012年3月23日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ドライヴ』 を試写会で鑑賞してきました。 ドライブじゃないですよ! ドライヴね。間違わないように(笑) 【ストーリー】  天才的なドライブテクを武器に、昼は映画のカースタント、夜は強盗逃し専門の運転手をしているドライバー(ライアン・ゴズリング)。ドラ...
映画 「ドライヴ」  (ようこそMr.G)
映画 「ドライヴ」
ドライヴ / DRIVE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今月は、春のジュード祭りとライアン・ゴズリング祭り開催中 二人の出演作が2本も公開。ってことで 31日に公開になる本作、一足早く Twitter映画鑑賞記録サイトcocoさんのご招待試写にて鑑賞。 昼は車の...
ドライヴ (食はすべての源なり。)
ドライヴ ★★☆☆☆(★2つ) 昼はスタントマン、夜は銀行強盗専門のドライバーの二つの顔を持つドライバーの姿を描くクライム・サスペンス。 っていうけど、結局何が描きたかったのかよく分からなかったな~。 時々出てくるノスタルジックな音楽がなんだったのか・...
『ドライヴ』 (2011) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: DRIVE 監督: ニコラス・ウィンディング・レフン 出演: ライアン・ゴズリング 、キャリー・マリガン 、ブライアン・クランストン 、クリスティーナ・ヘンドリックス 、ロン・パールマン 試写会場: なかのZEROホール [2012年3月31日公開] 公式サイ...
『ドライヴ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'12.03.24 『ドライヴ』(試写会)@なかのZEROホール KLYさんのおこぼれにあずかって、総勢4名で見てきたー☆ 見たくて試写会応募しまくってたのでうれしい♪ *ネタバレありです! 「ハリウッドのカースタントマンでもあるドライバーは、犯罪者を現場から逃走させる...
ドライヴ (あーうぃ だにぇっと)
ドライヴ@シネマート六本木
映画:ドライブ Drive  L.A.を舞台に 旬のゴズリングがキメる、非常にクールなフィルムノワール。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
旬の男、ライアン・ゴズリングが主演の フィルムノワール。 L.A.を舞台に、タイトル通り Drive することに才能がある主人公を演じる。 プロットとしてはたいしたことがない犯罪もの(はっきり言って) のだが、全くそう感じさせない 非常にクールな描写。 ひとつひとつ...
ニコラス・ウィンディング・レフン監督、ライアン・ゴズリング主演『ドライヴ』(Drive) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストシーンに触れています。ジェイムズ・サリスの小説を原作にニコラス・ウィンディング・レフン監督が映画化『ドライヴ』。出演はライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、オスカー・アイザッ
ドライヴ (だらだら無気力ブログ!)
冒頭の逃走シーンが素晴らしい。
映画「ドライブ」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ドライブ』(公式)を本日初日に劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーリー 昼はハリウッド映画のカースタントマン、夜は強盗...
『ドライヴ』 (ラムの大通り)
(原題:Drive) 「たまに使う言葉を使わせてもらうけど、 これはほんとうの“拾いもの”。 いまのアメリカ映画にこんなアクションが作れるとは…!? 途中で、もしかしてこれオリジナルは韓国映画?なんて考えが 頭をよぎったほど…」 ----それはまた過激な言い方だニ...
[映画『ドライヴ』を観た(傑作! だが、スマン、短信だ)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆何の予備知識もなく見て、「キレのいいアクション作品かなぁ」と思いきや…、「ヴァイオレンスと純愛の狭間で…」てな、全編緊張感の持続する作品であった。  主人公は、昼は修理工として働き、依頼があればカースタントもこなす、車全般の若きプロフェッショナル。 ...
ドライヴ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【DRIVE】 2012/03/31公開 アメリカ R15+ 100分監督:ニコラス・ウィンディング・レフン出演:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライアン・クランストン、クリスティナ・ヘンドリックス、ロン・パールマン、オスカー・アイザック、アルバート・ブルックス ...
ドライヴ (風に吹かれて)
あるドライバーの純愛公式サイト http://drive-movie.jp原作: ドライヴ (ジェイムズ・サリス著/ハヤカワミステリー文庫)天才的なドライブテクニックを武器に、昼は自動車整備工場に勤め
「ドライヴ(Drive)」甘くてクール (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
最近活躍の目立つライアン・ゴズリング。 彼の運転する車で音楽をかけながら気まずい空間を体験したという監督が、彼のためにあて書きしたというだけあって、ライアン・ゴズリングの寡黙さあっての甘くてクールな作品だ。
ドライヴ (心のままに映画の風景)
自動車修理工場で働く卓越したドライビング・テクニックのドライバー(ライアン・ゴズリング)は、映画のスタントマンとして活躍する一方、夜は強盗の逃走を手助けする闇の仕事を請け負っていた。 ある日、...
ドライヴ (to Heart)
原題 DRIVE 製作年度 2011年 上映時間 100分 映倫 R15+ 原作 ジェイムズ・サリス 監督 ニコラス・ウィンディング・レフン 出演 ライアン・ゴズリング/キャリー・マリガン/ブライアン・クランストン/クリスティナ・ヘンドリックス/ロン・パールマン/オスカー・アイザッ...
『ドライヴ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ドライヴ」□監督 ニコラス・ウィンディング・レフン □脚本 ホセイン・アミニ □原作 ジェームズ・サリス■鑑賞日 3月31日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> これはちょっぴり...
愛ゆえに・・・ (笑う学生の生活)
4日のことですが、映画「ドライヴ」を鑑賞しました。 昼はカースタントマン、夜は強盗などの運転手として逃がし屋として働く男 ある女性に恋をし 助けるために事件 抗争に巻き込まれていく・・・ とにかく クールでカッコいい 主人公のドライバーに惚れてまうように ....
ドライブ             評価★★★65点 (パピとママ映画のblog)
font size="3">昼は映画のスタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手が裏社会の抗争に巻き込まれていく様を描くクライム・サスペンス。ジェイムズ・サリスの小説を原作に「プッシャー」のニコラス・ウィンディング・レフン監督が映画化。出演は「ラブ・....
リアル・ヒーロー~『ドライヴ』 (真紅のthinkingdays)
 DRIVE  A real human being and a real hero  「10万の通りを持つ街」、ロサンゼルス。自動車修理工場で働く謎めいた男 (ライアン・ゴズリング)は、抜群のドライビング・テクニッ...
★ドライヴ(2011)★ (Cinema Collection 2)
DRIVE 疾走する純愛―― 上映時間 100分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(クロックワークス) 初公開年月 2012/03/31 ジャンル サスペンス/犯罪/アクション 映倫 R15+ 【解説】 ジェイムズ・サリスのクライム・ノベルを基に、闇の稼業に手を染めた ハリウ...
ネオンを引き立てる暗闇 『ドライヴ』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン出演:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガンアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 7点
ドライヴ (ここなつ映画レビュー)
見終わってからしばらくして、じわじわと余韻が効いてきた。男は女と子供を守る、という、古き良き映画のスタイルなんだ。そこに男の哀愁が加わって、完璧。冒頭の導入部、ノワールの香り漂い、犯罪者を車で逃がすそのドライビング・テクニックと決断力も男らしくて、い...
ドライヴ (銀幕大帝α)
DRIVE/11年/米/100分/犯罪サスペンス・アクション/R15+/劇場公開(2012/03/31) -監督- ニコラス・ウィンディング・レフン -出演- *ライアン・ゴズリング『ラブ・アゲイン』・・・ドライバー *キャリー・マリガン『ウォール・ストリート』・・・アイリ...
ドライヴ (いやいやえん)
ライアン・ゴズリングさんの演技も良いのですが、演出も良かった。監督は「ヴァルハラ・ライジング」の方。同じように少ない台詞からは推し量れない何かが心を抉っていく。台詞のない状態での感情の動きってのが凄く沁み込んで来る作品になっていると思う。静寂が時に...
ドライヴ (Drive) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニコラス・ウィンディング・レフン 主演 ライアン・ゴズリング 2011年 アメリカ映画 100分 アクション 採点★★★★ 人見知りモード発動中か嫌いな人が一緒じゃない限りは、基本的におしゃべりな私。数はとことん少ないですが、気の合う人と語り合ってる時間...