映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

アリータ:バトル・エンジェル

2019年02月23日 11時43分31秒 | 映画 あ行
評価★★★★【4点】



2020年公開予定『アバター』続編の前哨戦として
J・キャメロンの本気度を知る意味で価値のある映画だ。



世界が富裕層が暮らす天空都市“ザレム”と、
そこから排出された廃棄物が堆積する荒廃したクズ鉄町
“アイアンシティ”に二分された未来都市。
アイアンシティに暮らすサイバー医師のイドは、
クズ鉄の山の中からサイボーグの少女を発見し、拾い上げる。
頭部だけになっていた彼女は300年前のサイボーグで、
長い休眠状態のために一切の記憶を失っていた。
イドはそんな彼女に新たな機械の身体を与えると、
“アリータ”と名付けて娘のように大切に育てていく。
やがて町へ飛び出したアリータは、
ザレムに行くことを夢みる青年ヒューゴと出会い、
少しずつ心を通わせていくのだったが…。
<allcinema>



本作上映回数をサラッと見れば
そのほとんどが3Dという最近では珍しい設定がされている。

ほとんどの観客が3D離れしていくなかで
いまだ3Dにこだわりを見せるキャメロンならではの
立体映像への執着が感じられるわけだが
本作を観る限り、それまでの3Dと特に何ら変わってない。

ズバリ言って、久々の3Dだし、キャメロン絡んでるしで
そこに期待していたことに落胆したわけだが、
最終的に本当に裸眼3Dを劇場体験してくれるんやろか(笑)

ということで、そこは今後に期待しておこう。

さて本作、主役のヒロインの造形(特に大きな目)が気になり
チョットどうかな~という不安は、上映開始10分ほどで
まったく気にならなくなった。

逆に、映画が進行していくにつれ凛々しいヒロインに釘付けだ!
さらに、途中からバージョンアップされた肉体と頭部のバランスは
近年の女戦士のなかでは断トツのレベルと言いたくなる。

ストーリーは単純だがキャラクターに惚れたら
これはもう目が離せなくなるのは仕方のないこと^^;
最後もしっかり続編ありきで終わってるしね。


【今週のツッコミ】

・ほぼ1年ぶりの3Dのせいで専用メガネ自宅に忘れました。
 仕方ないので劇場で購入したけどクリップ式はもうないのね。

・3D吹き替えのモーターボール実況が古舘伊知郎って
 当時のF1実況中継の再現まんま(テンポあり流石に上手い!)

・小学生の体型から99番パーツで一気に大人体型に。
 これには、どの男性も生唾ゴックンではなかろうか(←アンタだけ)

・大きな目にしたかった『ビッグアイズ』繋がりのクリストフ・ヴァルツ。

・これだけ肉弾戦に長けてるとまったくハラハラしない(いい意味で)

・バトルシーンをもう少し削って、その分、人間ドラマを~

・モーターボールが一時期流行ったローラーボール+スピスケのよう。
 サイボーグらのバトルが「トランスフォーマー」並みにガチャガチャ^^;

・アリータ役のローサ・サラザールも一般人より目が大きいので
 モーション・キャプチャーでなく彼女をそのまま演じさせても
 いいような気もするが。。。

・本作、3DよりもCGリアル人間の方に注力している感じだ。
 『ブレードランナー2049』のレイチェル(ショーン・ヤング)の
 完全再現もあったし。

・アリータのモーターボールのメット姿が可なりイケてる!

--------------------------------------------------------
監督:ロバート・ロドリゲス
脚本:ジェームズ・キャメロン/レータ・カログリディス
音楽:トム・ホルケンボルフ
出演:ローサ・サラザール/クリストフ・ヴァルツ/ジェニファー・コネリー

『アリータ:バトル・エンジェル』










『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 女王陛下のお気に入り | トップ | グリーンブック »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2D字幕版で観ました! (mobile)
2019-02-26 12:14:17
 ちと詰め込み過ぎでした。折角の大作なのに・・・これでは一般の観客にもマニアにも中途半端な気がします。
 アクションはイイ出来です。外国映画で求められる人物の掘り下げもちゃんとやってます。でも何かが足りない。
-------☆☆☆-------
 詰め込み過ぎというのは、本来ならSW並みに全9作くらいにしないと無理なストーリーを、無理やり3作くらいに押し込めようとしている意図がアリアリなのです。今回は『モーターボウル』編は捨てて『魔角(マカク)』編に絞った方が良かったのではないか、と。
 そして、私のモノ足りなさの原因は『映画化されるに当たって原作のアクの強さが弱まってしまった』ことではないかと思います(結構忠実に映像化しているのに、ですよ・・・そこが問題だ!)。
 どうせならR15指定覚悟で、原作をもっと丁寧に料理して欲しかった!(個人の感想です)。
mobileさんへ (ituka)
2019-02-26 21:19:31
原作ご存じだったのですね。
ワタシは今回映画で初体験だったので言われるような壮大なストーリーが
この原作に存在したこと知らなかったです。
なるほど!詰め込みすぎましたか。
「SW」並みならシリーズ化にして細部まで描きこんでほしかったし、
できるなら、テレビドラマにして完全再現もやってほしいかもです。
こんにちは (yukarin)
2019-02-27 14:49:41
2Dでも立体感があって見ごたえある映像でした。
これはMX4DやIMAXで観たいと思ってしまいました。
原作は知らないのですが楽しめましたし、ぜひ続編を作ってほしいです★
yukarinさんへ (ituka)
2019-02-27 21:17:42
そうなんですよ!
2Dでも立体感があって見ごたえありましたね。
もうすでに2回鑑賞しました(3D、2D)
ワタシも4D鑑賞を考えたんですけどまだ実行できてないです。
続編作ってほしいですよね!
じゃないと上の世界がまったく出てませんもんね(笑)
Unknown (mariyon)
2019-02-28 17:50:06
2D字幕の鑑賞です。
うかうかしてると、吹き替え(3Dも含め)だけになってしまうのが、辛いです。
わたしも原作知らなかったので、ネットで見たら、まあ、ヒロインが可愛くて、それに美しい。
彼女の純なところと正義感、アニメだったらハマってました。
映画はよくできてたけど、今ひとつ入り込めなかったのは、たしかに、要素が多すぎだったかもですね。
後ろのおじさん、いびきかいて寝てたもんなぁ~。
mariyonさんへ (ituka)
2019-02-28 20:01:10
J・キャメロンが絡んでたので敢えて3Dから入っていきましたが
期待したほどの3Dではなかったです。
ポイントはそこではなくCGリアル人間の部分だったのかもしれませんね。
目の大きさも限界ギリ許せる範囲でホッとしましたよ(笑)
あれ以上大きかったらディズニーアニメみたいですし。。。
後ろのオッちゃんには合わなかったんでしょうかね~^^;

コメントを投稿

映画 あ行」カテゴリの最新記事