映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

レッドクリフ PartⅠ (08’F=8本目)

2008年11月08日 23時21分16秒 | 映画 ら行
評価★★★★


久々に観た!三国志に見るアジアの一大叙情詩!

冒頭から
国取り合戦の相関図が非常に親切で判りやすい。

◇---

西暦208年。中国。
帝国を支配する曹操(チャン・フィンイー)は
「天下統一」を揚げ、80万の大軍で
対抗勢力に襲いかかる。
標的となった劉備軍は、撤退が遅れ敗走をよぎなくされる。
精強ながら、その軍勢はわずか2万となり窮地に追い込まれる。

劉備に、軍師の孔明(金城武)は、
敵軍である孫権と同盟を結ぶことを進言し
ひとり孫権の許へ向かう。

孔明の同盟提案に戸惑う若き皇帝・孫権(チャン・チェン)。
孔明は、孫権が兄と慕い、事実上のキーパーソンである
司令官の周瑜(トニー・レオン)に出会う。
始めは孔明に対し疑心暗鬼を抱く周瑜だが
その人柄に触れ、次第に信頼を覚えるようになる。
孔明もまた、周瑜のカリスマ性に惹かれ
ついに、孫権軍と劉備軍は同盟を結ぶ。

二人の姿に同盟軍の心も、ひとつになっていく。

一方、80万の大軍で決戦の地へと向かう曹操には
秘められたもうひとつの目的があった。
それは、絶世の美女と言われる周瑜(トニー・レオン)の妻で
小喬(リン・チーリン)を我が物にすることだった。

80万の曹操軍に対する連合軍は、わずか5万。
圧倒的に不利な状況を覆すため
連合軍は勇気と結束を武器に孔明の奇策にかける。

歴史に残る大激戦“赤壁の戦い”の火ぶたが切って落とされた。

1800年の時を超えて紡がれる“愛と勇気の伝説”『レッドクリフ』。
『M:I-2』でハリウッドの頂点を極めたジョン・ウー監督が、
『パイレーツ・オブ・カリビアン』のスタッフとタッグを組み
製作費100億円を投入して作り上げたスペクタクル巨編である。

孫権軍の司令官・周瑜(しゅうゆ)役には、トニー・レオン。
周瑜と固い友情で結ばれる劉備(りゅうび)軍の
天才軍師・諸葛孔明(しょかつこうめい)役には金城武。
周瑜の妻・小喬(しょうきょう)役を
台湾のスーパーモデル、リン・チーリンが演じる。
また、日本からは中村獅童も特別出演している。

---◇

壮大なスケールに、まず圧倒される。
物語のスケールは当然だが、スクリーンに登場する
両軍合わせて13万人という兵士は
1000人以上のエキストラを配備している。
そして馬も半端でない数が使われているのだ。
建造物も広大な土地に実際に建てたものだろう
世界の巨匠・黒澤のモノクロ黄金期の映画にも匹敵する重量感だ。

この迫力を体感するには映画館の大スクリーンで観ないと損だね。

さりげなく登場していた純日本人俳優(中村獅童)が
孫権軍の周瑜(トニー・レオン)に仕える武術の達人役で
その存在感はなかなかのものでした。
この辺りは、孔明(金城武)の外務大臣的な静の指揮官とは
対極に描かれている。

また全編に流れる効果音楽およびテーマ曲が
岩代太郎氏によるもの。
歴史大作に相応しくなかなか力強くて迫力ある旋律だ。

それにしてもアレである。
帝国を支配する曹操軍総統のもうひとつの目的の
絶世の美女・小喬(リン・リーチン)の美しさに目がテン。
これが映画初出演だったなんて、これまたびっくりだ。



これは絶対、
今後ハリウッドから一気にオファーが来るはずだ。
こんな美女にワタシも“チマキ”にされたいものです。


おまけ)
字幕版で鑑賞のため疲れた~。
漢検1級レベルのような漢字のオンパレードであるため
いつもより字幕文字を追う時間が掛かったワタシ。
ココにレビューするのも漢字変換に苦労したので
大概はコピペで終了したものだから身に付かないね(汗)
いや、VISTAが学習しないのである。

------------------------------------------------------
監督:ジョン・ウー
脚本:ジョン・ウー/カン・チャン/コー・ジェン/シン・ハーユ
撮影:リュイ・ユエ/チャン・リー
音楽:岩代太郎


出演:トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チーリン



『レッドクリフ PartⅠ』

コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« ハロウィン (08’F=7本目) | トップ | ホームレス中学生 (08’F=9... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (TiM3 with 白い鳩)
2008-11-09 01:03:27
白い鳩は飛んでましたか~?

ジョン・ウーはどうも『ウィンドトーカーズ』で
ハリウッドの頂点から滑落しかけたイメージが
(ワタシの中で)強いので、
本作もちょっと斜に構えてしまいますね。。

本作を1本にまとめる手腕(ってか決断力&編集力)がウーにあれば、
何処までもついて行くんスけど・・(⌒~⌒ι)
白い鳩 (ituka)
2008-11-09 21:22:01
>白い鳩は飛んでましたか~?

絶対に出てくるだろうな。なんて思ってたら
やっぱり出てきました^^

国取り合戦であるが故、戦闘での死者が大量に出ると云うことで
神聖なる白い鳩を登場させているのでしょうね。
死者への冥福を祈る形として、彼には白鳩は欠かせないのでしょう。

>ジョン・ウーはどうも『ウィンドトーカーズ』で
ハリウッドの頂点から滑落しかけたイメージ

確かに、『ウィンドトーカーズ』は同年に公開された
『ワンス・アンド・フォーエバー』の影に隠れた印象で
主演のニコラス刑事がどうにもへタレに見えて仕方なかったです。
ジョン・ウーの演出もイマイチでしたしね^^

>本作を1本にまとめる手腕(ってか決断力&編集力)がウーにあれば
>何処までもついて行くんスけど・・(⌒~⌒ι)

本作に関してはpartⅡが来年の4月に公開されるんですが
今から、楽しみで仕方ないです。
三国志の赤壁の戦いをNHKスペシャル以外で観れたことに感謝してます(照)
やっと見ました (笛吹働爺)
2008-11-19 15:04:24
想像以上の映像でした。
トニーレオンはちょっと軽すぎかなと思わないでもない。
後編が楽しみです。
鑑賞お疲れ様です (ituka)
2008-11-20 08:44:50
>想像以上の映像でした。

さすがジョン・ウーという奥行き感のあるカメラワークにワタシも痺れました^^

>トニーレオンはちょっと軽すぎかなと思わないでもない。

連合軍の総指揮ということで
もう少し年齢を重ねた俳優さんが演じたほうが良いですよね。
興業的にみたらトニー・レオンは外せなかったかもしれませんね^^

続編が来年の4月ということで
チョット間隔が空いてしまうことが痛いところです。



コメントを投稿

映画 ら行」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

レッドクリフ Part? (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵~」的なミーハーな認識程度はあります(照)で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁徳のある周瑜をトニー・レオンが演じるんだもの・・・こ...
クオリティーの高い作品が台無し。『レッドクリフ Part I』 (水曜日のシネマ日記)
中国の英雄伝「三国志」を基に、国をかけて戦う男たちの姿を描いた作品です。
★「レッドクリフ Part I」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。
レッドクリフ Part1 (Akira's VOICE)
興奮と退屈が,いったりきたり。
映画「レッドクリフ PartI」(2008年、米・中・日・台・韓) (富久亭日乗)
    ★★★☆☆   「三国志」の「赤壁の戦い」を描いた戦争スペクタクルの前編。 監督は呉宇森(John Woo )。 原題は「赤壁」。     ◇  天下統一の野望を抱く魏の曹操(張豊毅)は、 南の蜀に狙いをつける。 蜀の劉備(尤勇)軍の天才軍師、孔明(金城武)は...
レッド・クリフ(Part1)/RED CLIFF/赤壁 (我想一個人映画美的女人blog)
ジョン・ウー監督が、構想18年、制作費100億、 更に10億、自らの資産をつぎ込んで創り上げた最新作はなんと三国志{/ee_3/} 中国、香港、台湾、韓国、タイ、シンガポールとアジア各国で7月10日から公開中! のきなみ興行成績の記録を更新するほどの大ヒット。 今年の上...
映画 『レッドクリフ Part I』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆『M:I-2』などの巨匠、ジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた歴史アクション大作。中国の英雄伝「三国志」を基に、国を賭けて戦う男たちの壮大なロマンと、彼らを陰で支える女性たちの姿も浮き彫りにする。はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操...
そんなぁ~~~!☆ 『レッドクリフ Part I / RED CLIFF 赤壁』 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
20代の頃に夢中になって読んだ三國志。 でもそれからだいぶ時は過ぎ、主要人物の名前はなんとか覚えていたものの、ストーリーについては、ほぼ壊滅状態…(-_-;) 私が知ってる限りでは、近年映画化はされてないはずだしね。 本作『レッドクリフ』にはジョン・ウー監督...
レッドクリフ Part I (利用価値のない日々の雑学)
「ワルキューレ」の国内年内公開がなくなり、年頭の筆者の期待度ランキングでは結果的にトップなった作品がいよいよ公開された。というより、ここ数年「スペクタル史劇」の映画作品が大変多く、このブログでも、中国といえばなんといっても「三国志」であることを何度と...
【映画】レッドクリフ Part I (新!やさぐれ日記)
▼動機 今月末期限の無料鑑賞券を使うため ▼感想 つみきみほがでてた。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打...
レッドクリフ (金城武さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆孔明 役の金城武さん(のつもり) 金城武さんは、現在公開中の映画『レッドクリフ Part I』に諸葛亮(孔明)役で出演しています。 昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。 ●あらすじと感想
レッドクリフPart1 (Sweetパラダイス)
レッドクリフ「赤壁」を見て来ましたPart1、Part2の二部作ですね~私の大好きな三国志のお話二時間半を超えましたが全然飽きなかったです上映時間も長いとは思わず見るのに夢中これは劇場版で見るべきですよね~最初は劉備軍の敗走から。趙雲が劉備の1人息子を助ける所...
レッドクリフ Part1 (楽しい株主優待生活)
先日、レディースデイに観てきました{/onpu/} 三国志のストーリーは全く分かっていない私ですが、 内容も分かりやすく面白かったです。 戦力で劣る軍が大軍勢を翻弄する様は見事でした。 相手を挑発して罠に誘いこむところなど、 真田一族やカルタゴのハンニバルみたいで...
【レッドクリフ Part I 】 (+++ Candy Cinema +++)
【RED CLIFF/赤壁】【監・製・総・脚】  ジョン・ウー 【製作国・地域】  アメリカ/中国/日本/台湾/韓国  【配給会社】      東宝東和...
『レッドクリフ Part1』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ...
「レッドクリフ Part?」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
今から30年以上前、偶然手にした一冊の漫画。中国の歴史小説を題材とし、横山光輝氏が手掛けたその作品に、自分はすっかり魅せられたしまった。後漢末期から三国時代にかけての群雄割拠の時代を描いた「三国志」で在る。それ以降、全60巻を買い揃えるに到り、これ迄に...
レッドクリフPart1 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 武ちゃんが出てなかったら多分・・・観に行ってない  三国志は難しいし よー分らんから  ってか興味ないけど、旦那が大好きで どーせ観に行くなら 予習しとき~ って 一応はちょぴっと 予備知識を入れてもろーてから観に行ったこれが、観に行ってみたら 結構...
『レッドクリフ PartI』 @新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリ...
ジョン・ウーとは何だったのか (RISING STEEL)
この作品が好きな人、ジョン・ウー監督のファンである人は気分を害されるかもしれません 言いたい放題の辛口です レッドクリフ / 赤壁 2008年 中国/日本/アメリカ/台湾/韓国合作映画 監督:ジ...