野球文学に拍手

野球の話題、日ハムとパリーグ、高校野球とMLB、独立リーグの野球も注目。趣味も

「許して!」と 叫ぶ以外に すべも無き 愛受(あいじゅ)の権利 誰も救えず・・

2018-07-20 07:47:21 | ニュース
「許して!」と 叫ぶ以外に すべも無き 愛受(あいじゅ)の権利 誰も救えず・・
親以外 道はないのか すべも無き 哀れ5歳の 命、奪われ・・
虐待に 猛暑、豪雨の 惨かすむ 自然にあらず 人(人間)の行動・・  
コメント

「顔」と「声」 共に馴染(なじ)めど 「名」を読めず 常田富士男(ときたふじお)と 初めて読めり・・・

2018-07-20 05:29:38 | ニュース
「顔」と「声」 共に馴染(なじ)めど 「名」を読めず 常田富士男(ときたふじお)と 初めて読めり・・・(81歳の訃報に接し)
コメント

「300」に 迫る命を 奪い、かつ 土砂は押し寄せ ムシの暑さよ・・

2018-07-14 04:03:20 | ニュース
「300」に 迫る命を 奪い、かつ 土砂は押し寄せ ムシの暑さよ・・
制裁を まだ受けている 人の世は 何の落ち度か 何の恨みか・・
被災者へ 言葉失う 爪の跡(あと)(合掌、ご冥福)
コメント

「大好きだったアメフトが、あまり好きではなくなりました」

2018-06-04 07:37:33 | ニュース
「大好きだったアメフトが、あまり好きではなくなりました」

****

アメフトにおける不正タックル問題が、
大学のあり方、スポーツのあり方、危機管理の在り方と、
あっという間に社会問題へと拡大してゆく。
その速さに驚いた人も多いのではないだろうか。
その原因の一つは、この出来事が誰でも興味を持つ
スポーツの世界での「事件」だったからだと思う。
発言したい人が、全国に溢れ出た、そんな感じに見える。
マスコミもそれを感じ取って、取り上げた。
これは「致し方ないこと」として、受け入れるしかない。
しかし、スポーツ愛好者として決して忘れることの出来ない
一つの言葉がある。
それは加害者の宮川君が一人で、記者会見に臨んだ時の言葉。
「大好きだったアメフトが、あまり好きではなくなりました」
この言葉が、多くのスポーツファンの涙を誘ったことは
想像に難くない。
それだけ重みのある言葉だったのだ。
コメント

学生の アト(後)追いかけて 記者会見 コーチ、監督 恥の上塗り・・・

2018-05-24 05:10:01 | ニュース
学生の アト(後)追いかけて 記者会見 コーチ、監督 恥の上塗り・・・
誰にある ウソの必要 どっちかな・・国民は みんな知ってる 腹の中・・ 
真実を 話しているは どっちかな 二者択一だ 日本大学・・
潔白を 示すつもりが 真っ黒に なってしまった 二人のタヌキ・・
作戦は 中継できぬ 時間帯 コーチ、監督 緊急会見・・
コメント