野球文学に拍手

野球の話題、日ハムとパリーグ、高校野球とMLB、独立リーグの野球も注目。趣味も

「べっぴん」を 出して「すっぴん」 引っ込める・・・

2017-04-30 07:48:12 | 和歌、川柳
「べっぴん」を 出して「すっぴん」 引っ込める・・・
少年に 世間知らずを 教えられ 強さ本物 「敗北」知らず・・藤井棋士
名を呼ぶか エールにするか 決めかねる「行けー!」と言われ「池江」も迷う・・水泳
コメント

「子供は3歳までの「愛らしさ」で、一生分の親孝行を済ませている」

2017-04-29 06:59:15 | 日記
「子供は3歳までの「愛らしさ」で、一生分の親孝行を済ませている」
****
いま、孫(マゴ)の愛らしさを見るにつけ、
4歳の誕生日が近づいても、なお、
この名言(言葉)を、
つくづくと、噛みしめている。
コメント

どこで間違えたのか、自分の人生。

2017-04-29 04:49:38 | 日記
どこで間違えたのか、自分の人生。
来月には離婚することになった親不孝者。
母の墓前に謝罪のため、ワレモコウの咲く古里へ。

実家は従弟(いとこ)に渡り、顔出しもできない。
その生家の「灯り」をみて、素通りするだけ。

母の教えが身に染みる今、
ただ一言、母に謝りたくて、戻ってきた・・・

中年歌手が、後悔の念を込めて切々と唄う。
杉本正人の「吾亦紅」は、そんな情景を
聞く人に対して強く、鮮明に想起させる
そのような歌だった。
(29日早朝のラジオ深夜便から)
コメント

26日のドラマ・・捜査一課「9係」

2017-04-27 05:26:15 | テレビドラマ
26日のドラマ・・捜査一課「9係」

井の原、吹越、津田、田口らの個性的な(クセのある役どころ)男優陣を相手に、

肩ひじ張ることなく、ひょうひょうと仕切りながらも、いつの間にか結果を出す。

そんな女性の上司役、「羽田美智子」の紅一点役が見事に決まっている。

軽妙な部下(捜査員)たちの「やり取り」、同僚に対する皮肉や冷やかしも

遠慮なく繰り出す。

吹越に言葉を取られて、口を封じ込められてしまう津田の演技も注目。

思わず、フォローしたくなってしまう、笑えるシーンの連続だ。

コメント

24日「球辞苑」・・リード

2017-04-24 20:32:47 | 野球
24日「球辞苑」・・リード
ゲスト・・松本氏(元巨人)福本氏、他
福地コーチの指導で山田哲人の盗塁数が倍増。
盗塁における「3S」・・スタート、スピード、スライデイング・・
常に帰塁できる姿勢でリードする。(重心の取り方)
走る姿勢を見せることで、次打者へのストレート(投球)が増加、
打者は配球が読みやすくなり、飛躍的に打率がアップした。
(広島カープ、田中と菊池の関係)
昨年、最も牽制球を受けた名誉ある選手たち・・
一位(田中・・カープ)、二位(西川・・日ハム)、三位(金子)、
四位(中島・・日ハム)、五位(秋山)、
世界の盗塁王・・福本の場合は、
投手のクセを研究して、盗塁数を稼いだ。
コメント