リウマチと共に京花姐さんの歩く道

リウマチと共に長い道を歩いてきました。今まで歩いた道とこれからの歩く道を記していきます。
毎日の暮らしをおりまぜて。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私のリウマチ

2013-03-15 13:28:20 | はじめまして
はじめまして!

リウマチで悩んでいる患者さんは、本当に多いと思います。


誰だって、リウマチなんかになりたくない!

リウマチって、宣告されても認めたくない!

この先の体の変化が心配。


関節が変形するんじゃないか・・・・

歩けなくなるんじゃないか・・・・・

生活していけるのか・・・・・


リウマチ初期の頃は、どんな生活になるのか何も想像ができない。

発症から数年がたち、リウマチが徐々に進行していき、

できないことがだんだん増えていって、気がつけば・・・

見るからに立派なリウマチ患者になっていた。。。。


もう数十年もリウマチを患っている私のことです。

私は、高校生の時に、リウマチを発症しました。

多感な女子高生が、リウマチを告げられるなんて・・・・

絶望の淵に立たされました。


ドクターが私に言った言葉は今も忘れられません。

「おばあちゃんのを恨んだらあかんよ~」

そうです。

私の祖母が、リウマチだったのです。

隔世遺伝ですね。

祖母を恨む気持ちなんて、サラサラなかったけど、

自分の運命を恨みました。

そこから、私のリウマチと付き合いが始まったんですね。

そんな私のココロと体のことを、書いていきたいと思っています。


リウマチの症状は百人百様。

生活環境も人それぞれ。


ここでは、あくまでも私個人の病気のことしか書けないので、

こんな人もいるんだと、軽く読んでいただけると有難いです。


これまでの道と今歩んでいる道をおり交ぜながら、書いていきますので

これからどうぞよろしくお願いします。




関節リウマチ ブログランキングへ
コメント (4)