癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

■福田氏、自民党に警告する!

2007年09月30日 17時08分52秒 | コラム
      by福田首相

幸運の女神はこのところ、日本の民主党にほほ笑んでいる
。わずか数カ月のうちに、民主党としてかつてない大勝を選挙で収め、参議院の第一党となり、そして安倍晋三前首相を辞任に追い込んだのだ。

後任の総理大臣となった自民党の福田総裁は現状について、自らの内閣を自分自身で「背水の陣内閣」と呼び、「一歩でも間違えれば、自民党が政権を失う、そういう可能性がある内閣だ」と危機感を示した。

しかし、過去半世紀にわたり権力を独占してきた自民党をこうして脅かすことと、その自民党を実際に野党の地位に追いやってしまうことは、全く別の話だ。民主党はどうやったら今のこの順風を本格化させて、政権与党になることができるのだろう。

民主党には、戦略と政策の両方が必要だ。というのも福田氏の首相選出は民主党にとって、色々と厄介をはらんでいる。
不運な安倍氏と比べて、福田氏は攻撃しにくいというのが、1点。

おまけに新首相は、テロ特措法の延長をほぼ諦めたかに見えるのがもう1点。米国など多国籍軍の艦船に海上自衛隊がインド洋上で補給活動をするためのテロ特措法について、延長を承認しないというのが、民主党のこれまでの切り札だった。
しかし切り札はもはや、切り札でなくなってしまった。

民主党「次の内閣」の「ネクスト防衛大臣」、浅尾慶一郎参議院議員は、「もし福田氏がテロ特措新法を議論しようというなら、それは民主党にとっていいことだ。しかしどうも、見通しが変わってきた」と話す。

民主党はこれから、自衛隊の海外派遣は国連決議にもとづいた活動にすると規定した独自法案を提出するかもしれない。それにはおそらく、給油活動を停止し、アフガニスタンの警察部隊を訓練し、アフガニスタンにおけるDDR(元兵士の武装解除・動員解除・社会復帰)活動に参加するという内容が含まれるだろう

この戦略にはリスクがないでもない。日本の世論はインド洋での給油活動を支持するかどうかで割れているし、民主党が特措法延長を政争の具に使って政治的ポイントを稼ごうとしているとみなされたら、世論は民主党を批判するかもしれない。さらに福田首相は、民主党内でも意見が分かれているところに割って入って、民主党内の不一致を利用するかもしれない。
民主党内ではたとえば、前原誠司前代表などが、党の公式見解を乗り越えて、給油活動の継続に前向きな姿勢を見せているからだ。

テロ特措法をめぐる対立は別にしても、民主党は参院優位を活用して、早期の衆院解散を強く求めていく方針だ。浅尾氏はこう言う。「できるだけ早い総選挙を望んでいる。しかし福田氏の方は、できる限り引き伸ばしてくるだろう」

総選挙を遅らせる理由のひとつとして、自民党は来年7月に予定される北海道・洞爺湖サミットをあげてくるかもしれないと浅尾氏。G8サミットで議長国の任を果たす前に政権交代のリスクを犯すのは、無責任だと政府は言うかもしれない。そして総選挙を遅らせればその分だけ、自民党はその間に体勢を立て直し、安倍政権の不幸な1年の記憶を和らげることができるというのが、評論家たちの見方だ。

民主党にとって、とるべき戦略がリスキーだというなら、まして掲げるべき政策は尚のこと。民主党の政策が自民党といかに違うか、その説明の仕方にはかなり工夫が必要となる。
与党・自民党は、タカ派から穏健派、自由市場主義者から保護主義者、福祉重視派まで様々な政治思想・主義主張をひっくるめて擁している思想的幅の広い政党だ。しかし同様に、民主党も同じだ。

小泉純一郎氏が首相だったとき、民主党は自分たちこそが市場改革の党で、小泉氏は民主党の真似をしただけだとさかんに主張していた。ところが最近の民主党は、農家への補助金給付を約束したり「共生社会」を掲げたりと、むしろかつての旧来型の自民党のような様相だ。

しかしそれは誤解だと、民主党の参議院政策審議会長代理、大塚耕平議員は言う。「矛盾はしていない。市場主義原理を導入する必要があると最初に訴えたのは民主党だ。しかしだからといってそれは、貧しい人々を置いてきぼりにしていいということではない」

浅尾氏はさらに、民主党の外交政策の基本はただ米国に盲目的に追従することではなく、国際法を守り、アジアの近隣諸国と関係を改善していくことだと話した

自民党と違う政策を提示する以上に、民主党が示す可能性と言うのは、戦後初めて自民党以外の政党が長期政権を担うかもしれないという展望だ。浅尾氏はこう言う。「どこの民主国家でも、せめて10年に一度は政権交代があったほうがいい」

一方でこの間、26日に発表された世論調査によると、福田新内閣への支持率は58%まで一気に上った。つまり日本の有権者は、執行部を一新した自民党に、再度チャンスを与えようとしているのだ。

共同通信によるこの世論調査の支持率は、第一次安倍内閣のそれよりも17ポイント高く、8月の内閣支持率に比べれば約30ポイントも高い。

UBS証券のチーフエコノミスト、大守隆氏は、福田首相が主要ポストに派閥重鎮を多く選んだことについて、「古い自民党に逆戻りしてしまったという批判もある」と指摘する一方で、自民党の派閥はかつてよりもずっと実力主義なところになっているとも話す。

小泉政権で金融担当相などを務めた竹中平蔵氏は、福田首相が「大胆な改革」を実行するとは考えにくいと指摘。「(福田首相は)強力な指導力を発揮するというよりも、色々な意見を調整することの方が得意なのです」(gooニュース)

日本のねじれ国会が世界に注目されている。 読んでいるうちに民主党と自民党の対立に相違はあるものの、最終的には「妥協と強調」が両党の意思がどちらを国民が監視・評価・選定するししかないように思えてならない・・・・・

コメント (2)

★プロ野球・・・・・・最終章?

2007年09月30日 10時44分10秒 | スポーツ
ヒルマン監督有終!日本ハムが球団史上初リーグ連覇達成!日本ハム2連覇ヒルマン監督敵地で胴上げ
中日が巨人を7-2で下して3年 日本ハムがロッテに9-1
ぶり4度目のファーム日本一に  で勝ち、球団初の2連覇
  
     日本ハムが球団史上初リーグ連覇達成!
 
      
さて日本一はセ・パどちらに輝く?



コメント   トラックバック (1)

■{どんと晴れ}主題歌:「ダイジョウブ」

2007年09月29日 16時59分22秒 | 癒  し
    images   
    「どんど晴れ 主題歌」

   「 ダイジョウブ」

あの笑顔を見せて 僕の大好きな

時を止めてしまう 魔法みたいに

風が流れている 絶え間なく

遠く離れた人達の 想いを 誰かに 伝えようとしているんだ。

その笑顔はどんな哀しみにも 決して負けたりはしないから

君の大切な人にも 風にのって きっと届いてる


(以下略)

  作詞作曲、歌 小田和正
コメント   トラックバック (1)

▲「者来如帰」・・・・・感銘ドラマ終了☆☆☆☆

2007年09月28日 21時49分52秒 | 癒  し

 NHKドラマ「どんど晴れ」に見るのも最終日を迎えましたね。

「来る者帰るが如し」から始まり、「人生は金ばかりでない」「おもてなしの心」と「日本の伝統と格式を重んじらなくなろうしている」といって夏見が加賀美屋を救った。「座敷わらし」という民話をアレンジした物語に毎日テレビに釘付けにされました。

現在の日本の風潮の社会を重ねあわせ興味を持って面白く見せてもらいました。
又、殺伐とし家族の絆が薄れてきている近頃、家族のあり方を教わったような気がします。ウエブページから次のような素晴らしい感想文を見つけましたのでお借りしました。

サムネイル




朝のNHK連続ドラマ「どんど晴れ」は、ケーキ屋の娘が、ホテルに勤める岩手・盛岡の老舗旅館の御曹司との恋をきっかけに、女将修業をはじめ、ついに彼の妻&若女将の座を射止める、という物語ですが、これを見ていると、客向き及び対外的な対応の最前線のトップには常に女将がおり、男性達は、経理などの管理部門や、板前(料理・営繕部門)、庭師など、お客様に直接見えにくい裏方のサポートに徹しているように見えます。

この旅館のドンである「大女将」や「女将」も実の息子達よりも、その妻達を重んじ、常に最重要事項は彼女らを通して相談しています。

私(中年男性・既婚)は常々、男女共同参画社会での女性の一層の地位の向上を歓迎する立場にありますので、このように女性たちを表に出し、名実ともに対外的な顔にしている社会は非常に興味深く、どんなシステムになっているのか興味を持ちました。(抜粋)

                                      
明日で終了する事に一抹の寂しさを感じますが、若女将、夏見になりきり熱演した比嘉愛未さんにこれからの活躍を多いに期待するものです

                   「どんど晴れ」
コメント (8)   トラックバック (2)

■福田政策が見えてきた!・・・海自テロ特措法給油一時中断!

2007年09月26日 16時31分39秒 | ニュース

福田内閣が本格始動 記念写真に納まる新閣僚ら

官邸での初閣議に臨み、内閣の基本方針を示すなど本格始動。10月1日に想定される所信表明演説の準備に着手。年金や「政治とカネ」問題への取り組みを通じた信頼回復や、インド洋での海上自衛隊の給油活動を継続する新法成立に全力を挙げる考えだ。(共同抜粋)

又読売ラインによれば福田首相が11月にも訪米し、ブッシュ大統領との首脳会談を検討していることが26日、分かった。首相としての初外遊となる公算が大きい。

 また、インド洋で海上自衛隊が行っている給油活動は、11月1日のテロ対策特別措置法の期限切れで一時中断することが避けられないことから、日本政府として国際貢献を続ける方針を米国に伝えたい考えだ。

 政府は、同特措法に代わる新法案を今国会に提出し、早期成立を目指す考えだ。だが、参院の主導権を握る民主党は給油活動への反対姿勢を崩していないため、特措法期限までの新法案成立は事実上困難となっている。

首相は、早期の日米首脳会談で、日米同盟を重視する姿勢を示すとともに、新法案をめぐる国会情勢などに理解を求める必要があると判断したという。


見た事のある代わり映えしない顔ぶれだが、いよいよ福田丸「背水の陣内閣」が動き出したようです。どんな国会運営になるのか楽しみに見守りたいと思います。

ねじれ国会で、安倍前首相の心を痛めた「海自インド洋での給油支援」は一旦中断する決心をしたようです初外遊でブッシュ大統領も日本の状況を理会してくれる事とは思うものの、同盟国としてどんな心情を持ち、国際的にどんな評価が他国から出て来るかが問題でしょう。

残念なことは、引き続き給油支援を継続するなら、何故今回の衆議院での2/3の賛成の差し戻し成立を強行してでも国益を守ろうとしないのか福田内閣の弱腰外交だけが残るでしょう。何故防衛大臣経験者を2名も閣僚の座に据えたのかと・・・・?

今まで継続してきた日本テロに対する給油支援の評価と日本は優柔不断な国というレッテルを貼られてしまい、信用を半減してしまう事もあることも考えられるはあるだろうと・・・・・・・・。

反面、給油の中断がアメリカに対して、「日本の重要性を再認識させる好機」と捉える事も考えられるが、これもいつに外交政策如何だろうと思うが・・・・・・・・
           

コメント (2)   トラックバック (3)

■「武士道精神」はどうした殺人稽古!

2007年09月26日 11時21分16秒 | 事 件

      
愛知県犬山市の大相撲時 津風部屋の宿舎で、序ノ口力士、斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)=しこ名・時太山=がけいこ中に急死した問題で、師匠の時津風親方(57)(元小結双津竜)らが過度の暴行を加えていた疑いが強まり、県警は、時津風親方や兄弟子数人を追及し、刑事事件として立件する方針を固めた。

 県警の任意の聴取に対し、時津風親方、兄弟子らはともに、死亡前日に、斉藤さんに暴行を加えたことを認めている。直接的な死因を特定するため、県警は遺体の組織検査をしており、傷害致死や傷害容疑が適用される可能性もある。

 調べによると、斉藤さんは今年6月26日午後0時40分ごろ、犬山市内の成田山名古屋別院内の宿舎で、朝げいこの最後に、兄弟子とぶつかりげいこをしていたところ、急に息が荒くなり、起きあがれなくなった。救急隊が駆け付けた時には心肺停止状態で、同2時10分ごろ、搬送先の病院で死亡が確認された。斉藤さんは午前10時半ごろからけいこをしていたという。

「武士道精神」は?時津風部屋17歳力士へ金属バットで暴行合掌


コメント   トラックバック (4)

■紅葉がピークを迎えた大雪山系赤岳周辺!

2007年09月26日 09時52分09秒 | 癒  し
冬日 北海道で今年初記録 大雪山系は紅葉色づく

北海道・大雪山系中腹でナナカマドやダケカンバが赤や黄色に色づき始め、木々の緑との鮮やかなコンストラストが訪れた人の目を楽しませている。
 この3連休は大勢の人でにぎわい、10月上旬まで見ごろという。
 24日は空知管内幌加内町の最低気温が氷点下0.2度と、今年道内で初めて冬日を記録。秋は駆け足で去り、一気に冬の足音が迫ってきている。【毎日新聞】

おお寒い 最低気温が氷点下0.2度
コメント (2)

■福田政権の政策課題が見えないがどうなるの!

2007年09月25日 19時54分21秒 | ニュース

      by福田首相


福田康夫内閣が25日発足し、経済閣僚の顔ぶれが固まった。平成21年度の基礎年金の国庫負担引き上げを控えた財源の確保、所得格差や地域間の経済格差の解消と歳出削減の両立にいかに取り組むのか。安倍政権から積み残された課題は多い。参院の過半数を野党に握られ、厳しい政策運営が迫られることは必至の情勢だ。
 
消費税増税
 「将来的に消費税を上げて、社会福祉をやっていくという考え方はやむを得ない」。自民党総裁選の最中、福田首相は参院選での自民敗北以降、先送りの動きがみえていた消費税論議から逃げない姿勢をみせた。
 
基礎年金の国庫負担は平成21年度に3分の1から2分の1に引き上げられる。それに伴い必要となる2・5兆円の財源の確保は喫緊の課題。財源として有力視されている消費税論議に拍車がかかる可能性が高くなってきた。
 
経済成長に頼った財政再建を目指した前政権に比べ、より現実的な路線に向かった形だが、消費税増税には野党の反発は強い。福田氏は「民主党と協議をするテーマ」としており、与野党協議の中で、改革の道筋をつけられるかどうかが焦点となる。
 
歳出削減
 財政再建の1丁目1番地ともいえる平成23年度のプライマリーバランス(基礎的財政収支)の黒字化に黄信号がともる。
 公明党の北側一雄幹事長が黒字化に向けたスケジュールの変更を求めるなど地方や家計に広がる経済格差を背景に与野党からの歳出拡大圧力は強まる一方だ。
 福田首相は、旧来型の「ばらまき」には否定的だが、歳出・歳入の一体改革で示された公共事業の3%削減に対し、「一律3%削減には反対」と述べるなど大幅な軌道修正が予想される。
 
国と地方合わせて773兆円に上る長期債務を抱え、財政再建の遅れは国際的な日本の信認にもかかわり、一歩も後退が許されない状況だ。
 すでに各省庁からの概算要求が締め切られ、平成20年度予算の編成作業が本格スタートしている。安倍政権下で進められた予算編成に対し、どう方向転換するのかみえてこず、「新政権の誕生がどんな影響を及ぼすのか…」と財務省幹部も出方を見守っている。
 
地域活性化
 安倍政権の崩壊の背景には、格差拡大に対する“地方の反乱”があった。それだけに小泉、安倍政権のもと進められた構造改革の結果、疲弊した地方をいかに活性化するのかは、福田政権の重要課題の1つといえる。
 福田首相は、総裁選の公約で地方が自立できる税制・交付税の検討▽地域コミュニティーの再生・振興-といった施策を挙げている。
 
 都市への偏在が目立つ法人2税(法人住民税、法人事業税)の配分の見直しに取り組むが、東京や愛知などの反発も強い。地方交付税も、厳しい財源の中、大幅な増額は難しいのが現実で難しいかじ取りに迫られる。
 地方版の産業再生機構である「地域力再生機構」の創設など安倍政権が進めた活性化策を加速させる一方、福田色を出した効果的な施策を打ち出せるかどうかは不透明だ。「読売原文」
....................................................

前安倍首相の言われた【美しい国】の穴埋めと課題は山積みのようだ。野党とののらりくらりの戦法も結構だが、国益事項については断固とした決意を期待したい。

世界の物笑いにならないような、通す所は断固たる決意で通す政策を期待したい。

福田氏は何かと優柔不断な姿勢に見られかねないような気がするが、国民の好む所でないことを知る必要があるのではと・・・・・・・・・。

やるべきことは山のようである【こつこつ】とリーダーシップを発揮する事を願って・・・・・・・

コメント   トラックバック (1)

■彼岸花見ごろ!

2007年09月25日 11時24分26秒 | 癒  し
    ヒガンバナが見ごろ―奈良

奈良県明日香村稲渕地区で、ヒガンバナが見ごろを迎えている。名物の棚田も黄金色に色付き始め、真っ赤なヒガンバナと鮮やかなコントラストを描いている。連休最終日となった24日には多くの行楽客が訪れた(時事通信社)

                      彼岸に漂う彼岸花 

コメント

■安倍首相痛恨の謝罪会見・・・・いたたまれず病院で!

2007年09月24日 19時40分06秒 | 経  済

 安倍首相が医師同席で会見                     
                              
安倍首相は24日午後5時すぎから、入院先の東京・信濃町の慶応大学病院で記者会見し、「辞意表明が国会冒頭の最悪のタイミングで、国政に支障をきたし、政府関係者、与野党関係者、国民の皆様に多大なご迷惑をかけた。改めて深くおわび申し上げる」と陳謝した。首相は退陣表明翌日の13日から、「機能性胃腸症」と診断され入院している。。(読売)
...............................................

前例の無い代表質問前の「辞任表明」にどんなアクシデントが有ったのかと、様々の憶測が飛びかった。しかし代表質問を途中で中止するを考えると【体力・気力】が付いていける自信が無い。参謀は首相の健康状態が悪いと気が付かなかったのか、相談に応じることが出来なかったのか残念でならない。
一国の首相として重要代表質問中に「体の調子が悪いから質問を待ってくれ」と断る事も延ばす事も許されない。野党からは、格好の餌食と取られ兼ねない事を思考錯誤した結果の結論だったのだろう

安倍首相は「背に腹は変えられず」「恥じも外聞も捨て」て「辞任表明」した方が国会のためにも良いと判断したのだろうと言う事が想像できる。

そうかといって、代票質問が始まってからでは体力・気力はもたない。タイミングが最悪だが、辞任表明は最良の時期と判断するに至るほど健康状態が思わしくなかったのだろうと思いたい・・・・

何より健康第一・早期に健康回復を願うものである・・・・

                                     

コメント (2)   トラックバック (1)

■大相撲・白鵬、4度目の優勝!将来楽しみ豪栄道が初敢闘賞

2007年09月24日 11時15分38秒 | スポーツ
大相撲・白鵬、4度目の優勝 
秋場所千秋楽で千代大海を破って2場所ぶり4度目の優勝 
    
大相撲・豪栄道、旭天鵬に敢闘賞
 左から殊勲賞の安馬、豊ノ島、敢闘賞の旭天鵬、豪栄道

コメント

▲自民党総裁福田氏決定:意味の無い無駄な選挙・・自民の今後?

2007年09月23日 14時26分42秒 | ニュース

福田氏、330―197で自民新総裁に

安倍晋三首相の後継を選ぶ自民党総裁選の投票が23日午後2時すぎから始まった。党本部で党大会に代わる両院議員総会が開かれ、国会議員と都道府県連代表による投票が行われた。
 
テレビ中継によると、立候補していた福田氏と麻生太郎幹事長(67)の一騎打ちとなった結果、330票対197票で、福田氏が圧勝福田氏は党所属国会議員387人(1人1票)と都道府県連各3票の地方票(141票)の計528票(有効投票527票)のうち、議員票254票、地方票76票を獲得。麻生氏が議員票132票、地方票65票を得た。

福田氏は自民党9派閥の内、麻生派を除く8派閥の支持を受けていた形だが、麻生氏も議員票100票以上を獲得するなど善戦した。

選出された福田氏は、緊張と高揚がない混ぜになった面持ちで、「私はもとより浅学非才、経験も豊富というわけではございません」と謙遜しながらも、「ただいまの自民党は多くの困難に立ち向かっている。この自民党の再生を期すことを、私は懸命に追って参りたいと思っています。そして国民の信頼を取り返し、着実に政策を実行する、そういう政党に生まれ変わりたいと、このように思っております」と挨拶。

「そのように思っていらっしゃるみなさまひとりひとりの気持ちを代表し、その先頭に立ってこれからがんばっていきたい。みなさま全員のご協力を心からお願いし、明るい日本を築きたい。みなさまと一緒にやらせいただきたい。その先頭に立ちます」と決意を表明した。(gooニュース)
..................................................

多数の派閥の支持を得て優勢が伝えられている福田康夫元官房長官(71)に対し、麻生太郎幹事長(67)がどの程度得票を伸ばせるのかが注目された。

各メディアの報道によると、都道府県に割り当てられている141票のうち、福田元官房長官は76票を獲得。過半数を押さえたが、麻生幹事長も65票を獲得したという。

始めから福田氏の当選が確実された選挙、気の抜けた選挙遊説、総裁選挙に結果は思ったとおりで、緊張感も、期待感も無い白けた選挙に最後まで思えたのは私だけだろうか。

9派閥のうち8派閥の支援を取り付けた福田氏に、麻生氏は太刀うける分けがないことはクーデーターでもない限り無理である事が当初から決まっていたからである。

興味があるとすれば都道府県に割り当てられた地方票の行方ぐらいだったが思ったとおりの票の動きであり、代議制とは言いながら地方票3票は少な過ぎるどうにもならならないというぐいだった。

マスコミも朝から大騒ぎしていたが時間つぶしとしか考えられないようにゲストが入れ替わり立ち代り同じ事を繰り返し終わった途端次の解散・ポストの話に移っていた。

案の定、福田氏の圧勝で終わった。こんな選挙なら始めから実施しない方がスッキリするとさえ思えた。

感心したのは麻生氏が最後まで投げることなく、福田氏から政策を引き出そうと頑張っていたが、ポーカーフェースの福田氏からは確たる政策何も引き出せず終わった事が残念といえば残念な、国民不在の選挙としか思えなかった。

                                       

コメント (2)   トラックバック (7)

■世界選手権;女子「金メダル」続々!

2007年09月23日 13時34分57秒 | スポーツ
世界レスリング・5連覇を遂げた吉田 
         55キロ級吉田沙保里大会5連覇

世界レスリング・坂本が金メダル
  女子51キロ級坂本日登美3大会連続5度目の優勝    

   日本の本領発揮・おめでとう!          

コメント

■平手打ち警官:メールなど意見4千件 電車マナー嘆き?

2007年09月22日 18時55分45秒 | 事 件
 神奈川県警大和署の巡査長(33)が拳銃形ライターを持っていた高校2年の男子生徒(16)を平手打ちし逮捕された事件で、県警監察官室が「生徒を一方的にたたいており、許されない」と結論づけたことが分かった。

現在、処分を検討中。一方、県警に電子メールなどで寄せられた意見は約4000件に。逮捕2日後の今月6日、生徒が殴られる前に駅員の注意を受け入れていたと県警が説明したため、巡査長支持の意見は減ったが、若者の電車マナーの悪化を嘆く声は今も相次いでいる。
               <生徒の行動>
その後の調べによると、生徒は帰宅中の4日午後10時55分ごろ、横浜市旭区の相模鉄道二俣川駅で急行から普通電車に乗り換えた。電車が出発するまでの間、西部劇をまねて拳銃形ライター(全長36センチ)を手に電車内からホームへ向けて撃つまねをし、巡回中の車掌2人に「きちんとしてください」と注意されると「すいません」と謝り、ライターをかばんにしまって友人と談笑していた。

 相模鉄道は「大声で話すこともあったが、注意は素直に聞き入れた。車内に乗客はなく苦情もなかった」(広報担当)と説明する。ライターは回転式拳銃形で長い“銃身”が特徴。少年がアルバイト先で拾ったものといい、火はつかなかった。
             <巡査長の行動>
逮捕された小磯慶洋巡査長は日勤で、同県大和市内で同僚と日本酒と焼酎計4杯を飲んで帰宅するところだった。

 生徒と同じように二俣川駅で普通電車に乗り換え、隣の車両から生徒を見ていた。談笑する姿に「反省していない」と思ったが注意はせず、約5分後、巡査長は生徒とともに鶴ケ峰駅で下車。

たまたま同駅南口で鉢合わせし、目の前を歩く生徒の髪を後ろからつかんで「ちょっと待て。拳銃を出せ」と言って顔を2回平手打ちした。

 通行人が「何をやっているんだ」と仲裁に入ったが、巡査長は生徒が出したライターを捨て、もう1回顔をたたいた。巡査長と通行人が口論になっているのをみて別の通行人が110番し、駆けつけた旭署員が同11時半ごろ、傷害容疑で現行犯逮捕した。

生徒は顔に1週間のけがをし、「怖かったので謝るのが一番いいと思い、口答えしなかった」と話しているという。

 巡査長からは呼気1リットル中0.15ミリグラムのアルコールが検知された。「生徒が駅員に注意されたのに反省していないと思いカッとなった」と容疑を認めたうえ、逃亡の恐れがないことから5日朝に釈放された。「大変申し訳ない」と反省し、勤務に戻っているという。
                <反 響>
監察官室は巡査長を釈放する約2時間前に「巡査長が生徒を注意しようとして口論になったと思われる」などと広報。インターネットの報道を見た市民らから、巡査長を支持するメールや電話が県警に殺到した。

 しかし、監察官室は当時、生徒の事情聴取を終えておらず、受け入れていたのに平手打ちをしたことが分かった。報道を見た生徒の母親から「事実と違うのでは」と苦情があり、さらに調べた結果、生徒は駅員の注意を受け入れていたのに平手打ちをしたことが分かった。

 県警へのメールが今も相次いでいることに、監察官室は「多くの人が車内で不快な思いを抱いている表れでは」と話しているという。(j毎日新聞引用)
...............................................

車内で、本物の拳銃に見える拳銃形ライター(全長36センチ)を撃つまねをしている高校生の行動が、酒を飲んでいるものの、余りにも目に余る行動だと警察官は職業柄゜目に映ったのだろう。

股を広げて席を知らん振り・ガーがーみんなで騒ぐ等の高校生を見かける時がしばしばあるが、私始め乗客の誰もが、直ぐ切れる若者達に恐れをなし、注意すら出来ない時代になって来ている事は事実の様である。

「乗客から苦情がないから何をしてもいい」と云うことにはならないだろう。注意できないだけに過ぎなかったのではなかったかと思われる。

通行人が仲裁に入ったという事は、生徒が反省も無く口答えをした為の警察官の行動で有った節がある様にも思える。
 ただ、残念な事は警察官が飲酒した上での行動だった事であるが。

又、母親も「悪いことをしたからだと何故生徒を注意する機会」と捉えられなかったのが残念であると思いながら・・・・。

コメント   トラックバック (1)

■世界柔道選手権:女子48キロ級の伊調千春・金・・・・・2連覇!

2007年09月22日 11時01分53秒 | スポーツ
 伊調千春が優勝 世界レスリング第5日  伊調千春が世界選手権2連覇、五輪代表に内定
レスリングの世界選手権第5日は21日、バクーで行われ、女子48キロ級の伊調千春が決勝でイリーナ・メルレニ(ウクライナ)を破って2連覇を達成し、北京五輪のこの階級の代表に決まった。第3ピリオドまでもつれる接戦を、伊調千が力強く押し切って、2-1で制した。
                  
                      喜びもひとしお次は北京
          
コメント