癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

▲自民党総裁福田氏決定:意味の無い無駄な選挙・・自民の今後?

2007年09月23日 14時26分42秒 | ニュース

福田氏、330―197で自民新総裁に

安倍晋三首相の後継を選ぶ自民党総裁選の投票が23日午後2時すぎから始まった。党本部で党大会に代わる両院議員総会が開かれ、国会議員と都道府県連代表による投票が行われた。
 
テレビ中継によると、立候補していた福田氏と麻生太郎幹事長(67)の一騎打ちとなった結果、330票対197票で、福田氏が圧勝福田氏は党所属国会議員387人(1人1票)と都道府県連各3票の地方票(141票)の計528票(有効投票527票)のうち、議員票254票、地方票76票を獲得。麻生氏が議員票132票、地方票65票を得た。

福田氏は自民党9派閥の内、麻生派を除く8派閥の支持を受けていた形だが、麻生氏も議員票100票以上を獲得するなど善戦した。

選出された福田氏は、緊張と高揚がない混ぜになった面持ちで、「私はもとより浅学非才、経験も豊富というわけではございません」と謙遜しながらも、「ただいまの自民党は多くの困難に立ち向かっている。この自民党の再生を期すことを、私は懸命に追って参りたいと思っています。そして国民の信頼を取り返し、着実に政策を実行する、そういう政党に生まれ変わりたいと、このように思っております」と挨拶。

「そのように思っていらっしゃるみなさまひとりひとりの気持ちを代表し、その先頭に立ってこれからがんばっていきたい。みなさま全員のご協力を心からお願いし、明るい日本を築きたい。みなさまと一緒にやらせいただきたい。その先頭に立ちます」と決意を表明した。(gooニュース)
..................................................

多数の派閥の支持を得て優勢が伝えられている福田康夫元官房長官(71)に対し、麻生太郎幹事長(67)がどの程度得票を伸ばせるのかが注目された。

各メディアの報道によると、都道府県に割り当てられている141票のうち、福田元官房長官は76票を獲得。過半数を押さえたが、麻生幹事長も65票を獲得したという。

始めから福田氏の当選が確実された選挙、気の抜けた選挙遊説、総裁選挙に結果は思ったとおりで、緊張感も、期待感も無い白けた選挙に最後まで思えたのは私だけだろうか。

9派閥のうち8派閥の支援を取り付けた福田氏に、麻生氏は太刀うける分けがないことはクーデーターでもない限り無理である事が当初から決まっていたからである。

興味があるとすれば都道府県に割り当てられた地方票の行方ぐらいだったが思ったとおりの票の動きであり、代議制とは言いながら地方票3票は少な過ぎるどうにもならならないというぐいだった。

マスコミも朝から大騒ぎしていたが時間つぶしとしか考えられないようにゲストが入れ替わり立ち代り同じ事を繰り返し終わった途端次の解散・ポストの話に移っていた。

案の定、福田氏の圧勝で終わった。こんな選挙なら始めから実施しない方がスッキリするとさえ思えた。

感心したのは麻生氏が最後まで投げることなく、福田氏から政策を引き出そうと頑張っていたが、ポーカーフェースの福田氏からは確たる政策何も引き出せず終わった事が残念といえば残念な、国民不在の選挙としか思えなかった。

                                       

コメント (2)   トラックバック (7)

■世界選手権;女子「金メダル」続々!

2007年09月23日 13時34分57秒 | スポーツ
世界レスリング・5連覇を遂げた吉田 
         55キロ級吉田沙保里大会5連覇

世界レスリング・坂本が金メダル
  女子51キロ級坂本日登美3大会連続5度目の優勝    

   日本の本領発揮・おめでとう!          

コメント