癒(IYASHI)

徒然なるままに令和時代のニュースなどの種を拾い癒し求めて綴ります      

◆鈴木、日本新で初優勝 2時間4分56秒、大迫の記録更新―びわ湖毎日マラソン!

2021年02月28日 18時08分07秒 | 日本CS

第76回びわ湖毎日マラソン(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催、住友電工特別協賛)は28日、大津市の皇子山陸上競技場を発着点とするコースで行われ、鈴木健吾(25)=富士通=が2時間4分56秒の日本新記録で優勝した。従来の日本記録は2020年の東京マラソンで大迫傑が出した2時間5分29秒で、日本選手の2時間4分台は初めて。びわ湖毎日は大阪マラソンとの統合が決まり、22年からは大阪に舞台を移すため、滋賀県での開催は今大会で最後となった。

 2位の土方英和(Honda)は日本歴代5位の2時間6分26秒、3位の細谷恭平(黒崎播磨)は同6位の2時間6分35秒をマーク。4位の井上大仁(三菱重工)が2時間6分47秒、5位の小椋裕介(ヤクルト)は2時間6分51秒と、計4選手が2時間6分台を出した。2時間7分台も10人で、好記録ラッシュのレースとなった。

 鈴木は愛媛県宇和島市出身。小学6年で陸上を始め、宇和島東高3年で全国高校総体5000メートルに出場。神奈川大では4年連続で箱根駅伝を走り、3年時に2区で区間賞。4年時には、初マラソンとなった東京で2時間10分21秒をマークした。19年の東京オリンピック代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は7位だった。

 日本選手の優勝は第57回大会(02年)の武井隆次以来19年ぶり。従来の大会記録は第66回大会(11年)を制したウィルソン・キプサング(ケニア)の2時間6分13秒。今大会は新型コロナウイルスの感染拡大による渡航制限のため、海外からの招待選手はいなかった。感染防止を図るため、レースは沿道での観戦自粛を呼びかけて開催された。

 第1回大会は1946年、全日本毎日マラソン選手権大会として大阪市の難波別院跡地を発着点に行われた。現在開催されているマラソンで最も長い歴史を誇り、多くの五輪代表を輩出してきた伝統の大会は、東京マラソンに次ぐ規模の市民ランナーが参加する大阪マラソンと統合し、発展を目指す。

      (WEB抜粋引用)

コメント

◆エンゼルス大谷翔平投手(26)の投打順調!・・いよいよ出番!

2021年02月28日 10時25分34秒 | MLB


エンゼルス大谷翔平投手(26)は26日(日本時間27日)、投打で順調に調整を行った。左腕ヒーニーとキャッチボール後、投手組で守備練習を行い、軽快な動きで汗を流した。

打撃ではケージ内で下からトスされたボールに対して入念にフォームをチェック。右足を上げ、軸足の左足に体重を乗せる意識で反復練習を行った。その後はフリー打撃を行い、快音を響かせた。

23日に打者としてライブBP(実戦想定の練習)で自軍の投手と対戦し、24日には投手としてのライブBPでマウンドから投球。25日もライブBPで打席に入ったが、この日は投打ともに実戦形式の練習は行わなかった。

また、チームのオープン戦初戦は28日(同3月1日)、敵地(アリゾナ州スコッツデール)でのジャイアンツ戦で、翌日3月1日(同2日)が本拠地(アリゾナ州テンピ)でのホワイトソックス戦。通常は本拠地の試合で主力組が出場するが、マドン監督は「主力やベテランで少なくとも4人は、それぞれの試合で出場する。数日のうちに、全員を見られるだろう」と、敵地での初戦から主力選手の数人を出場させる考えを示した。                                            (WEB抜粋)

コメント

◆「コロナウイルスは武漢の実験室から、99.9%確信」と主張の独物理学者!

2021年02月26日 14時47分22秒 | 中 国

写真は武漢駅

2021年2月22日、共産党機関紙・人民日報系の環球時報は、ドイツの物理学者が「新型コロナは武漢の実験室から漏れた」との報告を発表し、同国内で激しい非難を浴びていると報じた。

記事は、ドイツの物理学者ローランド・ビーゼンダンガー氏がこのほど「新型コロナの遡及研究」報告を発表したと紹介。同氏はハンブルク大学ナノ構造・固体物理学研究所教授で、ドイツ科学技術アカデミーの会員でもあるとした上で、報告について「湖北省武漢市の華南海鮮市場ではコウモリは売買されておらず、武漢ウイルス研究所がコウモリ病原体を保有していたことから、新型コロナは武漢の実験室からやってきたもの」との結論を出したと伝えた。また、同氏がドイツのテレビ取材を受けた際に「武漢の実験室から新型コロナが発生したと99.9%確信している」と語ったことを紹介している。

一方で、同氏による100ページに及ぶ報告は「科学的根拠がない」と主張。科学論文で禁止されている色付きのマーキングや画像のコピー張り付けなどが行われていたとし、ドイツ紙ディ・ヴェルトが21日に「単なるコレクションのようであり、科学研究とは言えない」と評したことを伝えた。

環球時報の記事は、「ドイツのメディア、学者、政治家らは、一斉に同氏の報告に対して『ネット文章のゴミを積み重ねたもの』『学術界の恥』『研究は反アジア民族主義を扇動するもの』などと批判を展開している」とし、ハンブルク大学に対して報告の撤回を求める声が出ていると伝えた。(WEB引用掲載)

           

コメント

◆外交努力不足・・・日本は他の国と比べて感染者数が少ないのでワクチンの優先順位が低い・五輪?

2021年02月25日 14時39分28秒 | 日本の技術
大阪で新型コロナワクチン接種開始 ワクチン接種を受ける医療従事者=2021年2月19日午後1時4分、大阪市中央区の大阪医療センター 写真提供:産経新聞社
世界中でもワクチンの配り方はそうです。日本はワクチン接種が遅れていると言うでしょう。遅れているのではなくて、日本は感染の程度が低いからなのです。→ (遅くしているのだろう) ワクチンが遅れている国は、オーストラリアとニュージーランドと日本と韓国ですが、この4ヵ国は感染の度合いが世界に比べて低いから後なのです。
 
なるようにしか、ならないと言う事か? 関係者との外交努力が不足だったのではないかと思えてならない。五輪開催国の可否は考慮に入って居ない、担当者の当然とした動向等、種々考えれば結果が見えてきたはずだ? 
死者が増加するばかりだ。

コメント

◆梅・桜・・・・・菅原道真祭る綱敷天満宮で梅の花ライトアップ 110本幻想的な梅!

2021年02月24日 09時10分41秒 | 癒    し

梅を詠んだ和歌で知られる学問の神様、菅原道真を祭る綱敷天満宮(神戸市須磨区天神町2)で、見頃を迎えた梅の花がライトアップされている。25日まで。

【写真】早咲きの梅 綱敷天満宮  

道真の命日の25日にちなんだ恒例の「梅花祭」は、コロナ禍のため取りやめ。ライトアップは午後6~9時ごろに、境内の30品種約110本の梅の木を色とりどりの光で幻想的に照らし出す。  久野木啓太宮司(55)は「暖かい日が続き、遅咲きの梅も開花したので楽しんで」と話す。                                (WEB引用)

   

コメント