はたかおりと羽太雄平、なな、むっくのおうち 2

ここは栃木県日光市。時代小説を書いている夫の手作りログハウスに住み、かわいい2頭のヤギと田舎暮らしを満喫中!

うわーーん、泣いた!

2018年11月17日 | ヤギ

2019年らんまるカレンダーがyyygさんのサイトで発売されました。
今年で最後です。
よろしくお願いします。

A6卓上カレンダー¥600円










A4壁掛けカレンダー






らんまるカレンダーの12ヶ月の画像。



販売所はこちら。
2019最後のらんまるカレンダー

よろしくお願いします♡


ところで、タイトルのお話ですが・・・。

朝ヤギ小屋の窓を開け放したので、夕方閉めに行ったのです。
玄関から遠くのヤギ小屋を見ると、開けたドアの向こうに、A4サイズのらんまるの遺影が小さく見えるのですが、きょうはどういうわけか白っぽく、大きく見えたのです。
わたしは目が悪いので、眼鏡をかけていてもよく見えません。でもまるでらんまるがいるかのような感じに見えました。
玄関の階段で立ち止まり、目をこらして何度も何度も見直したほどです。
でも結局気のせいだと思って小屋へ行きました。
遺影を見て、やっぱりこんな小さな写真があんなに大きく白く見えるわけないなーと思った瞬間、水に浮かべた薔薇の花が目に入って、うわーーーん、と泣きました。


すっかり忘れていたのですが、今朝、ピンクのバラが水をあげなくなってしおれかかっていたので、短く切ってらんまるの飲水に浮かべたのです。
そして、漂っている様子でコックリさんを思い出し、
「らんちゃん。らんちゃんはここにいるよね? ねーらんちゃん、おかーさんのことが大好きだったら、左下、まさかとは思うけど~、おかーさんが大嫌いだったら、右下にいってね」
と、上(向こう側)の真ん中にバラを置いてしばらく見ていました。
全然、動きませんでした^^
「じゃあおかーさん、また夕方見に来るからね」
と言って、帰りました。


そしたら、本当に左下にバラがあって、
すっかり忘れていたわたしは、
うわーーーん、らんちゃん、ありがとーーー。
と涙がこみあげてしまったわけです。

もし右側に移動してたら、風のせいにするつもりだったのですが^^

やっぱりらんちゃんはいるのです。
そして、おかーさんが本当に大好きだということも、わかりました。

きょうは三七日(みなのか)、らんちゃんがなくなって21日です。
コメント

小来川ライトアップ

2018年11月16日 | ヤギ



パソコンの前にななちゃんの写真を切り抜いて飾っていましたが、
むっくとらんまるも付け加えました。
3人でおかーさんを見守ってくれています。





きょうと明日、隣村の小来川でライトアップしているというのでちょっと行ってみました。
いつも行くログビレッジです。

円光寺さんと、黒川神社もライトアップしているそうです。


そのあとはカフェバウムさんでお食事してきました。







エビ、ホタテ、きのこのアヒージョを撮るの忘れた^^;

美味しかったです!
コメント

腰麻痺ヤギさん訪問

2018年11月13日 | ヤギ
きょうは、栃木の腰麻痺ヤギさんのところに行ってきました。


この方たちは、元気組。


この子がまひろちゃん。腰麻痺で立てなくなって、2カ月弱たっているので、
吊る道具を持って伺いました。

麻痺の具合はらんまるよりずっと軽いです。
体重も軽い。
後ろ足で立ち上がろうとするもののよろけてしまい、
あちこち移動しているようです。
前足は少なくとも両肘をつくことはできてるみたいだけど、
ずっと座りっぱなしなので関節が固まってきてました。




結城からきたオスヤギ君。
かわいいっす。


らんまるが使っていたもので吊りあげることができました。
逆に、らんまるより動き回るので、シートに載せるまでがちょっと大変でした^^;


でもいざ収まってみると、満足気。
飼い主さんも、あ、いい顔してる、と^^






そしてすぐに反芻を始めました^0^










後ろ足も伸ばして、地面を蹴ったりしてました。

このまま餌を食べながら、わたしたちがお茶をごちそうになっている間、ずっとこうしてましたよ。



何でもできる飼い主さんなので、ヤギさんに合わせて調整していってくださるでしょう。

最初は動けないから緊張して、逃げようとしていたのに、
吊りあげて足を伸ばしたら、すぐに気持ちよくなって?反芻してくれたので、
うれしかったです♡
まひろちゃん、早く治ってね。
コメント

ビフォー・アフター

2018年11月11日 | ヤギ

ビフォー


アフター


の、季節です。


ケヤキの葉っぱ、今年は大きい!
落ち葉堆肥にします。

コメント

鹿沼でランチ

2018年11月10日 | ヤギ




ベランダから見える桑の木です。
今年はきれいに黄色く色づいて、しかも長く楽しめます。


昼間も良いけど、
山の高いところだけ日が当たっている3時ぐらいもきれいです。


きょうは山里の紅葉を楽しみながら、
鹿沼まで買い物に行って、ランチしてきました。

わたしのはけんちんうどんの御膳。


おとーさんは唐揚げの南蛮漬けの御膳。


デザートとコーヒーがついて、1200円。
どれも薄味で、とっても美味しかったです。

えーーと、ひなたぼっこというお店でした。
コメント

宣戦布告

2018年11月07日 | ヤギ

宣戦布告か。


ななが亡くなった後、柵を壊して放牧場を縮小したけど、
もとはらんまるの放牧場。

そこに、鹿の糞。

うちの敷地内で鹿の糞が発見されたのは初めて。
ヤギがいなくなったのを知っているのだろうか。


ヤギ小屋の屋根の上からの景色。
写真はおとーさん。


コメント

らんちゃんのお墓(インターネット)

2018年11月06日 | ヤギ

きのう、ヘブンズペットさんのインターネット霊園に、
らんまるのお墓ができました。

らんまるのお墓
お時間があるときに、お参りしてあげてください。
よろこびます。

ブックマークにも入れてあります。

コメント

らんちゃん、おかえり~♪

2018年11月05日 | ヤギ

らんちゃんが帰ってきました~。

しろこやぎさんがらんちゃんのブローチを作ってくれてて、
なくなる前の日に送ってくれるつもりだったらしいのですが、送れず、
次の日、なくなったと知ってびっくりだったそうです。

きょう、帰ってきてくれました。

しろこやぎさん、ありがとう♡

裏側の写真とらなかったけど、裏に角があります。
左側に、角がちょこっと見えています。


こんなイメージかな。
らんまるの正面写真は、右の角がちらっと見えることが多かったかもしれません。




回覧がまわってきたのでお隣まで行くついでに散歩してきました。
これはポポーの紅葉。

らんちゃんに、柿の葉を拾いました。


うちのケヤキも見事。


きょうはありましたよ、足跡が。





きのうは食べられていなかったところも食べつくされていました^^;

きょうのは鹿の仕業。
きのうのは、やっぱりらんちゃんたちの仕業ですね♪




コメント (2)

らんまるの仕業か?

2018年11月04日 | ヤギ

きのうはらんちゃんのために3人のヤギ仲間がきてくれました。
お花もいろいろいただいて、一気に祭壇が賑やかに。
ありがとうございます。
あまりに賑やかすぎて、正面のななちゃんがやきもち焼いています^m^

女優のアタシのときよりお花、多くな~い?

そうかもしれません^^

そして、せっかくきれいなお花に囲まれているのに、
お供物?の草がしなしなではかわいそうなので、
新しく草を摘んでこようと外へ出てみると・・・・。


なんと。





イタリアンが食べられているではありませんか!


ニンニクは無事。

鹿・・・・でしょうけれど、
いまのところ足跡も糞も見つからないので、
らんまるが食べにきたのかもしれません。
広範囲にわたっているので、ななとむっくもいっしょかもしれません。

いつもならネットを敷いて食害?を防ぐところですが、
今年は食べるヤギもいなくなってしまったので、
ネットは敷かないことにします。

どうぞご自由にお召し上がりください。



秋ですね。


コメント

らんちゃん、ありがとう。

2018年10月31日 | ヤギの病気・腰麻痺
みなさんに、たくさんのメッセージをいただきました。
ありがとうございます。

ずっとブログを気にして見て下さった方も、
本当に、わたし以上に心配してくださったことでしょう。
ご心配おかけして、ごめんなさい。
ありがとうございました。

らんちゃんが亡くなった日のことをすこし書いておきます。

28日の朝、いつもと同じ格好のらんちゃんでしたが、
前の日と比べて、完全に元気がありませんでした。

きょうはずっとそばにいよう。
そう思いました。

心音を聞いてみると、やはり前の日よりもゆっくりになっていました。

ななのように、泣き叫んだりはしませんでしたが、
すこしつらそうでした。
体も冷えていて、ホカロンを当ててタオルを掛けてあげても、
全然暖まりませんでした。

それでもときどき食べ物の方に目をやり、
口元へ持って行くと食べようとしました。
だけど喉の奥に入ってはいきません。

先生も往診にきてくださいましたが、
何もしないで、ただらんまるの様子を見てもらっただけで帰っていただきました。

夕方4時半ごろになると、ああ、いよいよだなあ、という表情になりました。
心音なんてもう小さすぎて、よく聞こえません。

最期の時はずっとそばにいましたが、いつが臨終だったのか、はっきりわかりませんでした。

顔の表情は、もう「絶えた」はずでしたが、足はその後も何回か動かしていました。
足が動かなくなって、らんちゃん!と揺さぶりましたが、
足が再び動くことはありませんでした。

そして、そのとき、山のほうで鹿が鳴きました。
この秋はじめての発情鳴きでした。
らんちゃんがさようならと言っているのか、
らんちゃんにさようならと言っているのか、
とにかくびっくりしました。
それが、午後4時53分でした。


翌日のらんちゃん。
静かな寝顔です。
生きているみたいでした。

お尻を拭いて、蹄を整えて、家畜保健衛生所に届けました。
車に入れるとき、重くて大変でした。


家保から帰ってきて、小屋を掃除しました。
病床の匂いは、らんまるの匂いではありません。
水できれいに洗って、ヒノキの木屑をばらまきました。

元の通り、寝床を高くして、らんまるが飛び乗る音を思い出していました。


いまはご飯とお水をたっぷり食べてもらっています。


わたしの体はらくになりました。
ときどき、うわっと泣いてしまいますが、
看病期間が長く、濃密な時間を過ごしたので、どこかで満足しているのかもしれません。

らんちゃん、ありがとう。

コメント (2)