おどるなつこ 「あしおとがきこえる?」

タップダンサー・振付家おどるなつこの日常から浮かびあがることばを束縛せず書きとめています。2005年開設。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2/24「あしおとの輪のまつり」御礼

2020-02-25 | お知らせ
昨日「あしおとの輪のまつり〜見る音・鳴る色・響きあう〜」は、新型肺炎コロナ対応として、一部内容を変更して開催いたしました。
プログラム準備の都合上お申込制でしたので、内容変更やこちらのとれる感染対策をお伝えの上、キャンセルか参加かを、出演者も含めて改めてご選択いただきました。以後、何らかの感染者が出た場合などは、追跡連絡もさせていただく予定です。休日にも関わらず、告知などご協力頂きましたみなさま、本当にありがとうございました。また、内容変更開催に至るまで、様々な立場から相談にのってくださった関係者の皆様に心から感謝します。



こじんまりとはなりましたが、"今"のタイミングでしかできない部分について、やはり化学反応のような瞬間をたくさん見ることができました。
小学生学習室のメンバーとメッセンジャーの交流は、パチパチとした速度で反応しあい、素直な人たちの著しい変化には目を洗われます。出演した小学生のほとんどが卒業してしまいますが、残る5年生がまた次世代へ、このコミュニケーション方法を伝えてくれることでしょう。ブログに写真はあげられませんが、いつの日かきっと近いうちに、もっとたくさんの人にこの変化を体験してもらえる日が来るでしょう!

初めていらしたお客様も実は結構いらっしゃり、これまでも「あしおとでつながろう!プロジェクト」について長いこと記録を追っていてくださったことなどを感じて嬉しくて。「そこにいないことには始まらない」と言うご感想も頂き、本当その通りだなぁと思いました。



そして大和田千弘のピアノ。リハーサル時から、このピアノに触発されて弾き出したメッセンジャーが何人もいたのですが、本番終了後のフリーセッションも本当に素敵なことでした。あるメッセンジャーが、今日聴いたピアソラ曲を弾き始め、もう1人のメッセンジャーが私のサングラスをつけて、今日見た「鮫」をおどっています。次にメッセンジャーのピアノはゆったりとした「100%勇気」に変わりました。おや、これは素敵な演奏!山形のストリートダンサーとメッセンジャーが踊り始め、もちろん私も加わり、ピアニスト千弘ちゃんもふっと現れて少しだけ和音を足します。
メッセンジャーの新たな才能を、立ち会ったみんなが知ることになりました。私たちの目はフシアナだらけ。その人らしさを発揮するチャンスがなければ、もっている才能は生かされないんだ。


メッセンジャーのおやごさん、施設スタッフさん、学習室先生方はじめ、たくさんの方々の応援とご協力に、心から感謝申し上げます!
いつも現場をアゲてくれる千弘ちゃん、そして運営を担いつつおどるなつこの振付に応じてメッセンジャーのライバル的存在感を出してくれているスタッフ一同も、ありがとう。

お立ち会いのみなさま、本当にありがとうございました!

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2/24「あしおとの輪のまつり... | トップ | 確定申告完了! »
最新の画像もっと見る