おどるなつこ 「あしおとがきこえる?」

タップダンサー・振付家おどるなつこの日常から浮かびあがることばを束縛せず書きとめています。2005年開設。

おどるなつこ散文誌

こちらはブログです。スケジュール等は公式サイトご覧下さい→おどるなつこwebsite

夜の街とドラマ

2020-07-13 | あしもとからの思索
夜の街夜の街って、新たないじめ構造でしょうかね。
何かのせいにすることで、自分の責任を回避できるような気がするというのは、日本の体質なのか、人間の根本的な性質なのか。先日の燐光群のお芝居でもそれを強く感じました。

あなたの人生はあなたのもので、誰かのせいで曲がったわけではありません。
いろいろな困難はおきるものだけれど、それをどう解釈するかは自分次第だから!

私はハタチでやっと水商売を始められてほっとした。19の冬に家を出て、21の冬まで生活費の仕送りをいただいていたけれど、時給620円のアルバイトは、お月謝やトウシューズ代、発表会費の積み立てを賄って消えていく。私はちゃんとした公演を観に行きたかった。それまで、近所のアマチュアの発表会しか観ていなかったから。
ハタチになり、やっと水商売で少し余裕を得て舞台を観に行けるようになった。しかし、パリオペラ座の少女たちの完成度に撃沈した。マリシア・ハイデのドラマに心えぐられた。
そのころ私はジゼルの村娘のバリエーションをおどった。のちに狂気に至る、その前の純真な村娘。この曲を踊った時に、私は“ドラマをおどる”ことを試し、何かをつかんだ。ギャップ。ドラマを生むのはギャップである。技術の上に体験がのる。のちに狂気に至る純真な村娘を踊るのに、ハタチの水商売経験が作用したことを記憶している。

21の冬に、私は「大人になろう」と思い人生を手放した。
一度手放してみるとよくわかる。やるべきことを手放すと、当然、やるべきことがない。言われたことをやってみても、それは私の人生ではないのだ。どんどん転落が始まる。

転落から自分の人生に戻ろうとした時に、応援してくれたのも夜の街だった。
新たなレッスン費、衣装代、持ちチケット代、それを賄うのは夜の街の給料だ。
いまだ、アーティストの多くが、夜の街を副業としている。
この状況はダブルパンチである。

それを、なんとかしてくれとは思わない。
でもさ、私たちのせいに、しないでくれる?

喧嘩を売るようだけど、喧嘩をしたいわけではない。
あほーな私は、ひゃらひゃらとおどりながら、新たな仕組みを日々考えている。









おどるなつこ Tap Class

身体を整え心地よい音を出す基礎を身につけます。 あしおとを聞きあい各々の表現へとつなげましょう! 緊急事態のしばらくはYouTube講座配信しています。 「おうちでタップ」 <a href="https://www.youtube.com/playlist?list=PLU4OmdnSce9WbGcOm1JnMRTT2wxoYaNGb”>
◎町田class
 開催日:第2.4土曜日/14:05~15:25
 スタジオ: la caseta/小田急町田北口徒歩7分
◎大船class
 開催日:変則日程 日祝/18:30~20:00 火/19:40~21:10] 
 会場:NPOセンター大船B1/JR大船駅徒歩4分
【受講料】
 ● ビジター:3,500円/1回
 ● メンバー:2,700円/1回 
       5,000円/土曜2月謝 10,000円/大船4月謝
【メンバー登録料】5,400円/永久有効
*振付・個人レッスン・滞在型WS承ります。お気軽にお問合せください。見学は設けていないので、ご連絡の上ビジターとしてご参加下さい。 http://odorunatsuko.net/mailform.html
************************
福祉施設のタップセッションがオープンクラスになりました。障害の有無にかかわらずご参加いただけます!
◎あしおとでつながろう!プロジェクト  エヌ・クラップタップサークル
 開催日:第2.4金曜日16:15〜17:00開催
 参加費:1.000円/月
 初期費用:90センチ四方のコンパネ購入代金710円が必要
 会場:生活創造空間にし5階ホール/相鉄線西横浜ホームの真向かい
 参加連絡先:おどるなつこ 
 (各自の保険で網羅していただくことを承認の上ご参加ください)