花がいっぱい。

どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

江戸川で歌舞伎

2012年06月30日 | きまま
職場のほうは昨日でラストのはずでしたが・・法務局に届け出ることもどうなっているのか?
それをきっちり予定立てて指示するのが管理者だろ!!ッて思ったり
出来ないんだったらもっと事前にこっちにきっり頼め!!ってダメ上司一同に怒りすら湧いていました。

最終日なのに司法書士にいって確認打ち合わせ・・ってこれじゃあね。
って思いながら腹が立ちっぱなしで・・睡眠そこそこ。今日は、期待の歌舞伎観劇じゃあ~~~って。

腹をててていいことなんてほんとない。
やっぱり楽しいことが好き!!笑顔になれるでしょ。元気になれるでしょ。
お金がかかるのが痛いけど・・地方巡業で見れる歌舞伎は、会場が歌舞伎専用舞台でないために歌舞伎ならではの舞台システムが利用されないものの、料金がちょいっと高めで1等席(S席)に座れるんだからうれしい。

今回の東コースと言われる夏の巡業は『義経千本桜』のうち、佐藤忠信にまつわる「鳥居前」「道行初音旅」「川連法眼館」の上演で、狐忠信を菊五郎、菊之助、松緑が演じてくれます。

先月演舞場でも川連法眼館がありました。「四の切」です。
だたし、一般的芝居でいう演出方法が違うわけで今回は、音羽屋型で義経と狐忠信の主従関係がしっかりしてます。
しかしエンターテイメント性は、澤瀉屋型に比べると薄いですが・・そこが今や好きだったりするのです。

道行初音旅は、忠信 菊五郎 静御前 時蔵ですが、
鳥居前・川連法眼館の忠信は菊之助、松緑が交互に演じています。
その廻りに存在する登場人物も巡業前期と後期で別れています。

歌舞伎三大狂言と言われる『義経千本桜』話は、義経をめぐる3人のお話がお芝居になっているわけで・・
そのなかのメルヘンものでしょうねえ。

本日は巡業初日、江戸川区総合文化センターでした。
新小岩駅から徒歩15分。街の商店街を通って境川親水公園沿いに歩いて行きました。
親水公園いいとろですね。今日は、梅雨の谷間か、晴れて暑かったものの気持ちいいおさんぽをして会場に。

会場後方には空席があったものの楽しめた公演でした。
内容?感想?
まあ追ってね・・だって初日だし、又行くし。

今日はとにかく楽しんだんだもの。精神衛生にもGOOD!!では!!
Comment

If Dreams Came True

2012年06月28日 | きまま
If Dreams Came True


あれ、これ前にみかけなかった。A Tale of Two Citiesのワークショップらしいや
Comments (2)

6月最後の毒吐きます

2012年06月28日 | きまま
ブログに載せるのはどうかと思いながら・・。
でもね・・まあね、長年勤めた職場が、明日でなくなります。
お陰でこちらは、プー太郎ではありまでんが、人生スケジュール狂いました。
でもね・・落ち込んでいてもどうにもこうにも・・なんですよね。
ダメ職場の原因。ダメ天下りが最初の火種。
一度ついたダメ印は・・拭い去ることできず。

かといって・・私自身現在どうしようかも方向立たず・・。
その場その場をすごし過ぎか・・と。
(暫くは、お手伝い仕事で仕事します。)

そんな状態ですが・・今日も職場のイベントの段取りにイラつく限り。

イベント総大将が、誰なのかわからない。
70過ぎの天下りに、60過ぎの会社定年後あっちこっちの団体勤務のオヤジに、次回からメインで動く予定と言うやはり会社から団体に来たオヤジ。この3人のいずれかが総大将になってるはずなのだが・・。
みんな自分が思うだけ・・「○○が動くはずだよ」と。

ゆえにイベント当日、参加者募って、イベント流れを決めたオヤジに関しては、
ただ出席者が羅列してある名簿「今日の名簿、受付用」とを渡してきた、
名簿が、参加者の所属でも名前でも五十音でも、番号順でも、アルファベットでもならんでない。
受付に対してどうするのか、手順もなしに、
イベント当日に数人分だけではあるが、イベント参加の領収書も作って・・って、
名札もどうなってる?といったかんじで、名札もすでに準備完了してるかのよう・・
当日にそれを頼むか?って準備期間もなく魔法でことができるのか?って
思わず、「こんな順番にもなっていない名簿つかえないじゃない!!」と
怒り気味でいうと、職場で自分の立場に影響ないことにNOを言わない女性にこそっと頼んで
名前だけをソートしてきた名簿をだしてきた。

このイベント、会社名で会員と非会員にもわけているのに・・名前だけの羅列か?ってかんじで
あげくに名前にはAやらBやらアルファベットだけもある。
酷いものだ。

で実は昨日のうちにこちらが名簿もそれぞれに区分けし、会社順にソートかけ、プロントし、
領収書も作成して、いろいろ段取りも決めていたのだが・・

ことは名簿だけでなく一時が万事、臨機応変なし。
つっこみどころ満載すぎる。

今日のイベントだけでなく、職場である団体たたむのに・・
今日のイベントには関わらなかったが、職場のダメ上司最近では今まで以上に酷く、
「○○に怒られるからやってよ」が、毎度の一言。
ダメ上司、一時は年間1千万以上もらっていた男が言う台詞か?って思うほど。
まさにこんな天下りごろごろいたんだよねって。思ってしまう。

こっちゃ・・今後どうしようか?ってどころなんですが。

こんなにダメダメオヤジがいるのか?って思うほど。
今、若者のプー太郎が増えてるというけど、年金もらえているダメオヤジ達が、
いい加減な仕事してかなりの給料もらえる今の世の中へんでしょう。

時にやりたくない仕事だから職場をやめた。といって勤めた職場
1年もたずプー太郎になる若者もどうなのか?って思うけれど・・

あ~久々ブログに毒吐いた~~~。毒は、吐きたくないほうだけど・・
ためてストレスにするのは、絶対嫌ですので・・。
読んでしまった方、ご了承ください。




Comments (2)

多摩川沿いをのんびり

2012年06月24日 | きまま
今朝は・・目が覚めて頭が痛い。偏頭痛発生!!
昨日母と別れるときに、「明日は家にいるよ~」と言っていたところ
姪が「遊びに行きたいっていたから行っとくわね~」ってことで
おきて間もなく電話がきたのです。
お昼過ぎにやってくると・・。
う~~~ん頭痛いしどうしよう・・と思いながら、1時すぎやってきました
にぎやかな姪と母が。

飲んでいた鎮痛剤が効いたのか、頭痛も治まり・・本日は
姪と近くの多摩川へお散歩に・・





姪は、中学受験の勉強中ってことですが・・う~~~ん。
勉強嫌いらしい。
どうもそこは、母親である妹にやっぱり似てるのだけれど・・
母にしてみれば自分の小学校&中学校時代とおもうと・・と躍起になって勉強させようと
どうも親子で空回り??

まあ姉の私にしてみると・・妹の小学校時代にそっくりで、それ以上なのかも・・と。
でもなあ・・似てるんだよね。
ちゃっちゃとなんでもするせっかちで、終わりまで説明や問題を読んだり効いたりできない。
ゆえにいい加減に答えちゃう。結果答えは×
それでできないって逃げちゃう姿勢。

でもなんやかんや調子がいい・・って。
私と性格かなり逆なんですよね。妹は。


どうなるのかなあ? あまり口出ししてもなんだけど・・。
また、再来週くるっていってたけど・・どうかな?
Comment

六月大歌舞伎『 ヤマトタケル』

2012年06月23日 | 歌舞伎
土曜日新橋演舞場に行ってきました。
今月の演舞場・・行かなくてもいいかな・・そんな私でした。
でも6月になってなにげに松竹サイトで売っていた2枚の土曜日3階席のチケット。
母に「行く?」と尋ねたところ即答「行くわよ!」って・・
そんなかんじででかけた演舞場。
楽屋口そばで談笑する猿弥さんをみかけたりしつつ演舞場へ。

スーパー歌舞伎 三代猿之助 四十八撰の内『ヤマトタケル』
『ヤマトタケル』は1986年2月初演後 10.11月にロングラン公演をした公演。
でその後も再演されていて・・
今回、初代市川猿翁 三代目市川段四郎 五十回忌追善であり 
二代目市川猿翁 四代目市川猿之助 九代目市川中車襲名披露 五代目市川團子初舞台と
そんな澤瀉屋にとっての大イベントの夜公演。

行きなれてる演舞場ながらなんとなくいつもと違う演舞場を感じながら客席に座りました。

久々にみる『ヤマトタケル』。
今回のヤマトタケルは四代目市川猿之助が、初演・・ほんとこの人器用ってかんじさせる芝居だったと思った舞台でした。
そして、静でなく動で見せる人。リアクションの大きい。エンターテイメント性の高い歌舞伎を見せる人だな・・と。
今までの先代猿之助現猿翁が体調をくずし、その後ヤマトタケルを引き次いでいた技で見せていた右近、色気で見せていた段治郎(現月乃助)とは、違った新しい四代目猿之助のヤマトタケルだったと思います。

一緒に見に行った母が家に戻り我が家にのこる筋書きを探したところ初演後の凱旋公演とされた10.11月の公演の筋書きがあったと教えてくれました。

今回、時代を経て・・また新しいヤマトタケルの誕生だったかと。

そして今回は、そのヤマトタケルには市川猿翁 の実子九代目市川中車が皇帝として舞台に立っています。
それまでの皇帝に比べると若さがある。が貫禄をだそうと・・表情がきつい。
それに・・やはりどこかに必死感をかんじてしまったのは私の思いすごしなのかもと思いつつ、歌舞伎の舞台に声をからしてしまっているのだろうか・・来月まで声ちゃんとでるかな?という心配を感じてししまいまいました。

一方團子ちゃん。すごいお子さんでした。舞台で元気よく噂はまさに本当なのね。というそれまで耳にした末は大物・・うん期待の澤瀉屋の星!!でした。
これから楽しみな團子ちゃんでした。

ただね・・内心やっぱり『ヤマトタケル』のインパクトは、初演のタケヒコの歌六、タケルの信二郎(現錦之助)ヘタルベ右近。今だこの3人はどうしてもゆずれない(笑)

ヤマトタケル作品の中のヤマトタケル以上の存在感を私に感じさせてれた役だったかなって。
今回もそれを感じた役でした・・けどね。

さて・・7月は、母の希望もあって新橋演舞場へ行きます。
今度は襲名口上も・・見に行きます。では。
Comments (2)   Trackback (1)

キャメロット

2012年06月22日 | DVD・映画
さて週末です。今週は台風が2つも日本に来ましたね。
仕事帰りこれといった予定がなかったこともありDVD三昧・・ってなるのかな?
ディズニー映画がほとんどの中、『マイ・フェア・レディ』のスタッフが作成したというミュージカル映画
「キャメロット」も借りてきました。
「キャメロット」はブロードウェーのヒット・ミュージカルだった「キャメロット」の映画化だそうな。

昨日はJames Barbourが韓国に来るという記事から・・どうにか聴きにいけないものか?探したもののどうにもなりそうもないゆえがっかりしたものの・・いつか日本にもぜひ!!そんな思いに変えながら、James Barbourも舞台にでたという「キャメロット」を見ることに。

簡単なあらすじとなると「英国の国王アーサーが築こうとしていた理想郷キャメロット。そこにやってきたランスロット卿。主従を越えた友情で結ばれたアーサー王とランスロット卿。しかし、ランスロット卿は王妃グィネヴィアとの道ならぬ恋に悩んでいた。いつしかそれはアーサー王の知るところとなり、二人は敵同士として剣を交えることになる……。“アーサー王伝説”から、アーサー王と王妃グィネヴィア、騎士ランスロット卿の物語を描いたミュージカル劇。 」
ってでもミュージカルというより普通にアーサー王の映画として楽しんでもよさそう。

このランスロットをJames Barbourが演じていたわけです。

日本ではどうも人気がでなかったミュージカルだったようで音楽もさほど日の目を見ませんが、(たぶんストーリーが、受け入れられなかった気がしますがでも最後好きな終わりです私は。)
ミュージカルの『If Ever I Would Leave You』や『Camelot』といった曲はアメリカでは大ヒットになったようですね。
耳に残る素敵なメロディです。
7月これがまたブルレイで発売されるようですね。あまりのタイミングにちょっとびっくり・・。

"Camelot" by Lerner & Loewe


監督 ジョシュア・ローガン
アーサー王:リチャード・ハリス
グィネヴィア:ヴァネッサ・レッドグレイヴ
ランスロット卿:フランコ・ネロ
Comments (2)

韓国版 A TALE OF TWO CITES

2012年06月22日 | きまま
韓国版 A TALE OF TWO CITES




だいぶBW版とイメージ違うけど・・韓国だからこその二都物語?
Comment

A TALE OF TWO CITES 韓国で8月上演?!

2012年06月21日 | きまま
すいませ~んこれって、
韓国にいくかも..って英語ですよね。
わ~ん。
私韓国にまったく興味もなく..情報収集できないっ!!

James Barbourのホームページでみつけたコメント

「OK next for me if Korea.
They are presenting a Korean Production of A TALE OF TWO CITES and Brandi and
I have been asked to fly over and sing a concert in honor of the opening. We'll be there in July. 」

おとなりの国にJames Barbourくるの???
だれか教えて!



韓国ミュージカルであの『二都物語』
. 8月からやるらしい。
8月28日か..
ウウ~~~~ン。日本にゃこないか。

でもそれよりなによりJames Barbour情報探しじゃ!!
ハングルまったくわからない!(泣)

探して早々みつけた!!たぶんこれだ!!でも
その後がわからない(泣 泣)
http://www.twocities.co.kr/popup/images/popup0612.jpg

仕事の合間にこな記事をみつけてしまった自分が嫌だ

帰宅後。。
どうにかチケット入手をもくろんでみたが・・ハングルほとんど解らない。
せめてenglish 、中文なら。。なんだけど。
チケット購入理解&想像力も尽き果てた(苦笑)

VIP席 - 90,000 ウォン?
R席 - 70,000 ウォン?
S席 - 50,000 ウォン?

あ~だれか教えて(苦笑)
Comment

魔法にかけられて

2012年06月20日 | DVD・映画
いっや~今日も我が家でディズニー映画鑑賞です。
本日は、『魔法にかけられて』でごさいます(笑)
TUTAYA レンタル100円でごさ~い。
(まあ実際には500円で5枚かりておりますが・・・)



プリンセス第2弾です。
これも曲が気に入ってまして・・アラン・メンケン
ディズニーソングってかんじですよね。

ありえないお話ですよね、でもこれがミュージカルってかんじでもあって・・
私の好きな街の一つニューヨークが舞台だものね。
今年は行きたいニューヨークなのです。
ミュージカルを見に・・いけるかな。それはさておき

『魔法にかけられて』アンダレーシアで動物たちと暮らす美しいお姫さま、ジゼル。
運命の人と出会って、結婚する事を夢見て、。ある日、怪物に襲われたジゼルは、エドワード王子に助けられちゃう。
お互い一目惚れ、出会ったばかりにも関わらず、完璧なデュエットを披露して、翌日結婚する約束をしたけれど・・
ってアニメから、
現実の世界に場面をうつして・・・いいですよね。ありえないコメディだけどいいじゃない。

王子様のドジブリも面白すぎる。ディズニーの王子ってこんなにドジだっけ??ってかんじで
昨今日本じゃアニメがミュージカルになってるけど・・
ディズニー・・ってやっぱり好きだな。
Comments (2)

『塔の上のラプンツェル』ディズニー映画

2012年06月19日 | きまま


今更ながら・・ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』を見ました。
レンタルBlu-ray。
『ラプンツェル』・・そりぁねえ。グリム童話だったんですよね。
私の小学校時代の愛読書緑色のハードカバー本だった『グリム童話集』
そこにありました。
塔の上から出たことのない金髪お姫様。『ラプンツェル』のお話が
ミュージカル『Into the Woods』も登場してる・・ってまあそんなかんじでしたけど
ディズニーが3Dで作ったプリンセスアニメで
日本語吹き替えが中川翔子ちゃんということで話題になったものの結局映画館にいくことなく時が過ぎまして・・・
アラン・メンケンが作曲したという曲だけを何回か聴きました。
やっぱりディズニーってかんじで耳に残る曲。
『誰にでも夢はある I've Got a Dream』や
『輝く未来I See the Light』とか・・。
日本語版は中川翔子ちゃん以外は、声を当ててた方が歌っていたのですね。

映像が、我が家のテレビでも充分綺麗ですね!!3Dでなくて充分。(笑)
我が家のTVもこんなに綺麗に映るんだ・・って。
ディズニーらしく主役のプリンセスには・・カメレオンのパスカルが常に横にいる。というかそこがグリムじゃなくてディズニーなんだな・・って。

美女と野獣やリトル・マーメイドじゃないけどそのうちミュージカルにでもなるのかな?って。

日本語と英語だと同じ映像なのに違って見える面白さもあり・・。

今日は秋に聴きに行く『ディズニー・オン・クラシック』のチケットをコンビニで引き取ってきました。
『ディズニー・オン・クラシック』・・まほうの夜の音楽会. 10周年を迎える今年のテーマは、"Dreams Come True"なんだそうです。
『メリー・ポピンズ』や『アラジン』が今年のメインのようですが、昨年はこのラプンツェルの曲も登場していました。

日本にはジブリがあるけど・・バンビから人生映画がはじまった私のなか『ディズニー映画』はやっぱりみないとね。だったりするのです。

塔の上のラプンツェル DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
ディズニー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
Comment