玉-gyoku-

たまきのヒトリゴト&制作記?

お知らせ

●次回出展予定イベント
デザインフェスタ56(開催場所:東京ビックサイト)
出展日 2022年11月19日(土)、20日(日) 11:00~19:00
ブースNo:未定(10月頃確定)
♪各イベントの詳細はカテゴリーの「イベント参加と参加日程等々」をご確認ください。
●オンラインショップ
○「Village Vanguard Online Store(委託) 」「A-janaika-japan(委託)」「Creema 玉-gyoku-(直販)」にて取り扱っております。
イベント出店前日から後日の間「Creema 玉-gyoku-」でのお取引は停止させて頂きます。ご了承願います。
過去作品(販売済一点もの含む)はCreemaの展示ページに掲載しております。よろしければご覧ください。
♪玉-gyoku-のホームトップページまたは本ブログのブックマーク、記事の最後にリンクがあります。どうぞご利用下さい。
●twitter@gyoku16

[ヨミモノ13] 進撃の巨人

2013-10-01 12:59:01 | 本棚
ヨミモノ第13弾「進撃の巨人

諫山 創 (著)

既刊1~11巻(連載中)

大ヒットコミックです。
といっても、少年漫画なので少年漫画を読まない人は知らないかな。

アマゾンから内容紹介を転記。
巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

というかなりくらーいお話です。

昔(今も?)の勇気・友情・勝利をテーマに掲げていたジャンプでは掲載されないような内容です。(北斗の拳とか考えるとそうでもないか。。。)

先日の9月29日迄、東京ではアニメーションも放送していて、日曜日の23:30からに放送していたので面白いよと教えてくれた友人の勧めで寝る前に見たら、これがとにかくスピード感のある好きな映像ではまってしまいました。

結構、ホラー映画的な要素があるので、ホラー苦手な人にはあまりお勧めしませんが、ホラーが大の苦手なたまきでも夢中になって観た&読んだ漫画なので漫画を一人で読むのが苦手な方はアニメから見ることをお奨めします!

因みにオープニングのアニメーションは絶品です。
&
自分が衣装デザイン出来るんだったらやってみたい作品です(2014年実写映画化予定)


>さて近況。
風邪がなおりませぬー。
今年の風邪はしつこいです。
いま一生懸命バランスよく食事をとって治し中です。
さ、作品とかも掲載したい!という思い出はおります。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[ヨミモノ12] 日本の文様〈第1集〉

2013-09-20 12:38:07 | 本棚
久々のヨミモノ
第12弾「日本の文様〈第1集〉 [文庫]

紅会 (著)

資料本です。

日本の文様がカラーではなくて図案の状態で綴られている本です。
自分が持っているのは旧版で現在は新版が発行されています。
リンクは新版。
わたしは持っている本とは若干違うそうですが、ほとんど一緒とのコメントあり。

因みにこれも第弐集を合わせて持っています。

日本の文様って見ているだけでちょっとわくわくするたまきです。


中はこんな感じです↓




>さて近況。
なんだか最近、あまり早く帰れていません。
早くかえりたーーーーーい!

早く帰れなくてもいいことだったのは、昨日のお月様。
会社帰りにビルの合間から見た月でしたが
昨日のお月様はとても綺麗でしたね!

さて今週末も頑張って制作します!(←自分に言い聞かせてます(汗))

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[ヨミモノ11] 図説・戦国甲冑集

2013-08-01 12:43:18 | 本棚
ヨミモノ第11弾「図説・戦国甲冑集

伊沢 昭二 (著)

資料本です。

甲冑の歴史や、パーツ紹介が前半に入って、後半に戦国時代以降の甲冑写真がずらーっと並んでいる本です。
たまに見直してデザインを考えるときの元になったりしています。


因みにⅡも持っています。
Ⅱは兜特集が入っています。





>ちょっとだけ日記。

8月に入りました!
コミックマーケットがすぐそこまで、、、
新作上げれるよう頑張ります!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[ヨミモノ10] ファイブスター物語

2013-04-22 13:00:18 | 本棚
ヨミモノ第10弾「ファイブスター物語

永野 護(著)

永野 護さんの公式HPはこちら↓
=オートマチック・フラワーズ=

この本は説明するのが難しい。。

描いた人の紹介をすると、ガンダムの百式やキュベレイをデザインした人
が、一番わかりやすい。かな。。。
や、ガンダム知らない人は全然わからないか。。。


この本にちょうど25年前に出会っているのですが、いまだ完結しておりません。
一巻の初版が1987年。
翌年の1988年から読み始めました。。。
(自分が持っている1巻の版数と発売日みてすごいと思った。)



我ながら気が長い。
それぐらい、永野さんの世界観が好きだという事ですね。

永野さんはファッションも独特の世界観を持っていて本作はいろんな民族のモチーフが出てくる作品です。
そんなところは現在の自分の作品にか・な・り・影響しています!

そして2004年でストップしていた連載が、今月より再開しました!
(待つのにはなれましたが、、、)
再開後のディディールに「やられました」、このすっごく裏切ってくれる感覚が「永野 護」だと思います。

嫌なら読まなきゃいいのです。
自分の思い描いている世界観を永野氏に求めてはいけません。
なぜなら、絶対に落胆するので。

(でも、素敵なので期待してしまう気持ちもわかるよ!)


そんなちょっと気軽に読めない作品ですが、よければ読んでみてください。




ちょっとだけ日記

デザインフェスタ開催まで1ヶ月切ったところなので、脳がモノツクリモードに入っています。
不器用なたまきは、一度に複数の事がバランスよくできないのでブログの更新が滞る可能性が高いです。
ご了承ください。
よろしくお願いします。
(あ、日記になってない。。。)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[ヨミモノ9] 明和電機 ナンセンスマシーンズ

2013-03-01 08:02:27 | 本棚
ヨミモノ第8弾「明和電機 ナンセンスマシーンズ


明和電機(著)

続けて本棚UP

ここしばらく会社への行き帰りしか
平日は外に出ないからネタがないんだけどね。。。

アートユニット 「明和電機」 の本です。

明和電機の狙って使っている色とか形とか、その元になっている概念とか、いろいろとすっごく影響をうけたアーティストさんです。



本の話。
帯の文句がいい!
「まったく役に立たない機会たちのカタログ」

実際は、役に立ってます。
一番大きく載っている「魚コード(ナコード)」は持っています。
ちゃんと延長コードとして使用できます。

まじめにいい意味であほな作品(これを明和電気は製品と言う)が沢山並んでいて、見ていると楽しくなる一冊です。


これも結構前に買ったな
10~15年ぐらい前に買った本だと思います。
今でも販売してます。



中はこんな感じです。


社長が若い!

写真の人が、明和電機の代表取締役社長 土佐信道さんです。




ちょっと日記:
さて、明日から二日間お休みです!
普通か、いや働いてる人もいるから自分にとって普通、、、
まぁ、それは置いといて。

二日間で何が出来るでしょうか。
とりあえず、洗濯と、、、髪を切りに行くのと、、、
通販さ、、、(汗

頑張ります!





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする