見出し画像

GMの館

新発田城へ

久しぶりに新発田城を見学する👀
 
新発田城は、別名「あやめ城」とも呼ばれている。
しかしながら、あやめの時期は終わったていた、残念でした🙇🏻

初代新発田藩主溝口秀勝(みぞぐちひでかつ)侯が慶長3年(1598年)に築城した。
3代宣直(のぶなお)侯のときに完成しました🏯
 
新発田城は一般に多くある山城とちがうようだ‼️
政治・経済の中心として交通の便利さを考え、平地につくった平城だそうだ。
 
石垣がすき間なくかみ合うようにきちんと積まれているうぅ〜凄い👏
「切込はぎ」と呼ばれる美観を重視した技法でつくられているそうだ。
 
北国の城特有の海鼠壁は全国的にも珍しいものです。 よ〜ぅ日本一👊🏻
 
春の桜の季節、真冬の雪をすっぽりかぶった様子、四季折々の風情があっていいねぇ。
 
城の表門前に、すっと立っているのが堀部安兵衛の像。
 
赤穂義士の討ち入りで中心的な役割を果たした安兵衛である。凄いぞ安兵衞!
新発田城はかつて本丸、二の丸、三の丸からなり、堀や石垣に囲まれ、新発田川の水を巡らせた平城で、11棟の櫓と5棟の門が並び壮観な景観を呈していたそうです。
 
中でも、天守閣の代わりを果たしていたのが三階櫓です。
3匹の鯱を配するという独特の櫓で、全国にも例がない大変珍しいものです。
 
 堀部安兵衞の運命を決めた辰巳櫓です。
平成16年には、この三階櫓、辰巳櫓が復元されました。
 
 
この表門の手前に、お堀(本丸を囲む内堀)を越えるための橋があります。
 
旧二の丸隅櫓、腰壁は瓦張りで、白と黒が美しい海鼠壁(なまこかべ)になっている。
また、表門も同じ腰壁である。
 
久々に新発田城を見学して良かったです。
 
 
新発田城址公園の花 シモツケとハス
 
 



 
【万歩計によるデーター】
  1. 歩数     :5,495歩
  2. 消費カロリー :229.2Kcal
  3. 脂肪燃焼量  :32.7g
  4. 歩行距離   :4.39Km
  5. 歩行時間   :54分
  6. 平均歩行速度 :4.80Km/h

ウオーキングをこよなく愛する親爺です。

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「ウオーキング」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事