教育のとびら

教育の未来を提言 since 2007
presented by 福島 毅

今週のMy格言

2018-11-17 | 生き方・働き方改革
FacebookおよびTwitterに投稿した今週の自分が気づいた格言より人間、手柄(成功)は自分のせいにし、問題(失敗)は他者のせいにしがち なんでも正直に言い合う。それは それでいい。ただしその前に相手への敬意や尊厳は必要。その前提あっての正直さ。   たとえばチームで仕事をするとき、ぼくはチームメンバーが不愉快になることなく、気持ちよく能力を発揮できることに重きをおきます。も . . . 本文を読む

リモートワーク・テレワークの可能性

2018-11-17 | 生き方・働き方改革
今日は、テレワーク・リモートワークの話題です。政府が働き方改革において、テレワークの推奨を始めたこともあり、テレワークやリモートワークの記事が多く目につくようになってきました。 その中には、賛否両論や中立的立場のものなど、いろいろな記事があがっており、今回はそれらの記事をリンクしながら、テレワーク・リモートワークについて考えてみます。 まず最初に自分の立場を述べさせていただくと、日本の働き方・ . . . 本文を読む

「”ミライ”との対話」ステップメール 始めました

2018-11-15 | お知らせ・広報
【シェア・拡散歓迎です】 このたび、8月26日発売の拙著『”ミライ”との対話〜30夜物語〜』についての、ステップメール(登録すると毎日連続で10日間ほどメールをお届け)を開始いたしました。 ミライとの対話は、3千年先の未来の地球人”ミライ”と、現代高校生”マコト”とのチャット交流を描いた作品です。 これからは、宇宙を意識し . . . 本文を読む

おもわずほっこり コチュメ革命!

2018-11-10 | 雑感(教育以外の話題)
※写真は、油壷マリンパーク かわうその森より引用。今朝、インスピレーションがやってきました。タイトルは、”おもわずほっこり コチュメ革命!”です。コチュメとは、福島が造った造語です。「こつこつ1歩ずつ」ということと、冒頭写真のようなかわいいコツメカワウソを思い浮かべてみてください。 いままでコミュニケーションにおいて、幾多の理論や方法、メソッド、スキル、ツールなどが言語レ . . . 本文を読む

毎週火曜日はオンラインで教育について語る会をやっています

2018-11-06 | Zoomチャンネル
10月からはじめているZoomチャンネルオンラインの私設放送局のようなものです。さて、毎週火曜日のZoomチャンネルはオンラインで教育について語る・考える会を福島が、主催しています。継続は力なり・・・ 毎回違う内容のテーマトークと、そのあとの参加者との対話という1時間です。 今回は、アクティブラーニング主体的・対話的で深い学びラーニングパターンカードなどを扱います興味のある方、楽しくZoom対 . . . 本文を読む

ハイブリッドセッションは教育に何をもたらすか?

2018-10-30 | Zoomチャンネル
昨年からハイブリッドセッションの開催に力を入れています。有償イベント、無償イベント問わず、今は認知度を高めるステージだと考えています。ハイブリッドセッションとは、簡単に言うと、(リアル+オンライン)のセミナー、セッション、カンファレンスの方式を指します。リアルな会場と、オンライン側の参加者をつないで行う双方向の交流セッションなのです。配信されるものをただ見るSNSのライブ配信と違い、オンライン側の . . . 本文を読む

「お金のいらない国」対話会で発見した日本の現状の突破口

2018-10-26 | 雑感(教育以外の話題)
昨夜、「お金のいらない国」対話会の2回目に参加しました。「お金のいらない国」は、長島龍人さんの著書で、2千年の未来の日本ではお金というものがなくなった世界が広がっており、現代からタイムスリップした主人公がそこで見聞きする世界に驚いたり、お金の意味を問い直すといった内容になります。この「お金のいらない国」では、貨幣制度や資本主義はもとより、婚姻制度や教育制度にまで切り込んでいて、本当に人々が望む未来 . . . 本文を読む

幸福と自己決定について

2018-10-26 | 雑感(教育関連)
「日本人の幸福感は収入より自己決定度で決まる」という調査結果 学歴はそれほど幸福感につながらない という記事が目につきました。 この記事の内容によれば、幸福感を左右する因子として「自己決定」というものをあげていました。日本人は、自己肯定感が低いとか、幸せを実感として感じている人が少ないということが言われて久しいのですが、もし、この調査の結果が仮に正しいとすると、「幸福感が低いのは、自己決定する . . . 本文を読む

ハイブリッドセッション11月22日から3回シリーズ開催

2018-10-23 | お知らせ・広報
本日、セミナーのご案内になります。記事のシェア・拡散歓迎です。日ごろ、記事をご覧になっている皆様のご協力をいただけると嬉しいです。オンラインで、『ハイブリッドセッション』というのを行います。 『ハイブリッドセッション』とは、いままでリアル会場でやっていたセミナー・講演・シンポジウムなどをオンライン側に配信提供するとともに、オンライン側からの講師招聘、質疑応答、プレゼン提示など、オンライン&rar . . . 本文を読む

80万PVありがとうございます

2018-10-19 | ショートメッセージ
2007年1月3日にスタートして、当ブログ『教育のとびら』が、本日、通算80万PV(ページビュー)を達成いたしました。 ご利用、誠にありがとうございます。 思えば、フィンランドに教育視察に行った現地で立ち上げた、このブログ。 本日が4307日目で、一日平均185人の方が訪問されていることになります。 どのような方が、どんな目的で訪問されているかは、定かでありませんが、ともに教育をよくしたい . . . 本文を読む

麹町中学校の変革

2018-10-16 | 教育事情(国内・脳科学・心理)
千代田区立麹町中学校の数々の変革については、工藤校長の記事がいろいろと出てきています。こちらの記事にシリーズで連載が掲載されています。▼連載『公立中学が挑む教育改革』(ウェッジ)   学校改革というと、民間校長によるものとか、私立学校が特徴として打ち出すといったものが多い中、久々に、公立の中学がその権限の範囲でできることを進めているというところにも特徴があります。詳細については上記リ . . . 本文を読む

対話の前に・・・

2018-10-13 | 雑感(教育以外の話題)
いま、アクティブラーニング(主体的、対話的で深い学び)を用いた授業というものが盛んになってきている一方で、懸念していることが1つあります。 そしてこのことは教育に限らず、家庭、職場、コミュニティでも起きていることです。 それは端的に言うと、『対話至上主義』ともいうべきもの。 お互いの違和感はなんでも出して言っていい、対話という舞台に放り込めば、深い対話でなんでもやがては解決していくのだという . . . 本文を読む

問題を構造で理解する「Nested Theory」

2018-10-07 | マインド、メソッド、ツールなど
問題を構造で理解する「Nested Theory」というのが、大野智久さん(都立国立高校教員)のFacbook投稿でシェアされていたので、これについて触れたいと思います。以下、大野さんの投稿から<ーーーここから引用 【「問題」を「構造」で深掘りする】 今日のプログラムに、「Nested Theory」という演習がありました。 以下のようなレイヤーで問題を深掘りしていきます。   . . . 本文を読む

かしわ知恵の森プロジェクトの提案(柏駅前の「暮しと文化の拠点」づくり案)再掲

2018-10-06 | お知らせ・広報
本日、柏駅前で、柏駅ダブルデッキライブラリーフェスが行われました。最後のトークセッションでは、佐々木秀彦氏(東京都歴史文化財団・学芸員)が中心となって進めていた、かしわ知恵の森プロジェクトが柏市長あてに提案した”柏駅前に新しい「暮しと文化の拠点」をつくりませんか”をめぐっての話になりました。 実は、この柏の文化拠点提案の作成過程で、プロジェクトメンバーで私も提言策定に加わ . . . 本文を読む

Zoomチャンネル 公教育の未来を語ろう(本日開催)

2018-10-02 | Zoomチャンネル
【シェア・拡散歓迎】本日のZoomチャンネル(無料 21時―22時オンライン) 火曜日は探求テーマが『教育』 公立学校の改革と称して、情報提供ならびに参加者の方と対話したいと思います。このテーマになんとなく響いている方、気になる方、お待ちしています。 21時になりましたら、以下のアドレスにアクセスしてください。申し込み不要。入退場自由。 https://zoom.us/j/838584262 . . . 本文を読む