雑木囃子

キャンプはおもしろくやる。金閣寺より枕投げ。

秋から冬もおみのがしなく

秋から冬、寒くなればなるほど、清冽な冷たさと焚火の温度がうれしいものです。秋は特に、暑かった夏をクールダウンしながら遊びます。

調査結果

2018年09月18日 | 日記的な感じ

秋の川遊びでシュノーケル装備して本気で川に潜るのは見渡しても私だけです。
ま、夏もそうです。
ヘルメットやライフジャケットに身を包んでも、飛びこむ水の中がわからないのにとびこみなんてさせられません。

第一に、安全のため。
見えないところを見ようとするのが安全の第一歩ですから。
見えて認識している不安全に突入するアホは居ません。
しかし、見る努力をせずに突入する愚行はたくさんみます。
車の運転と同じです。

第二に、おもしろのため。
何の魚が居るのか、どのくらいいるのか、どこにいるのか。
ほかにどんな虫や動物が居るのか。
水の透明度はどうか。
おもしろを発見するのはおもしろいので。

第三に、趣味。

 

秋の川は広々として清々しく、土曜日は空の広い川を選びました。

そういえば子どもの頃、禁止されているところまで川遊びに行っていました。
禁止されている自転車で、禁止されている地域で、禁止されている川で。
危ない思いもしましたが、その経験は適度な安全を生み出す基礎になっているようです。
禁止されていることばっかやっていたのに
それが役立つような世の中で良いのでしょうか。

 

写真はそうだな
これでどう?

 
丸太の移動です。
もらえる丸太は何でももらいます。
彫り物や板挽きだけでなく、万が一の時の燃料になります。
ガソリンやガスが供給されない状況でも当面は大丈夫でしょう。

これだけ災害への対応が叫ばれる中、お子さんを一定期間預かる活動をするなら
自力でどこまで生き延びることができるかを考えて対応せずにいられないわけです。
木は大きくても、気が小さいんです。
ま、だいじょーぶでしょー!とかいって、子どもを預かるような危ない真似はできません。
見えないものを見ようとすると、キャンプ中の災害が見えていますので、見えている危ないに対応しているだけです。

不謹慎なようですが
災害が起こるならキャンプ中のほうが良さそうです。
キャンプ場というのは、そもそもオフラインというかオフグリッド前提(HCGは。)なので災害時に最も強い場所の一つです。
しかも子どもたちも個々ちゃんと、家庭から雨具やライトをもって来ているのです。
来る人も来る場所も持つべきものを持っている。
AEDも救護用品も在庫含めしっかりある。

さらに、ヤギやニワトリも・・・。
だからまだ子ヤギには名前を付けていません。
ペットは食べちゃいけませんが、家畜は食べていいのです。
ニワトリは名前を与えずに飼っています。
 
災害時に烏骨鶏食べてむしろリッチな暮らし。
ま、無いことを祈りますが、無いとは言い切れないのでエサ代かけて準備しています。
 
そういえば、生きるために大切な水も、沢から引いているわけです。
沢の水も、きちんと自家消毒した検査結果は数値も何もかも一般家庭のものよりグーな結果です。
うまくて安全な水。これだけでもたいへんな値打ちです。

んー
いくら赤字でもやっぱり畑も広げるしかないか。
在庫が尽きたら食料はやはり厳しいですから。
今あるのは、節約しながら50人が1週間程度暮らせるくらいかな。
充分と言えば充分ですが
災害時に仲間が頼ってみーんなきたらすぐに足りなくなる。

なのでまずはそれぞれ自助をご準備。
そして地元で共助。
そのうえで公助まで厳しいような状況なら
なんとかして私のキャンプ場に来てちょうだい。
 
いや、でも、まてよ
なんかあった時だけ頼りやがって!
とか言われないで済む交流を続けたあなただけ!
意外にケチ!
しょうがないです。
仲間から助けます。
で、仲間とともに誰かを助けます。
 

そのために今日もアマプラで体力温存。
そんなていたらくで万が一の時どうするかって?

発電機でプロジェクター動かしてDVD鑑賞ができるぜ。
しかも、昨今の多種の災害を考え、発電機を増やす計画中です。
太陽光ももちろん一部制作・導入して勉強中です。
薪から電気は作りにくいので。

ヒゲッチは、建物の壁に板を使いたがりました。
万が一の時には、乾燥した板で容易に燃料が得られるからだそうです。
でも本当は、当時ただ同然の板がたくさんあったからに違いない。

ふふ、仲間のためには伝統的にケチ!




コメント

今日のこやぎ

2018年09月17日 | 日記的な感じ


売り物たちが
遊んでます。

外に出しました。



売りたくなくなってきましたが
いやいやだめだめ。
コメント

川遊び

2018年09月16日 | 日記的な感じ
秋の良い日に川遊び。

今シーズン使わなかったところにきました。

さ、潜って調査です。
コメント

なんですか

2018年09月12日 | 日記的な感じ
ハスクが瀬戸しおをねだってます。




こんな顔で。



瀬戸しおのカロリーは
一つおよそ30キロカロリー。
もうやめよう。
こりゃいけない。


ヤギはなんとなしストーカーっぽいとこある。


コメント

今日の子ヤギ

2018年09月11日 | 日記的な感じ

アピールしてばっかですが、コヤギはかわゆらしいです。

私はあんよが大好きです。

えーどうしよう

もーこまっちゃう

うー

あーーーもーーー

なんなのなんなの

 

子ヤギはよく遊びます。
遊ぶ=学ぶ なんだなと、動物から改めて教わってます。
遊びには社会性があります。
ゲームには競技性があります。
ヤギは、遊びます。
人間もそうあるべきと思います。

 

種の父が見つめています。
おばかだから子ヤギを若いメスヤギだと思って見ている目です。(たぶん。)
まさか、愛情をもって見守るような雰囲気はありません。(たぶん。)
ほんと、おばかなんだからもう。

 

ところで、今日見たら烏骨鶏の孵化は、6羽に増えていました。
寒くなってゆくのに。
生き抜けるのかしらね。
ま、お母さんの羽の下であったまっているようです。
なにこの真ん丸なおちり。
ふっくらなおちり。
もう食べちゃいたいですね。
でもまだ早いです。もっと太らせてからね。
ヤギより烏骨鶏のほうが子どもを守る気があるようです。
ヤギなんてのは、子ヤギを忘れて草食いにいきますからね。

今日のキャンプ場です。
栗が落ちています。
栗は、バンッと屋根を叩きます。
栗だけに、びっくりします。
栗はヤギが食べるのであまり拾いません。
栗。週末の親子キャンプにお越しの方々がヤギより先に拾えば、ぜひ召し上がってください。


賢明なクライアント各位は、私がヤギに首ったけなもんですから
仕事を頼むをあきらめる覚悟をなさいますが
意外にちゃんと仕事をしていますので安心なさってください。

仕事命ですから。私。
私にとって仕事は命。
私にとってヤギはただの草刈り機。
私にとって鶏は食材。
ヤギにそんな手間暇かけてないのがわかるでしょうよ。
売り物だから大事にしているだけです。


んー、5年くらい経って飽きてから売るか。
市場はコヤギを求めますが、ある程度育ったほうが安定して性格も見えて良いと思います。
これはほんとです。子ヤギ時代なんてわずか半年です。
その先を考えると、大きくなって性格も良く丈夫で人懐っこいやつを飼うほうが失敗が少ないはず。
買いたい方はでかいやつを買うといいですよ。
そうすれば子ヤギだけが手元に残るのに。

かわゆらしいやつと
既存のやつを
全とっかえしたい。

古い草刈り機より新品のほうがいいべ。

コメント