政治そのほか速

政治そのほか速

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

移植用臓器、24時間保存=培養装置でラット肝臓蘇生-臨床応用目指す・理研など

2015-04-22 19:22:51 | 社会

 移植用臓器、24時間保存=培養装置でラット肝臓蘇生-臨床応用目指す・理研など


  肝臓を培養した装置を説明する理研チームの石川潤氏=4月3日、神戸市中央区の理研多細胞システム形成研究センター

   移植用の臓器不足を改善するため、摘出した臓器を体外で24時間保存できる培養装置を開発したと、理化学研究所の辻孝チームリーダーらが22日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。ラットの肝臓を装置で保存し、移植する実験に成功したという。
  辻リーダーが客員教授を務める東京理科大と慶応大、ベンチャー企業オーガンテクノロジーズ(東京都港区)の共同研究。ラットの心臓停止後90分経過し、通常は移植できないほどダメージを負った肝臓でも、この装置で機能を回復させ移植できた。
  辻リーダーは「摘出した臓器を体外保存する時間を延ばしたり、心停止で機能不全となった臓器を蘇生させたりできれば、移植に使える臓器の数が大幅に増え、遠くまで運べる」と説明。「ブタでの試験を経て臨床応用を目指す。腎臓でも試したい」と話している。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« “住みます芸人”は今……秋田県... | トップ | メリッサが日本初の旗艦店を... »

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事