タイ国で匿名内部通報サービスなら DMX の MD HOTLINE


MD ホットラインとは

タイの現地法人で利用可能な内部通報受付窓口。
独自の専門性でタイの不正対策および調査コンサルティング分野を開拓したDMXの独自サービス。2013年からタイ現地にてサービスを提供しています。
タイ語、日本語、英語に対応。通報内容は、不正、汚職、社内での麻薬売買および使用、賭博、飲酒、ハラスメントなど様々なものに幅広く対応可能です。



1. 特長とアピールポイント

(1) 通報レポートの作成
通報原文のタイ語、翻訳した日本語を併記した詳細なレポートを作成します。通常は通報が上がってから3-5日以内にお届けします。

(2) 多彩な通報受付チャネル
WEBフォーム、SMS、手紙。24時間の受付対応を行っています。

(3) 間口は広く敷居は低く
通報チャネルは多彩に、通報対象は限定せず、通報窓口の活性化をはかります。

(4) 高いセキュリティ
お客様と当社との間のやりとりは全て当社管理のWEBストレージ上で行います。Eメール送信時の宛先違い、Eメールサーバ管理人によるメールの覗き見を防止します。

(5) 経験豊富なスタッフ
通報内容についての対応方法、通報窓口の活性化のためのアドバイス等を行い、お客様が安心してご利用いただける環境を構築します。

(6) 匿名性の堅持
WEBフォームは記名、無記名での通報が可能。SMS、手紙の方法は無記名での通報が可能。SMSは通報者の携帯電話番号は分かりますが、通報者に匿名性を保障するため電話番号は原則非公開とさせていただきます。



2. ご利用のお客様

タイの日系大手総合商社、大手商社系鉄鋼サプライヤー、自動車部品メーカー、電機メーカー、製薬会社、警備会社、その他。

お客様の従業員規模
タイ人従業員100人未満から5,000人規模まで。ホワイトカラー100%の事業所からブルーカラーが大半を占める工場まで、様々なお客様にご利用いただいております。



3. タイの内部通報と環境

タイの現地法人に意見箱(目安箱)を設置している企業は多い。しかし実際は機能していない。
社内に設置されている意見箱(目安箱)に何かを通報しようとする場合、タイ人従業員は通報したことが原因で「いやがらせ」「脅迫」「解雇」「降格」「望まない異動」があることを恐れ、安心して通報できなくなってます。このような背景には、管理する側も通報内容を翻訳するのもタイ人スタッフである点があげられます。容易に通報内容が社内に漏えいすることのほか、タイ人にとって都合の悪い通報は経営者に報告されず、情報は破棄されてしまうこともあります。これらは全てタイ人従業員の間だけで完結しているため、日本人経営者は現状を知らずに過ごしている場合が大半です。このようなことから、タイ人従業員は「せっかく通報しても会社は対応してくれない」と思っています。
タイ人従業員が抱えている不安を解消して、ほんとうに機能する内部通報制度を構築するため、次の内容を通報者に知らせることを推奨します。
・通報受付窓口の社内担当者を明確に提示する。
・匿名で通報することができるので、通報者の名前は会社に知られることはない。
・通報した内容は確実に日本人経営者に届けられるので安心して通報できる。
・通報には会社から何らかの返事をする。通報内容より調査等の行動を起こす。
・通報の受付窓口は中立的な外部の専門機関。
・受付チャネルは、WEBフォーム、SMS、手紙の方法。
・24時間いつでも通報が可能。
・受付窓口は、会社の日本人経営者、コンプライアンス担当者、社外のコンサルタント。
・事実の調査は、会社の日本人経営者、コンプライアンス担当者、社外のコンサルタント等が行う。
・場合によっては懸賞金を設定することも可能。



4. DMX で提供可能な関連サービス

(1) 活性化のための啓蒙活動
内部通報制度の運営活性化のため、通報促進活動、社内研修、説明会を実施します。

(2) 調査
通報内容に関する調査を実施します。調査内容は不正調査、人物調査、企業調査、探偵調査など多岐にわたります。調査の実施はお客様とお打ち合わせの上に進めていきます。


詳細はWEBサイトからダウンロード可。
お問い合わせはお気軽にどうぞ。


DMX CONSULTANTS (THAILAND) CO., LTD.
DATAMAX CO., LTD.
91/1 Chaiyo Building, 9th Floor, Room 907, Rama 9 Road, Huay Kwang, Huay Kwang, Bangkok 10310 Thailand
E-mail: ariga@dmx.mygbiz.com
URL: http://www.datamax.co.th
電話 +66-(0)2-643-9504

コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


DATAMAX業務への影響 - 新型コロナウイルスのタイ国内対策を受け -

新型コロナウイルス感染症2019(COVIT-19)のタイ国内感染拡大の状況を受け、タイ国はさまざまな対策を講じています。

3月22-4月12日の間、タイ国内務省は新型コロナウイルス感染予防のため、バンコクと近隣(ノンタブリ、ナコンパトム、パトゥムタニ、サムットプラカーン)の人々が集う施設を閉鎖すると発表しました。
この間、弊社では従業員の安全を第一に考え、従業員全員を基本的に在宅勤務にすることを決定しました。
これによって、弊社の業務に影響が出る可能性がありますので、下記の通りお知らせします。



新型コロナウイルス感染症2019(COVITC-19)の感染拡大状況を受け,感染予防の観点から人々が集う施設などの利用は制限されます。具体的な利用制限がある場所は以下に記載の通りです。

ここにタイ国商務省をはじめとした役所は含まれていませんが、今後どのような状況になるのかは予測不可能です。
つきましては、弊社の通常業務、取材および情報収集に次のような影響が出る可能性がありますので、あらかじめお知らせいたします。

・急を要する業務に対応できないことがある。
・十分な取材および情報収集ができないことがある。
・企業信用調査が実施できないことがある。
・企業信用調査の納期が延びることがある。


【利用制限のある場所】
1.レストラン(テイクアウトの場合,もしくはホテル内レストランが同ホテルの宿泊客にのみ食事を提供する場合のみ開業可)
2.ショッピングモール。ただし,スーパーマーケット,薬や生活必需品を販売する店,テイクアウトが出来るレストランは除く。
3.コンビニエンスストア内の飲食可能なエリア
4.市場・定期市(生鮮食品、水気を伴わない食品、テイクアウトのために調理された飲食物,ペット食品、薬や生活必需品を販売する店のみ営業)
5.美容室,理髪店
6.刺青や身体の一部に針等を刺す場所
7.スケート・ローラースケート場,その他の遊技場
8.遊園地,ボーリング場,ボードゲーム場
9.ゲームセンター,インターネット屋
10.ゴルフ場,ゴルフ練習場
11.プールや類似の活動を行う施設
12.闘鶏場,闘鶏養成場
13.仏教のお守りや仏像販売所
14.見本市場,会議場,展示場
15 .すべての教育レベルの教育施設と私塾
16.フィットネス,美容クリニック、美容関連店
17.健康増進施設(スパ,マッサージ店,美容マッサージ店)
18.ペット用スパ,入浴、トリミング,飼育、一時預かり施設
19.個室付浴場
20.入浴,サウナ,薬用サウナのサービスを提供する店
21.興業場(映画館,劇場,興行場)
22.運動場
23.エンターメント場や右に類似する施設
24.ボクシング場,ボクシング学校
25.競技場
26.競馬


以上

DATAMAX CO., LTD.
代表取締役 有我政人

コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


企業信用調査料金改訂のお知らせ


拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、ご承知のとおり、タイ国のインフレ傾向は長く続いており、毎年物価は上昇しています。弊社では2013年2月以来、調査料金を改定することなく据え置きとしてまいりましたが、タイ政府による2016年10月、2017年1月、2018年4月、2020年1月と相次ぐ最低賃金の引き上げにより、取材コストは上昇し、従来の調査料金を経営努力だけで維持することは困難な状況となっております。

つきましては、2020年1月より、企業信用調査スタンダード、同サマリーの価格を下記の通り改定させていただきたくご案内申し上げます。

これを機にさらに質の高い調査・サービスの向上に努めて参る所存でございますので、なにとぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。

敬具



1.改定日: 2020年1月10日

2.新価格: WEB サイト内の料金表をご覧ください。
DATAMAX CO., LTD.


この件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

DATAMAX CO., LTD. (Bangkok, Thailand)
TEL: +66-(0)2-203-1212-3
MAIL: toiawas@datamax.co.th
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


RCAオフィス移転



いろいろ思い出を語りだすと、

ちょっとの時間ですまないから、

2009年から約10年にわたりオフィスをかまえたRCAから移転するのが今日ということで。





ここにきた頃は窓から雑木林が見えて、野鳥のさえずりが聴こえてた。




一年中ほぼ壊れてるトイレは今日OK







雨の翌日はだいたい動かなくなるエスカレーター







サヨナラRCAオフィス。
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


不正対策よりも教育や採用

コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


仕入先と得意先

コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


セミナー講師の仕事をいただきました

コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


タイ人従業員の SNS 中毒


質問: タイ人従業員の勤務時間内の私用電話や Facebook、LINE の使用が多すぎる。これらを防止するにはどうしたらいいか?


答え: 一部の従業員は Facebook、LINE のメッセージが入ればスグ見て返信し、時間、場所を問わず常にスマホが手放せない。生産ラインへの携帯電話の持ち込みは禁止しているが、そのルールは守られないことが多いため、まずは対策として、従業員に業務の品質と安全のため勤務時間内に私的な用事で携帯電話を使わないよう告知する。告知した後、職場で携帯電話を使っている従業員を見つけたら、上司は厳重注意と処罰をする。上司や管理者が自ら率先してルール違反を注意し模範的な行動をとることが必要である。


それでも、中毒患者はトイレ内等で隠れてコソコソとルール違反をする。


このような時は、DMX JAMMER を是非ご検討ください。


従業員がトイレに携帯電話を持ち込むことで起こる弊害

・Facebook、LINE、YouTube等に夢中になり仕事をサボる。
・一人あたりのトイレ滞在時間が長期化する。
・闇くじ、サッカー賭博などのギャンブルの受付に利用される。
・新製品、企業秘密の情報漏洩リスク。



【タイ人とSNS】
タイではスマートフォン経由でのインターネット利用が主流となっている。タイ人は朝起きてから寝る直前まで、主に Facebook、LINE、Instagram、Twitter等のSNSやYouTubeを利用していると言われるほどである。これは仕事中、トイレにいる時、公共交通機関や自動車で移動中、あらゆる待ち時間においても同じで、タイ人のSNS好きは世界でも突出している。
このような背景から、タイではFacebook中毒(*1)と呼ばれる人たちが急増しており、仕事中のFacebook利用によるサボり、メッセージのやり取りが気になって仕事に身が入らない、生産効率の低下による収益悪化など、多くの企業を悩ませる問題になっている。
特に製造現場では職場に携帯電話を持ち込むこと、あるいは仕事中に私用で携帯電話を使用することを禁止しているがルールは守られないことが多い。ルールが守られない理由は、タイ人管理者はタイ人部下に対して厳格な指導をすることが苦手であり、またタイ人管理者自身がルール違反をしていることが多い為である。このような中で、日本人管理者は現場の隅々にまで目が行き届かないため、ルール違反の現状は殆ど発覚しないまま放置されている。



【SNSの中毒性】
シカゴ大学経営大学院の調査によって、日常生活のなかで生じる欲求の中でも特に「SNSの更新をチェックしたい」という気持ちは、お酒を求めるものより強いことが判明した。フェイスブック、ライン、ツイッター等のSNSはタバコやアルコールより中毒性が高い。(出典:UChicago News)

(*1)SNS依存症
ソーシャルネットワーキングサービス依存症・SNS中毒
SNS依存症とは、俗に、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)に頻繁にアクセスして更新の確認や投稿、友人のページへの書き込みなどを間断なく行ったり、長くアクセスしないでいることに極度の不安を感じたりする状態のことである。
FacebookなどのSNSで友人・知人とコミュニケーションを取っているうちに、SNS上の交流が心のよりどころとなり、止めたくても止められない、片時も離れていられない、といった心理的状況に陥る場合がある。そうした状況をSNS依存症と表現する場合が多い。程度が酷くなって学校や会社に通うこともままならなくなる例がある。(出典:IT用語辞典バイナリ)



【タイの判例】
「仕事中のSNSで解雇は妥当」
2015年02月6日、タイ弁護士会のサラーウット・ベンチャクン会長は、仕事中のSNSで解雇は妥当とした判決内容をFacebook上に投稿した。
この中で、仕事中にFacebook、LINEなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に興じていて解雇となった元従業員女性が地位の回復を求めた裁判で、解雇は妥当とする判決が言い渡されていたことを明らかにした。
サラーウット会長は、判決は民商法に基づき、仕事に影響が出る可能性があれば雇用主は即時解雇が可能と判断。解雇された従業員が損倍賠償を求めることについても「請求できない」と一蹴した。



DMX JAMMER サービスのご案内
妨害電波発生装置DMX JAMMERを使って、タイ人従業員が就業中に携帯電話を使うことを防止するサービスです。
タイの現地法人、工場に設置し、タイ人従業員が仕事中に携帯電話でFacebook、LINE、Instagram、Twitter等のSNSやYouTubeで遊ぶことを防止します。


導入事例
・タイの現地工場。男性用トイレ4ヶ所、女性用トイレ4ヶ所の合計8ヶ所にDMX JAMMERを設置。就業時間中に従業員がトイレ内で携帯電話を使用できなくした。これによって従業員一人あたりのトイレ滞在時間が短くなり生産効率が改善された。
・タイの工場内の男性用、女性用の全てのトイレ内にDMX JAMMERを設置した。生産ラインを抜け出してトイレ内でサボる従業員が無くなり、生産ラインの稼働が正常化した。
・タイの現地法人で会議をする時にDMX JAMMERを使用している。会議中にスマートフォンで遊ぶタイ人従業員がいなくなり、会議が充実するようになった。
・タイの現地工場。トイレ内にDMX JAMMERを設置して携帯電話を使用できなくした。これを全社員に向けて告知した結果、仕事中に私用で携帯電話を使う従業員が激減した。
・タイ人従業員一人あたりのトイレ滞在時間が短くなり、特に女子トイレで苦情が上がっていた待ち時間の長蛇の列の問題が改善された。


サービス内容、料金の説明はWEBサイトでご覧いただけます。

http://www.datamax.co.th/service/main_service/dmx_jammer/


お問い合わせはお気軽にどうぞ。

DATAMAX CO., LTD.
21/86 RCA Block D, 3rd Fl.,Soi Soonwijai, New Petchburi Rd.,Bangkapi, Huay Khwang, Bangkok 10310
Tel: 02-203-1212-3
E-mail: info@datamax.co.th
URL: http://www.datamax.co.th


コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


タイ国で匿名内部通報サービスなら



タイ国で匿名内部通報サービスなら DATAMAX の MD HOTLINE


MD ホットラインとは

タイの現地法人で利用可能な内部通報受付窓口です。企業のかわりに通報を受け付けます。タイ語、日本語、英語に対応しています。
通報内容は、不正、汚職、社内での麻薬売買および使用、賭博、飲酒、ハラスメントなど様々なものに幅広く対応可能です。


MD ホットラインの説明資料pdf(621KB)
サービスの内容を解説した資料です。
具体的なご検討にお役立て下さい。



特長とアピールポイント

(1) 通報レポートの作成
通報原文のタイ語、翻訳した日本語を併記した詳細なレポートを作成します。通常は通報が上がってから2日以内にお届けします。

(2) 多彩な通報受付チャネル
WEBフォーム、SMS、手紙。24時間の受付対応を行っています。

(3) 間口は広く敷居は低く
通報チャネルは多彩に、通報対象は限定せず、通報窓口の活性化をはかります。

(4) 高いセキュリティ
お客様と当社との間のやりとりは全て当社管理のWEBストレージ上で行います。Eメール送信時の宛先違い、Eメールサーバ管理人によるメールの覗き見を防止します。

(5) 経験豊富なスタッフ
通報内容についての対応方法、通報窓口の活性化のためのアドバイス等を行い、お客様が安心してご利用いただける環境を構築します。

(6) 匿名性の堅持
WEBフォームは記名、無記名での通報が可能。SMS、手紙の方法は無記名での通報が可能。SMSは通報者の携帯電話番号は分かりますが、通報者に匿名性を保障するため電話番号は原則非公開とさせていただきます。



ご利用のお客様
タイの日系大手総合商社、大手商社系鉄鋼サプライヤー、自動車部品メーカー、電機メーカー、製薬会社、警備会社、その他。

お客様の従業員規模
タイ人従業員100人未満から3,000人規模まで。ホワイトカラー100%の事業所からブルーカラーが大半を占める工場まで、様々なお客様にご利用いただいております。



タイの内部通報と環境

タイの現地法人に意見箱(目安箱)を設置している企業は多い。しかし実際は機能していない。
社内に設置されている意見箱(目安箱)に何かを通報しようとする場合、タイ人従業員は通報したことが原因で「いやがらせ」「脅迫」「解雇」「降格」「望まない異動」があることを恐れ、安心して通報できなくなってます。このような背景には、管理する側も通報内容を翻訳するのもタイ人スタッフである点があげられます。容易に通報内容が社内に漏えいすることのほか、タイ人にとって都合の悪い通報は経営者に報告されず、情報は破棄されてしまうこともあります。これらは全てタイ人従業員の間だけで完結しているため、日本人経営者は現状を知らずに過ごしている場合が大半です。このようなことから、タイ人従業員は「せっかく通報しても会社は対応してくれない」と思っています。
タイ人従業員が抱えている不安を解消して、ほんとうに機能する内部通報制度を構築するため、次の内容を通報者に知らせることを推奨します。
・通報受付窓口の社内担当者を明確に提示する。
・匿名で通報することができるので、通報者の名前は会社に知られることはない。
・通報した内容は確実に日本人経営者に届けられるので安心して通報できる。
・通報には会社から何らかの返事をする。通報内容より調査等の行動を起こす。
・通報の受付窓口は中立的な外部の専門機関。
・受付チャネルは、WEBフォーム、SMS、手紙の方法。
・24時間いつでも通報が可能。
・受付窓口は、会社の日本人経営者、コンプライアンス担当者、社外のコンサルタント。
・事実の調査は、会社の日本人経営者、コンプライアンス担当者、社外のコンサルタント等が行う。
・場合によっては懸賞金を設定することも可能。



DATAMAX で提供可能な関連サービス

(1) 活性化のための啓蒙活動
内部通報制度の運営活性化のため、通報促進活動、社内研修、説明会を実施します。

(2) 調査
通報内容に関する調査を実施します。調査内容は不正調査、人物調査、企業調査、探偵調査など多岐にわたります。調査の実施はお客様とお打ち合わせの上に進めていきます。



MD ホットラインの説明資料pdf(621KB)
サービスの内容を解説した資料です。
具体的なご検討にお役立て下さい。



お問い合わせはお気軽にどうぞ。

DATAMAX CO., LTD.
21/86 RCA Block D, 3rd Fl.,Soi Soonwijai, New Petchburi Rd.,Bangkapi, Huay Khwang, Bangkok 10310
E-mail: info@datamax.co.th
URL: http://www.datamax.co.th
電話 +66-(0)2-203-1212-3

コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


タイ人の麻薬検査の逃れ方



タイでは工場労働者が麻薬を使用することがあるため、常日頃から、尿検査を実施する必要がある。



【逃れ方】

尿検査の時、タイ人労働者は陽性反応が出ないように様々な逃れ方をする。

下記は、実際にタイ人労働者が行った事例である。

なお、これをしたからといって、麻薬使用の反応(陽性反応)が出ないという確証はない。どちらかといえば、意味のないことの方が多いように思う。

[事例]
・他人の尿とすり替える。
・尿に味の素等の粉末状の異物を入れる
・検査前にオートバイのブレーキオイルを指に塗っておき、尿を採取するときに、その部分に触れる。
・検査前に酸性のものを飲む。
・検査前にヨーグルトを大量に食べる。
・M150(エナジードリンク)とお湯を混ぜたものを尿検査のカップに入れる。



【注意点】

尿検査を実施する場合、次の点に留意は必要である。

1.抜き打ちで行う。
事前通知の必要はない。
労働組合に遠慮は不要である。
経営者による「麻薬をやること自体がダメなことである」という毅然としたポリシーは必要。

2.確実に行う。
タイ人任せにしない。
夜勤、日勤とも検査を実施。
検査当日に休んだ従業員に対しても、後日、必ず実施する。その場合も抜き打ちで行う。

3.警察官の立会いのもとで行う。
尿を採取する時、警察官の立会いで行い、上記のような逃れ方を阻止する。

4.陽性反応が出た従業員に対する対処方法を事前に決めておく。
通常は、陽性反応が出た従業員の尿を再検査のために外部機関に持ち込み、その結果を待つ。
外部機関の所在については、所轄の警察署に聞くとよい。



【タイ国の麻薬撲滅プロジェクト】

タイ国労働保護福祉局(Department of Labor Protection and Welfare)は、麻薬の工場侵入防止対策、工場内の麻薬問題抑制、従業員の健康、生活水準、会社の発展、及びタイ国の社会、経済発展のために「ホワイト・ファクトリー」またの名を「薬物のない職場(Drugs Free Workplace)」というプロジェクトを推進している。

DATAMAX では、このプロジェクトの詳細および手順の分かる翻訳マニュアルを作成いたしました。

タイ工場内の麻薬撲滅策 - ホワイトファクトリー実施マニュアル

[案内文]
DATAMAX の公式WEBサイトから
PDFファイル・ダウンロード
http://www.datamax.co.th/assets/files/report/White%20Factory%20Letter.pdf



【ブログ関連記事】

タイの麻薬検査キット
http://blog.goo.ne.jp/datamax66/e/b04a602e0ce3596a2745d4eb8798edc4



麻薬検査に関するお問い合わせは、タイでの実績豊富な DATAMAX までお気軽にどうぞ。

DATAMAX CO., LTD.
http://www.datamax.co.th
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


タイの会社・工場内で行われる違法行為・闇クジ




■ タイの闇クジ(フゥァイ)

 公営宝クジと違い、小額から賭けられるため貧困層にも好まれる。
 毎月、1日と16日(公営の宝クジの発表日)に当選番号が発表になる。
 正月、その他、特別な日のみ1日遅れになることもあるが、基本は祝祭日も関係なし。

 賭け番号について。
 身近な人や高名な僧侶が亡くなった時、誕生日、亡くなった日、年、車の登録番号などを縁起の良い番号として賭ける場合も多い。
 自然現象で雲に数字が見えた、木の幹に数字が見えた、人の頭に数字が見えた等、噂になると、賭け事好きのタイ人が大挙して、お参りに集まり、その数字が一気に人気番号になる。



■ 闇クジとタイ人

 タイ人社会の、特に庶民層、低所得層においては、必ず身近に1人以上の請負人(仲介人)がいる。工場、オフィスの職場の同僚、近所の住民などお互い顔も名前も身元もわかっている者同士でやり取りされる。
 賭ける時点では現金のやり取りがされず、金額も自由に設定できるため、一攫千金を夢見て、彼らのわずかな収入からすると、割合としては大きな金額を毎回のように賭ける人間も少なくない。1回のみ、たまにやる、という人は少なく、ほぼ毎回、習慣のように賭ける人が多い。1日と16日の午後にソワソワする人がいたら、それは闇クジ常習者である。
 
 賭ける人間は番号を決めたら身近な請負人(仲介人)にメモ用紙などに記して預ける。請負人は、それを取りまとめて胴元に届ける。(紙ベース、SMS、口頭、電話など)胴元まで到達するまでに、その間に入る人間は1人のときもあるし、数人になるときもあるが、それは地域や社会によって異なる。

 請負人(仲介人)は、集めた金額に応じて、見返りがある。また、請け負った番号のいくつかを胴元に届けないケースもある。請負人が、賭けた人に乗って賭けるケースである。例えば、1万バーツ分の賭けを胴元に報告せず、その賭けがハズれたときは1万バーツがそのまま請負人の懐に入る。しかし、当たった時はその配当金を自ら払わなくてはならないため、負債を負うことがある。

 請負人自身も賭け事が好きな場合がほとんどのため、こうして、賭けた人の金額、番号に乗ってリスクの高い賭けをする場合もある。失敗すると多大な借金を背負うはめになる。

 闇クジを好むのは女性のほうが多いようである。クジを買いに出かけなくても良い、最初に支払う必要がない等、パッと見の手軽さがタイ人に好まれる。



■ 賭ける

 1日と16日の昼くらいまでに請負人に予想番号と賭け金額を書いて渡す。
 会社内で行われる場合は、闇クジの存在がバレることを恐れ、紙等の証拠が残るものに記載して渡す方法は少なくなっている。

 口頭で伝える信用取引き、携帯電話のSMS、LINE等のチャットで伝える方法が多くなっている。
 信用取引の場合は、会社内の同僚、仲良しグループ、派閥等、お互い身元や収入源が分かっていて、信頼関係にある場合に限定される。
 尚、未だ紙に予想番号と掛け金額を書き請負人に渡す方法も残っており、請負人は控えを発行する場合もある。



■ 支払う・配当を受け取る

 外れた場合、賭けた金額を請負人に払う。
 当たった場合、当選番号発表直後から受け取り可能。現金の手渡し、銀行振込みもある。
 会社内での闇クジは、給料日に一括で金銭のやりとりが行われることが多い。



■ 賭け方と配当金

 B(ボン)の下1桁、2桁、3桁の番号を賭ける。そのままの配列で賭ける場合と、加えて順番が入れ替わっても良いように賭ける場合がある。
 例えば下3桁で賭けるときに、256と予想したときに、両方のパターンでかけておくと、265、562と出ても配当金がもらえる。順番が入れ替わってもいいように賭ける場合は、別途、掛け金が必要になる。配当金は、おおよそ3桁そのまま的中で100倍、2桁で500倍、1桁で3倍。

 L(ラーン)3桁そのままの数字を賭ける。4種類の当選番号がある。配当金は、概ね60倍。

 L(ラーン)1、2桁そのままの数字を賭ける。1種類の当選番号がある。配当金は、概ね2桁で60倍、1桁で3倍。



■ 事例

 闇クジにはまった女性Sさんのケース。

 Sさんは事務職で月給が約1万バーツ、闇クジをほぼ毎回買い、これが発展して請負人(仲介人)をするようになった。当たる確立の低い闇クジそのものだけでなく、請け負った番号のいくつかを選んで胴元に届けない乗り賭けをするようになり、これで収入を得ていた。

 ところがある日、届けなかった番号が大当たりしてしまい、Sさんは大きな借金を負うことになった。職場の同僚から請け負った分の当たり番号だったため、支払いを分割にしてもらうことを了承してもらったが、職場内で同僚から多額の借金をしていること、職場の前借金も大きくなっていたことが発覚し、仕事を辞めることになった。

 それから数年にわたり、毎月、夫が妻の借金を分割返済した。Sさんはしばらく家庭で子育てに専念していたが、一段落したところで、元職場の近所の知り合いの会社で働き始めた。
 当初は闇クジに手を出さずおとなしくしていた。しかし、ここにもやはり請負人がおり、いつしかSさんはまた賭け始めた。当時、元職場、元同僚、夫に多大な迷惑をかけ、叱責の言葉も多く浴びたであろうが、あっという間にSさんは闇クジ買いの常連に後戻りをした。
 掛け金も少しずつ大きくなっていき、月収1万強なのに、1回2000バーツほど賭けることも珍しくない。同僚であり友人が請負人なため、多少は支払いを待ってもらえるが、最近は滞りがちであり、借金がかさんできた。

 現在、同僚たちは彼女の金銭状態に気づいており、1日と16日は二人きりにならないように注意している。理由は借金を申し込まれるからである。Sさんを仕事の面でも信用できない人が増えている。



■ 会社内での闇クジ売買の弊害

 タイでは、会社や工場には必ずと言っていいほど、闇クジの請負人(仲介人)がおり、従業員を顧客に多額の掛け金を集めている。本人が胴元になっていることよりも、仲介人となって掛け金を集めて、繋がっている外部の胴元に発注するケースが大半である。

・社内で違法行為が行われている(闇クジは違法行為)
・毎月1日と16日の当選番号発表日には、ソワソワして仕事が手に付かなくなるワーカーがいる
・借金を背負うことが多いため、社内に金貸しが存在するようになる
・借金の返済ができなくなり、社内の窃盗グループに加わることもある



■ タイの不正対策・調査、コンプライアンス、カントリーリスク対策

 実績豊富な DATAMAX CO., LTD. にお任せください。
 http://www.datamax.co.th
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


タイ人と匿名内部通報




1.タイ人ワーカーについて


会社内の環境や公平性について、シッカリした考えを持っているタイ人ワーカーは非常に少ない。
タイでは、政治家、警察など、不公平のまかり通る世情であり、このことはタイ人の深層心理に大きく反映されている。
そのため、かなりの不公平、不条理、不正、無茶なことは「そんなものか」と思う傾向がある。
タイ人は自分に被害が及ばないよう、首をすくめて、様子を見て受け流すことが多い。

一般的にタイ人ワーカーは、タイ東北部、北部という稲作が盛んな地方出身者が多くを占めている。
よく言えば協調性、悪く言えば突出したことを好まない性質のため、就業規則を守ることよりも、所属する団体の雰囲気、人的な和を重んじる傾向が強い。
この点について、タイ人ワーカーはフォーマルの人間関係よりも、インフォーマル(非公式集団:組織の中で自然発生的に生まれる人間関係)の人間関係を重要視する。タイ人ワーカーの勤労意欲を支えているモラールには、インフォーマルグループを通しての一体感情や仲間意識が大きく作用している。




2.タイ人の不正告発心理


タイ人従業員が内部告発するとき、彼らの心理に作用すること。

告発しようとしている相手が、
・大多数の人から見て悪者。
・大多数の人から悪感情を持たれている。
・多数の人に何らかの被害を与えている。

タイ人従業員が内部告発しない場合。

・「赤信号、みんなで渡れば怖くない」的なこと。
・多くの人がやっている違反行為であり、かつ、規則違反行為をしても他の従業員に被害が及ばない。
・会社だけが被害(損)を被るだけであり、従業員に被害は及ばない。
・不正実行者が、稼いだ金で周辺の従業員に食事や酒を振舞っている。
・不正実行者が、派閥を作らない。他の従業員に迷惑をかけず、ひっそりと自分の楽しみだけに金を使っている。

例)
社長あてに匿名手紙による内部告発があった。
手紙には具体的な氏名が記載され、その不正実行者が「不正によって大金を得ている」という内容。

このような場合、多くのタイ人ワーカーに「不正はいけないことだから許せない」という感情は湧いていない。
多くの従業員は次のように感じる傾向がある。

「大金を得ている人が、金にものを言わせて権力を持ち、一部の従業員だけが良い思いをしている」
「このおかげで、大多数の人が割にあわない目にあっている」
「なんで、あいつらだけが得をして、なんで、俺たちには恩恵がないのか、ずるいじゃないか」

タイ人従業員の根本にあるのは、このような、ねたみ、そねみの感情である。
社内不正は「やってはいけないこと」、社内不正が存在することで「会社は被害者になっている」「会社は損をしている」という考えには結びつかない。




3.不公平がまかり通っているタイ社会


多くの従業員から見て分かりやすい悪者ではない者が告発され、その内容が公表された場合、従業員たちは間違いなく犯人探しを始める。
「会社は禁止しているけど、規則なんて守らなくてもいいよね・・・」と長期間にわたり常態化してきた行為を告発することは、裏切り行為、仲間を売る行為として非難される。

会社に長く勤務して、愛社精神とまでいかないまでも、職場環境に気を配るような従業員であれば、多少の昇進をしているものである。

タイでは会社でも地域でも、不公平がまかり通っている。
大学に進学する財力、学力はない。自営業をする気力はない。このようなスキルもチャンスもない人間、会社組織で役職についていないようなタイ人ワーカーが、日々の収入を得るためだけの職場に公平さを求めることは少ない。

タイ人ワーカーは、社会に出て、会社で働くようになってから、様々なルールは「会社は禁止しているけど、まあ、適当にやってればいいよね・・・」と皆で目をつぶって守らずにいる職場に慣れ親しんできた。

また、一部の高い役職についている従業員が職権を利用して、やりたいことをやって私欲を肥やしているのに、そのことが会社にバレず処罰されない、そういう役職者が誰からも告発されないという現状を見てきた。
そして、そのような不正を行う役職者は、不正で稼いだ金を使い、保身のために様々なことをやっており、仲間と一緒に派閥を作っていることを知っている。

タイ人ワーカーは、そのような有力者に対して、わざわざ立ち向かおうという気にならない。そして、会社や組織には不公平があるのは当然と思い黙り込む。




4.タイで多い不正案件とタイ人ワーカー


タイにおける社内不正は、汚職と密接に絡み合い、調達・購買不正、贈収賄、キックバック、資産の不正流用、棚卸資産・その他の資産の窃盗など多岐にわたっている。

その中でも、生産現場で起こる部品や製品など、資産の不正流用、資産の窃盗(抜き取り、不正持ち出し)の問題が多発する。

この多発する不正問題は生産現場で起こることであるが、生産現場にいるタイ人ワーカーたちは、いつ、どこで、だれが、なにを、どのような方法で不正に持ち出しているのか、このような情報をほぼ掌握している。

しかし、タイ人ワーカーたちは、上記のような理由から会社に告発しないだけ、タイ人ワーカーたちは非常に多くの情報を持っているが、ただただ黙っているだけなのである。





■ DATAMAX 匿名内部通報ホットライン


タイ人の性質を理解し、内部通報の上がりやすい環境を作ります。

CFE(公認不正検査士)オフィス DATAMAX CO., LTD.は、タイ国で日本語による匿名内部通報サービスを提供しています。


内部通報ホットラインは、賄賂、購買・調達不正の発見に効果を発揮します。

タイを含むアジアの国々においては、ビジネスにおいて賄賂(コンプライアンス違反)を渡す行為が未だ文化のように残っています。

サプライチェーンが多様化し、タイ現地の仕入先、製造委託先、アウトソース先との取引が増加するにあたり、タイの取引先のコンプライアンスの評価を行っておかなければ、意図せずにコンプライアンス違反を許容することに結び付きます。

このようなことを放置しておけば、企業の誠実性は疑われ、規制当局やマスコミ等からの追及や報道の可能性が生じます。


【DATAMAX の匿名内部通報サービス】

・不正の発見
・法令等の遵守(コンプライアンス)
・匿名通報ホットラインの構築と運用
・日本語レポート・サービス


【通報手段は3つ】

・インターネット(365日・24時間)専用WEBサイトからのアクセス(スマートフォン対応)
 画面イメージはこちらからご覧になれます。
 http://www.whitefact.com/sample/
・SMS
・手紙(専用私書箱)


詳細は、下記のWEBサイトでご覧いただけます。

--------------------------------------------------------

タイの匿名内部通報ホットラインは DATAMAX へお問合せください。

【公式WEBサイト】
http://www.datamax.co.th/

--------------------------------------------------------
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


タイの学校・教師らの不正行為



学校は子供に悪いことを教えないはずであるが、子供は大人の行動を見習う。

タイ国教育省は、子供たちに悪いことを教えないようにするため、学校経営者向けにセミナーを開催した。


そのセミナー時に行われた、タイ教育省の専門家・ルンナパー・ヌッタウォン氏が実施したアンケート結果。


調査対象: タイ国内45校、校長と教師300人



1.学校内で不正行動を目撃したことがある・・・53%

1位 勤務時間内の副業行為
2位 業務とは違う目的で学校の備品を使用する
3位 自分の親しい仲間に便宜を図る
4位 職権の乱用



2.不正が発生する理由

・私利私欲のため。
・教師は経済的に恵まれていないため。
・教師としてのリーダーシップ、徳性がないため。
・他の教師から無理強いされるため。



3.対策方法

タイ教育省は忠実、勤勉に活動する教育関係者を支援する。
教師などの求人、栄達、評価する時に徳性と仕事の知識を基づいて決める事を設置する。



タイ教育省の専門家、ルンナパー・ヌッタウォン氏は「教師や学生に誠実さを教えることが重要」と強調した。



出所:マティチョン紙



[PR]─────────────────────────────────

タイ国でのビジネス環境では、社内不正の存在が内部統制を著しく阻害します。

タイの社内不正対策に特化した 「DATAMAX CO., LTD. CFE OFFICE」 のご案内

【営業品目】

■ 不正調査
 証拠の収集・分析
 J-SOX・内部統制対応のタイ人雇用、人物調査
 J-SOX・内部統制対応の企業信用調査

■ CFE(公認不正検査士)顧問契約
 不正リスク評価と改善立案
 不正の未然防止・抑止、再発防止策
 従業員教育・社内研修会・セミナーの実施

■ 匿名内部通報システム(※)
 不正の発見
 匿名通報ホットラインの構築と運用
 日本語レポート・サービス

■ 常駐警備員派遣サービス
 24時間・常駐警備員(セキュリティーガード)

■ セキュリティー管理機器
 セキュリティー・アセスメント(環境診断)
 CCTVカメラ・システム(監視・録画カメラ)
 アクセス・コントロール・システム(出入管理)
 ITセキュリティー対策


※ 内部通報システム
DATAMAX の提供するタイ国内初の内部通報システム。
只今、タイの日系企業様から問い合わせが非常に多くなっております。

詳細は DATAMAX CO., LTD. までお気軽にお問い合わせください。

公式サイト:
http://www.datamax.co.th
メール:
info@datamax.co.th

─────────────────────────────────[PR]




DATAMAX CO., LTD. CFE OFFICE
 21/86 RCA Block D, 3rd Fl., Soi Soonwijai, New Petchburi Rd.,
 Bangkapi, Huay Khwang, Bangkok 10310 Thailand
 Tel: +66(0)2203-1212-3
 Fax: +66(0)2203-0647
 WEB: http://www.datamax.co.th
 Blog: http://blog.goo.ne.jp/datamax66
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


タイの不正問題・タイ人管理職の意識調査




■データ

「社内不正対策に関するタイ企業管理職意識調査」2013年6月3日
Thai Institute of Directors, Krungthep Turakij, GfK MarketWise Thailand
翻訳、編集:DATAMAX CO., LTD.



1. タイにおける不正問題について

(1) 現在、タイの不正問題は深刻な状況にある。

2010年 Yes 93%
2013年 Yes 93%


(2) 2年前と比較して状況はどのように変化したか。

2010年
徐々に悪化した 20%
急激に悪化した 57%

2013年
徐々に悪化した 24%
急激に悪化した 51%



以下、詳細は DATAMAX のWEB サイトからダウンロードしてご覧ください。


(3) 不正問題によってタイ国が受ける損害(複数回答)

(4) 不正問題は経済活動に甚大なダメージを及ぼす。

(5) 不正問題によるコスト増の程度


2. 不正発生の機会


3. 不正の方法


4. 不正が発生する業界


5. 不正発生の要因


6. 不正問題解決のために

(1) 不正問題解決はタイの発展に寄与するか

(2) 不正問題解決は解決できると思うか

(3) 不正問題を解決する機関はどこか

(4) 問題解決のために政府が優先すべき事項

(5) 民間企業は不正問題の解決を重要視しているか

(6) 不正対策システムは効果的だと思うか

(7) 不正対策に関する行動に参加するか


7. 不正問題解決のための提言




[Free Data]──────────────────────────────

タイの不正問題・タイ人管理職の意識調査

【詳細版】
DATAMAX 公式サイトから無料ダウンロードできます。
http://www.datamax.co.th/assets/files/report/fusei%20ishiki.pdf

──────────────────────────────[Free Data]



詳細は DATAMAX CO., LTD. までお気軽にお問い合わせください。

公式サイト:
http://www.datamax.co.th
メール:
info@datamax.co.th




DATAMAX CO., LTD. CFE OFFICE
 21/86 RCA Block D, 3rd Fl., Soi Soonwijai, New Petchburi Rd.,
 Bangkapi, Huay Khwang, Bangkok 10310 Thailand
 Tel: +66(0)2203-1212-3
 Fax: +66(0)2203-0647
 WEB: http://www.datamax.co.th
コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


リビア人と名のる男からの怪文書



このような書き出して、手紙が届いた。


『私の名前は Mr. XXX(氏名記載あり)、リビア危機の前、私はリビア中央銀行の通貨運用部長の個人的なアシスタントであり、私の立場で1500万米ドルの資金を作ることができた。しかし、国の危機が始まり、反政府勢力が有力な市民を誘拐して殺すことを始め、経済情勢が悪くなったため、私は自分で作った資金を持って国を離れることを決めた。そして今、私はタイにいる、私の計画は・・・(つづく)』


冒頭だけ、日本語にしてみましたが、流れとしては怪しい投資話。


この手紙はタイ国内で投函されたもの。3ヶ月の間で2通とどいた。
Mr. XXX のメールアドレス、電話番号の記載もあるので、本当に連絡したらどんな対応になるのかと、少し興味を持ったが、触らぬ神にタタリナシ、当然無視。


詳細は原文参照。


「原文」
My name is Mr. XXX I used to be the personal assistant to the director of operations currency department in the Central Bank of Libya before the recent crisis, And due to my position I was able to make some reasonable amount of money $15 million US Dollars ( fifteen millions US Dollars) But as the crisis in the country started, and the rebels began to kidnap and kill prominent citizens, the economic climate became bad, I decided to leave the country with the money I made and I am now in Thailand, my plan is to further move this fund to a country more investor-friendly, like yours where it will be invest in
your Company or your Country I believed that you will be in best position to corporate with me hence you have vast knowledge in the field of international transaction and Investment.

For your assistance, I am ready and willing to compensate you adequately both in cash and through joint venture collaboration as we will hereafter negotiate. I will like to meet with you here in Bangkok for us to know ourselves better in order to establish the confidence and trust which is vital in having a long-Iastilng business relationship.

While I look forward to your urgent reply and thank you for your understanding. If you have any question feel tree to ask in your reply am waiting for your urgent reply by xxxxx@live.com

Thanks


コメント ( 0 ) | Trackback ( )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


« 前ページ